« 2輪のロードサービスについて考えてみた | トップページ | 名残惜しい景色 »

2015年6月29日 (月)

心が折れかけた出来事を修復してみた







先日に起きた、心が折れかけた出来事、





そう ・ ・ ・




車検から戻ってきたばかりのウルトラの

燃料メーターが、ご臨終された出来事です。






燃料メーターは、

パーツNo. 75111-08 のブツで、

メーター照明の電球とソケットが

付属しています。





ネット販売の有無を調べてみると、

国内では、ハーレーの正規Dラーでしか

販売されていないようです。






では、

国内で売っていなければ、海外ではどうでしょう?




久しぶりにUSの eBay を見てみると、

数個が売られていました。


Fuel_ebay






数個出品されている中の一つですが、

価格が$78.95 で、送料はUSPSの場合で

$26.95の 計 $105.9になっています。




円での概算額が、落札額と送料の両方に表示されていますが、

以前は、円での概算額の表示は、送料だけだったように思います。







ところで、

eBay の配送でよく使われているUSPSは、

アメリカの郵便局のような組織ですが、




最近では、荷物の紛失など配送トラブルが増えていると、

聞き及んでいます。




それと、USPSは配送料は安いのですが、

届くまでに時間が掛かるんですよね。




しかし、

配送トラブルが多いのは問題ですので、

国際輸送の配達業者は、今後は UPSなどの

民間業者を利用した方が良いのかもしれません。







さて、

メーター1個に時間と手間をかけたくないので、

今回は、Dラーに発注しました。




在庫があったのかな?

3日後には届きました。


Cimg7700


Cimg7701







おニューだぜ~ ♪


Cimg7702


Cimg7703








前回の出来事で溶けた、メーターの照明です。


Cimg7704







電球には、黄色のラバー製のカバーが付いています。


Cimg7706







新品と熱で溶けた電球を並べてみました。


Cimg7707_2







では、修復作業を始めましょう。


Cimg7712








カウルを外して


Cimg7713_2







燃料メーターを外します。


Cimg7715







メーターを外しました。




後ろから。


Cimg7722








前から。


Cimg7721








外した燃料メーターです。


後ろから。


Cimg7716







前から。


Cimg7717








新品のメーターの淵に両面テープを貼って、


Cimg7718









故障したメーターから

縁取りクロームの化粧プレートを外して

新しいメーターに移植します。


Cimg7719








メーターをカウルに

ビルトイ ~~ ン!!!








後ろから。


Cimg7723







前から。


Fuel_setting







念のために、

他のメーターの電球が外れていないかを

念入りにチェックしましたが、大丈夫そうでした。






これで、

心が折れかけた出来事は復旧し、

少しは立ち直れそうですが、




LED ヘッドライト、オーディオの青歯機能などが

搭載されると期待している、某ブツの次期新型

モデルへの関心度が、




ロケットエンジン並みに、

ますます加速されたようです。(笑)







« 2輪のロードサービスについて考えてみた | トップページ | 名残惜しい景色 »

ハーレー」カテゴリの記事