« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月29日 (金)

尾張名古屋と言えば 2







尾張名古屋と言えば ・ ・ ・




その1で、昼間は味噌煮込みうどん、名古屋城 と

二つの名古屋名物をクリヤーしましたが、





夜は、名古屋飯でしょう!







名古屋駅近くの古民家風居酒屋の

和志 かぶと屋 さん です。


Dsc00215



店内は満員で、予想以上の盛況ぶりです。


予約して行って正解でした。







尾張名古屋と言えば ・ ・ ・



味噌カツでしょう!


Dsc00211







八丁味噌を練りこんだチーズです。

名前は忘れました。


Dsc00212







八丁味噌で煮込んだ

スジの煮込みです。


Dsc00213







味噌おでんです。


Dsc00214






写真を撮り忘れましたが、

天むす、手羽先など、名古屋飯で満載の夜でした。








さて、翌日は、




尾張名古屋と言えば、




ひつまぶし でしょう!




ひつまぶし の有名店は、2店あるそうで、




TVの黄金伝説で紹介された店と

どちらの店へ行こうかと迷いましたが、




中心部にある店より、少し離れた店の方が

行列が少ないのでは? と判断し、




少し離れた店の方を選択しました。







「 ひつまぶし 」 の有名店である

「 あつた蓬莱軒 」 さんの神宮店です。


Dsc00242



あつた蓬莱軒さんの店舗は4店舗ありますが、

神宮店を選んだ理由は、後ほど。






ところで、

「 ひつまぶし 」 という言葉は、

あつた蓬莱軒さんの登録商標だそうです。




知らなかった~



あつた蓬莱軒さんのHPはこちら。








開店前に行くと、何やらお店の人が

店頭に立っています。


Dsc00221



お客さんの順番待ちを聞いています。




開店は11:30なのですが、

何と、開店前なのに、

既に2時間以上の待ち時間とのことです!






マジか ?

直ぐに、順番待ちの登録をします。






ただ、お店の人の話によると

13:30頃に再度来てくれればいい との

ことですので、




空時間の有効利用をしましょうね。








尾張名古屋と言えば、



名古屋ドームでしょう!


Dsc00218


Dsc00219






名古屋ドームから戻ると、

ほぼ13:30でしたので、

あつた蓬莱軒さんに入店します。


Dsc00228


店内で、更に30分以上は待ったかな?






尾張名古屋と言えば、

キリン 一番搾りの、名古屋工場限定の

名古屋づくりでしょう!


Dsc00229


車で来ないで良かった~

ビールが身体に染みわたります。





では、メニューをオープンです。





ひつまぶしの頂き方です。


Dsc00222



う~む、

作法なのだろうか ?  W






鰻のメニューです。


Dsc00223




ところで、

メニューの右上に、

ひつまぶし と書いてありますが、




その左隣りに、

一半ひつまぶし と書いてあります。





一半ひつまぶしは、

ひつまぶしの大盛りになるそうですが、

ご飯の量が2合もあるそうです。





実は、私は大盛りを狙っていましたが、



ご飯の量が2合もあると聞いて、

大盛りを断念しました。 (笑)




2合のご飯と1.5倍の鰻の量って、

どんな人が食べるんでしょうね?






さて、

その他のメニューです。


Dsc00224

Dsc00225

Dsc00226

Dsc00227







注文品の、うまき です。


Dsc00230







ひつまぶし の登場です。


Dsc00231

Dsc00232

Img_0330

Dsc00300191







肝吸いの肝のリフト~


Dsc00235




肝が大きいです。




ちなみに、デフォルトでは、

肝抜きの、ただの吸い物になります。




肝吸いにするには、250円のUPとなります。







では、

ひつまぶしの作法どおりの方法で、

いただきましょう。(笑)





まず、

ひつまぶしを4等分して、




最初の1杯目は、

そのままの状態で、いただきます。


Dsc00233






2杯目は、

ネギ、海苔、わさび の薬味を載せて

いただきます。


Dsc00236







3杯目は、2杯目の状態に、

お茶を掛けて、いただきます。


Dsc00237








3杯目のお茶漬けの、ア~ップ!


Dsc00238







4杯目は好みの方法で、  とのことですので、

3杯目と同様の、お茶漬けにしました。


Dsc00240







完食しました。


Dsc00241








次の、尾張名古屋と言えば、


熱田神宮でしょう!





先述した、

あつた蓬莱軒さんの4店舗の中で、

神宮店を選んだのは、




あつた蓬莱軒さんの神宮店が、

熱田神宮の前にあるからです。


Photo








熱田神宮の正面入口です。


Dsc00243








参道が長いです。


Dsc00244







熱田神宮の本宮です。


Dsc00245







さ~て、

帰りましょう。





尾張名古屋は、東京と大阪の狭間で、

エアポケット状態の都市だと思っていましたが、



訪れてみると、

良い所だな~ と感じる都市でした。





例えば、

伊勢神宮参拝とかと名古屋市内の探索を

組み合わせたりするのも、一考かと思います。





今回の旅では、

名古屋市内の移動は、

地下鉄を利用しましたので、





梅雨開けの夏空の下を、

めちゃ歩き、汗だくになりました。





帰りの新幹線内で、クールダウンです。


Img_0325






最後になりますが、



尾張名古屋と言えば ・ ・ ・






とても

暑かった です。 (笑)







2016年7月26日 (火)

尾張名古屋と言えば 1





尾張という言葉を聞くと、

徳川幕府の御三家である

尾張藩が頭に浮かびます。





尾張藩と言えば

やはり名古屋でしょうか。。。






しかし私は、今まで、名古屋市内には

観光で立ち寄ったことがありませんでした。






私にとって名古屋とは、





東京と大阪に挟まれたエアポケット的な都市で、

東方面へ行く時の通過点でしかなかったのです。





車でもバイクでも、JR でも

何度も通過している名古屋ですが、




何故か、観光してみようと

思ったことがありませんでした。






ということで、今回は敢えて

名古屋に的を絞って訪れてみました。





「 尾張名古屋と言えば ・ ・ ・  」

ツアーですね。 (笑)






まずは、尾張名古屋と言えば、

「 味噌煮込みうどん 」 でしょう!






名古屋駅に到着すると、

駅前の地下街であるエスカで、



味噌煮込みうどん の有名店である

山本屋本店 エスカ店 に立ち寄ります。





時刻は正午過ぎだったでしょうか、、、、

行列ができています。


Dsc00186






待っている間に、

行列用のメニューを見ましょう。


Dsc00187


Dsc00188








店内に入ります。


こちらが、店内用のメニューです。


Dsc00193

Dsc00190







味噌煮込みうどん を注文すると、

無料で漬物の盛り合わせが出てきます。


Dsc00192



漬物の盛り合わせは、

中身が少なくなると、「お代わりはいかがですか?」 と

お店が勧めてくれます。






これが噂に聞く、




名古屋の喫茶店でコーヒー単品を注文すると、

うどんが無料でセットで付いてくる というような




夢のような名古屋文化でしょうか ?






さて、

標準的な、味噌煮込みうどん が来ました。


Dsc00194







これは、

スタミナもつ入り味噌煮込みうどん です。


Dsc00195








私が注文した、

きつね 九条ネギ 入り 味噌煮込みうどん です。


Dsc00196


お代わり自由の、ご飯付きセットにしました。




周りを見ると、

ご飯を付けているお客さんが多いようです。








ところで、

味噌煮込みうどん用の鍋の蓋には、

蒸気を逃がす穴はありません。





うどんが熱いので、

蓋を、取り皿代わりに使いますから、

蓋には穴が開いていないのです。




では、

蓋をオープンしましょう。


Dsc00197






麺のリフト~


Dsc00199


麺は、讃岐うどんのように、

コシがあるタイプです。







麺を食べ終えたら、

ご飯を投入して、

雑炊のようにしていただきます。


Dsc00200







次に、

尾張名古屋と言えば、




「 尾張名古屋は城で持つ 」 の

名古屋城でしょう!





名古屋城の入口に、とうちゃこ。


Dsc00201

Dsc00202


地下鉄の駅から歩いてきたので、

めちゃ暑いですの~







さて、天守閣です。



右側の大天守閣の屋根には、

金の鯱が見えます。


Dsc00210


左側の小さいのが、小天守閣です。







別の角度から撮った金の鯱です。


Dsc002031









裏側から見た大天守閣です。


Img_0316








では、

大天守閣の内部に入ります。





天守閣の断面図ですね。


Dsc00208


大天守閣には、

エレベーターが付いています。



7階まで上がるので、

エレベーターは助かりますよね。 






1階のエレベーターの横には、

金の鯱の模型が飾ってあります。


Dsc00206







2階だったか3階だったでしょうか、、、、


右から、

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康です。


Dsc00207






さて、

城内を歩き回ったので、

汗だくです。




次の、

尾張名古屋と言えば ・ ・ ・ は、



後日に。








2016年7月13日 (水)

某ホルダーを試してみた





スマートホンやタブレットが

一般的に普及するようになって

久しいですが、




車やバイクでの使用用途としては、

ナビ、音楽プレーヤー、ドライブレコーダーなどが

代表的な用途でしょうか。





でも、

スマホをバイクで使う場合は、

スマホホルダーが必要ですよね。




私の場合、ハーレーのウルトラに乗る時には、

オーディオとナビは別に付いているので、



走行中にスマホを使うのは、

電話が掛かってきた時だけなのです。





でも

原2で遠出する時には、



・ スマホで音楽プレーヤー ⇒ インカムで聞く

・ 現在地の把握のため、ナビの地図を画面に表示



という方法で、スマホを使っています。







その時に使うスマホホルダーは、

オールプラスチック製品のブツですので

何だかしょぼくて、強度に不安がありました。




ネットでゲットした安いブツですので、

お値段以上ではありませんでした。 (笑)





今まで使っていた

お値段相当のスマホホルダーです。


Old_holder1


Old_holder2


Old_holder3






そんな時に、

某ホルダーが良いとの評判を聞き

試してみることにしました。




某ホルダーとは、

MINIURA さんのiH-220 になります。





取り付けるバーの径によって、

SサイズとMサイズがあります。




私が購入したのは、SサイズのiH-220-S になります。

取付けバーの適合径は、22mm~29mmです。


Holder1

Holder2







箱をオープンしましょう。


Holder3







梱包内の部品です。


Holder4







ホルダー本体には、

シリコンラバー(白い輪ゴム)が、付いています。


Holder5



このシリコンラバーは、

スマホの落下防止用のゴムです。





ハンドルやバーホルダーを挟むクランプは

アルミの金属仕様になっています。




また、

クランプの取付け方法は、

2種類が選べます。




クランプとホルダー本体を直付けする方法です。


Holder6







こちらは、

クランプとホルダー本体を離して取付ける方法です。


Holder7







では、ホルダーを原2に、取り付けてみます。


Holder10


Holder11







スマホをホルダーに固定したら、

落下防止のシリコンラバーを

スマホに掛けましょう。


Holder12


Holder13




スマホを取り付けて、

70~80キロ程度を走ってみましたが、



スマホのブレもなく、

しっかりと取付けられています。




このブツは、

お勧めかもしれません。







ちなみに、

デイトナさんのIH-250D も、

ほぼ同様のブツで、OEM製品でしょうね。



MINIURA iH-220-S との大きな違いは、

スマホ画面の角度調整です。





iH-220-S の角度調整が、

前後に回転、左右に回転(スマホの縦・横向き)

の2軸方向の角度調整に対して、




IH-250D は、画面の左右首ふり調整が加わった

3軸方向の角度調整になります。





その分、お値段は少し高くなるようです。



参考まで。







2016年7月 7日 (木)

黒で気分転換






通勤快足としての原2ですが、

ミラー周りが錆びてきました。




一旦、錆びが出始めると、補修は厄介ですよね。


Old_l




サビサビ部分を見ていると

何だか気分が落ち込みますので、

交換します。







左側のミラー自体に、

あまり錆びは出ていませんが、

バーホルダーはサビサビです。


Old_l2









新しいミラーは、黒にしてみました。


New_l








バーホルダーも、黒に交換です。


Img_0298








右側ミラーのビフォーです。


Old_r








ミラーの取り付けボルト部分が

錆びています。


Old_r2








右側ミラーのアフターです。


New_r







ミラーを交換しただけですが、

全体が引き締まった感じがします。


New_hole






黒色に交換して、

良い気分転換ができました。





ただ、

それだけのことです。 (笑)







« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »