« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月25日 (木)

軽やか向上委員会 4







軽やか向上委員会は、

軽やか向上委員会 3 を最後として解散し、

半年が過ぎましたが、





ある日のこと、

委員会を一時的に再結成しました。





たまたま、PCX の前輪を見ると

タイヤにスリップサインが

出ていることに気付いたからです。





最近は雨が降らないので、

スリップサインが出ていても

どうってことはないのですが、





そろそろ秋に向けて

天候が不安定になってきますし、




雨降りの日に前輪が滑ると、

転倒するのは間違いなしですからね。







PCX の前輪を外すのは初めてですので、

一応、サービスマニュアルで確認しておきます。








前輪の組立構造です。


F2ullsizerender







前輪の取り外し方法と取付け方法です。


Fullsizerender

F1ullsizerender









では、

このナットを外しましょう。


Dsc00275








前輪を地面につけまま、

ナットを緩めておきます。


Dsc00276








緩めるだけのつもりでしたが、

面倒くさくなったので、ナットを先に外しました。


Dsc00277








ジャッキで前輪を浮かせましょう。


Dsc00278








シャフトを抜きます。


Dsc00279



シャフトは、引っ張っても抜けにくいですので、

反対側からシャフトの先を金づちで軽く叩くと

抜けやすいですよ。







ホイールを外したら、

ホイール中心部に差し込んであるサイドカラーを外します。


Dsc00280







前輪の取り外しが、終わりました。


Dsc00281







ホイールの中心部は、油と埃でドロドロです。

パーツクリーナーで綺麗にしておきます。


Dsc00282








2つあるサイドカラーも、ピカピカにしておきます。


Dsc00283








前輪タイヤのスリップサインが、

見事に出ています。 


Dsc00284


スリップサインの出かたが、

とても分かり易いですね~ (笑)







軽やか向上委員会 3 で、お世話になった、お店です。




今回も、ホイールの持ち込みで、

タイヤの組み換えをお願いしました。


Dsc00285

Img_0413



ホイールからのタイヤの脱着は、

面倒ですので、他力本願です。 








前輪タイヤは、

後輪と同じ種類のタイヤにしました。


Dsc00287


ダンロップのD307F (前輪用) です。

後輪用は、D307A になります。






ホイールを取り付けて、終了です。


Dsc00288








おっと !

製品のシールを剥がすのを、忘れていました。 (笑)


Dsc00290









一時的に再結成した、軽やか向上委員会は、

これで解散となりますが、





現在の走行距離は、14000キロ弱ですので、





もう少ししたら、

駆動系の点検が必要になるかも です。






何だか、

きりがないですよね。 (笑)







2016年8月22日 (月)

平仮名から漢字に変わったものの







広島ラーメンの小鳥系と呼ばれていた店の中で、

2015年に閉店した 「 すずめ 」 さんがありました。


( 以前の「 すずめ 」 さんの記事は、こちら。 )





「 すずめ 」 さんの閉店後は、

人気店であったためか、





「 すずめ 」 さんの味を継承すると言われた

数店舗が開店しました。





その後、

「 すずめ 」 さんの元の経営者自身も、

某中華店で、元の「 すずめ 」 さんのラーメンを出すなど、




「 すずめ 」 さんの閉店って、

いったい何だったんだろう ? 

と思うような出来事が続きました。






「 すずめ 」 さんの味を継承するという新店舗は、

「めじろ」、「ことり」 など小鳥系の名が付きましたが



「 すずめ 」 という、直球勝負のような名が付いた

新店舗が開店しているのは、



ラーメン大好きな広島人だと

ご存知のことと思います。







「寿々女」 (すずめ)さんです。


Dsc00274


同じ名前とは言え、

店舗名は、「 すずめ 」 ⇒ 「 寿々女 」 と

平仮名から漢字に変わっていますけどね。





平仮名から漢字に変わったものの、

同じ名前で開店するとは、




味に、かなりの自信があるとみました。



ワクワクしながら、

開店時間に合わせて入店します。 (笑)






店内は、座敷テーブル席が3卓と、

7~8名ぐらいのカウンター席となっています。


Img_0373








メニューです。


Img_0372



メニューは、


中華そば、チャーシュー麺、ルーローハン、

紅辛そば、紅辛まぜそば


の、5種類だけのようです。







開店してから数か月は経過していると思いますが、

まだ、開店祝いが飾ってあります。


Img_0374










以前の「 すずめ 」 さんのように、

整理券があります。


Img_0371

Img_0375







注文品の、中華そば です。


Img_0376






麺のリフト~


Img_0377


麺は、ストレートの細麺タイプかな~

以前の「 すずめ 」 さんと同じタイプの麺ですね。






チャーシューのリフト~


Img_0379


固めのチャーシューが5切れ入っています。

これも、以前の「 すずめ 」 さんと同じようですね。





醤油豚骨スープの広島ラーメンで、

これはこれで美味しいと思います。






ただ、

以前の「 すずめ 」 さんと同じかどうか? と

言われると、




以前の「 すずめ 」 さんとは

違うラーメンだと感じました。




店舗名は、「 すずめ 」 ⇒ 「 寿々女 」 と

平仮名から漢字に変わったものの、

味は大きく違うようです。






まだ、

以前の「 すずめ 」 さんと

同じ場所で開店した




「 めじろ 」 さんの方が、

以前の「 すずめ 」 さんに近い味かな~ と

思っています。




まあ、

味音痴の私が感じたことなので

信頼性に欠けるかもしれませんけどね。 (笑)






興味のある方は、

是非、訪ねてみてくださいね。








2016年8月15日 (月)

北にある北へ行ってみた





お盆を迎える前の某日のことです。





何となく、北に行きたくなり

高速を走って、県北に向かいます。






高速のICを出ると、そこは県北の街です。


Dsc00251


県北といえども、気温は南部と変わりません。






国道を、もう少し北に進むと、

北があります。






北にある北にとうちゃこ。


ステーキハウスの North さんです。


Dsc00270


まさに 北 ( North ) ですよね。 (笑)







店の横には、バイクがずらりと止まっています。


Dsc00271


人気店のようですね。







店内に入ります。


Dsc00253







入口の横には、旧車がポツンと置いてあります。


Dsc00252


HONDA 車ですが、

バイクの車名が分かりません。






奥の席に通され、

メニューをオープンします。


Dsc00256


Dsc00254


Dsc00255


Dsc00257








店内は広々としています。


Dsc00258







山小屋風で、天井は高いです。


Dsc00263







何となくレトロ調です。


Dsc00262







石油ストーブも、レトロですね。


Dsc00261







サラダはセルフで、お代わり自由です。


Dsc00259


ここは、アルプスの山小屋かな?

紙皿を使っていますね。






スープもセルフで、お代わり自由です。


Dsc00260



やっぱり、ここはアルプスの山小屋かな?

スープは、紙コップを使っています。







ステーキ200g の入場です。


Dsc00264


ステーキ用の木のプレート皿が、いいですね。







ところで、

ご飯もセルフで、お代わり自由です。




でも、

ご飯は紙皿で、水も紙コップです。

やはり、アルプスの山小屋のようです。









ステーキのリフト~


Dsc00266








ステーキの焼き方は聞かれませんでしたが、

レアで焼かれています。


Dsc00267







North さんの飼い猫が、

店内をウロウロしています。


Dsc00268




街中のレストランでは、

店内での動物の放置は、ご法度でしょうけど、





ここは山小屋ですからね~ (笑)








さて、

ワイルドな食事を完食しました。


Dsc00269





北にあるステーキハウスの North さんは、

実は、アルプスの山小屋でした。 ♪







2016年8月 9日 (火)

空振りはブーツのせい?





久しぶりに大型バイクで、

お出かけした時のこと。





その日は、

気温は35℃近くまで上昇する予報だったので、

ウルトラには乗りたくなかったのですが、





2カ月以上は動かしていなかったので、

無理やりの、お出かけでした。 (笑)






県北の山間部へ向かう途中に、

ギアを下げようとして、シフトレバーを踏むはずが、

つま先が、シフトレバーを  スカッ! と空振りします。





おや ?





その後も、

何度も、 スカッ!  スカッ!  って、

空振りします。






おやおや ? ?

どうしたんだ ?






帰宅後にシフトレバーを見ると



Dsc00246







シーソーペダルの前側が、少し高いようですね~



足首を曲げて、つま先を上げても

つま先がペダルの高さまで上がらないために、

つま先で踏んでも、スカッと 空振りする訳です。





でも、シフトレバーの高さは、

少しも動かしていないはずですが。。。





まあ、いいや

シフトレバーを調整しましょう。





ペダルの六角ねじが、固いです。 


Dsc00247








後側のシフトレバーを外します。


Dsc00248







前側のレバーを外します。


Dsc00249






前側のシフトレバーを、少しだけ下げてみました。


Dsc00250




ガレージ内は、風が通らないので、

むちゃくちゃ暑いです。



目に汗が入ってきて、修行状態です。 






暑さでボーっとなった頭で考えてみました。






高さを動かしていないシフトレバーなのに、

以前と同じ感覚で踏もうとすると空振りするのは、





ブーツのせいか?






長く使っていたブーツを、新調したんですよね。

まだ革が固いので、足首が自由に動きません。







以前と同じような感覚で、

つま先を上げたつもりが、




ブーツの革が固くて、

つま先が以前の感覚での高さまで、

上がっていなかったのではないかと。





もしかすると?  ですけどね。





暑くて面倒くさくなったので、

続きを考えることをやめました。 (笑)







« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »