« たかたのたまご | トップページ | 才谷屋と四国カルスト 2 »

2015年10月29日 (木)

才谷屋と四国カルスト 1






もう、3年前のことになるでしょうか ・ ・ ・




うひゃうひゃ♪ としながら、

龍馬を偲ぶ旅をしたことがあります。







その時に宿泊した宿は、



山中にある廃校となった小学校を

宿泊施設に改装した宿で、



小学校跡の本館とは別に、

離れの一軒家があり、



その離れに泊まりました。







その離れは、龍馬の生家ゆかりの

「才谷屋」と名付けられています。



その時の様子は、こちら。








ある時に、

もう一度、龍馬を偲ぼうと

離れの才谷屋の予約状況を見ると、









何ということでしょう !





ず~と予約で埋まっているし~







かなりの田舎なのに、

人気があるのでしょうか?







一応、キャンセル待ちをしていると

某休日の3日前に、キャンセルが出たとの連絡があり、



急なことですが、出掛けることにしました。







出発します。


Saitaniya1







往路のルートです。


Ouro1



まずは、

しまなみ海道の瀬戸田PAを経由して、

高知県の中土佐町まで行きます。







R194号にある、長~い新寒風山トンネルを

通ります。


Saitaniya2







道の駅、633美の里(ムササビの里)で

少し休憩です。


Saitaniya3

Saitaniya4







道の駅には、ポスターが貼ってあります。

高知県の宣伝用ポスターのようですね。


Saitaniya5


広末涼子さんは、高知県の出身かな?







高知県中土佐町にある、黒潮本陣さんです。


Saitaniya6


この蔵のような建物は、宿泊施設のようですね。






こちらが、黒潮本陣のレストランになります。


Saitaniya7







高知だけに、メニューは、

鰹のタタキがメインになっています。


Saitaniya8







レストランのテラスは、広いですよ。


Saitaniya9







テラスの一画では、

鰹のタタキの調理を実演しています。


Saitaniya10








タタキ定食 (タタキ8貫) の入場です。 


Saitaniya11


ご飯のお代わりは、自由だそうです。






鰹のタタキのリフト~


Saitaniya12


タタキは、肉厚でございます。






駐車場には、明徳義塾のバスが止まっています。

スポーツの強豪校ですよね。


Saitaniya13_2







お腹が一杯になりましたので、

才谷屋へ向かいます。





中土佐町~才谷屋までのルートです。


Ouro3_2







廃校を利用した、

河辺ふるさとの宿の本館です。


Saitaniya14







本館ロビーです。


Saitaniya15


ここでチエックインして、

離れの才谷屋へ行きます。




離れの才谷屋は予約で一杯ですが、


本館の方は、この日はお客さんが一人とのことです。






さてと、

面倒くさくなりましたので、

続きは後日に。 (笑)






« たかたのたまご | トップページ | 才谷屋と四国カルスト 2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事