« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月24日 (火)

西のフェア へ行ってみた 3







酒場を放浪した翌日は、

帰り道の途中で寄り道します。





門司港レトロです。


Cimg8179







建物も、レトロです。


Cimg8211







船も、レトロですね。


Cimg8181








対岸は、下関市の唐戸です。


Cimg8183


写真の右側に見える橋は、関門海峡大橋ですよ。







宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘で有名な、

巌流島に渡ってみます。


Cimg8180







切符は往復分を買わないと、

帰って来れません。 (笑)


Cimg8182








この船で、渡ります。


Cimg8184







船は、かなり揺れます。


Cimg8186






巌流島が、見えてきました。


Cimg8188







巌流島の案内図です。

小さな島ですね。


Cimg8185







上陸しました。


Cimg8189







対岸には、門司港レトロが見えます。


Cimg8191








島の奥には、決闘のモニュメントがあります。


Cimg8192







モニュメントの横には、

武蔵が巌流島まで来た伝馬船があり。


Cimg8193

Cimg8194



Cimg8195







帰りは、

船の屋上部分に乗って帰ります。


Cimg8198


船内に居るよりは、

外の方が揺れを感じません。









門司港レトロに戻ると、

橋が、跳ね上げられていました。


Cimg8206







段々と、橋が降りていきます。


Cimg8204

Cimg8207

Cimg8208








橋が降りて、完全に噛み合う前に、

遊覧船が橋の下を通ります。


Cimg8209


ギリギリを通るんですね~

驚きました。







橋の連結が、完了しました。


Cimg8210








往路は、関門海峡大橋を通りましたので、

復路は、関門トンネルを通ります。


Cimg8212







トンネルの入口は、河豚の口になっています。


Cimg8213








この後は、高速で帰りましょう。







中国道の美東SAでは、チャンポンが有名ですが、

下りのSAだけにしかないようです。






上りのSAには、チャンポンの代わりに

瓦そばがありました。


Cimg8214








私は、

瓦そばが好きなんですよね~ (笑)


Cimg8216








こうして、

西のフェアは終わりました。





来年の春には、

東のフェア がありますので、

再訪してみたいと思っています。





その時は、弾丸ツアーではなく、

酒場放浪をセットにできればいいですね。 ♪








2015年11月19日 (木)

西のフェア へ行ってみた 2







西のフェア会場を後にして、

某B級グルメを狙いに

海の中道を通って、志賀島方面へ向かいます。


Sigatou






志賀島と言えば、

これですよね!






き ん い ん ~







国宝となっている金印で、

漢委奴国王印 (かんのわのなのこくおういん)です。


Photo



某B級グルメは、

金印に、ちなんだブツとなります。








ところで、

途中で豪華客船を見ました。


Cimg8159




でかっ !




まるでビルですね。







何故か、

屋上には赤い熊がいます。 (笑)


Cimg81591








さて、

船外レストラン 「 やすらぎ 」 に、とうちゃこ。


Cimg8160







横から見ると、船の形をしています。


Cimg8165


某B級グルメは、店の横にも書かれている

金印ドックです。






この店は、ホットドッグ屋さんですね。


Cimg8161







金印ドッグが、出来上がりました。


Cimg8162


関係ない話ですが、

外は、どしゃ降りになりました。






金印ドッグのオープンです。


Cimg8164



中身は、イカフライ と カットステーキで、

オーロラソースで仕上げられています。




パンもパリっと焼かれていて、

美味しゅうございました。





だけど、

これが何故に金印ドッグなのかは、

わかりませぬ。 (笑)










さて、

宿に入った後は、酒場放浪しましょう!








ここは、

北九州市の黒崎駅周辺です。





歩いていると、明るい焼鳥屋を発見し、

入ってみると ・ ・ ・


Cimg8171

( 焼鳥屋 とんとん  さんです。 )









やっ 、 やっす~ !





串が、50円からあるではないですか!


Cimg8167







この焼鳥屋さんの雰囲気に合うのは、

焼酎のロックですね。


Cimg8169







若かりし頃のアグネス・ラムのポスターを発見!


Cimg8168


懐かしいですね~





お客さんが多くて落ち着かないので、

場所を移動しましょう。







少し歩くと、

「てばや」 さんがありました。


Photo_2







冷酒で、一人乾杯します。


Cimg8173








冷酒の銘柄は、

佐賀県唐津市の万齢 です。


Cimg8174








本日のお勧めの中から、

ゴマヒラスをチョイスです。


Cimg8175


ゴマヒラスとは、ヒラマサの刺身を漬け風に

調理したものだそうです。




私の地元では、見たことがありません。







鶏のタタキ~


Cimg8176








鶏のタタキのリフト~


Cimg8177









手羽先の唐揚げです。


Cimg8178




う~ん、、、

お酒が進みますね~





こうして、

酒場放浪は続くのでした。







2015年11月18日 (水)

西のフェア へ行ってみた 1





さて、

2カ月前に、東のフェアへ弾丸した 私ですが、

今回は、西のフェアへ行ってみました。




東のフェア の時のような

弾丸は、無しですけどね。 (笑)








まずは、

関門海峡大橋を渡って、九州に上陸しましょう!


Fc1







会場に着きました。


Cimg8114








安心してください。

チケットは、前売り券を購入済みです。


Cimg8115








会場の前の駐車場には、

多くのキャンカーがいますね。


Cimg8155








会場前で少しウロウロしている僅かな間に、

駐車場待ちの行列ができていました。


Parking_2



到着が、もう少し遅かったら、

この行列に加わるところでした。




あぶね~~~








会場に入場しましょう。


Cimg8153


Cimg8152







では、個別に見ていきます。







軽自動車のキャンカーです。


Cimg8117







中には、畳が敷いてあります。


Cimg8116







同じく軽自動車のキャンカーですが、

屋根が上に開くポップアップ仕様になっています。


Cimg8118


最近は、

軽自動車ベースのキャンカーが増えていますね。






こちらは、ハイエースをベースにした

バンコンの 「 銀河 」 です。


Cimg8119

Cimg8120







北九州市に本社がある

NUTSという会社のブースです。


Cimg8123






小型のキャブコンです。


Cimg8122






これは、

ハイエースをベースにしたバンコンですが、

車高が 2600mm ある特別なタイプです。


Cimg8124



殆どのハイエースベースのバンコンは、

車高が高くても 2300mmぐらいですので、



身長が165㎝ 以上ある人は、

室内で立つと、頭が天井に当たります。




しかし、車高が2600mm あると、

室内高が185㎝ ぐらいはありますので、

広々としています。




この展示車には、

ほとんどのオプションが付いています。


Cimg8125


家庭用のエアコンも別に付いていますので、

夏でも良く冷えそうですよね。







牽引式のトレーラーです。


Cimg8126


興味がないので、スルーします。(笑)







キャンパー鹿児島さんの 

「rem second act 」です。


Cimg8127


後部に設けられた寝室が

ドアで締め切ることができるようになっています。





後側の締め切られた寝室を、

後側から見たところです。


Cimg8128


おそらく、

バンコンで寝室を締め切ることができるのは、

キャンパー鹿児島さんの製品だけだと思います。







こちらは、

私の地元に本社があるキャンカー製造販売会社

の製品です。


Cimg8129


あまり興味がないので、スルーです。 (笑)







こちらは、軽自動車ですね。


Cimg8130






フラットなシートと、机&TVが付いていますね。


Cimg8131


小さいながら、シンクも付いています。

凄いな 。 。 。







では、

豪華仕様のフルコンをどうぞ。


Cimg8132






HYMER さんのフルコンです。

豪華ですよ。


Cimg8133






お値段も豪華です。

1460諭吉もします。 税抜きですよ!


Cimg8134






めるせです~ ♪


Cimg8135








ここからは、

会場内の雰囲気をどうぞ






Cimg8136

Cimg8137










Cimg8138

Cimg8139








Cimg8140

Cimg8141







マイクロバスをベースにした、バスコンです。


Cimg8142






屋根には、ソーラーパネルを搭載しています。


Cimg8143


やはり豪華仕様となっています。






その他です。


Cimg8144

Cimg8145







ソフトバンクのペッパー君の前には、

人だかりです。


Cimg8154







外では、

4駆の試乗体験会が行われています。


Cimg8148

Cimg8150

Cimg8151



乗ってみたかったのですが、

順番待ちの行列ができていたので

諦めました。






この辺で

会場を後にします。






続きは後日に。








2015年11月10日 (火)

最後の evil eye


evil eye  ・ ・ ・






どうして、

このようなネーミングにしたのでしょうか?


あまり良いネーミングとは思えません。






ところで、



これが、

かなり以前から愛用している evil  eye です。


Old_evil_eye_pro1



横まで回り込んだレンズが、

風の巻き込みを防止するので、

涙目になりにくい、スポーツサングラスです。





アディダスの製品ですが、




製品名は、adidas evil eye pro で、

製品No. が a126 のブツになります。


Old_evil_eye_pro2





レンズのカーブがきついことと、

レンズをDIYで簡単に交換できるように

なっているので、





レンズに直接に度を入れるのではなく、

レンズの内側にオプションの度付レンズを

取り付けて使うようになっています。


Old_evil_eye_pro4







こんな風に、透明の度付レンズを

ビルトインする仕様になっています。


Old_evil_eye_pro3








このサングラスの良いところは、

ノーズパット、テンプル、レンズ、その他の部品が

簡単に交換できるところなんですよね。


Old_evil_eye_pro5






今までに、

レンズは3回、ノーズパットは1回だけ

部品だけを取り寄せて、交換しています。





テンプルは3段階に上下に動かすことができ、

顔にフィットしやすい造りになっています。


Old_evil_eye_pro6

(テンプルの内側です。)







上の写真と下の写真の矢印部分を比べると、

テンプルが上下に動いていることが分かると思います。


Old_evil_eye_pro7

(テンプルの内側です。)







adidas のメーカー用の商品紹介写真です。



A126127about_3













しかし、フレームが、

ごついからでしょうか?





「 ウルトラアイみたいだ!」

と言われることもあります。 (笑)





ウルトラアイとは、

ウルトラセブンが変身する時に使う、



ゴーグルのようなメガネのような

ブツのことです。












そんな evil eye pro ですが、

私は愛着を持っています。






この度、レンズフレームの上部にある

汗止めのスポンジが擦り減ってきましたので、





汗止めの部品だけをゲットしようと、

ネットで専門店を探し歩くと




製品No が a126 の evil eye pro が、

どうしても見つかりません。











アディダス社のサイトへ飛んでみると ・ ・ ・








製品No a167 の evil eye halfrim pro
A167_2




製品No a181 の evil eye halfrim pro 

A181adidasevil_eye_halfrim_pro_2



とかの、

レンズ下側のリムが無いタイプに

デザインが変わっておりました~






ということは、

もう部品だけを買えないどころが、

本体そのものが、廃盤になったということですよね。






ちなみに、

新しいevil eye のデザインは、

あまり好きではありませぬ。






ということで、

a126 の在庫探しを開始です。









やっと、見つけました。

廃盤になった a126 の evil eye pro です。






前から~


New_evil_eye_pro1







後ろから~


New_evil_eye_pro2







新旧を並べてみました。


Comparison1

(左側:愛用品 、 右側:ゲットした新品)







配色は違いますが、

同じブツです。


Comparison2

(上側:ゲットした新品 、 下側:愛用品)






床に置いてみました。


Comparison3

(上側:ゲットした新品 、 下側:愛用品)






ソフトカバーの、adidas のロゴは、

新品の方が、若干ですが小さくなっています。


Comparison5

(上側:ゲットした新品 、 下側:愛用品)








ハードケースは、

デザインも大きさも

全く同じです。


Comparison4

(上側:ゲットした新品 、 下側:愛用品)






今回は、旧タイプの evil eye pro の

在庫品をゲットできましたが、

多分、これで最後になりそうです。





前述したように、

新しいデザインの evil eye は、

好きになれないので、




もはや、

evil eye を買うことはないと思います。







ところで、

これも愛用品です。





adidas のスポーツサングラスですが、

グリーンの芝目を読みやすいレンズを使った

ゴルフ用のスポーツサングラスです。


For_golf1


これも、

既に廃盤になっているようです。







ノーズパットと度付きのレンズが一体になっていて、

レンズはDIYで簡単に交換できます。


For_golf2








テンプル部分も、取り外し可能で、

蝶番の部分で取り外せます。


For_golf3






こうしてみると、


スポーツサングラスのデザインは、

以前のアディダスの方が良かったな。





残念ですね。








2015年11月 2日 (月)

才谷屋と四国カルスト 2






河辺のふるさと村に到着し、

本館でチエックインを済ませた後は、

離れの才谷屋へ入ります。


Saitaniya16









才谷屋の横にある蔵のような建物は、




坂本龍馬が土佐藩を脱藩し、

土佐の高知から梼原、伊予の大洲・長浜を経由して

下関までへと至る道のりを紹介する記念館です。


Saitaniya17

Saitaniya18


この河辺も、脱藩のルートの経由地になっています。






才谷屋の内部です。


Saitaniya19


この他にも、冷蔵庫完備の台所、和室などがあり、

広いスペースがあります。






内風呂として、檜風呂が用意されていますが、

本館にも大風呂があります。


Saitaniya20


私は、大きなお風呂が好きなので、

本館のお風呂がいいですね。








縁側からは、傍らに駐輪した

バイクが、目の前に見えます。


Saitaniya21








夕食は、離れまで運んでくれるんですよ。 ♪


Saitaniya22










冷酒の盃を傾けながら、

幕末への想いを馳せるのは、

良いものですね。  ^^


Saitaniya23








幕末の勤王の志士達へ想いを馳せた後は、

ヘルメットを被って、にらめっこ をしましょう!


Saitaniya24








違 う し !   (笑)









友が、インターコムのSENAをゲットしたので、

私の b+com とペアリングできるかの実験です。









翌朝です。


Saitaniya25


天気が良さそうですので、

四国カルストに寄ることにしました。






数年前にカルストに行った時は、

小雨が降っていたことを思い出します。







才谷屋からのルートです。


Fukuro1







途中で、友のウルトラに、

エンジンのトラブルが発生です。







サクサクっと、エアークリーナーを分解中~


Saitaniya26


アクセルを開けても、

エンジン出力が上がらないようです。






エアインテークが、ストリップ状態です。 


Saitaniya27


手に持っているソケットが、

エアーインテークの開閉を制御する信号配線のようですが、




一旦ソケットを外して再度取り付けると、治ることがあるとか。







結果は?










無事に、治りました。

良かったですね~







Dラーでも、

このトラブルの原因は、分からないそうです。





私の場合は、このトラブルは未経験です。



他のトラブルは多発ですけど。 (笑)







さて、

四国カルストの東側にある、天狗荘に着きました。


Saitaniya29








多くのバイカーが訪れています。


Saitaniya30








早めに軽い食事を済ませておきますが、

私は、欲しくないので、コーヒーのみです。


Saitaniya33










ところで、

このコーヒーカップの取っ手のデザインは、

変わっていると思いませんか?


Saitaniya321


取っ手がカップ本体と一体化していますので、

コーヒーの熱さが、カップから取っ手に良く伝わり、

取っ手が熱くて持てません。 (笑)








参考までに、

天狗荘のレストランメニューを、

載せておきます。


Cimg8085

Cimg8086

Cimg8088









その後は、

カルストを西へ移動します。


Saitaniya36_2


快晴で、気持ちがいいですね。







天空が、抜けるような青さです。


Saitaniya34







右側には、牛くん達もいます。


Saitaniya35








今回の旅の走行距離は、750km 弱となりました。


Saitaniya39






才谷屋の予約キャンセルの発生で、

急遽の旅立ちとなりましたが、





幕末の時代に想いを馳せ、

抜けるような青空のカルストを走る。





そのような旅となりました。








最後に、

おみやの一つです。


Kihoku




道の駅 「日吉 夢産地」 でゲットした

愛媛県 鬼北町の どぶろく です。




辛口のすっきりとした味わいで、

おいしゅ~ございました。









« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »