« 自分探しをしてみた 1 | トップページ | 自分探しをしてみた 3 »

2014年9月29日 (月)

自分探しをしてみた 2







この記事は、

H26.9.21(日)の、木曽の御嶽山に関する内容になります。






その6日後のH26.9.27 (土)には、御嶽山が噴火し、

御嶽山に登山されていた方々が被災され、大惨事となっています。







私が見た時の御嶽山は、

天候にも恵まれ、穏やかな顔を見せてくれましたが、



数日後に、このようなことになろうとは、

信じられない気持ちです。







まだ、多くの行方不明者がいらっしゃいますが、

ご無事をお祈りするとともに、




亡くなられた方々につきましては、

謹んで ご冥福をお祈り申し上げます。






また、

行方不明者の方々が、一刻も早く救助されるよう

願っています。












御嶽山が、このような状況になったいま、

今回の記事の御嶽山についての内容は、

この度の噴火を踏まえて、なるべく詳しく記しておきます。




そのため、記事が少し長くなります。









さて、

前日には、日本のチロルへ寄り道したため、

夕方に宿を何とかゲットして、暗くなってから宿に入りました。







一晩が明けて、この日は、

私の目的である、木曽の御嶽山を望みます。







宿を出て、御嶽山南東部にある田ノ原天然公園まで登り、

その後は、高山市を通過して白川郷へ寄り道します。





今回の記事の行程は、このとおりです。


Photo







ここで、

宿 ~ おんたけ2240スキー場 ~ 田ノ原天然公園付近の位置を

詳細図で確認しておきましょう。





詳細図は、下に2種類の地図を用意しました。

クリックで拡大して、ご覧ください。






宿は、標高 1,450mに位置する、おんたけ休暇村です。



そこから、おんたけ2240スキー場を通り抜けて、御嶽山登山の出発地である

田ノ原天然公園へ向かいます。


Photo



2









朝の宿の裏庭の風景です。

天気は、快晴ですね。


Ontake1









少し左に視線をターンしてみます。

おんたけ休暇村のセントラルロッジの一部が見えます。


Cimg7044







宿を後にして、




道路を登って行くと、スキー場の中を通ります。

リフトは、まだ動いていません。


Ontake2



田ノ原天然公園へ行くには、

このスキー場の中を、通り抜けないといけません。







スキー場が開く時には、

スキー場の中を通る道路がゲレンデに変わりますので、

田ノ原自然公園へ車で登ることができるのは、

スキー場が開く11月頃までになるそうです。








田ノ原天然公園の、下側の駐車場に到着しました。


Ontake3



御嶽山の登山シーズンの最盛期は、夏だそうです。





そのシーズンには、

早朝から登山を開始する登山客で、駐車場が満車になるそうですが、

登山客は、前日の夜に駐車場に到着して、夜は駐車場で仮眠するそうです。





そのような理由から、

登山シーズンの最盛期の休日前夜には、

夜中に既に満車になるそうですよ。










さて、

この駐車場を抜けると、御嶽山観光センター&ロッジがあります。

 
Ontake4











観光センター&ロッジの横には、上側の駐車場や鳥居があります。

駐車場には、登山客の方々が登山の準備をしています。


Ontake5



鳥居は登山口になっていて、登山者は鳥居をくぐって登山しますが、

鳥居の横には、御嶽山頂上にある御岳山神社の田ノ原社務所が

あります。









この辺り一帯が、田ノ原天然公園の部分で、

標高は、2,180m で、御嶽山の7合目になります。





御嶽山の長野県側では、

車で登れる最終の場所で、

御嶽山登山の出発地になっています。











社務所の横には、御嶽山内にある神社の案内図があります。


Ontake61









案内図の一部を拡大します。

この場所 (田ノ原自然公園や田ノ原社務所) が書かれています。


Cimg7050








ロッジの前にある、田ノ原天然公園の看板です。

奥に見える山が、木曽の 「御嶽山 」 になります。


Ontake6











噴火後のマスコミ報道で、もうご存知の方々も多いと思いますが、




御嶽山は、標高 3,067m の高さを誇る霊峰で、

地味ですが、富士山にも引けを取らない山です。





元々は、霊峰と呼ばれるほどの信仰対象となっていた山で、

山伏などの修験者が修行をする霊山です。






そのためでしょうか、、、





明治初期の頃まで女人禁制であり、

8合目より上は神聖域とされ、

女性は登山することを許されなかったそうです。










これが、

先ほどの写真にも少し写っていた、

田ノ原天然公園の上側の駐車場にある鳥居です。


Ontake7









鳥居に横にある、田ノ原社務所です。


Ontake8









鳥居をくぐると、このように登山口があります。


Ontake9


御嶽山の頂上が、クッキリと良く見えます。








登山道の入口付近の横には、

このように遊歩道が整備されています。


Ontake10









登山客の方々は、軽装で登って行きます。

単独登山の若い女性も登って行きました。



この登山口での時刻と気温は、朝の8時30分頃で10℃です。


Cimg7062



噴火後に、マスコミ報道されている9合目の山小屋が、

遠目ながら肉眼でも見えます。








写真を拡大してみますね。


Cimg7056


矢印の2箇所に、山小屋が見えるでしょう ?





田ノ原の登山口から御嶽山を見ると、

登山の経験がない私でも、登りたくなってきます。








では、


御嶽山の7合目を後にして、王滝村まで山を降りて、

高山市、飛騨市 方面へ向かいます。







御嶽山の東側まで回って来たところで、振り返ってみました。




遠くに御嶽山の頂が見えます。


Ontake11










道路の反対側には、とうもろこし畑でしょうか?


Ontake111









とうもろこし のようですね。


Ontake112










御嶽山の北東側まで来て、御嶽山を振り返ってみました。

赤い屋根の建物の上に、御嶽山の頂が見えます。


Ontake12






御嶽山とは、ここでお別れになります。










高山市が近くなった山間部にある、道の駅です。

道の駅巡りをしている友らに、写真のプレゼントです。


Ontake15








もう一つ、プレゼントです。


Ontake16









高山市の市街地付近で、

飛騨ナンバーを付けたタクシーを見かけました。


Ontake17



飛騨ナンバーって、あまり見かけたことがありませんので、

ついつい激写です。







さて、

高山市内は風情のある街で、観光客が多いようでした。

外人客も多いようで、人気がある町並みのようです。




しかし、私は、

まだ寄り道しなくてはいけませんので、急ぎましょう !












ところで、

今回の旅の目的の一つに、御嶽山を訪れることがありました。





御嶽山は、

木曽地方の民謡である 「木曽節 」 の歌詞の中に、

「 木曽の御嶽山 は夏でも寒い 」 という言葉として出てきます。





私が幼少の頃の記憶ですが、

父が酔うと、時々、その木曽節を口にしていたんですよね。





亡き父が口にしていた御嶽山、

その御嶽山を見たかった!  ということです。





自分探しと言うより、

思い出探しと言っても、良いのかもしれませんね。








« 自分探しをしてみた 1 | トップページ | 自分探しをしてみた 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事