« 軽やか向上委員会 4 | トップページ | 早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その2 »

2016年9月 9日 (金)

早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その1

 





渇水になると、湖底に沈んだ旧役場が

姿を現すダム湖があります。




そのダム湖は、

早明浦ダムと言います。







あれは2010年のことでした。



早明浦ダムって、どこにあるんだろう? と思い、

調べたところ、



四国の中央部にあることが分かり、

その時に初めて早明浦ダムを訪れたのです。






その後、

旧役場が姿を現した時が1度だけあり、

旧役場を見に行く予定だったのですが、




私が訪れる数日前に土砂降りとなり、

旧役場は姿を消したのです。






それは、

2013年の9月のことでした。



それらについては、

過去の早明浦ダムシリーズをご覧ください。


初めてダムを訪れた時は、こちら

その1は、こちら

その2は、こちら

その3は、こちら 







さて本題ですが、





旧役場が姿を消してから3年経過した今年に、

旧役場が姿を現しました。







旧役場が3年ぶりに姿を現したニュースは、

8月23日に報道されたようですが、



私が、そのニュースを知ったのは

少し後のことでした。



Photo

( By 高知新聞のWeb サイト )







Twitter にも、TVニュースの写真が掲載されました。


Cqntp6qumaaxqv

( By Twitter )







そんな時に、

台風12号が通過する予報が~


Img_0490




台風の通過で土砂降りになり、

このままでは旧役場が姿を消してしまいます。







このままでは、まずい!


急遽、出発です。






まずは、こちらへ寄りましょう。


Dsc00294

Dsc00293





パン工房 つきはら さんの本店です。




みかんパンが目的で寄りましたが、

パンを製造しているのは朝倉店とのことですので、




時間がある方は、

朝倉店に行った方が良いと思いますよ。







さて、

道の駅 木の香 さん です。


Dsc00299

Dsc00298
 


この道の駅は、宿泊できるんですよ。







早明浦ダムへ行く前に、

某場所へ寄り道します。



その道中で、鉄塔の工事現場を発見です。





鉄塔の下の部分です。


Dsc00303







鉄塔の上の部分です。


Dsc00301







鉄塔の先端をズームしましょう。


Dsc00302



数人の職人さんが、鉄塔の先端で作業しています。





多分、とび職の方々だと思いますが、

かなりの高所で作業しています。



凄いですよね。








さて、

寄り道先にとうちゃこ。



高知アイス売店 さんです。


Dsc00304

Dsc00305








店内は細長くなっています。


Dsc00308

Dsc00311








栗ソフトを注文しました。


Dsc00310


親指の爪が伸びていますね~





ところで、

私は爪が伸びるのが、めちゃ早いのですが、




爪が伸びるのが早い人は、

決してスケベだからではなくて、

よく指を動かすからだそうです。






これで、私のスケベ疑惑が払拭できました。

あ~ 良かった (笑)








店内からは、仁淀川が見えます。

眺めが綺麗です。


Dsc00312





高知アイスさんを後にして、

早明浦ダムへ向かいます。






早明浦ダムに着きました。



かなり水位が低下しています。


Dsc00314

Sameura12

 
写真の位置は、地図の○印 ( 橋の上 ) から

矢印の方向を見た景色です。







さあ、

旧大川村役場まで行きましょう。






旧役場の位置は、地図の☆になります。


Sameura13








大川村の旧役場が見えました。



Dsc00316







ズームしましょう。


Dsc00317




3階部分は全部見えており、

2階部分の一部も見えます。






もう少し近づきました。



Dsc00322








場所を移動します。




旧役場の西側にある橋の上からの景色です。


Dsc00318







ズームしましょう。


Dsc00319






これで、

6年越しに及ぶ 旧大川村役場の姿を

実際に見ることができました。






でも、

湖底に沈んだ旧役場の建物を見ると、

何故か寂しさを感じます。







さあ、

早明浦ダムとお別れです。


Dsc00324







早明浦ダムの堰堤です。


Sameura14

Dsc00327




バイバイ  早明浦ダム さん







気になる場所があるので、

東へ向かいます。





つづく

« 軽やか向上委員会 4 | トップページ | 早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

酷道・険道」カテゴリの記事