« AUX と青歯を追加してみた | トップページ | 麺喰部 福山市 麺匠 あらき »

2017年11月27日 (月)

鹿児島 成長と洗濯の旅





いきなりですが、



成長と洗濯をすべく

旅立ってみました。







まずは、

身体の成長でしょう。




鹿児島中央駅近くにある

黒豚とんかつで有名な 

とんかつ川久  さんです。


Kagosima1



開店時間に少し遅れて着きましたが、

既に、1時間待ちの行列でした。

上黒豚ロースカツ です。


Kagosima2


Kagosima3




黒豚のとんかつは、

肉厚でジューシーです。







次の身体の成長は、




鹿児島市内の外れにある

うなぎの美鶴 さんです。


Kagosima4




このお店も、

到着したら既に行列ができていました。


メニューです。


Kagosima41


Kagosima42


Kagosima43




メニューにある鰻重は、




ご飯の上に鰻が乗っている

通常の鰻重とは違っていて、



鰻とご飯は別々になっています。






半分ぐらいのお客さんは、

皿の上に鰻が乗っている

鰻重を注文されていました。






私は馴染みがある、

ご飯の上に鰻が乗っている

鰻丼をチョイスです。


Kagosima5





お吸い物は、

肝吸いが標準装備となっていて

嬉しいですよね。





肝のリフト~


Kagosima51




骨せんべいも、

標準装備となっています。





骨せんべいのリフト~


Kagosima52







鰻は肉厚で、

歯ごたえがあるタイプです。


Kagosima53




肝吸いや骨せんべいは、

標準装備となっているのに、



2700円のお値段とは、

コスパが良いようです。






次の身体の成長のブツは、




鹿児島の、お約束とも言える

白くま君でしょう。


Kagosima6


Kagosima7




白くま君は、

結構な量があるので、



寒い季節の中でのカキ氷は、

少し、こたえました。 (笑)









次の成長のブツは、

両棒餅(ぢゃんぼ餅)です。





両棒餅の発祥店と言われる

中川家さんです。


Kagosima8




これで、

1人前になります。



沢庵が標準装備となっています。 (笑)






餅に餡が掛かっていますが、

それほど甘くはなく、

あっさりとしています。


Kagosima91








両棒餅のリフト~


Kagosima10








さて、

身体の成長はこれぐらいにして、




心の洗濯をしましょう。







鹿児島市内の市役所の近くにある

西郷さんの像です。


Kagosima11




私は最初は、

気付かなかったのですが、





すぐ隣で

イケメンの某俳優さんが




私達と同様に

西郷さんの像を見ていたのですが、




それに気付いた同行の息子が

某俳優さんが出演している番組名を言って、




何やらを見てますよ って

話しかけていました。 (笑)





しかし、

イケメンの某俳優さんは

ジーパン姿の普段着で、




背丈は私と同じぐらいですが、

顔が小さいですね~







次の心の洗濯は、、、、





鹿児島と言えば

桜島でしょう。


Kagosima12





山頂の右側に見える雲みたいなブツは、

噴煙です。






次の心の洗濯は、



日本最南端の駅である西大山駅と

開聞岳です。


Kagosima131


Kagosima132


Kagosima133







駅の横にある

レトロなポストです。


Kagosima134







西大山駅の列車の便数ですが、

ご覧の通りです。


Kagosima135



廃線になっても

おかしくない状況のようです。






今回の

成長と洗濯の旅の

一番の目的である場所に

とうちゃこ。


Kagosima14


Kagosima141



知覧特攻平和会館です。





内部は撮影禁止の場所が多いですが、

入口付近にある特攻機は撮影OKです。


Kagosima142



特攻用に使用された

戦闘機の零戦です。






こちらは、

特攻機のパイロット達の宿舎である

三角兵舎を再現したものです。


Kagosima144



10代後半~20代の若者が

特攻のパイロットとして散っていった現実は

とても心が痛みます。





知覧特攻平和会館は、

お勧めです。




機会あれば

ご覧くださいね。








最後の心の洗濯は、


指宿の砂風呂でしょう。


Kagosima15


Kagosima151


Kagosima152


Kagosima153







奥の海岸に隣接した砂浜が

砂風呂の場所になります。


Kagosima154







砂風呂ちう。 (笑)


Kagosima155








ちなみに、




今回の成長と洗濯の旅の、

一番の成果は ・ ・ ・




身体の成長だったかもしれませんが、





それも、

たまには、いいかもね。 ^^







« AUX と青歯を追加してみた | トップページ | 麺喰部 福山市 麺匠 あらき »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事