« オムかつ の誘い | トップページ | 軽やか向上委員会 2 »

2015年12月22日 (火)

軽やか向上委員会





最近、

どうも重たいような気がしていました。






軽やかじゃないんですよね。






言葉では上手く言えませんが、

走りがスムーズじゃない感じがします。





言い遅れましたが、

街乗り号のPCX の話です。







整備記録を調べてみると、

エンジンオイルは、昨年の9月下旬に

交換してから放置ですし、






エアクリーナーや、エンジンプラグは、

走行距離が 12,800 キロとなった現在まで

完全に放置でした。






感じていた走りの重さは、

これらのメンテを怠っていたせいかも。





ということで、

メンテして軽やかにしましょう !






自分用の忘備録ですので、

面白くないですよ。 (笑)








まずは、

エンジンオイル交換からです。







私のPCXは、

メインスタンドを立てると、




ドレンボルトから出るオイルは、

メインスタンド付近に落ちるので、

廃オイルを、上手くキャッチできません。







なので、今回はジャッキを使います。


Cimg8236

Cimg8237








抜けたオイルは、真っ黒くろすけです。


Cimg8238







ドレンボルトのパッキンは、まだ使えそうですね。


Cimg8241








でも、パッキンも新品に交換します。


Cimg8239








オイルは、スクーター用のオイルで、

ホンダ純正のE1 を用意しました。


Cimg8240








次は、プラグの交換です。



左側ステップのカバーを取ります。


Cimg8247

Cimg8251








赤い柄のドライバーの先に、

プラグが見えます。


Cimg8252





プラグ回りのゴミや埃を飛ばすのに、

エアーを吹きかけますが、




エアーコンプレッサーを持っていませんので、

空気入れで代用しましょう。 (笑)


Cimg8253


この空気入れは、結構使えます。 ^^







ところで、

指先にある円形のようなブツは、何だっけ?


Cimg8257





実は、

サイドスタンドを出すとエンジンが掛からない、

あるいは、動いていたエンジンが切れる 

といった仕組みに使われているスイッチです。





そのスイッチを、

私は無効化しています。





このスイッチについての記事は、こちら。







さて、

プラグが抜けましたが、

狭くて工具が、なかなか入りませんでした。





作業性は、かなり悪いですね。


Cimg82561







抜けたプラグです。


Cimg8254







新しいプラグは、

ノーマルのプラグで良かったのですが、




たまたま売り切れていましたので、

イリジウムを使うことにしました。


Cimg8249

Cimg8250







左側が古いプラグで、右側が新しいプラグです。


Cimg8259







次は、

エアークリーナーです。


Cimg8242







7か所のビスを外すと、カバーが外れます。


Cimg8243

Cimg8244








用意していた新品のエアクリーナーと、

形が違いますね ・ ・ ・ (汗)


Cimg8245

(上側:新品    下側:取り外したエアクリ)





もしかして ?


あれれ  ~~~~





esp エンジンになる前の

初期型 PCX のエアクリーナーを

間違えて買ったようです。 W






しょうがないですの~

この日のメンテは、一旦終了です。








後日、

エアークリーナーを買い直したので、

交換しましょう。





今回は、

カバーのビスが固いので、

ドリルドライバーを使います。


Cimg8260


文明の利器は、楽ちんです。 







エアークリーナーは、

かなりの目詰り状態となっていますね。


Cimg8261








今回は、

エアークリーナーは、間違えていません。


Cimg8262








エアークリーナーは、

キタコの純正互換品ですが、




純正のパーツNoは、17210-KZR-600 ですので、

間違えんようにね~


Cimg8263

(赤の枠線の中に、パーツNoが書いてあります。)






エアークリーナーの内部の下側には、

オイルが少々付いています。


Cimg8265


写真では、分かりませんよね。







新しいブツを取り付けて、


Cimg8266








カバーを取り付けて、終了です。


Cimg8267








走らせた瞬間に分かりますが、

エンジンの回り方が軽やかになっています。






でも、

2~3日で軽やかさに慣れてしまうので、

軽やかさが、すぐに分からなくなるでしょうね。 (笑)






あなたも、

是非、軽やかにしてあげてください。





軽やか向上委員会からの

お願いです。 ^^







« オムかつ の誘い | トップページ | 軽やか向上委員会 2 »

PCX」カテゴリの記事