« U F Oラインと酷道 その1 | トップページ | やっと気付いた »

2014年5月13日 (火)

U F Oラインと酷道 その2







前回 の続きです。





愛媛県道12号に入り、しばらく走ると、

右折すれば石鎚スカイライン、直進すれば面河渓へ分岐する交差点があります。


Cimg3139_3



まだ時間がありますので、UFOラインに行く前に

直進して面河渓へ行ってみることにします。





トンネルがあります。

Cimg3140


トンネルを2箇所 通り抜けると

面河渓谷に着きます。





河川の水が綺麗ですね。

Cimg3141

Cimg3142

Cimg3143






戻って、石鎚スカイラインへ入ります。

入り口には、ゲートがあります。

Cimg3144








入り口の横には、通行制限の看板があります。

Cimg3145



石鎚スカイラインは、4月~11月まで開通していますが、

開通期間であっても、夜間は閉鎖されているようです。






石鎚スカイラインは、片側が1車線づつある(計2車線) 普通の県道で、

決して険道ではありません。





この石鎚スカイライン(愛媛県道12号)の終点は、

土小屋という場所で、ここは石鎚山の登山口となっており、

また、UFOラインの西側入口でもある場所です。







石鎚スカイライン、土小屋、UFOライン(瓶ヶ森林道)との関係を

詳細図で記しておきますね。


Ufo





土小屋には、白石ロッジがあります。

Cimg3147






このロッジで、友のお勧めのオミヤをゲットしてみました。

Cm140513182733001


せんべいの形がもみじとなっていて、

数種類ある生姜せんべいの中では、お勧めとのことでした。 ♪






神社もあります。

神社の左側の道を進むと、国民宿舎がありますよ。

Cimg3146






白石ロッジの左側にある、UFOラインの西側の入口です。

奥に進みましょう。

Cimg3148






路肩が崩れています。

他にも、このような場所が多々あります。

Cimg3149






途中に、UFOラインの案内看板があります。

Cimg3151





土小屋方面から来ると、この看板がある場所までの途中に、

高知県道40号線との分岐点があります。





看板に、 「 よさこい峠 」 と書いてある場所から下に向かって 「 県道石鎚公園線 」という道路が書いてありますが、この道が高知県道40号線になります。







私も迷いましたが、瓶ヶ森方面へ進んでくださいね。







この分岐点では、

右側へ分岐すると、高知県道40号線となり、

左側へ分岐すると、瓶ヶ森方面となります。

(この分岐点の写真を撮るのを忘れていました~)






ちなみに、

高知県道40号線は、かなりの険道らしいです。 (笑)






さて、

瓶ヶ森の山は、山というより小高い丘という場所ですが、

UFOラインから歩いて登れます。

途中まで登って、UFOラインの東側を見たところです。

Cimg3153








写真では雰囲気が伝わりにくいので、簡単な動画を撮ってみました。

この日は風がかなり強くで、風の音が入っています。









少し進んだ先には、路肩に花が咲いています。

Cimg3155






もう少し下った場所です。

素晴らしい景色です。

Cimg3158






まだ雪が残っています。

もう5月なのに ~

Cimg3159







UFOラインの終点です。



ここには駐車場があり、正面の道路が旧国道194号と思うのですが、

その道に突き当たります。

Cimg3160






道の左側には、旧寒風山トンネルがあります。

このトンネルを抜けて、西条市方面へ向かいます。

Cimg3161





旧寒風山トンネルを抜けると、このような山道が続きます。

この道は、酷道だな ~~ (笑)

Cimg3162

Cimg3163

Cimg3164






旧道から、現在の国道194号に出ました。

写真の左側に記した旧道が、走ってきた旧道になります。

Cimg3165






国道194号を通って西条市へ向かいます。

現在の国道194号は、旧国道と違って快走路です。

Cimg3166





何とかフェリーに間に合いました。

このフェリーに乗れないと、次の便は最終便となり、3時間後になります。

Cimg3167







今回の走行距離は、ご覧のとおりです。

Cimg3169








今回走った道は、



国道494号

UFOラインこと瓶ヶ森林道

瓶ヶ森林道の東側終点から続く旧国道194号




となりますが、






これらの道は、酷道・険道ながら、楽しめました。

特に、UFOラインこと瓶ヶ森林道は、お勧めです。






あなたも走ってみては、如何でしょう ?





« U F Oラインと酷道 その1 | トップページ | やっと気付いた »

PCX」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

酷道・険道」カテゴリの記事

コメント

>ゆう さん

ご質問の件ですが、

UFOラインを走っているのは2輪よりも家族連れやカップルが乗った4輪の方が多いですので、車でも大丈夫だと思います。

また、UFOラインは、道幅が広い場所も多いですので、運転はそんなに難しくはありません。
ただ、道幅が狭い場所も多々ありますので、小さい車の方が楽だとは思います。

ちなみに、You Tube で ”UFOライン” と検索すれば、走行状態を写した動画がたくさんありますので、事前に、ご覧になってはいかがでしょうか?
参考になると思いますよ。

はじめまして。
「UFOライン」で検索してたどりつきました。
よろしければ質問させて下さい。
私は東京に住んでいる、車の運転初心者です。
いまUFOラインでのドライブに惹かれています。
もし車でしたら、運転は難しいでしょうか?

>ゴリマルさん

コメントをありがとうございます。

四国は、昨年は、お遍路参りで良くお邪魔していましたが、
近いですので、また伺うと思います。

讃岐うどんと言えば、20代の時に川之江の近くにあった
「かな泉」のうどんを初めて食べた時の美味しさを、今でも覚えています。

私は、製麺所がやっている、小屋のような場所の讃岐うどんが好きなのですが、
高松市の「うどんバカ一代」で食べた、冷たい かけうどんの出汁の美味しさに驚きました。

讃岐うどん、奥が深いと思います。
今度、美味しいうどん店を教えてくださいね。

こんばんわ

四国にはよくおいでのようですね

ここの寒風山隧道はワタシが好きな場所の一つです

冬場通行止めになると4躯が無理やりラッセル遊びをしている所でもあるそうです。

香川においでの際はお声をかけて下さい。

うどん店以外なにもありませんが・・。

>さかべ さん

ご無沙汰しております。

近々のウルトラでのツーリング予定は、
まだ未定ですが、何処かで、ご一緒しましょう。

ちなみに、私は密かに例の ひばり食堂で、
オムライスか焼き飯のリベンジを狙っています。(笑)

ホーンは今でもツアーパックの下に付いたままですが、
移設は難しくありません。

取付要領やら配線は、どうしたいのか? によって変わってきますので、教えてくださいね。

瓶ヶ森林道は絶景ですね。
旧 寒風山トンネルは細長く少し怖いです
ひばり食堂以来ずいぶんとたちますが、又是非ご一緒してくれますか?
そちらでもかまいませんから、宜しくです。 

fumiさん以前ホーンの移設で、ツアーパック下に取り付けてましたが、私も今のホーンから、移設しようと思ってるのですが、取り付け要領と配線取り出しを是非教えてほしのですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/59631369

この記事へのトラックバック一覧です: U F Oラインと酷道 その2:

« U F Oラインと酷道 その1 | トップページ | やっと気付いた »