« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

自分探しをしてみた 2







この記事は、

H26.9.21(日)の、木曽の御嶽山に関する内容になります。






その6日後のH26.9.27 (土)には、御嶽山が噴火し、

御嶽山に登山されていた方々が被災され、大惨事となっています。







私が見た時の御嶽山は、

天候にも恵まれ、穏やかな顔を見せてくれましたが、



数日後に、このようなことになろうとは、

信じられない気持ちです。







まだ、多くの行方不明者がいらっしゃいますが、

ご無事をお祈りするとともに、




亡くなられた方々につきましては、

謹んで ご冥福をお祈り申し上げます。






また、

行方不明者の方々が、一刻も早く救助されるよう

願っています。












御嶽山が、このような状況になったいま、

今回の記事の御嶽山についての内容は、

この度の噴火を踏まえて、なるべく詳しく記しておきます。




そのため、記事が少し長くなります。









さて、

前日には、日本のチロルへ寄り道したため、

夕方に宿を何とかゲットして、暗くなってから宿に入りました。







一晩が明けて、この日は、

私の目的である、木曽の御嶽山を望みます。







宿を出て、御嶽山南東部にある田ノ原天然公園まで登り、

その後は、高山市を通過して白川郷へ寄り道します。





今回の記事の行程は、このとおりです。


Photo







ここで、

宿 ~ おんたけ2240スキー場 ~ 田ノ原天然公園付近の位置を

詳細図で確認しておきましょう。





詳細図は、下に2種類の地図を用意しました。

クリックで拡大して、ご覧ください。






宿は、標高 1,450mに位置する、おんたけ休暇村です。



そこから、おんたけ2240スキー場を通り抜けて、御嶽山登山の出発地である

田ノ原天然公園へ向かいます。


Photo



2









朝の宿の裏庭の風景です。

天気は、快晴ですね。


Ontake1









少し左に視線をターンしてみます。

おんたけ休暇村のセントラルロッジの一部が見えます。


Cimg7044







宿を後にして、




道路を登って行くと、スキー場の中を通ります。

リフトは、まだ動いていません。


Ontake2



田ノ原天然公園へ行くには、

このスキー場の中を、通り抜けないといけません。







スキー場が開く時には、

スキー場の中を通る道路がゲレンデに変わりますので、

田ノ原自然公園へ車で登ることができるのは、

スキー場が開く11月頃までになるそうです。








田ノ原天然公園の、下側の駐車場に到着しました。


Ontake3



御嶽山の登山シーズンの最盛期は、夏だそうです。





そのシーズンには、

早朝から登山を開始する登山客で、駐車場が満車になるそうですが、

登山客は、前日の夜に駐車場に到着して、夜は駐車場で仮眠するそうです。





そのような理由から、

登山シーズンの最盛期の休日前夜には、

夜中に既に満車になるそうですよ。










さて、

この駐車場を抜けると、御嶽山観光センター&ロッジがあります。

 
Ontake4











観光センター&ロッジの横には、上側の駐車場や鳥居があります。

駐車場には、登山客の方々が登山の準備をしています。


Ontake5



鳥居は登山口になっていて、登山者は鳥居をくぐって登山しますが、

鳥居の横には、御嶽山頂上にある御岳山神社の田ノ原社務所が

あります。









この辺り一帯が、田ノ原天然公園の部分で、

標高は、2,180m で、御嶽山の7合目になります。





御嶽山の長野県側では、

車で登れる最終の場所で、

御嶽山登山の出発地になっています。











社務所の横には、御嶽山内にある神社の案内図があります。


Ontake61









案内図の一部を拡大します。

この場所 (田ノ原自然公園や田ノ原社務所) が書かれています。


Cimg7050








ロッジの前にある、田ノ原天然公園の看板です。

奥に見える山が、木曽の 「御嶽山 」 になります。


Ontake6











噴火後のマスコミ報道で、もうご存知の方々も多いと思いますが、




御嶽山は、標高 3,067m の高さを誇る霊峰で、

地味ですが、富士山にも引けを取らない山です。





元々は、霊峰と呼ばれるほどの信仰対象となっていた山で、

山伏などの修験者が修行をする霊山です。






そのためでしょうか、、、





明治初期の頃まで女人禁制であり、

8合目より上は神聖域とされ、

女性は登山することを許されなかったそうです。










これが、

先ほどの写真にも少し写っていた、

田ノ原天然公園の上側の駐車場にある鳥居です。


Ontake7









鳥居に横にある、田ノ原社務所です。


Ontake8









鳥居をくぐると、このように登山口があります。


Ontake9


御嶽山の頂上が、クッキリと良く見えます。








登山道の入口付近の横には、

このように遊歩道が整備されています。


Ontake10









登山客の方々は、軽装で登って行きます。

単独登山の若い女性も登って行きました。



この登山口での時刻と気温は、朝の8時30分頃で10℃です。


Cimg7062



噴火後に、マスコミ報道されている9合目の山小屋が、

遠目ながら肉眼でも見えます。








写真を拡大してみますね。


Cimg7056


矢印の2箇所に、山小屋が見えるでしょう ?





田ノ原の登山口から御嶽山を見ると、

登山の経験がない私でも、登りたくなってきます。








では、


御嶽山の7合目を後にして、王滝村まで山を降りて、

高山市、飛騨市 方面へ向かいます。







御嶽山の東側まで回って来たところで、振り返ってみました。




遠くに御嶽山の頂が見えます。


Ontake11










道路の反対側には、とうもろこし畑でしょうか?


Ontake111









とうもろこし のようですね。


Ontake112










御嶽山の北東側まで来て、御嶽山を振り返ってみました。

赤い屋根の建物の上に、御嶽山の頂が見えます。


Ontake12






御嶽山とは、ここでお別れになります。










高山市が近くなった山間部にある、道の駅です。

道の駅巡りをしている友らに、写真のプレゼントです。


Ontake15








もう一つ、プレゼントです。


Ontake16









高山市の市街地付近で、

飛騨ナンバーを付けたタクシーを見かけました。


Ontake17



飛騨ナンバーって、あまり見かけたことがありませんので、

ついつい激写です。







さて、

高山市内は風情のある街で、観光客が多いようでした。

外人客も多いようで、人気がある町並みのようです。




しかし、私は、

まだ寄り道しなくてはいけませんので、急ぎましょう !












ところで、

今回の旅の目的の一つに、御嶽山を訪れることがありました。





御嶽山は、

木曽地方の民謡である 「木曽節 」 の歌詞の中に、

「 木曽の御嶽山 は夏でも寒い 」 という言葉として出てきます。





私が幼少の頃の記憶ですが、

父が酔うと、時々、その木曽節を口にしていたんですよね。





亡き父が口にしていた御嶽山、

その御嶽山を見たかった!  ということです。





自分探しと言うより、

思い出探しと言っても、良いのかもしれませんね。








2014年9月25日 (木)

自分探しをしてみた 1







ある理由から、

どうしても行きたかった場所があります。





一昨年の秋に富士山へ行った時

台風が接近してきたために、急遽、帰宅しましたが、

その時に、その場所の近くを通過して、決意しました。







必ずや、行って確かめてみようと。







昨年の秋に、やんごとなき事情でドタキャンせざるを得なかったその旅は、

今年も予定が入り、中止せざるを得ない状況になりかけましたが、





決行の時期を少し早めれば可能であるし、




台風16号が接近する天気予報でしたが、

4輪を使えば天候不順に何とか対応できそうだったので、

無理やり決行することにしました。







しかしながら、行程の検討や宿の予約もしていない、

突然の行き当たりばったりの、ノープランの旅となります。







私的には、とても珍しい段取りです。(笑)




ちなみに、バイクで行きたかったぜ ~











では、

1日目の行程の一部です。





まずは、以前から気になっていた場所である

「 日本のチロル 」 に寄り道します。


Photo









まだ夜中ですが、出ます。

少し雨が落ちています。


Cimg6993










山陽道 ~ 中国道・大阪 ~ 名神高速・京都 を抜けて、

草津JCT から新名神へ南下しないで名神高速をそのまま通り、

小牧JCTから中央道へ入ります。


Cimg6995

Cimg6997










中央道・恵那峡SAで一休みします。

場所としては、岐阜県になるのかな?


Cimg6998









蕎麦と、かき揚げ丼のセットです。


Cimg6999


蕎麦は信州蕎麦みたいですね。






ここの蕎麦は、2種類のつゆが付いています。

通常の醤油ベースのブツと、胡麻ベースのブツです。




胡麻ベースのつゆは、サラダ用の胡麻ドレッシングのようで、

蕎麦には合わないように思うけど 。 。 。











恵那峡SAを出ると、







中央道を飯田ICで降りて、ループ橋を通って矢筈トンネルへ向かい、

R152号から、「 日本のチロル 」 と呼ばれる 「 下栗の里 」

へと向かいます。







ループ橋です。


Cimg7000









矢筈トンネルです。 

長いトンネルですよ。


Cimg7002









R152号沿いにある、下栗の里の進入路です。


Cimg7003

Cimg7004













この進入路は、離合できない狭い道が、

集落の上側にある高原ロッジの駐車場まで

延々と続きます。




Cimg7006 



だけど、

地元のオッチャン達が、ロッジの駐車場と集落の間で

無線で連絡と取り合い、スムーズに通行できるよう交通整理をしています。





事前に調べた情報と違いますが、

観光の車両が、かなり多くなったのかな ?










まだ、集落内の狭い道の途中ですが、

横を見ると、ススキが秋を感じさせてくれます。


Cimg7009










集落を抜けて、ロッジの駐車場に到着しました。


Cimg7027










駐車場の一角には、お食事処もあります。


Cimg7026








案内看板を見ても、良く分かりません。 (笑)


Cimg7025









駐車場からの風景です。

雄大な景色ですね。

Cimg7012








下栗の里は、急峻な地形に住居が張り付くように点在しており、

日本のチロルと呼ばれています。





集落全体を見通すためには、

この駐車場から展望台まで、歩く必要があります。


Cimg7014 



Cimg7013









途中から、山道に入ります。

歩きにくいな ~


Cimg7015









まだまだ、山道が続きます。


Cimg7016









やっと、展望台に着きました。


Cimg7017




展望台と言っても、仮設足場を組み合わせたものです。


定員は、40人までのようです。









展望台の上から、展望台を見たところです。


Cimg7024
 








日本のチロル の全体です。


Cimg7018_2








拡大してみましょう。


Cimg7020









動画を撮ってみました。
 
ブレブレですけどね。  暇つぶしに どうぞ ~  ^^ 













さて、






帰りは、来た方向とは反対方向の北方向へ向かい、

尾根伝いの道を通り、しらそび峠方面を回って南アルプスを感じましょう。


Photo_3










下栗の里から北方向へ向かう道は、

少し狭いながら、それほど悪い道ではないです。


Cimg7029








この辺りは、昔に隕石が落ちた場所のようです。


Cimg7028









ここにも、隕石看板があります。


Cimg7030









暫くすると、ハイランドしらそび というロッジがあります。


Cimg7033








ロッジの表側です。

オサレな建物ですね。


Cimg7034








とにかく、山が深い !


Cimg7035









もう少し行くと、しらそび峠があります。

雄大な眺めですよ。


Cimg7038 









しらそび峠を後にして、山を下って行き、

ある場所で振り返ってみました。


Cimg70391




さっき通ったハイランドしらそび のロッジが

尾根の上に見えますよ。









さあ、

寄り道は、これで終わりです。









目的の一つである場所へ、急ぎましょう。


Photo_2





でも、

木曽の御嶽山は、まだまだ遠いぞ !








夜までには、御嶽山付近まで行きたいですが、

どうかな?







あっ !!  忘れていました。 !


今夜の宿を探さなくては!






まあ、車中泊でも、いいんですけどね。 (笑)







2014年9月18日 (木)

小さな島を逍遥してみた









何となく、気ままにぶらぶらとする時の、

逍遥シリーズを追加してみました。




逍遥シリーズとして、今後、続くかどうかは分かりませんが、

取り敢えずの1回目です。






さて、

3~4年前ぐらいのことだと思いますが、

某島へ行き、ぐるりと一周しました。





その時は、それだけのことでしたが、

島の記憶が曖昧ですので、

もう一度、島へ渡ってみることにしました。





瀬戸内海にある小さな島で、平成9年に橋が架かるまでは、

船でしか渡れなかった島です。




場所は、ここ。


Photo







地図を拡大しましょう。


Photo_2


大芝島という名の、周囲が6キロぐらいの小さな島です。








島へ渡り、本土側を見た風景です。


Cimg6990

( 親指が長く見えるし。 ♪)






引き潮なので、隣接する小島へ歩いて渡れます。


Cimg6977







島の裏側です。

この辺りは、道幅も広いですね。


Cimg6978







島の裏側は、釣り人も少なくて静かです。


Cimg6979







廃校になった跡地です。


Cimg6981


残された二宮金次郎の像が、

学校だったことを偲ばせます。






今は地域の交流館みたいになっているのかな?

土日は、朝市が開かれているようです。


Cimg6984







島の半分は、このような離合できない道になっています。


Cimg6982







道が広くなったり、また狭くなったり・・ です。


Cimg6983








島の表側(本土側)には、バスが通っているようです。


Cimg6985








平日は、一日に4便で、日曜及び祝祭日は3便あるようです。


Cimg6986







大芝島は、

ゆっくりと時間が流れている、

のどかな島でした。






2014年9月16日 (火)

「 一丁 」 さん へ行ってみた






先日のことです。





某検索サイトのTOPページを見ると、

何やら面白そうな記事がありました。



Yahoo








リンクをたどります。


Photo_2







私の地元は、こうなっていました。


Photo


第1位~3位までは、

名前を知らない、お店はありません。





ただ、

第1位は、 あれ ? ですね。 (笑)





この手人気投票は、当てにならないことが多いから、

あまり気にしません。





第4位以降も、ほぼ名前だけは知っていますが、

第4位の 「 一丁 」 さんだけは、初めて聞きました。




Photo_3





しかも、この「一丁」さんは、

竹原市の人気店である太華園より、上位となっていますね。






これは、確かめに行かなくてはならんでしょう!









いきなり、出発します。



Cimg69371








いつもの県道を通り、三原を抜けます。


Cimg6939








久しぶりに来た、某道の駅です。


Cimg6942









海が綺麗です。


Cimg6944




この道の駅には、以前に爆笑した貼り紙があります。





まだあるかな?








ありました!


Cimg6943_2


2箇所に同じ内容で、貼っていました。







トマホーク です。 (笑)


Cimg69411

(以前のトマホークの記事は、こちら。)





as you wish !!   って、センスいいな~  ^^









さて、

目的地に、とうちゃこ です。


Cimg6948







麺は、尾道の井上製麺所のようです。


Cimg6956



開店祝いでしょうか?

暖簾を贈る風習があるみたいですね。







メニューです。


Cimg6949



チャーハンセットを注文しているお客さんが、多いようですね。








私が座った席の前には、煮込まれたチャーシューが

出番を待っています。


Cimg6950


チャーシューを手で掴んで、

ガブリと ほお張りたい ・ ・ ・  です。  (笑)








なので、注文品は、

チャーシュー麺になりました。 


Cimg6952





スープは、尾道ラーメンの王道と言うべきでしょうか、




魚貝系の出汁の醤油味で、スープの色は濃いですが、

その割には塩辛くなく、背脂がコクを出しています。






尾道ラーメンの有名店である、「朱華園」、「味平」や

竹原の「太華園」、福山の「朱華楼」 などに共通する、

濃い醤油系の尾道ラーメンです。





でも、

このスープは、独特の旨みがあり、とても美味しいです。





麺のリフト~


Cimg6953




麺は、細めの平打ちストレート麺ですが、

細いので、平麺には見えにくいです。




個人的には、

私は、もう少し幅広の平麺が好きですね 。 。 。








チャーシューは、薄めに切られていて

特徴は、感じられません。


Cimg6954



強いて言えば、

トロトロ系ではなくて、少しパサパサした味わいの

チャーシューのように感じます。








完食しました。


Cimg6955





全体的に、バランスが取れていて

とても美味しいラーメンだと思います。





第4位のランクになる意味が、良く分かりました。












帰りに見かけたので、思わず激写です。


Cimg6957


名古屋ナンバーの、トヨタ2000GT です。

とても綺麗に乗られていました。








この日は、

暑いぐらいの快晴でした。


Cimg6960








海と空の青色と、雲の白色のコントラストが綺麗です。


Cimg6961









今回の走行距離です。


Cimg6962


往路、復路とも、下道を走りました。






時間がある時は、高速より下道の方が楽しめますよね。








ところで、

「 一丁 」 さんへ行く前に、別の店を下調査しておきました。





帰りに寄っても良かったのですが、もう食べれなかったので

次回にしておきます。






昔ながらの大衆食堂ですが、

美味しそうです。


Cimg6947



ワクワクする店構えですよね。 (笑)




次回の機会を、狙いましょう。 ♪







2014年9月 9日 (火)

さようなら、エプソン君







数ヶ月前から、プリンターの印字が変です。

どうしても、青色の印字ができません。




Cimg6923



ノズルチェックしたら、シアンのインクが出ていないし。





時々、ノズルクリーニングをするものの、症状は直りません。






もう、

ノズルクリーニングを、何十回したでしょうか ・ ・ ・


Cimg69261



どうしても、シアンの色が出ません。






ノズルのクリーニングは、プリンター内にある

排インクタンクに捨てるインクが多くなるので、




あまりやりすぎると、排インクタンクが満タンになって、

メーカーに、修理メンテナンスとして出すことになります。






排インクタンクが満タンになる時期って分からないから、

突然にプリンターが動かなくなるんですよね。






そう、、、、




思い起こせば、、、、、







前のプリンターの時は、悲惨だったな ~


あれから、もう 3年が経ったのですね。






こういう時の解決方法として、出ない色だけを大量に

印刷すれば直ることがあります。







WORDで、紙一面に、「 あ 」 の文字だけをタイプして、

「 あ 」 の文字を、青色系の色にしましょう。





印刷すると、「 あ 」 の文字はかすれて印刷されます。


Cimg6925




困るのは、紙にベッタリと付く青色系のインクが、

プリンター排紙のトレイにも付くことです。




排紙トレイに付くインクを、フキフキしながら、

我慢して続けます。






20~30枚程度印刷すると、

やっと文字のかすれはなくなりましたが、

青色の文字は、紫色の文字しか印刷できません。


Cimg6924








全部のインクを2回交換して、頑張ってみたものの、

ノズルチェックをすると、ライトマゼンタの色まで

出なくなりました。



Cimg69281










心 が、、、


折れたぜ ~~~~










これまで、プリンターは、

エプソン君だけを4台買い換えてきましたが、

もう、いやになりました。





Cimg6927





まだ、たくさん残っている新品のインクと共に、

エプソン君とは、決別することにしました。 









さようなら、エプソン君 (T_T)/~~~









ちなみに、新しいブツは、

キャノンさんになりました。






こんにちは、キャノンさん


Cimg6921




キャノンのプリンターは、初めて購入しましたが、

どうなんでしょうね?








キャノンのインクは、LEDが組み込まれていて

赤色に光るじゃあ~りませんか!


Cimg69221





光るだけに、高そうなインクです。






新しいプリンターは、

これから年末にかけて、

活躍してくれることでしょう。





頼むぜ、キャノンさん ♪







2014年9月 3日 (水)

しまなみ海道の無人島に降りてみた 2









前回では、しまなみ海道の伯方・大島大橋から

見近島へ降りる分岐点まで来ました。



13_2




この場所が、伯方・大島大橋の側道の歩道・自転車・原付道から

見近島へ降りる分岐場所になります。








伯方・大島大橋から、見近島を見下ろした風景です。


161


見近島中央の広場が見えます。








見近島へ降りる時には、橋の下を通ります。

橋桁の構造が良く見えますね。


15








もう少し下ると、橋桁もそうですが、写真左側に見える

吊り橋の吊りケーブルの末端が良く見えます。


16



橋の構造に興味があるなら、お勧めの場所です。 ^^









島の広場です。

広場は無料のキャンプ場になっています。



また、チャリや原付を広場内に乗り入れできます。


17


手前に炊事場と、奥には無人の管理棟が見えますが、

管理棟の右側が、島への進入路になっています。






この広場には、水洗トイレもありますよ。








広場の右側には藤棚があり、海が迫っています。


171







ところで、

この島には、トンネルが2箇所あります。





島の進入口の奥にあるトンネルです。


18








トンネルを抜けると、小さな広場があります。

写真右側に見えるのは、トイレです。


19








もう一つのトンネルは、広場の奥にあります。


20









トンネルを抜けると、行き止まりで何もありません。

何のためのトンネルでしょうね?


21








少しマッタリとしますが、

暇なので、ラーメンを作ります。







先日に作ったアルコールバーナー4号機 のデビューです。


実際に使ってみましょう。


22




少し前にゲットしたB-6君 も、デビューとなりますが、

アルコールバーナーの風防代わりに使ってみました。






この使い方は、B-6君の本来の使用方法ではありませんが、

まあ、良しとします。







では、

まずは、シングルバーナーで野菜炒めを作りつつ、


23








同時にアルコールバーナーで、お湯を沸かして、

インスタントラーメンを投入!


24




インスタントラーメンは、塩ラーメンに限るぜ~ !






しかし、

アルコールバーナーの火加減が難しいの ~







そうこうしていると、




野菜炒めが、焦げちまったぜ~ ( ̄◆ ̄;)


25




麺が少しのびたかも?



下手くそかも?








い~や!




少々失敗しても、外で食べるご飯は美味い!







26

( 親指が短い! と言われようが、外で食べると美味い! )







だけど ・ ・ ・







完食後に気付いたんだぜ!










付属のゴマを、入れ忘れていたぜ~  

ワッハッハ~ ♪


27









ネギも、入れ忘れていたぜ~   

ダッハッハ~ ♪


28











少し、取り乱しましたが 、、、 (笑)



す、、、 すまぬ 。。。










さ~てと ・ ・ ・




暇なので、広場をぐるりと撮影してみました。







とても、静かです。









では、

伯方島へ戻ります。






伯方島と言えば、伯方の塩 です

伯方の塩は、こちらから。


Hakata












お約束の、塩ソフトを食しましょう。


29






今回、しまなみ海道に来て思いましたが。

自転車の数が、かなり増えています。






この道の駅でも、かなりの数の自転車がいました。


30




しまなみ海道は、

サイクリングの聖地として認められましたので、

自転車が増えるのは当然のことでしょうが、




事故に気を付けましょうね。










では、帰りましょう。

大三島を、出航します。


31









帰りも大久島へ寄航しましたが、


ねっ?  乗客が多いでしょう?


32


やっぱり、ウサギかな 。 。 。








本土に到着です。


33








ところで、




見近島には、商用バイクの神と言われるカブで、

キャンプしている人がいましたが、



彼は、大阪からカブで自走して、見近島まで来たそうです。






しまなみ海道が、サイクリングの聖地なら

もしかすると、見近島は、原付の聖地とか ? 




いや、違うな。 

そんなことは、ない。 (笑)









 

2014年9月 2日 (火)

しまなみ海道の無人島に降りてみた 1







瀬戸内海には、大小の多くの島がありますが、

小さい島では、無人島も少なくありません。




それらの無人島は、

概ね船でしか渡ることができませんが、



しまなみ海道にある某無人島は、橋の側道から

島への連絡道を走って、無人島に降りることができます。





私は以前に、原付で しまなみ海道を渡った時に、

来島海峡を渡る橋から、エレベーターで馬島に

降りたことはありますが、



その時は、

今回の目的地である無人島には、気付きませんでした。






その無人島の位置です。


Photo







地図を拡大します。


Photo_2




今回は、見近島へ、リベンジです。




4輪や125cc を超えるバイクでは行けませんので、

原付で行きましょう!








で ・ ・ ・








いきなりですが、

始発のフェリーに、乗り遅れました。 (T_T)/~~~
 

Cimg68731







1時間待って、次の便に乗りましょう。


1







このフェリーは、

途中で大久島へ寄航します。


2


大久島は、旧日本軍が毒ガス兵器を開発していた孤島ですが、

野ウサギの楽園としても、有名になっています。





以前より、かなり乗客が増えていますね。

野ウサギの、いやしの効果でしょうか。








大三島に上陸です。

後ろに見える多々羅大橋が、綺麗ですね。


3

( 親指が短いのは、ほっとけ~ )






大三島橋を通り、伯方島へ渡ります。


4








大三島橋の歩道・自転車道・原付道を降りた場所に、

案内看板があります。


5







看板を拡大しましょう。

ついでに、今までスルーしてきた場所へも行ってみます。


6


鶏小島、船折瀬戸へ向かいます。







鶏小島です。 


7


う~ん ・ ・ ・    だから ? (笑)






鶏小島の岬にあるキャンプ場です。

サイトが、ウッドデッキになっていますね。

珍しいな。。。


8







船折瀬戸です。


9







この狭い水道の流れが速いそうです。


11








実際に見ると、海水が流れているのが、良く分かります。

流れは、速いですよ。






少し遠めですが、海が流れているのが分かりますか?

確かに、難所のようです。






下のキャンプ場まで降りて、近くから撮影してみました。





今度は、分かるかな?







戻って、伯方・大島大橋を渡りましょう。


12








橋の途中に、見近島に降りる分岐道があります。


13







看板があるから、注意して走れば、

見落とすことはないと思います。


14






面倒くさくなったので、

続きは次回に。 ^^










 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »