グルメ・クッキング

2017年2月 7日 (火)

3倍盛りの店 竹野食堂





デジカメのSDカードを無くして、

撮りためたツーリングなどの写真が消えてしまった

この頃ですが、





如何 お過ごしでしょうか ?







さて、

デカ盛り・メガ盛り探検隊の結成と解散を繰り返していますが、



今でも未踏のメガ盛り聖地を狙っています。 (笑)






今回は、

そんな聖地の一つを訪ねてみました。







ただね、

前日に怒涛の宴会をこなして胸焼けがしているので



今回は、軽く偵察です。







広島県福山市の松永にある

竹野食堂さんです。


Takeno1


竹野食堂さんのブログはこちら。






店内はかなり広くて

4人掛けテーブルが10卓程度と




別に座敷が3、4卓とカウンターがあります。


Takeno2_2






入店時は空いていましたが、

暫くすると満席になりました。



人気があるお店ですね。






メニューです。


Takeno3







メニューは豊富ですよ。


Takeno4








アルコールなどの飲料も充実しています。


Takeno5


Takeno6


Takeno7








店名をつけた焼酎もあります。


Takeno8






曜日によって、

メニューの一部がお安くなっています。


Takeno11




常連さんには、

嬉しいシステムになっています。






今回は偵察ですので、



軽くジャブとして、

オムライスの普通盛りを注文します。


Takeno9



昔ながらの定食屋さんのオムライスのようです。


懐かしさを覚えます。






こちらは、

土曜日のサービスメニューになっている

チキトリ定食の、ご飯が小盛り仕様です。


Takeno10



土曜日のサービスメニューですので、

通常より30円安くなっています。







これが、通常の3倍盛りである

スペシャルサービス(SP)のメガ盛りメニューです。


Takeno12




量は3倍ながら、お値段は2倍程度の

リーズナブルなスペシャルメニューですが、




お残しをすると高めの値段となる

ワクワクする仕組みになってますね。 (笑)







あと、近くに大学があるようで

学生風のお客さんが多いようです。



そのほとんどが、大盛りを注文していましたが、

大盛りは、思った以上の量に見えました。







流石に、

3倍盛りのスペシャルメニューは危険な香りがしますが、

大盛りなら大丈夫かもしれません。





近いうちに大盛りを狙って

メガ盛り探検隊を結成して再訪しましょう。







2017年1月 5日 (木)

年末のソウルフード






もうすぐで、

2016年の終わりを迎える時のことです。





仕事納めも終わり、

近場の温泉地である、

道後温泉へ向かいます。




年末は、どこも混むので、

近場がお勧めだと思っています。





さて、

道後温泉は、

愛媛県松山市にある温泉地ですが、





まずは、

松山市のソウルフードの一つである

鍋焼きうどん店へ向かいましょう。








鍋焼きうどんの専門店である

「 ことり 」 さんです。




行列は、できていないようです。

噂ほどの繁盛ぶりじゃないかもね。


Matuyama0




と、思いきや、

ガラガラ~ と入口を開けると




店のおばちゃんが、





「 ごめんね~ 」

「 もう、売り切れたんですよ。 」  




と、のたまうのです。







なんだと ~~~~



まだ、正午過ぎでっせ !







いくら何でも、

売り切れが早すぎるじゃろ !




「 なんて観光客に厳しい店なんだ !」


「 もう少し材料を用意せ~よ 」  と






心の中で文句を言いつつ、 (笑)




もう一つの、鍋焼きうどんの専門店である

「 アサヒ 」 さんに、とうちゃこ です。







ことりさん と アサヒさんは、

100mも離れていないので、

すぐに到着しましたけどね。 (笑)






既に10人程度の行列ができていましたが、

回転が速いようです。




20分待ち位で、

やっと私達の順番がきました。


Matuyama1


Matuyama2







店内は、レトロな雰囲気です。


Matuyama3








食べ物のメニューは、

鍋焼きうどん と、卵入りの鍋焼きうどん、

いなり寿司の 3種類しかありません。


Matuyama4







まずは、

いなり君をゲットします。


Matuyama5







暫く待つと、

鍋焼きうどん(卵入り)君の登場です。


Matuyama6



アルミ鍋を直接に、火に掛けて作っているようで、

容器のアルミ鍋は、かなりの熱々です。




ですから、

鍋の蓋を取る時が、勝負の時となります。 (笑)







うどん麺は太目のコシがあるタイプで、

讃岐うどん風の麺です。





かなり出汁が甘いので、

好みが分かれるかもしれませんね。






店を出ると、行列が増えていました。


Matuyama7







翌日のお昼です。




松山市のソウルフードと言えば、

ミートソースパスタの 「 でゅえっと 」 さんでしょう。




この店は、人気店ですので、

早めに行きます。





ところが、またまた呪いが掛けられており、

定休日となっています。


12月30日なんで、

早めに仕事納めをされたようです。






今回は写真がないので、

過去の「 でゅえっと 」 さんの記事をどうぞ。


こちら と あちら から。








「 でゅえっと 」 さんに振られたので、

宇和島市のソウルフードを目指します。





宇和島鯛めしの「 槇 」 さんです。


Matuyama8


Matuyama9_4







宇和島市の鯛めしは、

鯛を入れて炊く釜飯とは違い、

独特なんですよね。


Matuyama10





宇和島の鯛めしは、

宇和島市で頂くのが良いのですが、



宇和島市は、少々遠いものですから、

これで勘弁してやりましょう。 (笑)






過去の宇和島市での鯛めしの記事は、

こちら からどうぞ。








メニューです。


Matuyama101


Matuyama11_2


Matuyama12









席を外して戻ってくると、

私がいない間に注文された

鮑のソテーが運ばれていました。 (笑)


Matuyama13








宇和島鯛めし の入場です。


Matuyama14





今回は年末に、

ソウルフードを

美味しくいただきました。





地元で愛されるソウルフードって、

良いものですね。









2016年12月26日 (月)

聖なる日は和風が素敵







世の中が浮かれる日としては、

クリスマスイブがありますが、



最近では、

クリスマスやクリスマスイブを一人ぼっちで過ごす

「 クリぼっち 」 なる言葉があるようです。





そんな12月24日の聖なる日に、

和風を訪ねる近場ツーリングのお誘いを受けて、

行ってみました。







まずは、

待ち合わせ場所に少し早く到着です。


Dsc00604







次の集合場所へ向かいます。


Dsc00605







数台の方々と合流します。


Dsc00606








その後、

途中の道の駅にて。





友が交換した新品のLED ヘッドライトの中に

曇りができているのを発見です !!


Dsc00607






何回見ても、

曇りがあるようですね。


Dsc00608





暫くは、

この話題で遊べそうですね。 (笑)





その後、



怪しい活魚料理屋の

瀬戸美さんに、とうちゃこ。


Dsc00609



和風っぽい料理屋さんです。






趣があると言いますか ・ ・ ・




1人では決して入ることはないだろう 

って思える怪しさが、全面に滲み出ています。







メニューです。


Dsc00610




釜飯が美味しいとの評判だそうですよ。






本日は、12月24日の土曜日です。


S_dsc00611



当然、サービスディではありませぬ。

残念ですね。 (笑)








お刺身の登場です。


S_dsc00612







こちらは、煮魚ですが、

本日の魚は、メバルです。


S_dsc00613








メインの釜飯が美味しそうですね。


S_dsc00614









和の料理を美味しく頂いた後は、

次なる和風へ向かいましょう。


S_dsc00615







もろ和風の

OT e r a   C a f e  ( お寺カフェ) に着きました。



S_dsc006541








駐車場から階段を上がった処に、カフェがあります。


S_dsc00654







本堂です。


S_dsc00634







本堂の奥にカフェがあります。


S_dsc00632








仏間が客席になっています。


S_dsc00635







テーブル上の花が落ち着きますね。


S_dsc00640


S_dsc00637


S_dsc00638








ここの和の空間は、

癒しを演出してくれるようです。


Img_0866


Img_0865









メニューです。


S_dsc00641


S_dsc00642


S_dsc00643


S_dsc00644


S_dsc00645


S_dsc00646








抹茶ぜんざいです。


S_dsc00647








合掌もなか (左側:ほうじ茶アイス、 右側:抹茶アイス)

になります。


S_dsc00649






ここで、




わびさび が分かる男は、

玉露を所望します。 (笑)


S_dsc00650



「 翠滴 」 という種類の玉露です。






一番煎じです。


S_dsc00652








甘い、まろやかな風味ながら

若干ですが、隠れた渋みも感じます。


S_dsc00653



隠れた渋みが分かるとは、



流石は、

わびさび が分かる男です。 (笑)







お寺カフェでの時間は、

ゆったりと流れて、癒されました。






さあ、

ガソリンを補給して帰りましょう。


S_dsc00655


S_dsc00656








ここからは、高速に乗って、

ばびゅ~ん と帰ります。


S_dsc00657







本日の走行距離です。


S_dsc00658





お昼の釜飯といい

お寺カフェでのティータイムといい




和風の雰囲気が落ち着きました。






聖なる日の和風は、

素敵な時間を過ごせました。










2016年12月20日 (火)

レトロな雰囲気 満麺亭






尾道ラーメンと言えば

広島県の尾道市が有名ですが、





広島県には尾道市以外でも

尾道ラーメンを提供する店舗は多くあります。






尾道市に隣接する福山市にある、

「 尾道ラーメン 一丁 」 や 「 朱華楼 」 とか、





竹原市にある 「 太華園 」 なども 

尾道ラーメン屋さんとして、人気店となっています。






そんな尾道ラーメン屋さんで、

時々聞く名前が、満麺亭さんです。







キンチョールのレトロ看板が壁に貼られています。


Img_0828




店内の写真は撮れませんでしたが、

昭和のレトロな雰囲気が出ている店内です。







オーソドックスな、

あぶり醤油らーめんを注文しました。


Img_0821



この店では、チャーシューを炙るようですね。






居酒屋メニューも、あるようです。


Img_0822








あぶり醤油らーめん です。


Img_0824


普通の尾道ラーメンのように見えます。






麺は平麺で、硬めです。


Img_0825







チャーシューは、炙りといっても

少し焦げ目が付いているだけです。


Img_0826







メンマも、普通かな。


Img_0827







尾道ラーメンとしては普通でしたが、

全体的には、美味しかったです。





寒い時期なので、

温かいラーメンが美味しいと感じる

この頃です。







2016年12月 8日 (木)

コンテナの店 山創






山間部の道沿いに、

コンテナを改装した店舗があります。





時々は通過する道沿いにあるのですが、

目立たない店舗だということもあり、

今までは興味もなく、スルーしていました。






ところが、

チャーシューがトロトロで美味しいとか

高評価な口コミを見ることが多くなったので、

訪れてみました。






山創さんに、とうちゃこ。


Dsc00602




こちら側は店の裏手で駐車場になります。








表側です。


Img_0810








カウンターだけの客席になります。

コンテナを改装した店舗ですからね。


Img_0804




でも、

12~13席ぐらいは、ありそうです。






カウンタ―にメニューは置いてなく、

貼りメニューのみです。


Img_0800


Menu1







こちらは、手書きのメニューです。


Img_0802




メニュー上に記載はありませんが、

担々麺もあるようですね。






お冷は、ジョッキです。


Img_0801




夏の時期は、何度も注がなくでいいから、

ジョッキもありかも ? ですね。 (笑)






チャーシュー麺を注文しました。


Img_0806




店舗先には、

「 中華そば 」 の暖簾が出ていますが、




いわゆる

醤油豚骨の広島ラーメンだと思います。







器の丼ぶりは、小さ目です。




小さ目の丼ぶりは、

先日に訪れた、広島市にある風林と同じですね。







山盛りのネギが嬉しいです。


Img_0807



ネギの上に載っている白っぽいブツは、

刻みニンニクですが、





注文時に、

ニンニクを入れるかどうかを聞かれますので、

ニンニクが苦手な方でも大丈夫ですよ。




麺は細めのストレート麺で、

チャーシューはトロトロです。





美味しかったです。








参考までに、

2016年12月の休店日を

宣伝しておきますね。 (笑)


Img_0805






若い夫婦が営んでいるコンテナの店ですが、

頑張って欲しいものです。






中華そばって、

結構奥が深いんだな と思う、



この頃です。














2016年12月 2日 (金)

ランチタイムは、くろんぼ






ランチタイムになると、名前が変わるというか、

以前の店名に戻る店があります。




数年前から狙っていたのですが、

行列ができる人気店でもあるので、




並ぶのが面倒くさかったのです。






しかし、





この店のビーフカツは、

お皿からはみ出そうな大きさで

量が多いことで有名ですので、





デカ盛り探検隊を緊急招集して

訪れることにしました。





でも、

探検隊の人数は、1人ですけどね。 (笑)









夜は、「 焼肉食堂 ほんまもん 西条店 」 さんですが、

昼は、「 レストラン くろんぼ 」 さんになります。


Kuronbo1




写真では見えにくいですが、

「 くろんぼ 」 と書かれた看板が、

お店の左側に掛かっているのが見えますよね。







何故に 2つの店名があるのかと言うと、






「 レストラン くろんぼ 」 の経営者が引退される時に、



広島県近隣では有名な、「 肉のはなおか 」 の

直営店である、「 焼肉食堂 ほんまもん 」 さんが、



「 くろんぼ 」 さんから味を譲渡してもらい、

「 くろんぼ 」 さんの洋食が、引き継がれているそうです。









店の斜め前の駐車場内の5台分が、

くろんぼさんの駐車スペースになりますが、





開店直後に到着したのに、既に満杯でした。


流石は、人気店です。







メニューです。


Kuronbo2


Kuronbo3


Kuronbo4


Kuronbo5








デカ盛り探検隊の目的である

ビーフカツランチ 普通盛りをチョイスしました。


Kuronbo6



ビーフカツは、お皿からはみ出るほど大きくて

量が多いと聞いていたのですが、





近年は少食となった私は、

お残しをしそうになることがあるので、





ハーフサイズにしようかと

少しだけ悩んだんですよね。 (笑)








ビーフカツは、

厚さが薄目で、柔らかいです。


Kuronbo7



デミグラスソースが甘目であり、

ソースの味が濃いので、ご飯が進みます。





余裕で完食できました。

美味しかったです。



再訪するかも? です。







2階から1階に降りる階段部分です。


Kuronbo8



広島の高校の野球ユニフォームが

数点飾られています。





高校野球の地元の強豪校ばかりです。






店を出た時には、

行列ができていました。


Kuronbo9

 






今回のデカ盛り探検隊は、

お残しをしそうな危ない場面もなく、

余裕で任務を完了です。






デカ盛り とか B級グルメって聞くと、

ワクワクするんですよね。 (笑)



それらを求めて、あちこち行くのも

楽しいものです。







2016年11月16日 (水)

ネギ5秒の鴨すきに、また行ってみた 2







福知山市で鳥取組の友らと分かれて、

鴨すき のお店に向かいます。






鳥料理専門店の

鳥名子(とりなご) さんです。


Kamo20


Kamo21







鳥名子 さんの名刺です。


Photo


2




私が訪れたのは、

福知山本店になるようですが、





名刺の裏を見ると、

東京の恵比寿と三軒茶屋にも

支店があるのですね。






恵比寿なら行きやすいと思いますので、

東京に行く時には、

寄られてみては如何でしょう?








まずは、乾杯です。


Kamo211







鴨さん です。


Kamo22







別の角度からの、鴨さん です。


Kamo221







細切りのネギです。


Kamo23


ネギが山盛りなんですよね。







別の角度から見た、ネギのマウンテン状態です。


Kamo231








メニューと 鴨すき の食べ方です。


Kamo24








食べ方の部分を拡大しました。


Kamo241




ネギを鍋に投入する時間は、

たったの5秒ですよ。




鴨すき は、とっても忙しいんです。 (笑)






別メニューの、梅のタタキです。


Kamo25


梅干しの果肉を、叩いただけのブツでした。








こちらは、別メニューの黒ニンニクです。


Kamo26




干したブルーベリーのような触感と味がします。

初めて食べましたけど、美味しかったです。







その後は、

河岸を変えて親睦を深めるのでした~


Kamo27









翌朝です。

Kamo28



前方に福知山城が見えます。








ボーとしていたら、

置いて行かれました。 (笑)


Kamo281







福知山城の横を通過します。


Kamo29

Kamo30



福知山城は、

以前に来た時に、天守閣まで登ったことがあります。




その時に、

写真左側に見える、堀に架かるアーチ橋を渡りました。




真夏の時期で、とても暑くて

天守閣まで登ると、フラフラになり

倒れそうになったことを思い出します。 (笑)







さて、

篠山市にある 追手神社 に寄ります。


Kamo31


Kamo371


Kamo32







追手神社の境内にある

日本一のモミとされる 「 追手神社の千年モミ 」 です。



樹齢は1000年だそうです。


Kamo33


Kamo34


Kamo35









写真の真ん中の奥に見えるのが千年モミで、

左側に2本見えるのが、夫婦イチョウです。


Kamo36


ちなみに、

夫婦イチョウの樹齢は、350 年だそうです。







夫婦イチョウの ギンナンが、

地面一杯に落ちています。


Kamo37




少し離れて見ると、

まるでオレンジの絨毯のようです。







さあ、帰りましょうね。


Kamo38








途中で、

「 日本中央標準時子午線 」 と書かれた

モニュメントがありました。


Kamo39








帰ってから調べてみると

ウィキペディア(Wikipedia)にありました。



Sigosen




赤線で囲んだ部分が、私が見たブツですが、

子午線の標識やモニュメントって、

数か所あるんですね。






高速に入る前に、

偶然ですが、並木道を通過します。


Kamo40



赤色に色付いた並木が、とても綺麗です。








昼食は高速SAにて。






私の注文品のカツカレーです。


Kamo401


何故かルーが、ぬるかったんですよね。







友の注文品の、ビビンバ風のブツ。


Kamo402









別の友の注文品の、イタリアンなビビンバ風のブツ。


Kamo403


煮たホールトマトが入っています。

どんな味なんだろ ?







これで解散です。


また、行きましょうね。
  


Kamo41








今回の走行距離です。


Kamo42






今回は、

美山のかやぶきの里の近辺で、

軽く雨に降られましたが、




総じて、天候には恵まれました。





久しぶりに楽しめた泊ツーでした。







2016年11月14日 (月)

ネギ5秒の鴨すきに、また行ってみた 1







あれは、

今年の6月のことだったと記憶しています。





久しぶりに、友らと集った時のことです。







以前に食べた鴨すきの

超細切りのネギが変わっていて、




その鴨すきは、とても美味しかった という

ツーリングの思い出話しになり、





また行こうか と

話しがまとまったのです。





そう、その鴨すきは、

もう3年前のことになるんですよね。




以前の鴨すきの記事はこちら。


6月の友らと集った記事はこちら。








10月の最終の週末になり、

早朝から出掛けます。






出発後に、多少のアクシデントはあったものの、

それを乗り越え、大阪まで進んできました。







大阪の吹田ジャンクションに近づいて来ました。


Kamo1









高速から左側を見れば

太陽の塔が見えます。


Kamo2








右側には、大観覧車があります。


Kamo3


大観覧車は、前はなかったと思うのですが、

いつ出来たんでしょう ?








東名高速に入りました。


Kamo4










高槻市を抜けて

大山崎ジャンクションから

京都縦貫自動車道へ入ります。













道の駅 京都新光悦村 にとうちゃこ。


Kamo5








鳥取の2人の友と落ち合います。


Kamo6


鳥取の友らの2台です。







ここから、

美山の 「 かやぶきの里 」 へ向かいます。






前を走る3台


Kamo7








後を走る2台



Kamo8







かやぶきの里に着きました。


Kamo9


Kamo10


Kamo11


Kamo12





かやぶきの里は、里の中に民宿などがあり、

白川郷や五箇山のように、

観光化されているようです。







里の横には、「 由良川 」 が流れています。


Kamo121


Kamo13


Kamo122









里のレストランの 「 きたむら 」 さん です。

玉子丼が、お勧めと聞きました。


Kamo131



Kamo14


30分待ちぐらいでしたかね。







友が注文した、もりそば 玉子丼(ミニ)セットです。


Kamo15



私以外の友らの全員が、

このセットを注文したようです。(笑)








玉子丼の普通サイズの単品がありましたので、

私は、それを注文しました。


Kamo16


ミニの かけ蕎麦が付いていますが、

玉子丼 普通サイズの単品で、セットではありません。






蕎麦のリフト~


Kamo17






玉子のリフト~


Kamo18



玉子はフワフワです。







玉子の更なる ア~~~ ップ !!


Kamo19



美味しそうでしょ (笑)








では、福知山へ向かいます。


Kamo191






福知山市をツーリングで訪れるのは、

これで3度目になります。




鴨すきが呼んでるぜ ~~~






2016年10月24日 (月)

天空の駅 「 宇都井駅 」 から寄り道してみた






天空の駅 「 宇都井駅 」 を後にして、

山くじらを目指します。




島根県美郷町にある

大和食堂さん に、とうちゃこ。


Dsc00451

Dsc00450



ちなみに、


「 大和 」 は、「 だいわ 」 と読むそうで、

「 やまと 」 じゃないそうです。





なんか、閑散とした雰囲気が変です。

暖簾が出ていませんね。






でも、

当日は、定休日ではないことを

事前に確認しています。







入口に近づいてみると、


Dsc00449






どぇ ~~~ !!





呪いが掛けられていました。










ところが、






日頃の行いは、

大事にしなければなりませんね。





店先をウロウロしていると、

店主と思われるオッチャンが出てきて、





「 ちょっと待ってもらえるなら、

山くじらラーメンなら、できるよ~ 」




と、のたまう のです。









神が降臨 ~ !




呪いは解けたようです。











根が素直な我々は、

その お言葉に逆らうことなく、




満面の笑顔を振りまきながら、



「お休みのところ、すいませんね ~」 

と言いつつ、店内へ入ります。








ところで、

臨時休業の理由は、お祭りのようです。




大和食堂さんの前を、神輿が通って行きます。


Dsc00456


Dsc00457


Dsc00458





近年では、

子供の数が少なくなり、




地域の祭りは

全国的に縮小傾向にあるようですが、

続けて欲しいものです。







さて、

店内に戻ります。


Dsc00454



店内は、大衆食堂といった雰囲気が満載です。






メニューです。


Dsc00453







メニューの裏側です。


Dsc00452








ん?

左上にある 「 うえだラーメン 」  とは、何でしょうね?


Dsc004521_2





後で調べると、

大和食堂の店主の名字は、

植田さん でした。 (笑)







山くじらのメニューは、

2種類あります。


Dsc00455



大和食堂さんでは、

山くじらを常用しています。






これも、後で調べたのですが、

島根県のWebサイトの中に記述がありました。



(クリックして拡大して読んでね)

Yamakujira1

(by 島根県のHP)   







ブツが来ました。

山くじらラーメンです。


Dsc00459








スープは、あっさりした優しい味です。


Dsc00460








麺のリフト~


Dsc00461


少し細めの麺で、柔らか目でしょうか。







山くじらのリフト~


Dsc00462



山くじらは、臭みはなく、

赤身ですが柔らかくて、美味しいです。






山くじらラーメン、

ごちそうさまでした。






大和食堂さん の前には、

今は使われていない旧大和村役場が

寂しそうに残されています。


Dsc00463









最後に、

以前から気になっていた場所に寄り道します。





大迫牛乳店さん です。



ず~と、

本物が見たかったんです。





牛乳パックの建物がオサレです。


Dsc004771


Dsc004641







どの角度から見ても、

牛乳パックですね。


Dsc00465


Dsc00472



牛乳パックの建物が、何処にあるかは、

ネット検索してね ~






天空の駅を含めた走行距離は、

こうなりました。


Dsc004801






マニアックなツーリングも

楽しいものです。






2016年10月11日 (火)

消化器官を破壊する噂のブツ






天空の駅に行こうとした9月某日のことです。




北部へ足を伸ばしていると、

急に雲行きが怪しくなってきました。






雨天レーダーを見ると

1時間後には土砂降りになりそうです。



秋雨が降る時期は、

とても天候不順ですよね。





仕方がないので、

近くで昼ご飯を食べて帰ることにしました。






お好み焼きのメガ盛りで有名な

「 しずま 」 さん です。


Dsc00414

Dsc00413








メニューです。


Dsc00415






しずまさんのお好み焼きは、

消化器官を破壊すると噂のブツです。







キャベツが、マウンテン状態です。


Dsc00416




このお店は、

キャベツの大盛りが無料だと思いますが、





それは無謀ですので、

キャベツは標準にしておきました。






キャベツがやっと

しんなり状態になりました。


Dsc00417








友が注文した、

しずまスペシャルです。


Dsc00418



山が高いです。 (笑)







私が注文した、量が一番少ないと思われる

お好み焼き 肉玉うどん です。


Dsc00419



しずまスペシャルほどではありませんが、

かなりの厚みがあります。





量が多いな~

食べれるんだろうか ?








この後は、速攻で帰りましたが、

地元に到着すると

土砂降りになりました。






本日の、おみやです。


Dsc00420



お残ししたお好み焼きを、

お持ち帰りです。 (笑)







お持ち帰りは正解でした。




危うく、

消化器官が破壊されるところでした。 ^^








より以前の記事一覧