« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月28日 (水)

東のみやこ にて







所用で、東のみやこ に行ってきました。





帰宅が、出発日の翌日の深夜になる予定でしたので、

飛行機で行きたかったのものの、帰りの航空便はなく、

仕方なしに JR を使うことになりました。








通勤時間帯から外れた、在来線の田舎駅からの風景です。


Cimg6435_19



JRを使う時は、いつも中心部にある駅を使いますので、

この駅のホームに立つのは、何年ぶりでしょうかね 。 。 。








朝からビールです。 (笑)


新幹線の良いところは、アルコールが飲みやすいとこでしょう。


Cimg6437




飛行機だと、国内線で呑んでいるお客さんは、あまりいないように思います。








東のみやこ に到着すると、


もう、おやつの時間でしたが、






夜の宴会までには、時間がありましたので、


娘に付き合いました。








私の嫌いな、某○○通り  です。 (笑)


Cimg6457







この通りにある、このビル内にお目当ての店があるようです。

Cimg6444






この店みたいです。

Cimg6441







某雑誌に載る服が、置いてあるようです。

Cimg6442






店内には、サインが飾ってあります。


誰だ ?


Cimg6439







ここにもサインがあります。


だから、君達は誰だ ?  (笑)


Cimg6440







ところで、

この通りは、若者に大変な人気がありますが、通りに面したビルは古いビルが多いです。





このビルも古いようですが、改装中です。


Cimg6455


工事用の囲いに、小さな看板がありました。







看板を見ると、



この改装中のビルは、貸し店舗用のビルのようですが、

週単位で貸し出す、店舗用の物件です。


Cimg6454



しかし、店舗なら、少なくとも月単位の貸出しになると思いますが、

週単位だと、この方法で開店するショップは、移り変わりが激しそうですね。








さて、

娘の次なるご所望の場所は、

Eggs 'n  Things 原宿店 となります。





娘は、近辺に住む兄から、情報を仕入れているようですね。


Cimg6446_3






しかし、

注文のブツは、 確かに、凄い !



高さは20センチ近くはありそうです。

Cimg6448_2



他のお客さんも、

このブツを注文していた方々が多いように見えました。






メニューです。


注文のブツは、上から2番目のバナナを使ったやつです。

Cimg64472_2








さてと、、、、

もう、店巡りはいいだろう ・ ・ ・






終わりかと思っていると、

娘が、申しました。







娘: 「 最後に、あそこへ行きたい。 」
 


私: 「 あそこ って、どこだ ?」


娘: 「 だから、あそこ。 ここから近いみたい。」


私: 「 だから、どこなんだ !!」


娘: 「 あそこ って、言ってるでしょ !!!!」

 










ASOKO 原宿店 です。 (笑)



Cimg6453



この お店は、

大阪が発祥のようで、以前にテレビで見たことを思い出しました。




今後、各地で増えそうな気配がする店舗だと思います。







さあ、

宴会場所へ向かいましょう。






途中で面白いものを見ました。





山手線 渋谷駅のホームに、ラ王の袋麺を作って出す店がありました。


Cimg6458


以前には無かったように思いますが、

気付かなかっただけかな ?










翌日の午後です。


私は、少し二日酔いです。 (笑)







この場所は、


綱町三井倶楽部 となります。





新郎・新婦の後ろに見える建物は、

旧三井財閥の迎賓館として使われていた建物だそうです。



大正2年の築造で、100年以上は経過しているそうですよ。


Cimg6464


今回の上京は、身内の結婚式が目的です。







建物の内部です。

ステンドグラスが多用されています。

Cimg6468

Cimg6469


古い洋館は、趣がありますよね。






帰りも、くつろぎながら、帰りましょう。 ♪

やはり新幹線は、呑みやすいです。 (笑 


140093123144001 






ちなみに、帰宅時間は、




予定通りの



深夜の1時となりました。   (T_T)






東のみやこ ・ ・ ・

もう少し ゆっくりと行きたいものです。





2014年5月20日 (火)

ハーレーのホーン移設について






ハーレーのホーン移設について、質問を受けましたので

私の場合を例にして、覚書きとして記しておきます。



ハーレーのモデルは、2008年 FLHTCU ウルトラ となります。

2




私の場合、もともとの純正ホーンが付いている場所には、写真のようなファンを付けています。


このファンは、ebay US で直接買ったものですが、国内でも売られているようです。






それについては、 こちら や あちら や それら で。







ホーンは、

純正ホーンの音が、あまりにもショボク感じたので、純正ホーンの代わりに 4輪用のダブルホーンを別に取り付けています。





4輪用のダブルホーンの配線は、純正ホーンが付いていた場所の配線から分岐して使っていますので、

必要でなくなった純正ホーンを撤去すると、その分岐配線が見えるので、

配線を隠す意味もあって、このファンを付けているのです。







さて、

純正ホーンの配線は、図のように Y/BK (黄/黒) と BK(黒)の2本となっています。

2008年のツーリングモデルの場合です。




Photo_2




この配線は、やっこカウル内の 「2番コネクタ の 6番ピン」 と

「15番コネクタの D番ピン」に接続されています。






ホーンを移設する場合の配線は、純正ホーン配線を延長、

または純正ホーン配線から分岐して、リレーを使って配線します。


Photo_3



リレーのコイル端子には、必ず純正ホーン配線の2本を接続してください。





ハーレーの純正ホーン配線は、マイナスコントロールされていますので、

純正ホーン配線の BK(黒)の配線を接続しないでアースで代用すると

誤動作します。






配線の分岐場所は、

純正ホーンが付いている場所か、または、やっこカウル内の

「2番コネクタ の 6番ピン」 と 「15番コネクタの D番ピン」 となります。




やっこカウル内のコネクタの位置です。





Photo_6 




Photo_7






最後に、

配線の取り回しは、ホーンをバイク後方に取り付ける場合は





やっこカウル内から配線を分岐する場合

   やっこカウル ⇒ ガソリンタンクの上カバー内 ⇒ シート下 ⇒ ホーン



純正ホーンの取付け場所から配線を分岐する場合

   ガソリンタンク下 ⇒ シート下 ⇒ ホーン




となるのが、普通かと思いますが、




お好みでどうぞ。 ^^




PS

私の場合は、4輪用のダブルホーンをツアーパック下の隙間に取り付けていますが、

クリアランスがほとんどありません。

なので、その当時で一番小さいホーンを付けています。

ホーンの大きさとツアーパックの形状に依っては、取付けできないこともあるでしょうから、

事前の確認をお忘れなく。




  



2014年5月19日 (月)

ジ~ン ときた




末期がんの お父さんと、その娘さんが お父さんとの結婚式を挙げるという お話です。



「 今まで、ありがとう。」

「 これからも、宜しくね。」



こんな言葉が聞こえてきそうです。




良い ご家族ですよね。



 

2014年5月16日 (金)

やっと気付いた






少し前に、私の生息地域の


2014年版のツーリングマップルを購入しました。





これですね。


20140514_203104








昨日、そのツーリングマップルを見ていると、






何やら、


表紙の写真の場所を、どこかで見たような 。 。 。






しばらくは、分かりませんでしたが、


やっと気付きました。







先日に訪れた、UFOラインこと瓶ヶ森林道 に似てるじゃん !  って。






ツーリングマップルの表紙に写っている、この山と



Photo







先日、瓶ヶ森林道に行った時に写した、

この写真に写っている、この山と

Photo_2





同じようなことに、気付きました。








本の表紙の裏を見ると



Photo_3





いの町道の瓶ヶ森線って、

UFOラインの正式名が、ちゃんと書いてあります。







ツーリングマップルと私が写した写真を拡大して、並べてみました。


Photo_5





緑の映え具合は違うものの、


やっぱり、同じですね。



ただ、

それだけのことです。 (笑)





では、また。






2014年5月13日 (火)

U F Oラインと酷道 その2







前回 の続きです。





愛媛県道12号に入り、しばらく走ると、

右折すれば石鎚スカイライン、直進すれば面河渓へ分岐する交差点があります。


Cimg3139_3



まだ時間がありますので、UFOラインに行く前に

直進して面河渓へ行ってみることにします。





トンネルがあります。

Cimg3140


トンネルを2箇所 通り抜けると

面河渓谷に着きます。





河川の水が綺麗ですね。

Cimg3141

Cimg3142

Cimg3143






戻って、石鎚スカイラインへ入ります。

入り口には、ゲートがあります。

Cimg3144








入り口の横には、通行制限の看板があります。

Cimg3145



石鎚スカイラインは、4月~11月まで開通していますが、

開通期間であっても、夜間は閉鎖されているようです。






石鎚スカイラインは、片側が1車線づつある(計2車線) 普通の県道で、

決して険道ではありません。





この石鎚スカイライン(愛媛県道12号)の終点は、

土小屋という場所で、ここは石鎚山の登山口となっており、

また、UFOラインの西側入口でもある場所です。







石鎚スカイライン、土小屋、UFOライン(瓶ヶ森林道)との関係を

詳細図で記しておきますね。


Ufo





土小屋には、白石ロッジがあります。

Cimg3147






このロッジで、友のお勧めのオミヤをゲットしてみました。

Cm140513182733001


せんべいの形がもみじとなっていて、

数種類ある生姜せんべいの中では、お勧めとのことでした。 ♪






神社もあります。

神社の左側の道を進むと、国民宿舎がありますよ。

Cimg3146






白石ロッジの左側にある、UFOラインの西側の入口です。

奥に進みましょう。

Cimg3148






路肩が崩れています。

他にも、このような場所が多々あります。

Cimg3149






途中に、UFOラインの案内看板があります。

Cimg3151





土小屋方面から来ると、この看板がある場所までの途中に、

高知県道40号線との分岐点があります。





看板に、 「 よさこい峠 」 と書いてある場所から下に向かって 「 県道石鎚公園線 」という道路が書いてありますが、この道が高知県道40号線になります。







私も迷いましたが、瓶ヶ森方面へ進んでくださいね。







この分岐点では、

右側へ分岐すると、高知県道40号線となり、

左側へ分岐すると、瓶ヶ森方面となります。

(この分岐点の写真を撮るのを忘れていました~)






ちなみに、

高知県道40号線は、かなりの険道らしいです。 (笑)






さて、

瓶ヶ森の山は、山というより小高い丘という場所ですが、

UFOラインから歩いて登れます。

途中まで登って、UFOラインの東側を見たところです。

Cimg3153








写真では雰囲気が伝わりにくいので、簡単な動画を撮ってみました。

この日は風がかなり強くで、風の音が入っています。









少し進んだ先には、路肩に花が咲いています。

Cimg3155






もう少し下った場所です。

素晴らしい景色です。

Cimg3158






まだ雪が残っています。

もう5月なのに ~

Cimg3159







UFOラインの終点です。



ここには駐車場があり、正面の道路が旧国道194号と思うのですが、

その道に突き当たります。

Cimg3160






道の左側には、旧寒風山トンネルがあります。

このトンネルを抜けて、西条市方面へ向かいます。

Cimg3161





旧寒風山トンネルを抜けると、このような山道が続きます。

この道は、酷道だな ~~ (笑)

Cimg3162

Cimg3163

Cimg3164






旧道から、現在の国道194号に出ました。

写真の左側に記した旧道が、走ってきた旧道になります。

Cimg3165






国道194号を通って西条市へ向かいます。

現在の国道194号は、旧国道と違って快走路です。

Cimg3166





何とかフェリーに間に合いました。

このフェリーに乗れないと、次の便は最終便となり、3時間後になります。

Cimg3167







今回の走行距離は、ご覧のとおりです。

Cimg3169








今回走った道は、



国道494号

UFOラインこと瓶ヶ森林道

瓶ヶ森林道の東側終点から続く旧国道194号




となりますが、






これらの道は、酷道・険道ながら、楽しめました。

特に、UFOラインこと瓶ヶ森林道は、お勧めです。






あなたも走ってみては、如何でしょう ?





2014年5月12日 (月)

U F Oラインと酷道 その1





 
高知県北部の愛媛県との県境付近に、


通称 UFOライン と呼ばれる道があります。





四国山脈の尾根づたいに走る標高の高い道で、

冬季は閉鎖される道です。




この道がある場所は、この辺 です。

11






この道は、瓶ヶ森林道 と呼ばれるのが一般的みたいですが、

高知県吾川郡にある、いの町が管理する 「いの町道 瓶ヶ森線」 という町道のようです。




大雨により、昨年の2013年から通行止めとなっていましたが、

先日のゴールデンウィークである、4月26日に開通することになったそうです。





開通の話をゴールデンウィーク明けに聞いた私は、

即効で行く気になりました。





UFOラインの詳しい場所です。

Ufo2





UFOラインを通るのに西方面から進入する場合は、

国道33号 ⇒ 石鎚スカイライン ⇒ UFOライン と進むのがお勧めのようですが、



私は逢えて、 

国道494号 ⇒ 石鎚スカイライン ⇒ UFOライン と進みます。




ちなみに、

石鎚スカイラインは、愛媛県道12号線になりますが、

片側1車線は確保された県道で、 険道ではないようですね。 (笑)




四国の3桁の番号の国道は、酷道が多いと言われていますが、

この国道494号も、国道とは名ばかりの、狭くて急な酷道のようです。




そこで、

今回使用する足は、国道・険道 でもなんてことのない、通勤快足 PCX を使います。






今回のルートは、このように反時計回りとなります。

3








出発です。



いつものフェリーを使って、しまなみ海道の下を通ります。

Cimg3123





今治市内で寄り道しましょう。

Cimg3127




目的はこれ。

Cimg3126


月原さん  の、みかんパンです。




日曜日の、まだ午前8:30頃なのに、

みかんパンは、もう1個しか残っていないとのこと。



あぶね ~  (笑)
  




このパンは、みかんが練りこんであって、とても美味しいです。

(少し焼いた状態)
20140512_073530


  



その後は、

今治市内を抜けて、愛媛県道を走ります。





麦畑かな ? 

Cimg3129


この辺りの県道は、

まだ、快走路です。 (笑)






国道11号から国道494号への分岐点です。

Cimg3130






国道494号へ入ると、棚田で田植えが行われています。

寒い地域なのか、田植えの時期が遅いようですね。

Cimg3132






しばらく進むと、国道494号は酷道になってきます。




はっきり言いいますと、



離合ができないかなり狭い道幅が延々と続き、

くねくね度が激しく見通しがきかないうえに、

片側が崖の山道です。






写真は、国道494の中でも、まだ良い方の状態です。

Cimg3133 

Cimg3134





 
国道494号の黒森峠です。

標高が985mもありますね。

Cimg3135





 
峠を越えて下って行くと、県道153との分岐看板があります。

この辺になると、道幅は広くなって大丈夫です。

Cimg3136



左ルートが国道494号で、右ルートが県道153号です。



私は左側の国道494号ルートを行きましたが、分岐してすぐに、面河ダムに掛かる吊り橋が見えました。



国道494号ルートだと、吊り橋を渡る場所が見当たりませんでしたので、県道153号ルートだと、吊り橋を渡れたのかもしれません。






さて、

国道494号から、石鎚スカイラインの県道12号へと入ります。

Cimg3137_2



 

しばらく行くと、鳥居があります。

Cimg3138





ここを直進すると面河渓で、右折すると石鎚スカイラインとなります。

Cimg3139_2





ここは、

直進して面河渓へ向かうことにします。







面倒くさくなりましたので、

続きは、 またに 。 。 。




2014年5月 9日 (金)

美肌になりに行ってみた 2





日本三大美肌の湯 という温泉があります。


ご存じですか ?





私は、ふとしたきっかけで、それらの温泉を知りましたが、


その温泉の一つが、私の生息地に比較的近い場所にありました。





前回の美肌になる温泉 も、お肌がツルツル、スベスベになりましたので、


日本三大の美肌になる温泉ですから、さぞかし凄いのでしょうね。






今後のために、日本三大美肌温泉を確認しましょう!

ワクワク ・ ドキドキ ♪ です。 







では、出発です。

Cimg3079






松江道に入ります。

Cimg3080


Cimg3081






道の駅で一休み。

Cimg3082


Cimg3083





バイクも結構います。

Cimg3084





この道の駅には、雪室なる建物があります。

お客さんの出入りが頻繁ですよ。

Cimg3085





な~るほど  です。

Cimg3086





さて、

到着です。

Cimg3089





この施設は公共施設みたいですが、

この温泉には、もう1件民宿があり、その民宿も日帰り入浴ができるみたいです。

Cimg3095





駐車場にある看板ですが、この温泉の場所です。

Cimg30871






日本三大美肌の湯です。 

Cimg3088






駐車場の一角には、まだ初春が残っています。

花が綺麗ですね。

Cimg3090





ところで、

温泉のpHは、9.9と、かなりのアルカリ性です。

Cimg30911


温泉に入った感想ですが、

確かに、お肌が スベスベ ・ ツルツルになりました。







帰り道には、おろちループを通ります。

Cimg3099






おろちループの道の駅です。

久しぶりに寄りました。

Cimg3102








この道の駅の道路を挟んだ反対側に、何やら新しい建物があります。

レストラン? かな ?

前にはなかったような、気がします。

Cimg3101






田舎の下道は良いですね。

Cimg3103






田んぼに水が張られて、田植えが始まっています。

帰り道のあちらこちらで、このような風景が見られます。

Cimg3105






今回の走行距離です。

Cimg3106








今回訪れた日本三大美肌温泉は、アルカリ温泉で、


私のような、がさつな肌でも、しっとりとなりました。





女性の方々には、お勧めの温泉だと思います。




2014年5月 7日 (水)

2014年版 ツーリングマップルを買ってみた





まっぷるマガジンという本があります。



主に、旅の紹介で、るるぶ みたいなもんですね。

ご存知の方も多いと思います。






このまっぷるマガジンのシリーズの中に、

ツーリングマップルという道路地図本があり、

毎年内容が更新されて出版されています。





ツーリングマップルは、バイク乗りには有名な本で、

細かい道の状況やマニアックな名所などが紹介されているなど、

一般の旅関係の本より詳しい部分が、掲載されていることがあります。





私も過去、中国・四国編については、2008年版と2010年版を購入したのですが、

最近の新しい地図本は、見たことがありません。




ですので、2014年版の中国・四国編を購入してみました。







2014年版の表紙にあるバイクは、カワサキのニンジャみたいです。


Cimg3117






裏面は、ハーレーですね。


Cimg3118


中には、おすすめコース & スポット の別冊版が付いていました。


Cimg3119







おすすめコースには、先日に訪れた羽山第二隧道 が掲載されていました。

さすがは、ツーリングマップルです。 マニアックです。 ^^


Cimg3120





以前に購入した、他の地域のツーリングマップルです。


Cimg3121



中部・北陸版は、以前に富士山へ行った時 に、とても役に立ちました。



木曽の御嶽山へ行く時も、必ずや役に立ってくれることでしょう。 (笑)






このツーリングマップルは、かなり詳しく道路状況が掲載されていますので、


バイクに乗らない方々でも、4輪のドライブで、あちらこちらへ行く方々にもお勧めです。






興味がある方は、

本屋さんへ行かれた時に、ちょいと立ち読みされては如何でしょう ?


2014年5月 1日 (木)

通勤快速のブレーキフルードを交換してみた






通勤快速のPCXに乗り始めてから、もうすぐ2年が経過します。


ついこの前に乗り換えたような気がしますが、時が経つのは早いものです。





ところで、

サービスマニュアルに拠ると、油圧ブレーキのオイルであるブレーキフルードは、

2年ごとの交換が推奨されていますので、 面倒だ~  と思いながらも、

交換することにしました。






自分の覚書き用として、

また、併せて今後の参考として、ポイントを絞って記しておきます。






ちなみにハーレーのウルトラも、ブレーキフルード交換は2年ごとですが、昨年の車検時に

交換済みですので、今回はPCXだけの作業となります。





PCXの後輪はドラムブレーキで、油圧ブレーキはディスクブレーキの前輪のみですが、

前輪の油圧は、このように2系統となっています。


Cimg3057




1系統は前輪ブレーキで、もう1系統は後輪ブレーキをかけた時にも前輪ブレーキがかかる

Combined Brake System ( CBS )  というブレーキシステムが使われています。






今回は、この2系統のブレーキフルードを交換します。


用意したフルードは、ホンダ純正 容量0.5リットルのブツです。

20140501_08020101





ブレーキフルードは吸湿性が高いので、缶の蓋には注意書きがあります。

20140501_08024701


今回の交換で半分くらいは使うかもしれませんが、

残りは空気中の湿気を吸うので、廃棄するしかありません。









まずは、前輪から交換します。




ブレーキフルードの排出方法は、以下のようになりますが、

マスタシリンダに新しいフルードを継ぎ足しながら、フルードを交換していきます。

Cimg3058





交換前の状態です。

マスタシリンダの窓から見えるフルードの量が少ないようです。

Cimg30491





マスタシリンダの蓋を外しましょう。

Cimg3050

Cimg3054

Cimg3055

Cimg3056






古いフルードを取り除きます。

私の場合は、手持ちの注射器の先にシリコンチューブを取り付けたブツを、スポイド代わりに使って、古いフルードを吸出しました。

Cimg3060




マスタシリンダ内を拭き取って、キレイにしておきましょう。

Cimg3061







次は新しいフルードを入れるのですが、

フルード缶から直接入れると、フルードがこぼれて車体に付きましたので (泣)、

入れるときも注射器を使いました。

Cimg3062





古いブレーキフルードを排出するブリードバルブのゴムキャップを取りましょう。

Cimg3052

ブリードバルブに8mmのメガネレンチを取り付けて、古いフルード排出用のチューブを取り付けておきます。







次に、

前輪ブレーキレーバーを握ったままブリードバルブを緩めると、レバーが軽くなって更に握りこまれます。



そうすると古いフルードがブリードバルブから排出され、マスタシリンダ内に継ぎ足した新しいフルードが、ブレーキホース内に送り込まれていきます。



ブレーキレバーが止まるまで握りこまれたら、古いフルードの排出が止まりますので、ブリードバルブを閉めてからブレーキレバーを放します。



これを繰り返して、ブリードバルブから新しいフルードが出てくるまで続けましょう。

Cimg3064


一番最後に、


ブリードバルブを閉めてから暫くの間、そのままの状態で放置してると、ブリードバルブからエアが出てくることがあります。


写真では、チューブがブリードバルブから下向きに付いていますが、上向に保持したまま、暫くの間、待ってみましょう。


私の場合は、かなりのエアが出てきました。









後は、マスタシリンダ内の新しいフルードの量を確認して終了です。

Cimg3065


写真のように、フルードをアッパーレベルまで入れると、蓋を閉めた時にフルードが溢れますので、フルードの量は少し少なめの方が良いかもしれません。







ここまで作業して後ろを振り返ると、道路が封鎖されていました。

地元のお祭りのパレードが始まるようです。

Cimg3070









さてと、

PCXのもう一つのブレーキであるCBS のフルードを交換しましょう。







まずは、

シートを外した後で、車体の外装をここまで外します。

Cimg3071




PCXのCBSブレーキフルードの排出方法は、このようになります。

Cimg3078







CBSのマスタシリンダは、ここにあります。

Cimg3072





リアブレーキをかけると、ノッカアームが上に動きます。

Cimg3073




CBSのブリードバルブは、前輪ブレーキのバルブとは別ですよ。

20140429_1305240101




CBSブレーキのフルード交換方法は、前輪の場合と基本的に同じですが、






違うのは、

フルードを排出するブリードバルブの位置が違うことと、

前輪ブレーキレバーを動かす代わりに、ノッカアームを動かすことです。







リアブレーキレバーを動かす代わりに、ノッカアームを動かす方が効率的だと思いますが、

ノッカアームはかなり硬くて、上に動かすには力が必要です。


Cimg3076_2


 


でも、

ブリードバルブを緩めると、ノッカアームは軽くなって、簡単に上に動きます。

Cimg3075







ちなみに、

ブレーキフルードを交換する時の、

バルブやネジ(スクリュー)などの締め付けトルクは、以下の赤枠 のようになっていますが、

トルクが小さすぎるので、あまり気にする必要はないと思っています。



Photo









最後に、その他として、

私が困っていることがあるので、記しておきます。





この度もCBSブレーキのフルードを交換するために、シートを外しましたが、




シートを取り付けるボルトのナットが外れて、車体の中に(エンジンの周り)落ちて、

探しても分からなくなりました。


Cimg3067






20分間は探したでしょうか、、、、、、

諦めかけたころ、、、、、、






やっとのことで、サイドスタンドの横に、車体のアンダーカバーの隙間に落ちているのを見つけることができました。

Cimg30661





このシートを取り付けるナットは、シートヒンジの隙間に嵌め込んでありますが、

私の場合は、シートを外すときに左側のナットだけが時々外れて落ちます。

Cimg30681




こんな小さな部品ゆえに、車体の隙間に落ちると見つけることが難しい場合があり、


失くすと再度注文しなければならなくなり、面倒なことになります。






気を付けなはれや~




« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »