« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月25日 (水)

お礼参り と etc. 2






半田麺 & うだつの町並み をクリアーした後は、

四国お遍路八十八か所の1番札所 霊山寺に

向かいます。






霊山寺は、

2013年 5月に来て以来ですので、

もう 3年が経過したのですね。




(その時の記事は、こちら から。)


Oreimairi20







正門の横が広いので、停めちゃいます。

バイクなら邪魔になりません。


Oreimairi21



4輪の皆さんは、

隣の駐車場をご利用くださいね。








おや?



正門をくぐると橋と池がありますが、

記憶にありませぬ。 (笑)


Oreimairi22








池の鯉がでかい!


Oreimairi23


どの鯉も、丸々と太っています。







本堂です。



Oreimairi24








これで、

お礼参りは、完了しました。


Oreimairi241








その後は、高松市内で、

お礼参りの打ち上げです。


Oreimairi25




打ち上げのお供は、焼酎のロックです。





ところで、

左奥に見える、こげ茶色のブツは、

「 しょうゆ豆 」 という料理です。





「 しょうゆ豆 」 は、香ばしく煎ったそら豆を

しょうゆ・砂糖などでつくったタレに漬け込んで

味付けした、



さぬき(香川県)では、

昔から各家庭で作られていた

郷土料理だそうです。




香川県には、何度も来ていますが

しょうゆ豆は初めてです。



美味しかったですよ。






さて、


宿までの帰り道で、派手な銭湯を発見しました。

分かりやすくて、良いかも。


Oreimairi26









翌朝を迎えました。




香川県は、うどん県だけに

朝うどんでしょう !





今回は、初めてのお店に行きましょう。

休店日などの事前のリサーチは、完璧です。♪






お店に到着すると ・ ・ ・










臨時休業かい!


Oreimairi27




これは、久々の呪い?





何組かのお客さんが、

次々と来ますが、




休業と知って

地図らしきものを見ながら、

Uターンして行きます。










スマホで緊急リサーチすると、

近くに、別の人気うどん店を発見しました。






早速、行ってみましょう!



いや~ スマホって便利ですね~ 







讃岐うどん店 なかむら さんです。


Oreimairi28



まだ午前中なのに、

既に、行列ができています。







入口横の壁にメニューがあります。


Oreimairi29







冷たい かけうどん(小)を注文しました。

( 昨夜、けっこう呑んだものですから ・ ・ w )
Oreimairi30


出汁は、セルフで注ぎますが、

カツオ出汁が効いています。





お約束の、麺のリフト~


Oreimairi31


麺が艶々で光っています。






さて、

最後の寄り道です。






香川県仲多度郡琴平町にある

金刀比羅宮です。






本宮まで上るのは、

10年弱ぶりぐらいかな ?


4度目~5度目の来訪になります。





途中まで来ましたが、

ここから本宮までは、

まだまだ、遠いです。 (笑)


Oreimairi32










本宮まで、もう少しです。



この階段を上がると本宮がありますが、

相変わらず、階段がきついですね~


Oreimairi33








本宮では、結婚式が行われていました。


Oreimairi34







角隠しをした花嫁さんです。


Oreimairi341








本宮がある境内からは、

琴平の街並みが良く見えます。


Oreimairi35






では、

参道を降りて行き、

旧金毘羅大芝居 「金丸座」へ寄りましょう。





こんぴら歌舞伎と言って、

毎年、歌舞伎公演が行われているそうです。


Oreimairi36

Oreimairi361




こんぴら歌舞伎のオフィシャルサイトは、

こちら から。





芝居小屋は、

内部を見学できるんですよね。





花道から本舞台を見たところ です。


Oreimairi37







1階の客席から本舞台を見たところ です。


Oreimairi371







2階の客席から本舞台を見たところ です。


Oreimairi372







本舞台(檜舞台)から客席を見たところ です。


Oreimairi38







皇太子妃が座って歌舞伎をご覧になった席に、

座ってみました。


Oreimairi39







奈落の入口です。


Oreimairi40








地下にある奈落の内部です。

廻り舞台を廻す装置や、せり などがあります。


Oreimairi41







金丸座を見学する時は、

中に説明員のオジサンが2名いますので、

説明してもらうことを、お勧めします。



10~20分間程度の説明時間で、

無料です。







へ~ !  知らなかった! 




と思うことが、多々ありで、

より一層、見学を楽しめると思います。








では、

帰りましょう。





その前に、

金毘羅宮の試練とも言える階段を

上った後は、クールダウンしましょうね。


Oreimairi42








今回の旅の走行距離は、こうなりました。


Oreimairi43





私の 「 初めての お遍路 」 は、

これで、完結となります。






ただね、

一つだけ、心残りがあります。





第21番札所 太龍寺なんですが、




このお寺は、

険しい山に位置している難所のため、

ロープウェイを使って境内まで行くのが

普通の方法となっています。





私も、ロープウェイを使って、

太龍寺に、お参りしました。



( 第21番  太龍寺の記事は、こちら から。 )





でも、

バイクだと裏側の山道を使って

境内まで直接に行けるんですよね。






ん ~~~


バイクで直接に、

境内まで行ってみたいものです。







2016年5月23日 (月)

お礼参り と etc. 1

 





初めての四国八十八か所のお遍路参りを、

2013年 5月から始めました。





そして、

お遍路の最後の高野山へのお参りは、

2014年 9月の下旬のことでした。





振り返ると、

高野山へのお参りは、2014年9月21日に

木曽の御嶽山へ行った帰りでしたが、




その数日後の2014年9月27日に

御嶽山が噴火したことが思い出されます。






改めて、

御嶽山の噴火で亡くなられた方々の

ご冥福をお祈り致します。




( 御嶽山の記事は、 こちら から。)

( 高野山の記事は、 あちら から。)









話を戻しますが、

高野山へのお参り後は放置していましたが、




お遍路の結願後には、

お遍路を始めた最初のお寺に

結願の報告をしに、お参りに行くのが

通例になっているようです。








では、

1番札所の霊山寺を目指して

四国に参りましょう!



Oreimairi1_2









最近は、

しまなみ海道を通ることが多かったので、

瀬戸大橋は久しぶりです。


Oreimairi2








与島SAも久しぶりです。

たこ焼きが美味しそうです。


Oreimairi3








美味しそうなので、つい。 (笑)


Oreimairi4







四国に渡り、

お礼参りの前に寄り道をします。







某所の信号待ちで、左側を見ると、

凄い行列を発見です。


Oreimairi5



讃岐うどん屋さんですね。





私も、

以前に来たことがあるような気がしますが、

思い違いかな ?






後から調べると、

谷川米穀店 さん です。









寄り道先に、とうちゃこ。

道の駅 貞光ゆうゆう館 さんです。


Oreimairi51








目的は、半田麺 (半田そうめん) です。

この道の駅のレストランで食べることができます。


Oreimairi52









半田麺は、

徳島県美馬郡つるぎ町(旧半田町)で

製造されている太い素麺で、



麺だけの購入はできますが、

お店で食べられる処は、あまりありませぬ。





最近、半田麺を食べていなかったので、

ここまで来ました。





この道の駅のレストランでは、

クロコダイルも扱っているんですね~



Oreimairi53









ところで、

このレストランでの半田麺メニューは、

釜揚げ と ぶっかけの2種類があります。


Oreimairi6

Oreimairi7








釜揚げの大盛りを注文しました。


Oreimairi8








半田麺のリフト~


Oreimairi9



素麺といっても、太いでしょう?








半田麺を堪能した後は、

1番札所の霊山寺に向かいます。







途中で、うだつの町並みに寄り道しましょう。


Oreimairi10








ゆるキャラでしょうか ・ ・ ・

「 うだつまる 」 って、安直すぎん ?


Oreimairi11








趣がありますね~

岡山県高梁市の吹屋とかの雰囲気に似てるような。


Oreimairi12

Oreimairi13

Oreimairi14

Oreimairi16_2










うだつ の意味です。


Oreimairi17








防火用のうだつです。


Oreimairi18

Oreimairi19






さ~て、



うだつのお勉強が終わりましたので、

1番札所の霊山寺へ向かいまする。







そうそう 、 、 、  念のために。




タイトルにある 「 etc . 」  は、


イーティーシー じゃないですよ~  ^^







2016年5月18日 (水)

地元のフェアへ行ってみた

 





最近は、

東や西のフェアへ顔を出して

お勉強中です。





東のフェアの様子は、こちら と あちら から。


西のフェアの様子は、そちら から。





そんな私ですが、今回は、

地元でのフェアに顔を出してみました。





Hiroshima2016




でも今回は、フェアではなくて、

フェスタとなっています。






フェアでもフェスタでも、

中身は同じようなものですけどね。 (笑)






まず入口付近にあったのは、

ADRIA のフルコンです。


Dsc00006


Dsc00007



相変わらず、お高いブツです。






もう1台も、ADRIA です。


Dsc00008


Dsc00009



室内の後部にあるベッドが、

フカフカです。





今回は、単なる冷やかしではありませぬ。



見るだけではなくて、

カタログをゲットです。 


Dsc00030



見るだけ から 一歩前進しました。 (笑)








さて、

お目当てのブツを見ましょう。



ここからは、実際にお店の方々と

具体的な話ばかりをしましたので、




写真が撮れていません。







まず、

カトーモーターさんの、DD(ディーディー)です。


Dsc00025

Dsc00027

Dsc00005



実際の乗り出し価格は、

もっと高くなりそうですね。




ちなみに、

いま契約しても、納車は来年の1月になるそうです。



次の東のフェアに展示する時には、

電話連絡を頂くことになりました。







次に、

今回の一番のお気に入りのブツです。





ホワイトハウスさんの、エスコート ループです。


Dsc00026

Dsc00028





事業整理となったキャンカー製造会社で、

アム・クラフトさんという会社があったのですが、




その会社の製品の

タイムマシンという車種を引き継いで、

一部を変更した車種のようです。







実車はなかったのですが、



内装がほぼ同じであるベーシックタイプが

展示されていたので乗ってみました。




なかなか、いいですね~


割と気に入りました。






そこで、

一番おおきなタイプであるループの

見積もりを取ってみました。


Dsc00029




装備がフル装備とは言え、


879諭吉ですか?






小型のバスコンが買えるんじゃない?







でも、バスコンだと

置く場所がないか~




輸送費用だけで 7.5諭吉と

お高めですね ~~





バンコンのキャンカーでも、

私が立って歩けるような

内部の高さがあるブツは、




お値段も張るようです。 






う~~~~ん ・ ・ ・


予算オーバーだな~






しかし、

フェアに来るたびに、新しい発見があります。



2~3回 フェアに来ただけでは、

分からないことが一杯です。





さ~てと 、 、 、




エスコート ループの実車を見てみようか?


と、思案中です。








2016年5月12日 (木)

鰻 と ベタ踏み坂






山陰の宍道湖や中海の近郊には、

有名な鰻屋さんが多いと聞きます。





今までは、




出雲市の鈴屋さん、

松江市の大はかや(おおはかや)さん など

山陰地方へと鰻を求めて行きました。





鈴屋 さんの記事は、

こちら や あちら から。





大はかや さんの記事は、

そちら から。







これらの山陰の鰻屋さんは、

肝吸いが標準装備されていて、

好感が持てます。





そんな山陰の鰻屋さんですが、




中海の大根島にも有名店があると

友から聞きました。






これは、行かねばなりませぬ。






早速、 ばびゅ~ん !  です。


Yamamise1








途中で友と合流します。


Yamamise2







左側に大根島が見えてきました。


Yamamise3







今回の鰻屋さんの場所は、

中海にある大根島のここ。











うなぎ処 山美世 さんに、とうちゃこ。


Yamamise4




開店前に到着しましたが、

既にかなりの方々が

順番待ちの受付表に

名前を書いて開店を待っています。






お客さんが、こんなに多いとは

思いませんでした。





少し、出遅れたようですね。







11時の開店と同時に、

順番に店内に案内されます。


Yamamise5








お店の横には、うなぎ神社があります。


Yamamise6







店内に入ります。






店内の雰囲気です。


Yamamise7

Yamamise8







小泉八雲は、

鰻のかば焼きが、好きだったんですね~


Yamamise9








写真の、かば焼が美味しそうです。


Yamamise10








鰻の養殖方法の説明です。

写真をクリックして拡大して、お読みくださいね。


Yamamise11








入口の裏には、

本日の鰻の産地が貼ってあります。


Yamamise111


本日は、愛知県産の鰻とのことです。








入口の上には、サインがあります。


Yamamise112


誰のサインでしょう?






メニューです。


Yamamise12








メニューをオープンしましょう。


Yamamise13

Yamamise14

Yamamise15








う巻きも、美味しそうです。


Yamamise16








うな重の特上を注文しました。


Yamamise17



特上は、懐に厳しいです。 (笑)



椀ものは、もちろん肝吸いです。







うな重の特上のア~ップ!


Yamamise18








お手拭きには、屋号が。


Yamamise19







箸置きも、鰻です。


Yamamise20


オサレ~ ですよね。






本日の小鉢は、牡丹の花びらの酢の物ですか?


Yamamise21









牡丹の花びらの酢の物は、これですね~


Yamamise22







うなぎの肝のリフトー


Yamamise23









流石は、特上です。


お重の底には、鰻が隠れています。


Yamamise24



ん?


ご飯の厚みが薄い?






完食しました。

美味しかったですよ。


Yamamise25





友から、前日に、



「山美世のうな重の特上は、

量が少ないから大盛りが良いよ」 



との、アドバイスをもらっていましたが、





なるほど ・ ・ ・





ご飯の厚みが薄いのですね。






でも、鰻の量が多かったので

私的には大丈夫でした。





もし、

おなかが一杯になりたい場合は、

大盛りをお勧めします。 ^^







ここで鳥取の友らと合流し、

ベタ踏み坂 こと、江島大橋を

西側から上がります。


Yamamise26









ベタ踏み坂を東側へ下ります。


Yamamise27







境港の、さかなセンターです。


Yamamise28







多くの店がありますが、

ゴールデンウイーク最終日なのに、

お客さんがいませんね~


Yamamise29




ここで、おみやをゲットして帰りましょう。






さあ、

帰りますぜ~


Yamamise30

Yamamise31







本日の走行距離は、457キロとなりました。


Yamamise32





しかし、

鰻って高くなりましたね。




うなぎ貯金でも、始めましょうか? W






2016年5月10日 (火)

久々のブツに出会えた







私だけかもしれないが、

その噂を聞いたことがなかった。





なかなか美味しいとの話を聞いた。





もう何年も会っていない友の呼び名と

同じ名前の 「 とんぺい 」 さんだ。





私はチャレンジャーだ。

取り敢えず、行ってみるか。





岡山県の笠岡市まで

ばびゅ~ん! だ。





ちなみに、

場所は、ここだ。











お店の暖簾の前まで来ると、

中から数組のお客さんが出てくる。







何だと !!!







もう食事を済ませたと言うのか?

まだ時間帯は早いぞ?





「 とんぺい 」 と書かれた暖簾をくぐる。


Tonpei1_2







その奥には、もう一つの暖簾がある。


Tonpei2_2






店内は、

座敷席が3卓、数席のカウンター席、テーブル席が4卓と

想像していたより広い。





まだ、正午前だが

店内は、お客さんで一杯だ。





年配のお客さんが多いが、特に、

ご夫婦と思われる年配のカップルが見受けられる。






何処かで見た風景のようだ。







私の地元にあるラーメン店である

呉市の「モリス」や広島市の「来頼亭」などは、



年配のお客さんが多く、老舗店であるが、

同じような場景に見える。








さて、

メニューを見ると、種類が多いようで、

何を注文するか迷う。


Tonpei3_2

Tonpei4_2




このような時は、

オーソドックスなブツを選ぶに限る。





何故なら、トッピングなどが無い

飾り気のないブツが、




店のポリシーと言うか、

基本的な考え方を主張している

ことが多いからだ。







持ち帰りメニューも

充実しているようだな。


Tonpei5_2






さて、



私の注文品は、

ただの 「 ラーメン 」 と、ゆで玉子だ。






ただの 「 ラーメン 」 だけで良かったのだが、

壁に貼ってあるトッピングメニューの




「 ゆで玉子 」 と書かれた貼り紙に目が止まり、

思わず注文してしまったんだ。




Tonpei6_2




ただラッキーなことは、



このラーメンの具材に

玉子がなかったことだ。





もし具材に玉子があったら、

玉子だらけになるところだったぜ。





危なかったぜ~ 




今度から、トッピングを注文する時は、

オリジナルの具材を確認することだな。






では、

麺のリフトだ。


Tonpei7_2



麺は中太のストレート麺だ。





スープは、醤油とんこつ系? に見えるが、

鶏出汁を白湯スープで伸ばしたブツらしい。






スープの表面には油が浮いているが、

コッテリとしていない。



むしろ、アッサリと感じられるのは

どうしてだ !!



Tonpei8_2




それと、大事なことだが

スープに旨味が感じられる。





なるほど ・ ・ ・





年配のお客さんが多いこと、


行列ができるほどの人気ぶり、


その理由が分かったようだ。






ここで、

トッピングの、ゆで玉子を投入しよう。



Tonpei9_2






分析は終わった。


しかし、分からないことがある。




野菜ラーメンのスープの味が

ただのラーメンのスープの味と

まったく味が違うではないか !








何故なのじゃ~~~ !!!









私的には、

ただのラーメンのスープの方が

美味しいと思う。








まあ、いいか ・ ・ ・





野菜ラーメン派の人々を

敵に回す必要はあるまい。







後は、

本能が赴くままに

ガツガツと頂くとしよう。









フッフッフッ ・ ・ ・ ♪





あまり期待をしていなかったが、

久々のブツに出会えたようだ。





嬉しい誤算だったな。 









2016年5月 9日 (月)

トントン家

 






最近になって時々耳にするのですが、

広島市の宇品方面の某トンカツ屋さんが

美味しいのとことです。






場所は、今が旬の話題となっている

新しいサッカースタジアムの建設候補地の一つである

広島みなと公園の近くになります。





場所はここ。










お店まで来ました。


Tonton1

Tonton11






トントン家さんでは、

市販されていない穀美豚を使用していて、

それが特徴となっているようです。






ところで、駐車場ですが、

店の前に2~3台の駐車スペースがあり

そこが客用駐車場になっています。



ところが、

店の正面からは歩道と車道の段差があるので

歩道を横断して駐車場には入れません。






店の前の駐車スペースに駐車するためには、

歩道と車道の段差が途切れている

少し離れた場所から歩道に乗り上げて、

店の前まで50m位は走らないといけません。





空撮写真で説明すると、

こんな感じ。


Tonton12




もし歩道を車で走っていて

もし偶然にパトカーが通ったら ・ ・ ・










捕まるんじゃね ?









どなたかゴールド免許の方に

ぜひ試して欲しいところです。






ということで、




私は歩道に乗り上げる場所の横にある

スーパーやハンバーグ店などの数店舗の

共同駐車場に止めて歩きました。 (笑)







店内は、

テーブル席が3卓とカウンター席が

4~5席ぐらいとなっています。
 

Tonton2

Tonton3







メニューです。


Tonton4

Tonton5



ロースカツ定食やヒレカツ定食が定番のようですね。





ドリンク類です。


Tonton6








穀美豚の内容説明が壁に貼ってあります。


Tonton7


 
 
実は、

穀美豚って今まで知りませんでした。




まあ、

そんなものでしょう。 (笑)








メニューと一緒に、

トントン家さんの新聞記事が、テーブルに置いてあります。


Tonton8


写真を拡大して、

読んでみてくださいね。







聞き及ぶのに、

ロースカツとヒレカツが一緒になった

ミックス定食というブツがあるのですが、

お勧めとのことでした。


Tonton81





だけど、

カツが270グラムもあるようです。



何だか、

お残ししそうな量ですね。








私は、ロースカツ定食の150グラムを注文しました。


Tonton9


ご飯とキャベツは、

お代わり自由ではありませんが、



キャベツの量は多くて、

150グラムのカツと、ご飯とを併せると

量的には満足できるものだと思います。






ロースカツは、

衣はサクサクで中はジューシーです。


Tonton10
 
(ピンボケですまぬ~)




ちなみに、

写真を撮り忘れましたが、




同行した娘が注文したカツサンドも、

厚みがあり美味しそうでした。







次回の機会には、

ヒレカツ定食の150グラムを注文しようと思い、




店頭の駐車場が気になりながら

店を後にしたのでした~







2016年5月 5日 (木)

なんとなく、高カロリー 2







あれは ・ ・ ・





そう 、 、 、

もう1年前のことになります。






出張帰りに訪れた某店には、

休業の貼り紙があり、




普通の休店日とは違う雰囲気がありました。


Kajiya0

( 昨年に訪れた時の写真です。)



その時の記事はこちら。






後日に、

「梶屋ファンクラブ」 なるHPを見つけ、

お店が無期限の休店をしたことを

知りました。





その後、

そのHPで、お店の動向を見ていましたが、




お店が再開したことを知りましたので、

ばびゅ~ん ! と、リベンジです。





梶屋さん、

再開を待ってたぜ~  ^^





では、

出発だぜ~ ♪


Kajiya1







待ち合わせ場所に、とうちゃこ。


Kajiya2







その後、岡山市まで走り、

梶屋さんに到着です。






駐車場は広いですが、満車ですね。

車が道路沿いで待っています。


Kajiya3

Kajiya4


他県ナンバーの車もいますね。





我々はバイクなので、

道端の少し空いている部分に駐輪します。







まだ11時30分頃ですが、

かなりの行列ができています。


Kajiya5


1年前に来た時とは、

別世界のような光景ですね~






お店の入口には、

お詫びの貼り紙まであります。


Kajiya51





タイミングが良く、

少しの待ち時間だけで入店できました。







店内です。




テーブル席が5卓、

カウンター席が6席、

座敷席が3卓ぐらいだったと思います。


Kajiya6

Kajiya7

Kajiya8







メニューです。


Kajiya9

Kajiya10






評判では、エビ丼 やら カツチャー飯やらが

人気があると聞いています。





店内を見ると、

ラーメンを食べている方々が多いですよ。






友が注文した

チャーハンセットです。


Kajiya11


チャーハンセットは、

チャーハンの1/2と中華そば ですけど、




この量で、普通のチャーハンの半分ですか?

多くない?








メガ盛りの聖地の

ひばり食堂に対抗してる?

( ひばり食堂については、こちら )






広島市内にある

蓬莱のチャーハンにも負けない量ですね。

( 蓬莱のチャーハンについては、こちら )







私が注文した、エビ丼です。


Kajiya12


エビフライのタワーが眩しい~ (笑)






蓋をオープンします。


Kajiya13


エビふりゃーが、ご飯に刺さってるし~ 







タルタルソースが掛かった

ご飯のリフト~


Kajiya14


高カロリー じゃ~ ♪







エビふりゃー のリフトー


Kajiya15







ご飯の中には、

小エビが仕込まれています。


Kajiya16


やるじゃないか!

梶屋さん !








完食しました。


Kajiya17





う~む ・ ・ ・

梶屋さんは強敵でした。 (笑)



高カロリーだらけです。








ラーメンとチャーハンも一口頂きましたが、

味がハッキリしていて、美味しいです。





味付けは、全体的に濃い目のようですが、

行列ができる理由が、分かります。





お店の再開を喜んでいる

お客さんは多いかも ですね。








さて、

まだ時間があるので、

近くのバイカーズカフェに行ってみました。





ELF (エルフ) さんです。


Kajiya18







パンケーキが有名なのかな?


Kajiya23

Kajiya22







ハンバーガーやホットドッグの種類も多いです。


Kajiya21







ソフトドリンクの種類も多いですね。


Kajiya20







私の消化器官は軟弱ですので、

もう食べれません。



ジンジャーエールだけにしておきました。


Kajiya24


友らが、

フライドポテトを追加注文したのは、

ナイショ です。 (笑)






では、帰りましょう。


Kajiya19







この日の距離は、こうなりました。


Kajiya25



3666キロではないですよ。


366.6キロですので。 ^^






1年が経過して、

やっとリベンジできた梶屋さんですが、



今後も、皆さんに愛される

お店でいて欲しいものです。







そうそう 、 、 、



リベンジと言えば、カツ丼をお残ししてしまった

ひばり食堂にも再挑戦をせねば~







あそこも、

高カロリーなんですよね。 (笑)









2016年5月 2日 (月)

一日だけのダムマニア







近くは何度も通り過ぎているけど

立ち寄ったことがない場所って、

あるでしょう?






単なる通過点のような場所って、

今まで興味がなかったからでしょうか?






ある日のこと、

地図を見ていると

そんな場所がありました。







私の生息地の北部にある

某ダム湖です。


Haizuka11






早速、行ってみましょう!


Haizuka1







北部では、

田植えの準備が始まっています。


Haizuka2

Haizuka3






ダム湖に着きました。


Haizuka4






ダムの堤体です。


Haizuka5

Haizuka6







ダムの周囲を回ってみます。







ダムに架かる橋が綺麗です。


Haizuka7







周囲は、とても静かです。


Haizuka8







湖面は、穏やかな顔を見せています。


Haizuka9






さて、

帰りましょうね。










ウルトラが埃まみれでしたので、

帰宅後に洗車です。


Haizuka10_2



面倒くさかったので、

高圧洗浄機で埃を飛ばしました。









ちなみに、



私はダムマニアではありませんが、

たまにダムに行きたくなります。





一日だけのダムマニアですね。 (笑)







« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »