« トントン家 | トップページ | 鰻 と ベタ踏み坂 »

2016年5月10日 (火)

久々のブツに出会えた







私だけかもしれないが、

その噂を聞いたことがなかった。





なかなか美味しいとの話を聞いた。





もう何年も会っていない友の呼び名と

同じ名前の 「 とんぺい 」 さんだ。





私はチャレンジャーだ。

取り敢えず、行ってみるか。





岡山県の笠岡市まで

ばびゅ~ん! だ。





ちなみに、

場所は、ここだ。











お店の暖簾の前まで来ると、

中から数組のお客さんが出てくる。







何だと !!!







もう食事を済ませたと言うのか?

まだ時間帯は早いぞ?





「 とんぺい 」 と書かれた暖簾をくぐる。


Tonpei1_2







その奥には、もう一つの暖簾がある。


Tonpei2_2






店内は、

座敷席が3卓、数席のカウンター席、テーブル席が4卓と

想像していたより広い。





まだ、正午前だが

店内は、お客さんで一杯だ。





年配のお客さんが多いが、特に、

ご夫婦と思われる年配のカップルが見受けられる。






何処かで見た風景のようだ。







私の地元にあるラーメン店である

呉市の「モリス」や広島市の「来頼亭」などは、



年配のお客さんが多く、老舗店であるが、

同じような場景に見える。








さて、

メニューを見ると、種類が多いようで、

何を注文するか迷う。


Tonpei3_2

Tonpei4_2




このような時は、

オーソドックスなブツを選ぶに限る。





何故なら、トッピングなどが無い

飾り気のないブツが、




店のポリシーと言うか、

基本的な考え方を主張している

ことが多いからだ。







持ち帰りメニューも

充実しているようだな。


Tonpei5_2






さて、



私の注文品は、

ただの 「 ラーメン 」 と、ゆで玉子だ。






ただの 「 ラーメン 」 だけで良かったのだが、

壁に貼ってあるトッピングメニューの




「 ゆで玉子 」 と書かれた貼り紙に目が止まり、

思わず注文してしまったんだ。




Tonpei6_2




ただラッキーなことは、



このラーメンの具材に

玉子がなかったことだ。





もし具材に玉子があったら、

玉子だらけになるところだったぜ。





危なかったぜ~ 




今度から、トッピングを注文する時は、

オリジナルの具材を確認することだな。






では、

麺のリフトだ。


Tonpei7_2



麺は中太のストレート麺だ。





スープは、醤油とんこつ系? に見えるが、

鶏出汁を白湯スープで伸ばしたブツらしい。






スープの表面には油が浮いているが、

コッテリとしていない。



むしろ、アッサリと感じられるのは

どうしてだ !!



Tonpei8_2




それと、大事なことだが

スープに旨味が感じられる。





なるほど ・ ・ ・





年配のお客さんが多いこと、


行列ができるほどの人気ぶり、


その理由が分かったようだ。






ここで、

トッピングの、ゆで玉子を投入しよう。



Tonpei9_2






分析は終わった。


しかし、分からないことがある。




野菜ラーメンのスープの味が

ただのラーメンのスープの味と

まったく味が違うではないか !








何故なのじゃ~~~ !!!









私的には、

ただのラーメンのスープの方が

美味しいと思う。








まあ、いいか ・ ・ ・





野菜ラーメン派の人々を

敵に回す必要はあるまい。







後は、

本能が赴くままに

ガツガツと頂くとしよう。









フッフッフッ ・ ・ ・ ♪





あまり期待をしていなかったが、

久々のブツに出会えたようだ。





嬉しい誤算だったな。 









« トントン家 | トップページ | 鰻 と ベタ踏み坂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事