« バッテリー交換後の不具合について | トップページ | 天空の駅 JR三江線・宇都井駅 »

2016年10月17日 (月)

コロナ放電を試してみた

 






最近になって知ったのですが、





エンジンのピストン運動時には静電気が発生し、

その静電気がエンジンの吸気部分に帯電すると、

エアが効率良く入ってこないとのこと だそうです。





調べてみると、排気も同様で、

排気ガスが、マフラーの中を高速で吹き抜ける時に

排気ガスとマフラーとの摩擦で静電気が発生し、



排気ガスが効率良く出て行かないとのこと だそうです。





そのため、マフラーをアーシングすると

エンジンの馬力アップに繋がる場合があるとのこと だそうです。


( アーシングについては、各自でネット検索してね~ )






最近では、某雑誌に

魔法のネジ なるブツが紹介されて人気が出たようです。




正式名は、

インジェクター チューニング ボルト 

と言うそうです。





これは、

ハーレー用の魔法のネジのようです。

Bolt1






こちらは、

ホンダのバイク用ですね。


Bolt2







さて、その効果は? 


と言うと、






魔法のネジをエンジン部分に取り付けると、





エンジンに取り付けた魔法のネジから

エンジンに帯電した静電気が空中放電(コロナ放電)されて

エンジンに帯電していた静電気が無くなり、


( コロナ放電についても、各自でネット検索してね~ )




エアが効率良くエンジン内に取り込まれて、

走りが劇的に変化する そうです。








マジ っすか?




スゲ~~







でも、そんなことするより

エンジンそのものを、

アーシングすればいいんじゃない?





でもね、




私は、以前に4輪のエンジンルーム内を

DIYでアーシングしたのですが、

劇的な変化は、なかったんですよね。







とは言え、

魔法のネジの威力を試してみたいので、



自作することにしました。 (笑)






そもそも論ですが、

静電気をコロナ放電させるためには、

細い尖った形や角張った金属が必要なはずです。





魔法のネジの頭部は、

剣山のようなイガイガした形になっていますが、

イガイガした先っぽから放電しやすいからです。






で、自作する場合の

細い尖った形の金属と言えば、、、、







う~ん ・ ・ ・




何だべ ~~~




適当な使えそうなブツは どんなのが あったっけ?










考えに考えた

試作品の1号機です。





まず、ACコードを切ります。


Img_0558






ACコードの一部を切り取って、

コードの芯線を取り出します。


Img_0559







2本の芯線をハンダ付けします。


Img_0560








ボルトに通します。


Img_0562








ワッシャーを入れます。


Img_0563







芯線の先っぽを開いて、

尖った先っぽを増やします。


Img_0564






理論上は、

開いた芯線の1本1本の先っぽから

コロナ放電するはずです。






しかし、

ぶっさいく な、出来映えですね~




これは、世に出せん!







試作品1号機を参考にして、

2号機を作ってみます。





2本の芯線の組み合わせ方法を、

1号機とは変えてみました。


Img_0566








同じようにボルトに通します。


Img_0567








ワッシャーを被せます。


Img_0568







芯線の先っぽを開きますが、

開いた芯線をトリミングして整えます。


Img_0569



1号機よりは、オサレになりました。 (笑)






2号機の部品は、最終的にこうなります。


Img_0571







念のために、

3号機を作ります。




3号機は、

魔法のネジの形を真似っこしてみます。






薄いアルミニウムの板から切り出してみました。


Img_0572







ワッシャーと一緒にボルトに通して終了です。


Img_0573

Img_0574







では、

ウルトラの車体に取り付けて実験します。






取付けには、エアフィルターを外します。




エアフィルターが、かなり汚れていますので、

ついでに交換しましょう。


Dsc00421




左側がハーレー純正のフィルターで、

右側はドラッグスペシャリティーズの純正互換製品です。





右側の製品の方が、純正品より

若干ですが高さが高いですね。




流石は、アメリカ製品です。





エアフィルター裏側にある、吸気口の上に

魔法のネジの試作品を取り付けます。


Dsc00422







試作品の2号機を取り付けました。


Dsc00423





走ってみましょう !

走りが激変するはずです!!!






走った感想は、






お~!

激変じゃ~!









と言いたいところですが、





若干ですが、エンジンの吹け上がりが

滑らかになったような、

そうでもないような ・ ・ ・





若干ですが、エンジンのパワーが

上がったような、

そうでもないような ・ ・ ・








3号機は、パワーアップのために

2個を取り付けてみました。


Dsc00424


Dsc00425








エアフィルターとカバーを付けて、終了です。


Dsc00426

( エアフィルター カバーは上下が逆じゃない? )







3号機を付けて走った感想は、


2号機と変わらんな ~


2個も付けたのに ~






本当に、

コロナ放電してるんだろうか?






外すの面倒くさいし、

次回のエアフィルターの掃除をする時まで、

このままにしておきます。






あなたも、自作してはいかがでしょう ?






« バッテリー交換後の不具合について | トップページ | 天空の駅 JR三江線・宇都井駅 »

ハーレー」カテゴリの記事

用品・パーツ・工具」カテゴリの記事