« ネギ5秒の鴨すきに、また行ってみた 2 | トップページ | 美肌になりに行ってみた 3 »

2016年11月21日 (月)

U F Oラインと酷道 2 n d






あれは、2年と半年前のことになります。



大雨により通行止めとなっていた某林道が、

やっと開通するという話を聞いて、

速攻で訪れました。





行ってみると、

素晴らしい絶景を見せてくれました。




後から分かったのですが、



その景色は、

2014年版のツーリングマップルの表紙にも

使われていました。


(2014年版 ツーリングマップルの表紙の記事はこちら。)







その林道は、

通称は、UFOライン と呼ばれている

瓶ヶ森林道です。




正式名は、高知県 いの町の

町道 瓶ヶ森線 といいます。






瓶ヶ森林道の場所は、この辺にあります。


11_2





2014年に、初めて訪れた時は、

愛媛県今治市からR11号を経由して、

酷道であるR494 を通るという、





今治港 ⇒ R11 ⇒ R494 ⇒ 石鎚スカイライン 

⇒ UFOライン ⇒ R194 ⇒ 今治港





という、左回りのコースを通りました。


3_2





その時の様子は、

こちら と あちら から。








それから2年半が経過した某日に、




UFOラインの絶景を、

急に、もう一度見たくなり、





前回とは反対回りの右回りとなる、




今治港 ⇒ R194 ⇒ UFOライン ⇒ 石鎚スカイライン 

⇒ R494 ⇒ R11 ⇒ 今治港




のルートで、

2回目の再訪をすることにしたのです。









まずは、

フェリーに乗りましょう。





夜が明けてきます。


Img_0727_2

Img_0728_3







フェリーは良いよね~~


Dsc00549




しまなみ海道の橋が、遠目に見えます。







四国に上陸して、R194に入ります。






ゴールドウイングのサイドカーを発見です。


Dsc00550



後から見ていると、

サイドカーって、カーブが曲がりにくそうですね。







UFOラインの東端に、とうちゃこ。


Dsc00551_2







次のトイレまでの距離は、24キロ弱もあります。


Dsc00553








この看板の横に、

ご覧のようなトイレがありますので、

済ませておきましょうね。 


Dsc00554







走り始めの場所は、まだ標高が低いので、

落葉樹が紅葉しています。


Dsc00555







徐々に標高が高くなってくると、

木々が無くなってきます。


Dsc00557








ここからは、風景をご覧ください。


Dsc00559


Dsc00560


Dsc00561


Dsc00562


Dsc00563


Dsc00564







赤い矢印の場所は、

一休み できそうですね。


Dsc00573








できる男は、

湯を沸かす。


Img_0739


Dsc00567






そして、何故か、



できる男は、 

梅昆布茶を飲む。 (笑)


Dsc00568


Dsc00569







山脈に向かって、

梅昆布茶で乾杯 ~~~~


Dsc00571








もう一杯、次は 緑茶で乾杯~~~~

(だって、お湯が余ったもんですから)


Dsc00572




できる男は、

2杯の乾杯で撤収します。






UFOラインの西端に、近づいて来ました。

UFOラインを振り返ってみます。


Dsc00574









石鎚スカイライン(愛媛県道12号)の終点である、

土小屋という場所です。



白石ロッジがあります。


Dsc00576








土小屋には、

石鎚神社もあります。


Dsc00577







さあ、

石鎚スカイラインを下って行きます。


Dsc00578


Dsc00579


Dsc00580







石鎚スカイラインを降りると、面河渓があります。

紅葉が綺麗かな?


Dsc00586_2


Dsc00585


Dsc00584


Dsc00583


Dsc00582







面河渓を後にして、

酷道である 国道 494号に入ります。


Dsc00587







段々と酷道の雰囲気が出てきました。

R494を上って行きます。


Dsc00588


Dsc00589







R494で一番標高が高い 「 黒森峠 」 に着きました。

ここからは、下りになります。


Dsc00590







この辺の道幅では、

4輪だと離合はできないでしょうね。


Dsc00591


Dsc00592







過酷な酷道であるR494を抜けると、

思ってた以上に遅くなりました。




石鎚スカイライン と R494 を抜けるのは、

結構な時間を要します。




このままでは、

今治港発のフェリーに間に合いません。








しくったぜ ~




UFOラインで、

梅昆布茶を飲むんじゃなかったぜ ~




「 できる男 ごっこ 」 をしなければ、

間に合ってたかも ?   だぜ ~










仕方がないので、

今治港へ行くのは止めて、

松山港からフェリーに乗るように変更します。






何とか、松山港へ とうちゃこ 。


Img_07401



とは言え、到着したのは

フェリーの出発時間の20前です。





あぶね~

松山港も、危うく遅れるところでした。






結局、

今回のルートは、こうなりました。


Clockwise_2






四国には、

四国カルストといい UFOラインといい

絶景を見せてくれる場所が多々あります。





絶景を求めて、

また行ってみましょう。







« ネギ5秒の鴨すきに、また行ってみた 2 | トップページ | 美肌になりに行ってみた 3 »

PCX」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

酷道・険道」カテゴリの記事