« 平仮名から漢字に変わったものの | トップページ | 早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その1 »

2016年8月25日 (木)

軽やか向上委員会 4







軽やか向上委員会は、

軽やか向上委員会 3 を最後として解散し、

半年が過ぎましたが、





ある日のこと、

委員会を一時的に再結成しました。





たまたま、PCX の前輪を見ると

タイヤにスリップサインが

出ていることに気付いたからです。





最近は雨が降らないので、

スリップサインが出ていても

どうってことはないのですが、





そろそろ秋に向けて

天候が不安定になってきますし、




雨降りの日に前輪が滑ると、

転倒するのは間違いなしですからね。







PCX の前輪を外すのは初めてですので、

一応、サービスマニュアルで確認しておきます。








前輪の組立構造です。


F2ullsizerender







前輪の取り外し方法と取付け方法です。


Fullsizerender

F1ullsizerender









では、

このナットを外しましょう。


Dsc00275








前輪を地面につけまま、

ナットを緩めておきます。


Dsc00276








緩めるだけのつもりでしたが、

面倒くさくなったので、ナットを先に外しました。


Dsc00277








ジャッキで前輪を浮かせましょう。


Dsc00278








シャフトを抜きます。


Dsc00279



シャフトは、引っ張っても抜けにくいですので、

反対側からシャフトの先を金づちで軽く叩くと

抜けやすいですよ。







ホイールを外したら、

ホイール中心部に差し込んであるサイドカラーを外します。


Dsc00280







前輪の取り外しが、終わりました。


Dsc00281







ホイールの中心部は、油と埃でドロドロです。

パーツクリーナーで綺麗にしておきます。


Dsc00282








2つあるサイドカラーも、ピカピカにしておきます。


Dsc00283








前輪タイヤのスリップサインが、

見事に出ています。 


Dsc00284


スリップサインの出かたが、

とても分かり易いですね~ (笑)







軽やか向上委員会 3 で、お世話になった、お店です。




今回も、ホイールの持ち込みで、

タイヤの組み換えをお願いしました。


Dsc00285

Img_0413



ホイールからのタイヤの脱着は、

面倒ですので、他力本願です。 








前輪タイヤは、

後輪と同じ種類のタイヤにしました。


Dsc00287


ダンロップのD307F (前輪用) です。

後輪用は、D307A になります。






ホイールを取り付けて、終了です。


Dsc00288








おっと !

製品のシールを剥がすのを、忘れていました。 (笑)


Dsc00290









一時的に再結成した、軽やか向上委員会は、

これで解散となりますが、





現在の走行距離は、14000キロ弱ですので、





もう少ししたら、

駆動系の点検が必要になるかも です。






何だか、

きりがないですよね。 (笑)







« 平仮名から漢字に変わったものの | トップページ | 早明浦ダム 4 と もう一つのかずら橋 その1 »

PCX」カテゴリの記事