« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

大晦日なのに、想定外のオイル交換してみた





年の瀬が押し迫ってまいりました、と言うより、

本日は、大晦日ですが、

皆さんは、如何お過ごしですか?





さて、


大掃除や、その他の用事のミッションをクリアーした私は、以前から気になっていたことを


しようと、某場所へ向かいました。




PCX のオイル交換時期を過ぎていたので、オイル交換するためです。




オイル交換は、4輪やハーレーも自分で全部しますが、PCX だけは購入店でオイル交換をしていました。





何故なら、

私がPCX を購入したお店では、オイル交換をワンコインの500円で交換してくれます。



これって、お安いですし、とても楽だからです。







しかし、1点だけ問題がござりまする 。 。 。





私の場合、PCX は通勤快速ですので、平日には、お店に行けませぬ。



オイル交換へ行くとなると、


お店で待機するか、PCX を数時間預けておかなければ  ならないからです。





今まで、2回 オイル交換をお店に依頼しましたが、


時間がある休日に数時間預けておいて、その間に用事を済ませるといった、


とても合理的な方法を取っていました。





今回のオイル交換は大晦日ということもあり、お店は閉まっているだろうな~~


と、思いながら、事前にHPで、お店の休日を確認すると、








「年末まで無休で開店しています。」   と、




ハッキリと明記してありましたので




安心して、お店に向いました。








それで、

お店に、到着しました。






んが!   しかし 、、、、、、





何ということでしょう ! ! !





お店が、、、  お店が、、、  お店が、、、



Cimg2492







閉まっていまする !!!










これが、噂に聞く、呪いというやつでしょうか ?


想定外だし !






年明けにしても良いのですが、 年明けは忙しくなることが予想され 。 。 。



なので、

自分で、オイル交換をすることにしました。






早速、オイルを買いに走り 。 。 。



PCX のオイル交換方法をサービスマニュアルで確認します。


Cimg2508




実際にドレンボルトを見ると、センタースタンドが干渉して、

廃油を受けるトレイと言うか、廃油受けが床に置けませぬ。





あせっていましたので、写真はござらん。 (笑)

各自、実際に見てくださいね。






もう一つの方法として、オイルフィルターを交換して、オイルフィルターの取り付け孔から、

オイルを抜く方法があります。




サービスマニュアルで確認します。

Cimg250911




ありゃ?

PCX の場合は、オイルフィルターは無いようです 。 。 。




オイルストレーナーという、網みたいなブツが、フィルターの代わりになっているようですね。





4輪やその他のバイクでも、そうですが、、、

通常は、オイルを抜いた後で、オイルフィルターを交換しますが、

オイルを抜いた後で、フィルターを取り外すと、まだまだオイルがフィルターの取り付け孔から出てきます。






ということは、

いきなりオイルフィルターを外すと、オイルが全部出るのでは ?



もう、時間が無いので、オイルストレーナーを外すことにしました。





オイルストレーナーの取り付けボルトの実物を見ると、


Cimg2493







ボルトの手前に、リアブレーキのワイヤ―のケーブルが、邪魔をしています。


Cimg2494





この状態だと、ボルトはメガネレンチとかで外せますが、

ボルトを締める時に使うトルクレンチに使うソケットが使用できません。




しばし考えて、このケーブルを外すことにしました。


Cimg2495





ボルトを外しました。


Cimg2496






このボルトは、8mmのソケットで回せます。


Cimg2504









邪魔になるケーブルを紐で引っ張って、ボルトから離します。


Cimg2497







オイルストレーナーのボルトを外すと、中にバネがあるため、

ボルトを回していると、

いきなり、中の部品やらオイルが飛び出てきました。
 




これも、想定外でした。(笑)


Cimg2498





ちなみに、ボルトは17mmのソケットで、外れます。


Cimg2500







オイルストレーナーの中身です。


パーツクリーナーで、キレイキレイにした後ですが、パーツの構成は

上記のサービスマニュアルのイラストをご覧ください。


Cimg2499







ボルトを外すと、中にあるバネで、中身の部品が飛び出てきますが、

その後、オイルが出た後で、車体を左側に傾けると、残りのオイルがまだまだ出てきました。




この方法でオイル交換する場合は、最後に車体を左側に力技で傾けてくださいね。




************************************************************************

(2014.1.5 追記)

上記の、車体を力技で左側に傾ける理由を、追記しておきます。


センタースタンドを立てたままで、この方法でオイルを抜いても、オイルストレーナーの下側にある穴の底にオイルが残ります。

穴を上から見ると、穴の底にオイルが残っているのが分かります。


このオイルは、多分、オイルパンの底に溜まっているオイルですが、センタースタンドを
立てたまま、車体を左側に45度くらいまで傾けると、穴の底にあるオイルが抜けます。



Ana



オイルストレーナーからオイルを抜く場合は、最後に力技が必要ですよ。 (笑)

参考まで。

************************************************************************





オイルが抜けきった状態です。


Cimg2501






オイルを入れて、オイルゲージでオイルの量を見ましょうね。


Cimg2503


Cimg2505






オイル量の確認は、このとおり。


Cimg2511




実際に、オイルゲージを抜いてみました。

Cimg2506



写真では、分かりにくいですが、ゲージの範囲の上限までオイルが付いていました。






しかし、このゲージのヒダヒダの部分ですが、

人間ドッグの時に提出する、検○のスティックの先っぽに似てると思うのは、

私だけかな?  (笑)





最後に、トルクレンチを使って、ボルトを締めます。


Cimg2502






こうして、

私の、想定外の大晦日での作業が終了しました。




2013年の最後の締めが、

何だか、バタバタと終わりました。






最後に、




今年も、ありがとうございました。


来年も皆様に幸あるよう、祈念いたしております。  ^^





では、良いお年を。

さらば~  

2013年12月16日 (月)

電動インパクトレンチを使ってみた





前回の記事で文明の利器を追加しましたが、


まだ未使用だった、電動インパクトレンチを使ってみました。







ホームセンターでよく売っている12Vを電源とする電動インパクトレンチは、

モーターの回転による遠心力にてトルクを発生させる機構で、




「 ヒューン 」 と、ソケットが勢いよく回転した後にクラッチを繋いで、 「 ガツン 」 と

ボルトにトルクを掛けるタイプのものが多いですが、







私が購入したブツは、100VのAC電源を使い、直接トルクを掛けるタイプですので、


「 ヒューン & ガツン 」 ではなく、 「 ガガガガッ 」 と連続してトルクを掛けます。





実際に、スタッドレスタイヤに交換する時に、このブツを使ってみました。





>





注意点として、



作業性はいいのですが、ボルトを外す時に、かなりの高速で回転しますので、


アルミホイールのナットを入れる窪みの周囲に、高速回転しているナットが接触すると


傷が入ります。





極力、インパクトレンチをホイールに直角に当てて、インパクトレンチが左右上下にブレないようにする必要があります。





エアーコンプレッサーを持っていないので、想像ですが

エアー式と比べると、電動式は  お手軽に使えるのではないか?  と思います。




早く買っておけば良かった ~ と言うのが、素直な感想ですね。

2013年12月13日 (金)

文明の利器を追加してみた





文明の利器って便利です。





家電、車やバイクもそうですが、文明の利器を一度使うと、便利ですので手放せなくなります。


特に休日に行う私的な作業は、なるべく横着して楽にやりたいですよね。






面倒くさがりやの私は、特に横着に作業をしたいので、文明の利器は大好きなのです。 






今までに導入してきた作業用の文明の利器は、



電動式のこんなブツや



Imagesca882djg



定番とも言えるエンジン式のこんなブツ。

Untitled








これは電動式の草刈機で音が静かです。


街中だとエンジン式は音が大きいので使いにくいんですよね。


Untitled2







ヘッジトリマーです。


このブツは以前はよく使いました。

今までに、3台ぐらいは買い換えましたかね 。 。 。



Imagesca8ctiuy 



こんなブツも買いました。


Untitled3


でも、私の場合は、このジグソーはほとんど使っていません。

必要なかったかも。 (笑)







これは、割と使います。

Untitled5


他にもありますが、きりがないので止めておきます。








前置きが長くなりましたが、


そんな私が今回追加したブツは、これ。


Cimg2477


電動ノコギリです。





太い木ですとチェーンソーが便利ですが、

直径が4~5センチ程度の木を切る場合は、とても便利です。


Cimg2475





このブツは、ノコ刃のセットも刃を差し込むだけの簡単な方法を採用しています。

この前に使ってみましたが、作業が楽でした。 


Cimg2476








もう一つ加えたブツは、これ。  インパクトレンチです。



エアー式のが欲しかったのですが、コンプレッサーを持っていないものですから、

電動のブツにしました。


Cimg2471





おまけとして、手袋とカーボンブラシが付属していました。


Cimg2472


Cimg2473







インパクトレンチは使ったことがないので、よく分かりませんが、



スクーターの駆動系のボルト外しや

4輪のタイヤ交換に威力を発揮しそうです。




早速、スタッドレスに交換するのに使ってみましょう ♪



2013年12月 1日 (日)

フォグランプって、 とっても面倒だ





最近は、冬至が近づきつつあり、夜が更けるのが早くなっています。



前回の灯台躑躅ツーリング の時も、日が落ちてから走る時間が長かったので、安全のためにフォグランプを付けて走りました。





このフォグランプは、純正のハロゲンからLEDライトに変更していますが、

その理由などについては、  これや  あれや のとおりです。





さて、前回のツーリングの夜間に点灯させたフォグランプですが、私の前を走っている友らから


「 眩し過ぎる !! 」 との、クレームの嵐を受けました。 (笑)


よっぽど、眩しかったんだと思います。 (爆






昼間だったら眩しさを感じなくても、夜だったら眩しさは倍増しますからね。

皆さんも経験がおありのことと思います。



もともと、ハーレーのウルトラに付いているフォグランプは、夜に後続車のライトを見ると、

ハロゲンながら、とても眩しいのは、私も経験済みです。





原則として、ウルトラのフォグは光軸調整ができない と聞いていましたが、


LEDに変更すると、メチャクチャ 眩しいので、光軸調整をしてみることにしました。






まずは、ヘッドライトのロービームを点灯して、ライトの高さを確認します。

このライトは、HIDですが、5ヵ月前に車検を通していますから、光軸は合っていると思います。


20131201_103412






壁に映ったヘッドライトの上側に、白い紐を張ります。

20131201_103215






ここで、ヘッドライトの光が壁に映らないようにして、フォグだけの光軸を見てみます。


20131201_103604


20131201_103510



左側のフォグの光軸が高いようですね。

右側のフォグの光軸は、ヘッドライトのロービームより下側を照らしています。






右側のフォグランプの前をウェスで覆って、左側のフォグの点灯状況を見てみます。

やはり、白い紐の線の上ギリギリまで照らしていますね。


20131201_103712








ここで、左側のフォグのLEDライト部分を外して、少し下向きにしようと思います。

しかし、フォグランプをケースに取り付ける時に、これ以上に下側に向きを変えれないことが分かりました。



なので、フォグランプのケース自体を下側に向けないとなりません。


20131201_113425


ケースの、この部分を下側に向けるためには、まずは、ウインカーを外して、その上の内部にある

ナットを外さないといけませぬ。






ただね、このウインカーを外すためには、六角のビスを外さなければなりませんが、

隙間が狭くて、工具が入りません。





このように、原始的な方法でしか、ビスを回せません。

何か、良い方法がありませんかね ?

20131201_124339



さて、

ウインカーを外すと、その上部の内部に、フォグランプのケースを固定しているナットが隠れています。

20131201_114507





このプラス配線は、ケース内部では、このようになっています。

黒いソケットが、フォグランプのプラス配線です。


20131201_113023






この配線を抜かないと、フォグランプのケースを固定しているナットが外せませんので、

この配線を抜くために、指先にある黒いカプラ―を撤去します。


20131201_114455






カプラーを切って、配線をフォグランプのケースから抜きました。


20131201_114617

この状態で、フォグランプのケースを取り付けているナットを外して、ケースを取ります。


このナットは、9/16インチで外せます。


20131201_124955


20131201_115410_2








外したフォグランプのケースです。

ボルトがケースに溶接されています。

だから、フォグランプのケースの向きを、大きくは変更できませぬ。


20131201_115922







このような状態ですから、多少の前後左右へは動きますが、大きくは動きません。

フォグランプのケースを出来る限り下向きに向けて、LEDライトを上向きにケースに取り付ける方法で、光軸調整をしてみました。


20131201_122314


ケースを取り付けて、配線を引きなおしました。








LEDライトをケースに取り付けます。


20131201_123434


おっと! ウインカーを取り付けるのを、忘れていました。 (笑)

ブラブラ状態ですね。







左右のフォグランプだけを、壁に照らしてみます。

ヘッドライトのロービームの上側である白い紐の線より、下側を照らしています。


20131201_123655






ヘッドライトも同時に照らしてみます。


20131201_123703





これで、ヘッドライトのロービームよりは、フォグの光軸は下側になりました。

取り敢えずの完成としましょう。



20131201_124838









ハーレーのウルトラのフォグランプは

かなりイージーな取り付け方法ですので、大きく光軸を変更することは難しいと思います。





友の一人は、フォグの光軸を下側に向けるために、フォグを手で持って、無理やり力技で下側に向けたそうです。



すげ~ !!! 

私としては、その力技を見たいな。 (笑)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »