« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

才谷屋と四国カルスト 1






もう、3年前のことになるでしょうか ・ ・ ・




うひゃうひゃ♪ としながら、

龍馬を偲ぶ旅をしたことがあります。







その時に宿泊した宿は、



山中にある廃校となった小学校を

宿泊施設に改装した宿で、



小学校跡の本館とは別に、

離れの一軒家があり、



その離れに泊まりました。







その離れは、龍馬の生家ゆかりの

「才谷屋」と名付けられています。



その時の様子は、こちら。








ある時に、

もう一度、龍馬を偲ぼうと

離れの才谷屋の予約状況を見ると、









何ということでしょう !





ず~と予約で埋まっているし~







かなりの田舎なのに、

人気があるのでしょうか?







一応、キャンセル待ちをしていると

某休日の3日前に、キャンセルが出たとの連絡があり、



急なことですが、出掛けることにしました。







出発します。


Saitaniya1







往路のルートです。


Ouro1



まずは、

しまなみ海道の瀬戸田PAを経由して、

高知県の中土佐町まで行きます。







R194号にある、長~い新寒風山トンネルを

通ります。


Saitaniya2







道の駅、633美の里(ムササビの里)で

少し休憩です。


Saitaniya3

Saitaniya4







道の駅には、ポスターが貼ってあります。

高知県の宣伝用ポスターのようですね。


Saitaniya5


広末涼子さんは、高知県の出身かな?







高知県中土佐町にある、黒潮本陣さんです。


Saitaniya6


この蔵のような建物は、宿泊施設のようですね。






こちらが、黒潮本陣のレストランになります。


Saitaniya7







高知だけに、メニューは、

鰹のタタキがメインになっています。


Saitaniya8







レストランのテラスは、広いですよ。


Saitaniya9







テラスの一画では、

鰹のタタキの調理を実演しています。


Saitaniya10








タタキ定食 (タタキ8貫) の入場です。 


Saitaniya11


ご飯のお代わりは、自由だそうです。






鰹のタタキのリフト~


Saitaniya12


タタキは、肉厚でございます。






駐車場には、明徳義塾のバスが止まっています。

スポーツの強豪校ですよね。


Saitaniya13_2







お腹が一杯になりましたので、

才谷屋へ向かいます。





中土佐町~才谷屋までのルートです。


Ouro3_2







廃校を利用した、

河辺ふるさとの宿の本館です。


Saitaniya14







本館ロビーです。


Saitaniya15


ここでチエックインして、

離れの才谷屋へ行きます。




離れの才谷屋は予約で一杯ですが、


本館の方は、この日はお客さんが一人とのことです。






さてと、

面倒くさくなりましたので、

続きは後日に。 (笑)






2015年10月20日 (火)

たかたのたまご





田舎道を走っていると、

時々、道端で見掛けるものがあります。





野菜などの農作物の直販所や

卵を直販する自販機などですね。




そのように、卵を自販機で直販している、

(有)たかた採卵 さんが、2015年4月に、




「 たかたのたまご 」 をオープンしたことを

以前に聞いていましたので、行ってみました。







早速、出発です。


Cimg8017








海岸沿いから山中に入り、

いつもの県道を通り、東へ向かいます。


Cimg8018







稲穂が重たそうですね。


Cimg8020


黄金の絨毯のような一面で、綺麗です。





秋が、深まりつつあるのが、

感じられます。







岡山県の笠岡市にある

「 たかたのたまご 」 さんに、到着しました。


Cimg8021

Cimg8022



駐車場が広いです。






「たかたのたまご」さんは、

卵や、卵の加工品などを直販する他に、




たまご食堂を設けて、

たまご掛けご飯を提供しています。





まずは、

たまご掛けご飯を、頂きましょう。






お客さんが多くて、

たまご食堂には、行列ができています。





たまご食堂のメニューは、

たまご掛けご飯セットのみですが、

人気があるようですね。







たまご掛けご飯は、前払い制で、

レジで300円を支払うと、木彫りの鶏を渡してくれます。




この木彫りの鶏が、

チケット代わりになっています。


Cimg8023


しばらく順番を待ちましょう。






やっと、順番が来ました。

たまご掛けご飯セットの入場です。


Cimg8024



ご飯と卵は、お代わり自由ですよ。






まずは、卵をオープンし、

卵かけ醤油をブレンドし

ご飯の1杯目を頂きます。


Cimg8025







お代わり後の2杯目は、

ご飯に卵を直接投入しました。


Cimg8026



勿論、卵はご飯と良く混ぜてね。






駐車場の横では、秋桜が咲いています。


Cimg8027







秋桜のズーム


Cimg8028







2杯のたまご掛けご飯を頂きましたので、

お腹は一杯になりました。






さあ、

海沿いに帰ります。






海岸沿いの道路からは、

しまなみ海道の橋が、薄っすらと見えます。


Cimg8029








海が穏やかです。


Cimg8030








本日のおみやは、

たかたのたまご の 卵です。


Tamago



20個入りで、650円でした。


少し、お高めの値段設定ですよね。 (笑)





たかたのたまごは、

拘りを持つ卵のようです。







2015年10月17日 (土)

脱力感が満載 2






なんてこった ・ ・ ・



何を考えているんだろう?






今年は、

期待していたのに ・ ・ ・







もう1年前のことになりますが、

とてもガッカリしたことが、ありました。






そう ・ ・ ・



脱力感が満載になった、あの件です。 
  





US仕様は、日本国内仕様より発表が早いので、

そろそろアメリカではゴールドウイングの

2016年モデルが発表になるかと思い、






US HONDA の Gold Wing のサイト

を覗いてみると、





既に、2016年モデルが発表されていました。



Top1



カラーは、今年もブラックがあるのかと思いましたが、



右上に小さく 「 日本国内仕様のABS付モデル 」 だと

書いてありました。(笑)






US仕様の2016年モデルのカラーは、

3種類のようです。






まず、

シルバーです。


Color1






次に、

レッド (キャンディ レッド) です。


Color2






最後に、

シルバー/ブラック です。


Color3




このシルバー/ブラックのツートンは、

まだ秘密のようですね。 (笑)







さて、

装備に進化はあるのでしょうか?







2016年モデルの主要装備です。


Equip


webサイトに行き、

赤い丸にマウスを重ねると、説明分が出ます。



こちらは、2015年モデルの装備ですが、

2016年モデルと比較すると、


2015

ん?


同じように見えますね。






装備を一つ一つ確認すると ・ ・ ・









なぁ~んも、

変わってないし!









では、

仕様を見ると、、


Spec




これも、

変わっていないようですね。






結局、

2016年モデルは、2015年モデルと同じで、

変化・進化はありませぬ。






ということは ・ ・ ・






ゴールドウイングなのに、

ヘッドライトもハロゲンランプのまま
(LEDではないけど、H I D になってるようです。)





大雑把なハーレーでさえ、

ウルトラにはLEDヘッドライトが

装備されているのに。










どうしたんだ?





これでいいのか?  

HONDAさん 












US仕様の2016年モデルがこんなんだと、

もうすぐ発表の日本国内仕様も

同様かと思われます。








今年も

スゲー ガッカリしましたとさ。





いや、

単なるガッカリというより

HONDA というメーカーに失望しました。






HONDA の

フラッグシップのゴールドウイングが

これじゃあね~







昨年よりも

もっと、脱力感が満載です。 (笑)






2015年10月15日 (木)

初めてのペヤング






最近のインスタント食品は、

美味しくなったと思いませんか?





袋麺のラーメンも、

生麺に近づいてきましたし、




レトルトのカレーなども、

かなり進化してきたようです。








ところで、





昨年の12月に、

商品の中に異物が混入していたとして、

全ての商品の販売を取りやめていた

「 ぺヤング ソースやきそば 」 が、





今年の6月に、関東地方で販売を再開ところ、





製造が間に合わないほど売れる という内容の

ニュース記事が報道されました。






このニュースを、ご存知の方々も多いと思いますが、






実は ・ ・ ・








私は、

ペヤング ソースやきそばを、

食べたことがありませんでした。





私の生息地方では、

ぺヤング ソースやきそば は、

それ程ポピュラーではありませぬ。





ぺヤングの知名度が高いのは、

関東と甲信越方面でしょうか?





なので、それ程の関心はなかったのですが、

製造が間に合わないほどの売れ行きとは、







ペヤングは、

そんなに 美味しいのか ?









先日に某所で、このブツを発見したので、

初めてのペヤングをして確かめることに。 (笑)






ペヤング ソースやきそば の

入場です。


Pe_young1


容器は、小ぶりですね。






ひっくり返してみました。


Pe_young2






ところで、

ペヤングって、何のこと?







調べてみると、





製造会社が、



主に若い2人のカップルに食べて欲しいとの願いを込めて、

「 ペア 」 と 「 ヤング 」 の二つの言葉を、

掛け合わせて作った造語だそうです。







知らんかったし ~








それと、

異物混入事件の時に話題となったのですが、

製造会社の「 まるか食品 」 は、群馬県にある会社です。


Pe_young3




だけど、

まったく同名の会社が広島県の尾道市にあり、




ペヤング ソースやきそば の販売の再開時に、

尾道市にある「 まるか食品 」 にペヤングの問い合わせが

殺到したそうです。 (笑)







では、

ペヤングをオープンしましょう!


Pe_young4




中身は、上から

かやく、液体ソース、ふりかけ&スパイスで、

特別なブツは入っていません。





強いて言えば、

スパイスと書かれている袋は

胡椒だと思うのですが、





インスタントの焼そばに、

胡椒が標準装備されているのは、

珍しいかもしれませんね。







お湯で戻す時間は、標準時間の3分です。







出来上がりました。


衛星写真のように、真上から。


Pe_young5







斜めから。


Pe_young6








麺のリフト~


Pe_young7



麺は中太で、

他のカップやきそばの麺と

変わりはないように思います。





食べてみると、

それなりに美味しいですが、

特に特徴は感じられませんでした。





ペヤング ソースやきそば の人気の理由は、

個人の好みに依るところでしょうが、





異物混入事件をきっかけに、

ペヤングの知名度が上がったことは

確かのようです。






2015年10月13日 (火)

鰻と大社






以前のことになります。






夏に鰻を求めて島根県へ行った時に、



鰻屋の鈴屋さんで同行の友が話していたことが、

心に引っ掛かっていました。







そう、、、



この時のことです。






友が言うには、


2段重ねの鰻を ・ ・ ・ 、お店が ・ ・ ・ 」 





鰻屋さんで、心もお腹も満たされて、


Photo



まるで、



お花畑で蝶々が舞うような、

幸せな風景が見えていた私の心には、




その声は、届きませんでした。 (笑)








ところが、

最近になって、





2段重ねの鰻 」 という言葉を思い出し、


行ってみることにしました。







ばびゅ~ん !   と、

山陰道の宍道湖SAまで来ました。


Izumo1


松江道が開通してからは、

山陰が近くなりました。







宍道湖です。

広いですね~


Izumo2


宍道湖は、

海水と淡水が混じった湖ですが、

海とは違って、潮の香りがしません。









宍道湖の畔にある

鰻専門店の、大はかや さんです。


Izumo3








多くのサインが、飾ってあります。


Izumo4


広島の地方局の元アナウンサーである

柏村さんのサインがあります。






以前に、中京テレビ制作で全国放送していた、

お笑い漫画道場の司会をしていましたので、

ご存知の方々もいるかな?








チェ・ホンマンさんのサインもあります。


Izumo5









さて、

メニューです。


Izumo6


2段重ねの鰻とは、

うなぎ丼の、かさね2段のブツのようです。








奥の座敷から見る中庭です。


Izumo7








店名である、「大はかや」 の由来です。


Izumo8


供養塔 ( 大きい墓 ⇒ 大墓 ⇒ 大はか )の

隣に店があるので、大はかや さんとのことです。








お店の横の駐車場に、建てられた供養塔です。


Izumo9








さて、

2段重ねの、うなぎ丼が運ばれて来ました。


Izumo10


量が多そうでしたので、

ご飯は普通盛りにしています。




メニューでは、

うなぎ丼という名前になっていますが、

うなぎ重ですね。







同行の娘が注文した、

うなぎ丼の並です。


Izumo11


量的には、十分な量だと、

娘が申しておりました。







2段重ね鰻の、リフト~


Izumo12


肉厚がある鰻です。







肝のリフト~


Izumo13


肝吸いは、標準装備となっていますが、

嬉しいですよね。 (笑)







ご飯の下にセッティングされた、2段目の鰻です。


Izumo14


2段目の鰻は、2切れがセッティングされています。







完食しました。


Izumo15


2段重ねの鰻は、

1段目に3切れ、2段目に2切れがあり、

量的には多いぐらいです。






この後は、




出雲大社に行ったことがないと

娘が言うので、連れて行きました。







私も3年ぶりぐらいでしょうか、、、



一番最近では、この時かな。







今回は、鰻でお腹が一杯ですので、

ぜんざいは無理だな 。 。 。






さて、

大社の入口です。


Izumo16








鳥居をくぐると、フジテレビの中継車がいました。


Izumo17


明後日に開催される、

出雲全日本大学選抜駅伝のためのようです。




東京から自走してきたのでしょうか?




出雲市内にも、他の中継車が走っていましたが、

放送するのも大がかりですね~







境内の参拝道です。


Izumo18









改修工事は、

全て終わったものと思っていましたが、

平成28年まで続くようです。


Izumo19




しめ縄の写真を撮るなら、

神楽殿の方が立派ですので、

そちらが、お勧めですよ。







山陰での思い出を、

忘れて帰らないようにしましょうね。


Izumo20







2段重ねの鰻は、

とても美味しかったです。




時間を空けて、

また訪れてみたいと思います。








« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »