« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

なんとなく、高カロリー




先日のこと。





早朝からの出張をこなし、

夜には、自腹で懇親会という名の

仕事上の怒濤の宴会をこなし、





そのままホテルのベッドに、

スーツを着たまま倒れ込みました。(意識なし)





さて、目覚めた翌日の朝は、

とても天気の良い休日でした。 





ほっぺには下敷きになってた

備品のパジャマの跡がクッキリと付き、




しばしの放心後は、

帰ろうかな・・・ と黄昏れながら、

考えました。




最近の休日は、

私事で忙しくしていましたので忘れていましたが、

以前から狙っていた場所に寄り道をすることにしました。








着いたぜ~ ♪

20150429_113425



開店時間の少し前に、到着しました。





ここは、岡山市にある 「梶屋 」 さんです。






TV番組の、秘密のケンミンSHOWにも

取り上げられたらしいのですが、

話題性に富んだブツを提供してくれる店です。








梶屋さんは、行列ができる店で、

エビ天がそびえ立つ、エビ丼が有名のようですよ。


Ebidon




タルタルシースが、とろろ掛けご飯のとろろのように、

たっぷりと掛かっています。







高カロリーですよね。





油断すると、

メタボ一直線になる恐ろしいブツですが、

男心をくすぐる見事なブツです。 (笑)









ちなみに、

カツチャーハンも魅力的です。 ♪


Katutyahan



これも、高カロリーのようですね。










凄いぞ! いいぞ !



梶屋さん ♪












ところが、、、







おやっ ?
 

20150429_1122432



赤い矢印の先には、

張り紙がしてあるようです。







歩いて近付きます。


20150429_112159



やはり、窓には張り紙がしてあります。










え~~~ !

何じゃと~ !!!


20150429_112215



でも、

張り紙が、少し古いようですね。











張り紙を留めているテープも、

今日貼ったものではないですよね。

 
Photo







しかし、

奥の厨房には、電気が点いているのが

見えます。









いや 、、、  まてよ 。 。 。


様子がおかしい です。
 

20150429_1124242



入口のドアには、紙が挟んであります。







近くに寄って見てみると、

ガスや電気の、検針のお知らせ票みたいな紙が

何枚が挟んであります。
 

20150429_112424



店主と連絡が取れないのでしょうか?




どうも、長い間、営業していないように思えます。






何か変な状況ですが、

その理由は、後日に分かりました。









取り合えず

とても残念ですが、




天を貫くようなエビが、そびえ立つエビ丼は、

幻に終わったようですね。 (T_T)










仕方ないので、

倉敷市にある「 天壱 」さんに、

ばびゅ~ん。



20150429_121506





天壱さんは、天丼の専門店のようですが、

美味しそうな天丼ばかりで、以前から狙っていました。






メニューです。


1430277484748


1430277710802








期間限定品の天丼です。


1430277464577








トッピングやサイドメニューは、いらんし~


1430277547886








ふむふむ


1430277555612










黒メバルが入っているとのことなので、

期間限定品の、春先天丼をチョイスしました。


1430278122587



限定品に弱い私です。(笑)





天壱さんの天丼は、美味しくてコスパも良いですね。

お客さんが多いのが頷けます。






でも、

なんとなく、高カロリーですけどね。








この後は、速攻で帰路につきました。











さて、

後日のことです。




最初に訪れた、閉店している梶屋さんですが、

「梶屋ファンクラブ」 なるHPを見つけました。



それに依ると、

ある事情から休業されているようです。





休業した理由から察すれば、

営業再開がされるかどうかは微妙ですが、

もし再開されれば、是非リベンジしたいと思います。







高カロリー  バンザイ !!!







2015年4月22日 (水)

うどん屋さんの特別な中華そば 2







うどん屋さんのチェーン店が、

博多ラーメン店の 「一風堂 」とコラボして出店した

中華そばの専門店は、現在のところ3店舗あります。





以前に

その店舗の一つへ行ってみましたが、

思いのほか美味しかったので、好きになりました。

その時の様子は、こちら。






この中華そばのスープは2種類ありますが、

以前に頂いたのは、あっさり系の「 新元味 」 でしたので、

今度は、こってり系の 「 こく味 」を求めて、 八丁堀店へ

行ってみました。


_storage_sdcard0_dcim_camera_142880


時間は、開店直後の午前11時頃です。


店内には、既に5~6人のお客さんがいました。








ワンタン入りの「 こく味 」です。


_storage_sdcard0_dcim_camera_1428_2


ニンニクを入れるかどうかを聞かれましたので、

入れてもらいました。



あっさり系の「 新元味 」に比べて、背油が多く入っています。








麺は「 新元味 」と同じく、ストレートの中太です。

麺が同じなのは、当たり前かもしれませぬ。(笑)


_storage_sdcard0_dcim_camera_1428_3 







ワンタンはトロトロで、美味しいです。


_storage_sdcard0_dcim_camera_1428_4


この店の場合は、

餃子よりワンタンの方が美味しいかな。








チャーシューは、前に行ったサンリブ府中店より、

もっとトロトロして美味しく感じました。


_storage_sdcard0_dcim_camera_1428_5








ごちそうさまでした。


_storage_sdcard0_dcim_camera_1428_6







今回感じたことは、

「 こく味 」 は、中華そばと呼ぶより、

ラーメンと呼んだ方がしっくりときます。





また、

醤油豚骨の広島ラーメンと言うよりは、

よくある美味しい九州系の

こってりラーメンに近いかもしれません。




それとも、ニンニクを入れたから、

そう感じたのかもしれませんね。







ともあれ、

美味しく頂きました。





うどん屋さんの特別な中華そばは、

どの店舗でも扱えるように

通常メニューに加えて欲しいですね。








2015年4月20日 (月)

レトロな食堂へ行ってみた








やっと一区切りがついて、

春眠から目覚めました。




まだ、微睡んでいますけど。  ^^







ところで、

大衆食堂って言葉は、とても大好きです。

「場末の呑み屋」 っていう言葉も、とてもワクワクします。 (笑)





以前から興味があり、

店頭までは行ったことがある大衆食堂を訪れてみました。



その時の様子はこちら。





広島県の某所にある、大衆食堂 稲田屋さんです。


Cimg7564





大正時代から続く、老舗です。

庶民の味方と言っても良いでしょうね。







私が訪れたのは、休日の正午過ぎでしたが、


日本酒をグビグビと飲んでいるお客さんがいました。





う~ん 、、、  

素敵なシチュエーションですね。 (笑)







「お勧めは何ですか?」 と、ホール(給仕) のおばちゃんに聞いても

何やら困った様子でしたので、

観光客もどきの素人と、見抜かれたようです。 (笑)







そのせいでしょうか?





ホールの  おばちゃん2名の熱い視線を感じましたので、

店内の写真は撮れていません。







私の注文品です。 


Cimg7567



肉玉丼です。


肉丼が人気のようでしたが、玉子綴じのブツにグレードアップしてみました。







メニューの写真を、借りてきました。


Inadaya_menu



一番右にあるブツが、私の注文品になります。




肉玉丼は、つゆだくで味がしっかりとしています。

美味しいのですが、少し甘めです。







ホールのおばちゃんが、



「甘いだろうから、これをたっぷりと掛けたらえ~よ」

と、テーブルの傍らにある七味を私の前に置いてくれました。



おばちゃん、優しいですね~








関東煮も名物ですので、

シロとクロと呼ばれる2種類を、お願いしました。


Cimg7566


ホルモンの煮込みのようなブツです。

アルコールが欲しくなりますね。 (笑)







ところで、もう親指の爪が伸びてきています。

スケベではないのに、爪が伸びるのが速いようです。



不思議でなりません。










こちらは、連れの注文品の肉皿定食です


Cimg7565



肉丼の具材とご飯を分けたブツですが、

漬物と味噌汁が付いて、美味しそうです。






店内は、

戦前の昭和と言っても過言ではない雰囲気がありますが、

以前よりは、少し奇麗になったとのことです。



 

若い女性が1人で食事をしていましたが、

女性1人では、入りにくい佇まいかもしれませんね。





稲田屋さんは、哀愁が漂う店構えと店内ですが、

そのくらいの方が、美味しくて安い店が多いと思っています。





稲田屋さん、

大好きになりました。 (笑)










« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »