« 梅雨の合間にジンギスカン | トップページ | 島まで行かずに、確かめてみた »

2015年7月 9日 (木)

初めてのインフレータブル








キャンプなどで寝る時に使うマットですが、

以前は、安くて手軽な銀マットがよく使われて

いたように思います。



Photo






今でも夏になるとホームセンター等で

売られていますよね。







私も以前に使っていたことがあります。





その後、

銀マット ⇒ エアーマットになりましたが、

子供達も大きくなり、キャンプをしなくなったので、

マット自体を使うことは、今ではなくなりました。






そんな私ですが、ひょんなことから

新しいブツを手に入れました。






インフレータブルマットです。


Cimg77291



インフレータブルとは聞きなれない言葉ですが、

膨らませて使うブツのことのようです。




インフレーターマットとも言うそうですよ。






膨らませて使うのなら、

エアーマットじゃないか? と思いましたが、





空気だけが中に入るエアーマットに対して、

内部にスポンジとかウレタンのような発泡材が入っており、

更に空気入れて膨らませるのがインフレータブルマット

だそうです。








収納袋から出してみましょう。


Cimg7730_2








広げると


Cimg7731


シワシワ~ ですね。







バルブを開けると、空気が自然に入っていきます。


Cimg7732






膨らんだらバルブを閉めます。

勝手に膨らんでくれるのは、楽チンでいいですね。







膨らんだ状態で、厚さは5センチぐらいです。


Cimg77341








マットの大きさは、

長さが190センチ弱で、幅が約65センチぐらいになります


Cimg7733


マットの裏に、滑り止め加工がしてあるので、

フローリングの上に敷いても、ツルツルと滑りません。








こちらは、インフレータブルの枕です。


Cimg7724


マットにセットで付いていました。







袋から出すと、ぐるぐる巻きになっていました。


Cimg7726








広げましょう。


Cimg7727


やっぱり、シワシワ~






マットと同じで、バルブを開けると自然に空気が入ります。


Cimg7728








枕は、少し膨らみが足りないように見えますが、

強制的に空気を入れてもいいのかな?


Cimg7735







マットの上に寝転がってみると、

なかなか良い感じです。





初めてのインフレータブルマットは、

なかなか便利なブツでした。





さてと、、、、

いつ、使うんだろう? 




« 梅雨の合間にジンギスカン | トップページ | 島まで行かずに、確かめてみた »

用品・パーツ・工具」カテゴリの記事