« 早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その2 | トップページ | 余部鉄橋 「空の駅」 »

2016年9月26日 (月)

瓦は良いよね






前回の記事での早明浦ダムの取水制限

9月21日の午後1時に全面解除となったようです。




私の祈りが通じたのでしょうか? (笑)

ともあれ、私も安堵しております。




次に大川村の旧役場が姿を現すのは、

いつになるのでしょう。






さて、本題です。




麺食いの私が

好きな麺類のブツの一つに、



瓦そば があります。





元々、瓦そばは、

山口県下関市の川棚温泉付近が、

本場であると思いますが、




他の地方でも、

瓦そばは、あると思います。





でもね、

私の生息地のすぐ付近では、

瓦そばを出す店はありません。






以前ですと、

良く行っていた近隣のゴルフ場の昼食メニューに

瓦そばがあったので、良く頂いていましたが、



シェフが変わってからは、

残念なことに、メニューから消えました。






そんな私が、

最後に瓦そばを頂いたのは、

昨年の11月の、この時でした。



もう1年近くも前のことになるのですね。






先述したように、

私の生息地付近にはありませんが、



少し離れた場所に

瓦そばを出すお店は2店舗あり、




どちらかの店を、以前から狙っていましたが、

今回は、瓦そばの専門店の方へ行ってみました。







孝蔵さんです。


Dsc00412


広島市安佐南区で営業されています。




店内は、カウンター席が7~8席ぐらいの

こじんまりとした店舗です。





メニューです。


Img_0543



瓦そばの専門店なので、

メニューは具材の肉の種別と、

大盛りか普通盛り、

辛くするかどうか の3種類しかありません。





ちなみに、

メニューに 「皇」 とありますが、

皇牛(すめらぎぎゅう) のことで、

山口県産地の牛のブランド名だそうです。





メニューを見ても違いが分かりにくく、

どれにしようか迷っていると




店主が、

「初めてのご来店なら、牛上肩ロースで十分だと思います。」

と仰るので、




牛上肩ロースの特盛プラスをチョイスです。





カウンターは、掃除が行き届いています。

箸置きがあることが、ちょっと意外でした。


Img_0547







店舗スローガンだそうです。

店主の心意気が書いてあります。


Img_0544







店内には、

壁に直接にサインが書かれています。



これは、誰のサインかな?


Img_0548






さて、

注文品の牛肩上ロース、特盛プラスです。


Dsc00407







思ったより量が多いです。(汗)


Dsc00408








付け出汁は、熱々ですよ。


Dsc00409






麺のリフト~


Dsc00410

(写真がボケてて、すまぬ~)







完食しました。


Dsc00411




特盛プラスは、やはり量が多かったです。

危うく、お残しするところでした。




あぶね~







最後に、名刺をくれました。


Img_0549







名刺の裏は、ポイントが溜まるようになっています。


Img_0550



お客さんが少なかったからでしょうか、



帰りは、丁寧に

出口で見送ってくださいました。





若い店主が一人で切り盛りしており、

注文してから作り始めるので




若干、時間が掛かるようでしたが、

気持ちの良い瓦そばの専門店でした。







« 早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その2 | トップページ | 余部鉄橋 「空の駅」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日常生活」カテゴリの記事