« EU YAMAHA のブツを使ってみた | トップページ | 良く分からんままで、行ってみた »

2013年7月17日 (水)

EU YAMAHA のブツを使ってみた 2





さて、EU YAMAHA から販売されている マジェスティ専用のコンソールバッグですが、


PCXに取り付けてみました。






まず、シートのヒンジ部分に取り付けベルトを置きます。


Cimg2142



シートを閉めて 取り付けベルトとバッグ本体のバックルで繋ぐだけです。








写真はバッグの左側のバックル部分ですが、


バックルを繋ぐ時は、バッグ本体からバックルを引っ張り出して、ベルトと繋ぎます。


Cimg2140








バッグ側のバックルは、バックとゴムで繋がれていますので、バックルはバッグ本体の中に

引き込まれて、見えなくなります。


Cimg2141




バッグの右側にもバックルがありますので、

左側と同様に繋ぎます。








コンソールバッグを取り付けた状態です。


Cimg2143






鍵穴部分は、バックで隠れていません。

 

Cimg2144






バッグ内部です。



Cimg2145


中に、スマホを入れてみました。







ガソリンを入れる時は、このようにバッグを左右のどちらかにずらせば、問題ないかと思います。


Cimg2147




だけど、

ただ一つだけ、使い勝手が悪い部分がありました。





このブツは、取り付け用のベルトで左右を繋いでいますので、

バッグを取り外す時は、左右のバックルを外せばいいのですが、



再度、取り付ける時には、バッグ側のバックルは、バッグ内にゴムで引き込まれています。






なので、バッグを取り付ける時は、バックルを外に引っ張りださないといけませんが、指が入りにくくて、

バックルを引っ張りだすことが、難しいのです。







そのため、バッグ側のバックルに、ひもを付けてみました。


20130716_180518







ひもを引っ張ればバックルが出てきますので、簡単です。


20130716_180350


20130716_180253

20130716_180309

20130716_180235







あと、


走っている時に、ブツが左右にずれたりしないか?  については、

このブツはシートと、ハンドル下の部分の間に、きれいに挟まりますので、

取り付けはベルトだけながら、ずれたりはしません。





このブツは、


マジェスティの専用のコンソールバッグながら、




PCXの後ろに箱を積みたくない方々には、

ぴったりのブツだと思います。





参考まで。

« EU YAMAHA のブツを使ってみた | トップページ | 良く分からんままで、行ってみた »

PCX」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/57808952

この記事へのトラックバック一覧です: EU YAMAHA のブツを使ってみた 2:

« EU YAMAHA のブツを使ってみた | トップページ | 良く分からんままで、行ってみた »