« 鰻と避暑地 その1 | トップページ | 唐麺焼とゲリラとキャンカー »

2015年8月 5日 (水)

鰻と避暑地 その2







さて、

冷房が効いた、うなぎ処 鈴屋さんから、暑い外に出ると、




もう一人の鳥取の友が、

ばびゅ~ん と 鈴屋さんに到着したところでした。





炎天下を160キロ走ってきましたので、

避暑地へ出発する前に、もう一休みしましょう。





日陰に避難する5人のライダー達。


Cimg7858









駐車場からは、神西湖が良く見えます。

だって、鈴屋さんから、バイクで1分程度の距離ですから。 (笑)


Cimg7856









避暑地へ向かいます。

抜けるような青空が、気持ちいいですよね。


Cimg7860










避暑地の、八雲風穴に到着しました。


Cimg7872









風穴の入口横で、入場チケットを買います。


Cimg7862









風穴に入ります。


Cimg7861








入口から入ると、ドアがもう1枚あります。

冷気を逃がさないように、風除室のようになっています。


Cimg7864









風穴は、地下水で冷されているようです。


Cimg7865 


風穴の中は、ひんやりとして気持ちが良いです。







風穴のしくみの看板に書かれているように、

室温は、11℃になっています。


Cimg7868









階段を下って下りた場所の温度は、6℃ですね。


Cimg7869








風穴でクールダウンしたら、

次の避暑地へ向かいます。







龍頭が滝へ到着しました。


Falls_2


駐車場は、上側と下側の2ヵ所があるようですが、

上側の駐車場にバイクを止めました。







下側の駐車場と上側の駐車場と、

どちらが良いか悩んだのですが、

結局、上側の駐車場を選びました。







少し歩いて下って行くと、道路から外れる階段があります。


Cimg7881








階段を降りたところに、看板があります。






ツキノワグマが出る?

あぶね~


Cimg7873









このような山道を下って行きます。

写真では分かりにくいですが、勾配が急ですよ。


Cimg7874








暫く下ると、龍頭が滝の雄滝に着きました。





更に下ると、雌滝があるようですが、

帰りは、更に急勾配の山道を登ることになります。


Cimg7879








滝の裏側に回ることができます。


Cimg7880








水が清らかですね。


Cimg7875









簡単な動画を撮りました。

滝の前から。












滝の後ろから。







滝で涼んだ後は、

降りてきた急勾配の山道を登って、

駐車場まで戻りましたが、

予想以上の苦行になりました。






山道を登っている途中で、

暑さで倒れるところでした。




でも、

忘れられない思い出ができました。 (笑)







帰り道の道中で、

道の駅 頓原に寄り道です。


Cimg7885


ここへは、久しぶりに寄りましたが、

以前より、広くなったように思います。







道の駅構内内にある ラムネMILK堂さんで、

クールダウンしましょう。







2段重ねのアイスです。

上の部分が、ほうじ茶アイスです。


Cimg7882








下の部分は、隠岐のミルクあずき? だったかな?


Cimg7883 










この店には、ヤギの店員がいると聞いていましたが、

ヤギに似た店員さんが居るのかと思っていました。



本物のヤギがいるようですね。 (笑)


Cimg7884








ここで、

鳥取の友と別れて、広島県に戻ります。


Cimg7886









中国道のPAで、最後の宴です。


Cimg7887








暑かったですが、

楽しめたツーリングでした。





今回の教訓:

真夏のツーリングでは、

坂道を歩いて登ることは止めましょう!






でも、、、

以前にも、同じことを思ったような気がします。

喉元過ぎれば ・ ・ ・  ってやつですかね? ^^








« 鰻と避暑地 その1 | トップページ | 唐麺焼とゲリラとキャンカー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事