« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

2016年6月27日 (月)

険道&怪しい道を逍遥してみた









梅雨の合間ですが、

束の間の天候に恵まれた休日のことです。






朝から町内会の地域清掃をこなし、

汗だくになって疲れて、



ふと気付くと、

時刻は既に14時を回っていました。






既に、

その他の用事のやる気が失せた私は、

近場を逍遥することにしました。







ところで、

広島県東広島市にある広島県道32号線は、

交通量は少なく、快走路の一つですが、



その旧道に当たる旧県道32号線は、

県道という名の険道とのことです。







場所は、この辺ですね。


323







地図が小さすぎて分かりませんね。

ズームしましょう。


32



旧県道32号は、

現在の県道32号にある蚊無トンネルの

上側にある旧道です。






また、県道32号からは、

国道375号に繋がる怪しい市道(?)も伸びています。 (笑)







では、

もう少し、県道32号をズームしましょう。


321



旧県道32号が峠越えの険しい道だったために、

トンネルを掘ってショートカットしたのが、

現在の県道32号のようですね。







次に怪しい市道ですが、

旧県道32号の出口から少し北に行くと

あります。


322



この怪しい市道は、

県道32号と東広島・呉自動車道の

側道を結んでいるようです。








では、険道を逍遥しましょう。





いつもの山中の快走路を抜けます。


Dsc00145







海側から県道32号へ侵入します。


Dsc00146







県道32号を北方面へ上がっていくと、

旧県道32号の入口があります。


Dsc00147







山からの湧水が道路に溢れています。


Dsc00148


梅雨で多くの雨が降りましたからね。







くねくね~


Dsc00149







蚊無峠付近にある周辺図です。


Dsc00150


看板の上の方に、「野外活動の森」 とか書いてありますが、

行く人はいるのだろうか?



良く分からんな~









県道32号の標識がちゃんと立っていますね。


Dsc00151







この状態なら楽勝でしょう。


Dsc00153






おっと!

湧水が多いですね。


Dsc00154







湧水が排水できずに、水たまりになっています。


Dsc00155







旧県道32号の出口まで来ました。


Dsc00156


突き当りの道路が、現在の県道32号となります。






そのまま現在の県道32号に出て、

少し北上した後に左折して、怪しい市道に入ります。


Dsc00157

Dsc00158_2








怪しい市道は、

道は狭くて路面の状態は悪いですが、

それほど酷くはありません。


Dsc00159

Dsc00160

Dsc00161






怪しい市道を抜けると、

東広島・呉自動車道 (自動車専用道路)の側道へ出ました。


Dsc00162




そのまま側道を通って、R375に出ます。







せっかくなので、

秘密の場所へ寄りましょう。

Dsc00165

Dsc00163

Dsc00166





旧県道32号と怪しい市道は、険道ながら

まあまあの険道 と言ったところでしょうか。





それなりに楽しかったです。





しかし、

近隣の地方においては、

やはり四国の酷道&険道が

一番のような気がします。 (笑)






50番台の愛媛県道や高知の険道などを

探索してみようかな と思った休日でした。





う~む 、 、 、

オフ車が欲しい ・ ・ ・







2016年6月16日 (木)

久しぶりの集い





梅雨に入ったばかりの週末に、

友らと集ってみました。




まずは、集合です。







翌日は雨予報ですが、皆さんはバイクです。


Dsc00102


流石は、ライダーですね。 (笑)





私はサポート役に徹するために、

敢えて4輪です。







九州に赴任中の友のBMW のスクーターです。


Dsc00103


BMW のスクーターは、

Dラーでは見たことありますが、




公道で見るのは、初めてです。






では、

5台のバイクと1台の4輪で、出発します。


Dsc00107








まずは、昼ご飯ですね。


Dsc00121



昭和のドライブインの雰囲気が満載の

ピットイン・エトワールさんです。





私は、2回目の訪問になります。






以前に、デカ盛り探検隊として

訪れたことがあります。




その時の様子は、こちら。








メニューです。

以前とは、少し変更があるようです。


Dsc00109

Dsc00110

Dsc00111

Dsc00108

Dsc00112



相変わらず、

まとまりのないメニューですね。(笑)






でも、

カレーをお勧めしているのは、変わりません。


Dsc00117








ところで、

お店の裏にある川に、鹿の親子がいました。


Dsc00114







ズームしましょう。


Dsc00115


人里まで降りてくる野生動物が

増えてきているようですね。





人間と上手に共存できれば良いのですが。








さて、

皆さんの注文品が運ばれてきました。


Dsc00118_2








私の注文品の、味噌カツ定食です。


Dsc00119


前に来た時は、メニューにはなかったブツです。







味噌カツのリフト~


Dsc00120


カツは厚みがあります。





しかし、

どの品も、量が多いです。




ガッツリと食べたい時には

お勧めの店ですよ。









では、

満腹のお腹を抱えて、

宿に向かいましょう。




道中では、

途中の小高い丘に、

アンテナタワーが建てられていました。






短波のアマチュア無線用のアンテナですね。


Dsc00122


かなり大きなアンテナですよ。

凄いな~







途中のスーパーで、買出しをしましょう。


Dsc00124







結構な買い出し量になりました。


123456


4輪で来てて良かった~







ところで、

友のBMW C650 に試乗させてもらいました。

(字幕をON にして、ご覧ください。)




ヘルメットは、友の XLサイズを借りました。

ブカブカだし。 (笑)






このBMW C650には、初めて乗りましたが、

スクーターの姿をしたバイクですね。




コーナーでは、ス~と倒れこんでいきます。

流石は、BMW です。







その後、

島根県内のグリーンビレッジさんに、到着です。


Dsc00127








ログハウスが素敵です。


Dsc00129








テラスではBBQ ができるようになっています。


Dsc00130







さあ、BBQを始めましょう。


Dsc00126



この頃には、

私は、既に出来上がっていました。 (笑)







こうして、

夜は静かに更けていくのでした。


1023








さ~て、

朝食は、管理棟でいただきます。


Dsc00132

Dsc00134







さあ、

雨が降る前に撤収しましょう。


Dsc00135


雨雲が西から向かって来ているようです。







高速の某SAでお別れです。


Dsc00137


バイクの皆さんは、

雨に備えて、カッパを装着しましょうね。








入梅後の天候不順の時期ではありましたが、

久しぶりの集いは、とても楽しめました。






近場での、

ゆっくりとした時間の流れを楽しむ。




時には、良いものですよね。


贅沢な時間を過ごしました。
















2016年6月14日 (火)

ソロ用のブツ





以前のことになりますが、



4輪では行けない某無人島へ原2で行って、

ラーメンを作りました。





その時に使ったクッカーは、

ファミリー用のブツでした。



ファミリー用のクッカーは、

色々なブツがセットになっています。





ファミリー用クッカーは、こんな感じのセットです。


For_family_2





鍋は勿論のこと、フライパン、お玉、ケトルやら

色々なものがセットになっていて便利です。




でも、

1人で使うには難しかったのです。






例えばラーメンを作る時ですと、



数人分のラーメンを作るのには

都合がいいのでしょうが、



1人用のラーメンを作る場合は、

鍋の開口部が広いので




ラーメンスープの深さが浅くなり、

麺がスープ内に浸からなくて

何か作りにくかったのです。






まあ、

私がヘタクソなのもあったでしょうが。 (笑)




その時の様子は、こちら。





クッカーは、

そんなに使うものではないし面倒なので、

そのまま放置していましたが、





やはり、ソロ用のブツが必要でしょう。


Dsc00090







箱をオープン


Dsc00091

Dsc00092







間口は小さくて、深い鍋のセットになります。


Dsc00093






寸法とかの仕様です。

・ サイズ:本体(大)/140直径×110mmH 蓋/135直径×50mmH
・ サイズ:本体(小)/120直径×100mmH 蓋/115直径×45mmH
・ 容量:本体(大):1450ml、蓋:550ml
・ 容量:本体(小):900ml、蓋:340ml
・ 重量:590g
・ 材質:アルミニウム(ハードアノダイズド加工)
・ 取手/ステンレス(シリコンカバー)
・ 付属品:メッシュケース






寸法については、

写真の方が、分かりやすいですね。



345_34






メーカーは、Hilander(ハイランダー)で、

メーカー品番は、HCA0074 となります。


Dsc00101



リーズナブルなブツですので、

造りは、それなりです。 W







大きな鍋の方です。



Dsc00095



容量は1450 mL で、目盛りは 1200 mL まで打ってあります。

ラーメンだと、2人分が作れるでしょうか。






小さな鍋の方です。


Dsc00096



容量は900 mL で、目盛りは 800 mL まで打ってあります。

ラーメンだと、1人分までかな ?






蓋をして、


Dsc00098







大きな鍋の中に、小さな鍋をビルトイン


Dsc00099







一つにまとめると、R2D2 みたいですね。 (笑)


Dsc00100



さてと、

またラーメンツーリングに行きますかね。








« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »