« 東のフェア へ弾丸してみた | トップページ | 鰻と大社 »

2015年9月25日 (金)

お勧めは吊り扉






屋外用の物置を使っている方々は、多いと思います。






この屋外用の物置は、

ちょっとした物入れとして重宝するのですが、





扉が普通のレール式ですと、

屋外用だけに扉の下部のレールに

ゴミが噛んだりして扉の開閉の滑りが悪くなります。






時々は、

扉の下部のレール部分を掃除すればいいことですが、

面倒くさがりやにとっては、とても面倒くさい作業ですよね。 (笑)








そんな面倒くさがりやが、多いからでしょうか ・ ・ ・






最近では、扉が吊り方式の物置が

増えてきたように思います。





吊り方式の扉ですと、扉の開閉は軽やかですし、

扉の下部にゴミが少々あっても、問題ありません。






早速、

田窪工業所さんのブツを

お取り寄せをしてみました。







では、DIY で設置してみましょう。



屋上の一角に、置いてみます。


1





まずは、底板を水平にするための

6個のアジャスターを、底板の裏に取り付けます。


2


矢印の先にある、丸い部分がアジャスターです。






物置の基礎となる 煉瓦を敷きます。


3

屋上の歩行用タイルの上に置きますので、

基礎の煉瓦は、t = 2㎝ ほどの薄いものにしました。







底板をひっくり返して、煉瓦の上に置きましょう。


4








水準器で確認しながら、アジャスターを動かして

底板を水平に取り付けます。


5








横板と後部の板を組んでいきます。


6








周囲の板が、組み上がりました。


7








屋根を取り付けます。


8







扉を取り付けて、終了です。


9





扉の開閉は、

吊り扉だけあって、とても軽く、

指で押すだけで、ス~ っと動きます。






吊り扉は、

お勧めですよ。




« 東のフェア へ弾丸してみた | トップページ | 鰻と大社 »

日常生活」カテゴリの記事