グルメ・クッキング

2017年6月 9日 (金)

大川嶺・笠取山からの帰り道








大川嶺・笠取山を訪れた翌日のことです。



寄り道をして帰ります。





日本一  海に近い駅として名高い、

映画のロケに使われた

下灘駅に寄りましょう。






場所は、このあたり。


Simonada_st01







地図をズームします。


Simonada_st02




愛媛県道24号~国道378号を通って

下灘駅に向かいます。







愛媛県道24号です。


Simonada_st1







国道378号との合流点に来ました。


Simonada_st2


Simonada_st3







ここを右折して暫く進むと、

道路沿いに自由の女神があります。


Simonada_st4


Simonada_st41



女神様は、

被災地の熊本を応援していました。





さて、

R378号って快走路ですね。


Simonada_st5







下灘駅に、とうちゃこ。


Simonada_st6






他のバイクツーリングのグループも

来ています。


Simonada_st7







駅の前には、移動式のカフェもあります。


Simonada_st8


時刻が早いせいか、

まだ開店していません。



というか、

日頃は営業をしているんでしょうか?






ホームに出ましょう。


Simonada_st9


Simonada_st10


Simonada_st11







ところで、

私の生息地の近郊の駅には、

以前は、このような風景が

たくさんありました。




その近郊の駅の多くは、埋立により

線路から海までの距離が遠くなりましたが、





まだ下灘駅と同じような風景が

残っている駅があります。







二人で座ると中心に寄ってしまう

らぶらぶベンチです。 (笑)


Simonada_st12








駅舎の中には、

夕暮れの下灘駅の写真が飾ってあります。


Simonada_st13


Simonada_st14







たまたまですが、

ホームに列車が入ってきました。


Simonada_st15



1両編成の、

のんびりとした風景です。







下灘駅を後にして、

今治市内に戻りましょう。





友から聞いた

大衆食堂に寄ってみました。


Simonada_st16



寿司と魚介類の料理を出す 「 味秀 」 さん です。






店の外観は、バラックのようで

とても料理屋には見えませんが、

こういう雰囲気の店って好きです。(笑)


Simonada_st17







11時頃に到着しましたので、

まだ開店前の状態です。


Simonada_st171







入口の横には、生け簀があります。


Simonada_st18







店内の壁に貼られた

メニューです。


Simonada_st19







一品料理も多々あります。


Simonada_st20_2







おまかせ寿司の上です。


Simonada_st21



一つ一つの

握りが大きいですね。



量が多いかも。







地元のご夫婦が注文していた

魚の肝・子の煮付けが美味しそうだったので、

真似っこしてみました。


Simonada_st22




でも、量が多くね?


失敗したかも?







魚の子のリフト~


Simonada_st23



この店では、お残ししたブツは

お持ち帰りできます。




しかし、私は、お持ち帰りは無理です。

バイクだし、まだ家まで距離あるしね。





注文品の量が多かったことを

反省しながら




しまなみ海道を帰ります。





途中の橋の上で、豪華客船を発見です。


Simonada_st24


Simonada_st25




後日、知りましたが、



この客船は、この後で

広島市の五日市埠頭に接岸し

内部を一般公開したようですよ。






最後に、

渡船で尾道市街に渡り、

陸路を自走して帰ります。



Simonada_st26





久しぶりに泊ツーをしましたが、

天気に恵まれ、とても楽しめました。







2017年5月15日 (月)

とんぺい







約1前のことになりますが、

わざわざ出向いた店があります。




美味しいとの噂を聞きつけたので、

行ってみたのです。




閑散とした場所にある目立たない店舗ですが、

年配のお客さんが多く、行列ができている店です。





以前に訪れた時の記事は、こちら。





先日に、

久しぶりに思い出して、

足を伸ばしてみました。





岡山県笠岡市にある、

「 とんぺい 」 さん です。


Img_1120




開店と同時に入店します。





開店後すぐですので、

店内は、まだ閑散としていますが、

この後、すぐに満席になりました。


Img_1108








メニューです。

1年前と変わっていません。


Img_1103


Img_1104


Img_1109


Img_1105


Img_1110


Img_1107







アルコール販売中止のお知らせも、

1年前のままのようです。


Img_1111








お笑い芸人の千鳥の来店写真があります。

以前は、飾ってなかったように思います。





広島のローカルTV番組に出演していますので、

その収録の仕事で来たのでしょうか?


Img_1106







オーソドックスのラーメンと

トッピングの半熟たまご です。


Img_1112




1年前に来た時と、同じ注文内容ですね。 (笑)







麺のリフト~


Img_1114







チャーシューのリフト~


Img_1115








ここで、半熟たまごを投入します。


Img_1118





美味しくいただきました。




店を出るときには、行列ができていました。

相変わらずの人気ぶりですね。





この暖簾をくぐるのは、

次回は、いつになるでしょうか ?


Img_1119




また、

来れれば良いですね。







2017年4月10日 (月)

「 しまい 」 が しまい






広島市内の北部方面に

広島ラーメンのルーツとも言われる

老舗店があります。




その店の噂は、聞いたことがありましたが、




店舗前の道路は、

交通量が比較的多いのに

駐車場は少ないという、




なかなか足が向きにくい

老舗店だったのです。





そんな広島ラーメンのルーツといわれる老舗店ですが、

10日後の4月16日(日)には

閉店するという話を聞きつけました。





こりゃ  いかん! と





閉店の1週間前である 4月9日(日)に

急遽行ってみました。








中華そばの老舗店である、

「 しまい 」 さん です。






開店前には到着です。


Simai1



開店まで、まだ数分あるからでしょうか、

暖簾は出ていません。






その後、

開店時間の11時になっても

暖簾が出ないし、





来週には閉店するというのに、

懐かしむお客さんの行列もないし、





もしかして、 

呪いによる臨時休業か ? と、

不安になりましたが、





少し待っていると、

暖簾が出ました。




良かった良かった ♪


Simai2








ちなみに、どうでも良い情報ですが、

店舗の裏側は、こんな感じ (笑)


Simai21







店内は、

私だけです。 


Simai3


Simai4







メニューです。


Simai5








誰のサインでしょうか?


Simai6







テーブルの上は、箸と爪楊枝と胡椒だけの

シンプルな佇まいです。


Simai7







中華そば を注文しました。


Simai8




なるほど~





具材は、



小さ目のチャーシューが3枚、

ネギ、もやし が少々、

と、



今時のラーメンとしては

かなりシンプルです。





広島ラーメンのルーツと言われるように、

醤油豚骨スープのあっさり系です。






麺のリフト~


Simai9



麺は細麺で、

良くある中華そば風です。







チャーシューのリフト~


Simai10







することがないので、

もやしのリフト~


Simai11







ラーメン丼に書かれた

店名の 「 しまい 」 の文字が

消えかかっています。


Simai12



店の歴史を感じますよね。






完食しました。


Simai13




シンプルな中華そばですが、

とても美味しかったです。






店内の壁に貼られた

閉店のお知らせです。


Simai14



来週の日曜日である

2017年4月16日(日)に、




老舗店 「 しまい 」 が 終い(しまい) となります。




何だか、寂しいですよね。










久しぶりに2輪に乗ったので、

帰宅途中に、少し遠回りすると、



怪しげな酷道を発見です。


Simai15



県道だから、険道ですかね。




通ってみると、

思ったほど険しくはなかったですよ。






写真の位置は、ここ。


Kendou80




酷道・険道が好きな方々は、

是非どうぞ。




但し途中までは、

4輪では離合できませぬ故、

お知らせしておきますね。 









2017年4月 3日 (月)

たわらでホタルイカ





以前から、噂は聞いてはいたものの

行くのが面倒くさくって後回しにしていました。






休日しか行くことができないことが多いので、

ますます後回しになるのです。






やっと某日に、

時間が取れましたので

開店と同時に入ってみました。






「 魚食堂 たわら 」 さん です。


Img_1039





基本的には、

セルフの大衆食堂ですが、




海鮮丼などの魚介類が

美味しいとのことです。







店内は、

テーブル席とカウンター席とがあり、

思っていたより広いですね。


Img_1041


Img_1043


Img_1044







陳列されている惣菜類を取って

ご飯と汁物を注文するという

良くある大衆食堂のスタイルです。






その他として、

丼物は10種類程度ありますが、






その中でも

旬の丼物として期間限定のブツが

数点あるようです。


Img_1040








私は、期間限定の旬の丼物として、

ホタルイカの天丼を注文しました。


Img_1046



セット物の味噌汁を

あさり汁(小)に変えてみました。







ホタルイカの天ぷらのリフト~


Img_1049




大量のホタルイカが

丼の上にパイルダーオンされています。





ホタルイカは揚げたてですので、

サクサクして美味しいです。







あさりのリフト~


Img_1050



あさり汁は小ながら

多くのあさりが入っています。








完食しました。


Img_1051




ホタルイカの天丼は、

ホタルイカの量といい、

あさり汁のあさりの量といい、


具沢山で、美味しかったです。







今回の期間限定の丼物のブツとしては、


・ 牡蠣の玉子とじ丼

・ 釜揚げシラス丼

・ ホタルイカの天丼


の3種類があったようですが、





その他の丼物のブツも

期待できそうですので、




また、行ってみましょう。





ごちそうさまでした。






2017年3月10日 (金)

FTの皮むき兼ねて近場ツーへ行ってみた






ウルトラのFT(フロントタイヤ)を

交換した翌日のことです。




近場のツーリングのお誘いを受けましたので、

フロントタイヤの皮むきを兼ねて参加しました。






集合場所には、

もう参加者が集まっています。


Influ1







ばびゅ~ん と走り、

東方面の神社に到着です。


Influ2



この神社は、駐車場が広いです。





こちらのワインレッドのHXは、

オサレですね。


Influ3







ウインカーは、LEDの超小ぶりなブツです。


Influ4







エンジンガードには、

デイライト用のLEDプレートがビルトインされています。


Influ5


このLEDのデイライトは、かなり明るくて、

視認性がいいです。






福山市にある

草戸稲荷神社にとうちゃこ です。


Influ6







階段で、上まで登ります。


Influ7


Influ8







景色がいいですね。

目の前に見える川は、芦田川です。


Influ9







お昼は、ステーキ丼専門店の

「 黒べぇさん 手城店 」 さんにて。


Influ10






メニューです。


Influ11


Influ12


Influ13


Influ14


Influ15


Influ16


Influ17








私が注文した、ステーキ丼(単品)です。


Influ18







ステーキ丼のア~ップ!


Influ19



ステーキ丼は、

タレを掛けながら頂くのですが、

美味しかったです。







こちらは、他の方が注文した

ステーキ丼定食となります。


Influ20







その後は、下道を通って竹原市まで。


Influ21







本日の走行距離です。


Influ22





比較的に近場のツーリングでしたが、

タイヤの皮むきには、

十分な距離を走ったようです。






んで、

その日に、頂いたかどうか不明ですが、





数日後に、

強力な お客様が現れました。 (笑)



Influ23




去年も同じだったな 。 。 。



去年に現れたのは、3月中旬だっただろうか ?




では、さらば~







2017年2月28日 (火)

久しぶりの島にて





あれは、

1月最後の土曜日のことでした。





久しぶりに近場の島へ行き、

ちょろちょろ と動きましたが、




その時に撮った写真を収めた

SDカードが無くなりました。







ところが、先日のことです。







ハーレーのウルトラのタイヤ交換のために、

フロントホイールをウルトラの車体から外して

車のトランクに積み込もうとしていたら、





先日、無くしたはずのSDカードが

トランクの床を見ている私の目の前に

空中から ポタッ と落ちてきたのです。






あれ ???



何処から落ちて来たのでしょうね ?






コントみたいですが 、、、


まあ、いいか ・ ・ ・






諦めていた写真が出てきましたので、

忘備録として、記しておきます。






まずは、

待ち合わせ場所にて。




私は動きやすい原2を使います。


1







その後、音戸の瀬戸を通り、


2








島の裏側の、元リゾート海岸まで向かいます。


3



写真の中央右側の海の向こうに見える島は

宮島の南側になるんでしょうかね。





島をぐるりと回って、お食事処へ到着です。


4


右側の坂を登ると、

合正ガーデンさんがあります。





合正ガーデンさんの入口です。


5






レジの前にメニューが貼ってあります。


6







サインも多いですね。


7


ローカル局関係者のサインが多いようです。






奥の客席は広いです。


8


9







その奥には、座敷もあります。


11






レトロなオルガンが素敵です。


10






外にはテラスもあります。


12


まだ1月ですので、

テラスは寒いですが。 (笑)








厨房のカウンター付近で、

おでんや小鉢等をお盆に乗せて

セルフで席に着きます。


13



何やら、付け合せのブツが多くて、

食べ切れない予感がします。 (笑)







メインの あなご天丼の入場です。


14


天ぷらは、

穴子が2匹と、大葉と南瓜ですね。





穴子1匹のリフト~


15

 

穴子がデカいですが、

衣も厚そうです。 (笑)






友の注文品の 

あなご海老天丼です。


16


こちらは、穴子と海老の組み合わせです。







その後は、

もう穴子は、当分の間はいらんな~ 

と ぼやきながら、




島では有名な、

ロールケーキの岡林花月堂さんに寄りましょう。


171







ロールケーキの耳があったので、

買い求めました。


17




この耳と呼ばれるブツは、

ロールケーキの両端を切り落としたものですが、

売り切れていることが多いようです。





見掛けに寄らず、美味しいんですよ。







最後に、

豆腐屋さんのソフトアイスで締めです。


18







ところで、

友のウルトラですが、


19






相変わらずですが、

LEDヘッドライトの下側が曇りますね~


20




この曇りの原因について、


何故か

個人的に気になっています。 (笑)







2017年2月 7日 (火)

3倍盛りの店 竹野食堂





デジカメのSDカードを無くして、

撮りためたツーリングなどの写真が消えてしまった

この頃ですが、





如何 お過ごしでしょうか ?







さて、

デカ盛り・メガ盛り探検隊の結成と解散を繰り返していますが、



今でも未踏のメガ盛り聖地を狙っています。 (笑)






今回は、

そんな聖地の一つを訪ねてみました。







ただね、

前日に怒涛の宴会をこなして胸焼けがしているので



今回は、軽く偵察です。







広島県福山市の松永にある

竹野食堂さんです。


Takeno1


竹野食堂さんのブログはこちら。






店内はかなり広くて

4人掛けテーブルが10卓程度と




別に座敷が3、4卓とカウンターがあります。


Takeno2_2






入店時は空いていましたが、

暫くすると満席になりました。



人気があるお店ですね。






メニューです。


Takeno3







メニューは豊富ですよ。


Takeno4








アルコールなどの飲料も充実しています。


Takeno5


Takeno6


Takeno7








店名をつけた焼酎もあります。


Takeno8






曜日によって、

メニューの一部がお安くなっています。


Takeno11




常連さんには、

嬉しいシステムになっています。






今回は偵察ですので、



軽くジャブとして、

オムライスの普通盛りを注文します。


Takeno9



昔ながらの定食屋さんのオムライスのようです。


懐かしさを覚えます。






こちらは、

土曜日のサービスメニューになっている

チキトリ定食の、ご飯が小盛り仕様です。


Takeno10



土曜日のサービスメニューですので、

通常より30円安くなっています。







これが、通常の3倍盛りである

スペシャルサービス(SP)のメガ盛りメニューです。


Takeno12




量は3倍ながら、お値段は2倍程度の

リーズナブルなスペシャルメニューですが、




お残しをすると高めの値段となる

ワクワクする仕組みになってますね。 (笑)







あと、近くに大学があるようで

学生風のお客さんが多いようです。



そのほとんどが、大盛りを注文していましたが、

大盛りは、思った以上の量に見えました。







流石に、

3倍盛りのスペシャルメニューは危険な香りがしますが、

大盛りなら大丈夫かもしれません。





近いうちに大盛りを狙って

メガ盛り探検隊を結成して再訪しましょう。







2017年1月 5日 (木)

年末のソウルフード






もうすぐで、

2016年の終わりを迎える時のことです。





仕事納めも終わり、

近場の温泉地である、

道後温泉へ向かいます。




年末は、どこも混むので、

近場がお勧めだと思っています。





さて、

道後温泉は、

愛媛県松山市にある温泉地ですが、





まずは、

松山市のソウルフードの一つである

鍋焼きうどん店へ向かいましょう。








鍋焼きうどんの専門店である

「 ことり 」 さんです。




行列は、できていないようです。

噂ほどの繁盛ぶりじゃないかもね。


Matuyama0




と、思いきや、

ガラガラ~ と入口を開けると




店のおばちゃんが、





「 ごめんね~ 」

「 もう、売り切れたんですよ。 」  




と、のたまうのです。







なんだと ~~~~



まだ、正午過ぎでっせ !







いくら何でも、

売り切れが早すぎるじゃろ !




「 なんて観光客に厳しい店なんだ !」


「 もう少し材料を用意せ~よ 」  と






心の中で文句を言いつつ、 (笑)




もう一つの、鍋焼きうどんの専門店である

「 アサヒ 」 さんに、とうちゃこ です。







ことりさん と アサヒさんは、

100mも離れていないので、

すぐに到着しましたけどね。 (笑)






既に10人程度の行列ができていましたが、

回転が速いようです。




20分待ち位で、

やっと私達の順番がきました。


Matuyama1


Matuyama2







店内は、レトロな雰囲気です。


Matuyama3








食べ物のメニューは、

鍋焼きうどん と、卵入りの鍋焼きうどん、

いなり寿司の 3種類しかありません。


Matuyama4







まずは、

いなり君をゲットします。


Matuyama5







暫く待つと、

鍋焼きうどん(卵入り)君の登場です。


Matuyama6



アルミ鍋を直接に、火に掛けて作っているようで、

容器のアルミ鍋は、かなりの熱々です。




ですから、

鍋の蓋を取る時が、勝負の時となります。 (笑)







うどん麺は太目のコシがあるタイプで、

讃岐うどん風の麺です。





かなり出汁が甘いので、

好みが分かれるかもしれませんね。






店を出ると、行列が増えていました。


Matuyama7







翌日のお昼です。




松山市のソウルフードと言えば、

ミートソースパスタの 「 でゅえっと 」 さんでしょう。




この店は、人気店ですので、

早めに行きます。





ところが、またまた呪いが掛けられており、

定休日となっています。


12月30日なんで、

早めに仕事納めをされたようです。






今回は写真がないので、

過去の「 でゅえっと 」 さんの記事をどうぞ。


こちら と あちら から。








「 でゅえっと 」 さんに振られたので、

宇和島市のソウルフードを目指します。





宇和島鯛めしの「 槇 」 さんです。


Matuyama8


Matuyama9_4







宇和島市の鯛めしは、

鯛を入れて炊く釜飯とは違い、

独特なんですよね。


Matuyama10





宇和島の鯛めしは、

宇和島市で頂くのが良いのですが、



宇和島市は、少々遠いものですから、

これで勘弁してやりましょう。 (笑)






過去の宇和島市での鯛めしの記事は、

こちら からどうぞ。








メニューです。


Matuyama101


Matuyama11_2


Matuyama12









席を外して戻ってくると、

私がいない間に注文された

鮑のソテーが運ばれていました。 (笑)


Matuyama13








宇和島鯛めし の入場です。


Matuyama14





今回は年末に、

ソウルフードを

美味しくいただきました。





地元で愛されるソウルフードって、

良いものですね。









2016年12月26日 (月)

聖なる日は和風が素敵







世の中が浮かれる日としては、

クリスマスイブがありますが、



最近では、

クリスマスやクリスマスイブを一人ぼっちで過ごす

「 クリぼっち 」 なる言葉があるようです。





そんな12月24日の聖なる日に、

和風を訪ねる近場ツーリングのお誘いを受けて、

行ってみました。







まずは、

待ち合わせ場所に少し早く到着です。


Dsc00604







次の集合場所へ向かいます。


Dsc00605







数台の方々と合流します。


Dsc00606








その後、

途中の道の駅にて。





友が交換した新品のLED ヘッドライトの中に

曇りができているのを発見です !!


Dsc00607






何回見ても、

曇りがあるようですね。


Dsc00608





暫くは、

この話題で遊べそうですね。 (笑)





その後、



怪しい活魚料理屋の

瀬戸美さんに、とうちゃこ。


Dsc00609



和風っぽい料理屋さんです。






趣があると言いますか ・ ・ ・




1人では決して入ることはないだろう 

って思える怪しさが、全面に滲み出ています。







メニューです。


Dsc00610




釜飯が美味しいとの評判だそうですよ。






本日は、12月24日の土曜日です。


S_dsc00611



当然、サービスディではありませぬ。

残念ですね。 (笑)








お刺身の登場です。


S_dsc00612







こちらは、煮魚ですが、

本日の魚は、メバルです。


S_dsc00613








メインの釜飯が美味しそうですね。


S_dsc00614









和の料理を美味しく頂いた後は、

次なる和風へ向かいましょう。


S_dsc00615







もろ和風の

OT e r a   C a f e  ( お寺カフェ) に着きました。



S_dsc006541








駐車場から階段を上がった処に、カフェがあります。


S_dsc00654







本堂です。


S_dsc00634







本堂の奥にカフェがあります。


S_dsc00632








仏間が客席になっています。


S_dsc00635







テーブル上の花が落ち着きますね。


S_dsc00640


S_dsc00637


S_dsc00638








ここの和の空間は、

癒しを演出してくれるようです。


Img_0866


Img_0865









メニューです。


S_dsc00641


S_dsc00642


S_dsc00643


S_dsc00644


S_dsc00645


S_dsc00646








抹茶ぜんざいです。


S_dsc00647








合掌もなか (左側:ほうじ茶アイス、 右側:抹茶アイス)

になります。


S_dsc00649






ここで、




わびさび が分かる男は、

玉露を所望します。 (笑)


S_dsc00650



「 翠滴 」 という種類の玉露です。






一番煎じです。


S_dsc00652








甘い、まろやかな風味ながら

若干ですが、隠れた渋みも感じます。


S_dsc00653



隠れた渋みが分かるとは、



流石は、

わびさび が分かる男です。 (笑)







お寺カフェでの時間は、

ゆったりと流れて、癒されました。






さあ、

ガソリンを補給して帰りましょう。


S_dsc00655


S_dsc00656








ここからは、高速に乗って、

ばびゅ~ん と帰ります。


S_dsc00657







本日の走行距離です。


S_dsc00658





お昼の釜飯といい

お寺カフェでのティータイムといい




和風の雰囲気が落ち着きました。






聖なる日の和風は、

素敵な時間を過ごせました。










2016年12月20日 (火)

レトロな雰囲気 満麺亭






尾道ラーメンと言えば

広島県の尾道市が有名ですが、





広島県には尾道市以外でも

尾道ラーメンを提供する店舗は多くあります。






尾道市に隣接する福山市にある、

「 尾道ラーメン 一丁 」 や 「 朱華楼 」 とか、





竹原市にある 「 太華園 」 なども 

尾道ラーメン屋さんとして、人気店となっています。






そんな尾道ラーメン屋さんで、

時々聞く名前が、満麺亭さんです。







キンチョールのレトロ看板が壁に貼られています。


Img_0828




店内の写真は撮れませんでしたが、

昭和のレトロな雰囲気が出ている店内です。







オーソドックスな、

あぶり醤油らーめんを注文しました。


Img_0821



この店では、チャーシューを炙るようですね。






居酒屋メニューも、あるようです。


Img_0822








あぶり醤油らーめん です。


Img_0824


普通の尾道ラーメンのように見えます。






麺は平麺で、硬めです。


Img_0825







チャーシューは、炙りといっても

少し焦げ目が付いているだけです。


Img_0826







メンマも、普通かな。


Img_0827







尾道ラーメンとしては普通でしたが、

全体的には、美味しかったです。





寒い時期なので、

温かいラーメンが美味しいと感じる

この頃です。







より以前の記事一覧