« 瓦は良いよね | トップページ | 余部鉄橋 「空の駅」 から寄り道してみた »

2016年9月29日 (木)

余部鉄橋 「空の駅」





空の駅とか天空の駅とか呼ばれる駅は、

全国にあるそうですが、




兵庫県の日本海側には

明治45年に完成した鉄橋があり、

東洋一の鉄橋と言われたそうです。







この鉄橋は、余部鉄橋と呼ばれていましたが、

昭和61年に列車転落事故が起き




その事故が契機となり、

架け替えに向けた取り組みがなされ、



平成22年に現在の鉄筋コンクリート製の

余部橋梁が完成したそうです。




旧余部鉄橋の一部は、展望施設として残り

余部鉄橋 「空の駅」 として整備されています。






旧余部鉄橋は、こんな感じだったようですね。


Img_8







そのような内容の話を聞き、

空の駅に行きたくなりました。








兵庫県にある、「道の駅 あまるべ」 です。


Dsc00378








この道の駅から、歩いて空の駅まで行きます。


Dsc00377








余部橋梁は、「道の駅 あまるべ」 の上空を

通っています。


Dsc00350

Dsc00351




余部鉄橋 「空の駅」 のパンフレットを

PDFファイルで貼っておきますので

興味がある方は、ご覧下さい。


「soranoeki-pamphlet.pdf」 をダウンロード








鉄橋を下から見ると迫力があります。


Dsc00354

地上高は40m もあるそうです。







さあ、

空の駅まで上がりましょう。


Dsc00352

Dsc00353

Dsc00355







途中まで登ってきました。


Dsc00372








空の駅までは、

まだ距離は、あるようですね。


Dsc00356



旧鉄橋の一部が目立ちます。







空の駅に着きました。


Dsc00358



線路部分は、旧余部鉄橋の線路を

そのまま残しているようです。



線路の先が展望施設になっています。



線路の右側は、一段高くなっていますが、

現在の山陰本線の駅のホームになります。










駅のホームに上がってみました。



ホームから東側方面を見た景色です。


Dsc00360







ホームから西側方面を見た景色です。


Dsc00361



Dsc00371








旧線路を展望施設方面へ歩き、

振り返ってみました。


Dsc00365


線路は長いですね。






線路の先にある展望施設です。


Dsc00366








ベンチに座ると、

足元がグレーチングで透けているので

40mの高さからの地上が見えます。


Dsc00367







展望施設の先まで来ました。


Dsc00369


この先へは、行けません。







展望施設の行き止まりの先から

振り返ってみました。


Dsc00370


展望施設は、結構な長さがあります。






では、

余部鉄橋 「空の駅」 を後にします。






途中で、振り返ると

余部橋梁の全体が見えます。


Dsc00380


余部鉄橋 「空の駅」 が、

橋梁の右側に見えます。






帰る間際に、

余部橋梁を列車が通過していきました。


Dsc00379



もうちょっと空の駅に居れば、

列車の通過が見れたようです。



残念ですね。



ここまで来て、せっかくですので、

温泉に寄って帰ります。






« 瓦は良いよね | トップページ | 余部鉄橋 「空の駅」 から寄り道してみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事