« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月27日 (月)

PCX用のブツを新しくしてみた。  だけど、、、

 



私は、過去、街乗り用の原2はフルフェイスを使っていました。



ジェットタイプのヘルメットは、ハーレーに乗り始めるまで、使ったことはありませんでした。





何故かと言いますと、



若かりし頃、まだカモシカような体型だった頃の、お話です。 (笑)





まだ、二十歳そこそこの、まだ小僧だった私は、400ccのネイキッドに乗っておりました。





ある時、空いていた幹線道路を軽快に走っていましたが、

交通量はとても少なくて、油断していました。



どうも、ボーとしていたようで、

気付くと渋滞で、いきなり車がたくさん止まっていて、





ヤバイ!  と フルブレーキを掛けると、バイクは滑って

私の身体は空中へ~~






その時に見た風景は、今でも覚えていますが、

周りの風景が上下さかさまに見えて、頭がガリガリとアスファルトの地面を削っていました。



不思議なもので、それまでの人生の一こま一こまが、何故か走馬灯のように見えてくるのです。






その時は、ゆっくりと時間が感じられて、

私は死ぬんだな。。。   て、思いました。



結果として、無事でしたが、それ以来、ヘルメットはフルフェイスと決めているのです。







それ故、


ハーレーでも、フルフェイスタイプのヘルメットを被りたかったのですが、


「 ハーレーにフルフェイス ? 」 なんて、周りの方々から言われたりしまして、





ナイーブな私は、「 そ、、、そうですか~~ ? 」 と言いながら、


せめての抵抗として、ジェットタイプでありながら、チンガードの付いた

シューベルトJ1 を使っています。 (笑)






シューベルトは、ドイツ製のブツでして

作りは、かなりしっかりとしています。


Cimg0413_2






ただね、、、

シューベルトJ1 は、大きくて重くて、夏は暑いんです。 (笑)




そこで、ハーレーに乗る時に限定の、夏用のヘルメットを別に購入しました。



Cimg0418




これは、CABERG と言うメーカーのヘルメットで、オーストリア製だったかな ?

良く覚えていませんが、とにかく、ヨーロッパの製品です。 (笑)






CABERG は、シューベルトやSHOEI と比較しても、ペラペラな製品と言いますか、、、

静粛性も悪いですし、ヘルメットとしては、あまり良い製品ではありません。



アウトバーンがあるヨーロッパなのに、こんなんでいいのかな? と思いました。




ただ、軽くて涼しいのがメリットですので、夏用には向いています。






事故った時の安全性という観点からしますと、、、

もう、お分かりでしょう ?

  










  

  

話がそれましたが、本題です。







街乗り用の原2には、先程申し上げた通り、フルフェイスタイプを使っていました。


しかし、時々メガネを掛けることもあって、





完全なフルフェイスタイプだと、メガネをしにくいこともあり、


ヘルメットの前側が上に開く、システムタイプを使うようになりました。





システムタイプとは、フリップタイプとも呼ばれていて、

メガネやサングラスを掛ける時は、便利です。






街乗り用のPCXに使っていたシステムタイプは、

SHOEI のシンクロテックという名の、かなり古いヘルメットです。






そのヘルメットが古くなったので、買い替えました。







買い替えたブツは、


SHOEI (ショウエイ)の、NEOTEC BOREALIS  (ネオテック ボレアリス)  です。





SHOEI としては、初めてサンバイザーを組み込んだブツとなります。 



システムタイプとなります。



Cimg2034




Cimg2036




Cimg2035






SHOEI 独自の、ピンロックと名付けられた、曇り止め防止のブツが、標準装備となっています。


Cimg2037









今まで使っていた、SHOEI のシンクロテックと比較してみます。


正面から見ると、NEOTEC の方が、一回り大きいようです。



Cimg2043





横から見ても、一回り大きいな 。。。


Cimg2044






こんなに大きくて、PCXのシートの下に収納できるんだろうか ?



試してみましょう。









今までのシンクロテックは、

Cimg2038





今回、買い替えたブツは、


Cimg2039












シートを閉めてみましょう。



今までのシンクロテックは、少しシートに隙間ができます。


Cimg2041






シートとPCX本体の隙間を拡大します。

少し隙間ができていますよね。


Cimg2042






だけど、今回買い替えたブツは、


Cimg2040





隙間が大きすぎます。





無理やりシートを閉めましたが、


ちょっと、無理やりし過ぎ ? (笑)






ヘルメットが大きすぎて、PCXのシート下に収納するのは、

無理じゃないけど、 無理してる 。 。 。







ちなみに、私はPCXのシートを変えていますが、

シートは純正シートをベースとしているシートですので、

純正シートと比べて、収納スペースは、ほとんど違いません。







さ~てと、、、

弱ったな 。 。 。







新調したヘルメットを、PCX 専用として使おうと思っていましたが、

収納に無理があるとなると、

シート下に収納しないか 、違うシステムタイプを買いなおすか、、、、、 


 

それとも、 持っている違うヘルメットを PCX 専用にして


今回買い替えたブツは、ウルトラ用として使うか 。 。 。








だけど、今回買い替えたブツは、かなり大きいので


シューベルトJ1 に負けない大きさかもしれませぬ。






シューベルトJ1 って、


とにかく、頭がでかく見えるんですよね。 (笑)






こんな感じです。


13695688377961





ご覧の通り、頭が必要以上に大きく見えます。(爆








今回買い替えたブツも、どうやら必要以上に頭が大きく見えそうです。


どうしたもんだろう ?




やれやれ 。 。 。 。 。


2013年5月20日 (月)

ハーレーのアドバンスドオーディオシステムを初期化してみた

 
 
 



ハーレーのウルトラには、ラジオ(AM、FM)、CD、AUX端子を備えたオーディオが付いています。



アドバンスドオーディオシステム と名付けられていて、ラジオやCD、その他の音楽などを聞くことができます。



加えて、オーディオ関係の不具合を自動的に診断して、モニターに映し出すことができます。





今回のお話は、アドバンスドオーディオシステムの不具合についての、お話です。


  


興味のある方だけ、どうぞ。






  
  



私はウルトラに乗っている時は、ラジオやCDを聞くことは、まずありません。




何故か? と言いますと、ナビやレーダー探知機の音声が聞こえないためです。


  
  

ナビやレーダー探知機の音声は、今では青歯(bluetooth) のトランスミッターを使って

青歯のインターコムで受信すれば、ヘルメット内に仕込んだ小型スピーカーから聞くことができます。


 
  


音楽だって

今時のスマホは、青歯が搭載されているし、iPod やウォークマンのように音楽を

再生することができますので、スマホの電池の持ちさえ気にしなければ、

スマホで音楽を流しながら、青歯のインターコムで聞くことができます。




だけどね、

数人でツーリングして、信号待ちなどで横から話しかけられても、何を言っているのかが、聞こえません。

だって、ヘルメット内の耳元で、音楽が鳴っていますから、外の音が聞こえにくいのです。


 

 

それで私の場合は、

オーディオミキサーでナビ、レーダー探知機、iPod の音声をミックスして、

アドバンスドオーディオシステムのAUX端子に入力して、ウルトラのスピーカーから音を出しています。


 
 
 


機器の構成は、この通りです。

 
 

Photo_3


 
  
この構成になるまでは、かなりの紆余曲折がありました。
   

興味がある方は、過去の「ハーレー」のカテゴリの記事を、ご覧くださいね。



とても、つまらない内容ですけど。 (笑)







さて、

このようにして、平穏無事なツーリングをしていましたが、

2~3ヶ月前頃から だったでしょうか ?




時々、スピーカーからの音が突然に小さくなる症状が出ました。



 
 
 
先日の、「初めての お遍路」 へ行った時には、


帰る時には、10~20分程度の間隔で、頻繁に発生しました。




 
 
 
 
音が小さくなる症状のほかに、まったく音が出なくなりました。







だけど、オーディオの電源を切って、再度電源を入れると、治ります。



 
 
 
 
音が出なくなる度に、

走りながらオーディオの電源を切ったり入れたり、何度繰り返したことか! (T_T)





 
 
 
 
 
ただね、気付いたことがありました。


ラジオやCDを使っているときは、この症状が出ないのです。





つまり、突然に音がでなくなる症状が出て、オーディオの電源を切り、再度電源を入れなおして、ラジオやCDを聞いていると、症状が出ません。



AUX 端子に入力した iPod の音楽を聴いている時のみに、症状が発生することに、気付きました。





 
 
 
 
症状の確認のために、ラジオを操作しましたが、

普段ラジオを聴くことがない私は、ラジオの操作方法が分からなくて、


走りながら、あれこれとスイッチをさわっているうちに偶然スキャンした、

NHK 第一放送の、平 清盛の政治手腕について、という面白くない番組を、1時間ほど走り


ながら我慢して聴いていました。 (笑)


 




実は、

このアドバンスドオーディオシステムは、2年前にもステレオの右側の音が出ないという故障がありまして、


その時は、オーディオ本体を交換しました。






 
 
 
 
なのに、また故障??







 
 
 
 
 
何がアドバンスドオーディオシステム でしょう !!

単なるボロシステムですね。






 
 
 
 
 
しかし、ラジオやCDの時には症状が出ないということは、解せません。






 
 
 
 
 
ということで、iPod、オーディオミキサーやナビ用のアンプ関係の配線を確認しました。


Cimg2023




配線には、異常がないように見えます。


 
 
 
 
 
次は、サービスマニュアルを見てみました。






 
 
 
 
すると

オーディオシステムの故障診断の項目に、以下の記述がありました。



赤の下線の部分をご覧ください。



 
 



31
41

 
 
 
 



何と !!!



 
 

”” DTC(自己診断コード)が設定されないで症状がある場合、デフォルト設定に戻すと問題が解決する場合がある。 ””




と、書いてあります。

デフォルト設定とは、初期化のことです。




 
 
 
 
 
何故、デフォルト設定に戻すと問題が解決する場合があるのでしょうか ?


 
 
 
このような記述がありました。




赤の下線部分を、ご覧ください。

 
 


7





上記のとおり

初期化の方法は、2通りありますが、

ラジオ診断画面から行う方法が簡単なようです。





 
 
 
 
では、試してみましょう。



CDが入っている場合は、CDを取り出して

1~6のボタンのうち、任意の2個のボタンを押しながらIGスイッチをONにします。



 
 
私は、1と3のボタンを押しました。


 
 
  
初期診断画面が出るまで、2個のボタンは押したままにしておきます。




 
 
すると、このような初期診断画面がモニターにでます。



51




青丸で囲んだ「Diag  Test」 の文字が出ればオーディオ関係のスイッチは正常です。


赤丸で囲んだ「Diag B * * * *」 の文字が出ればオーディオ関係のスイッチは、どこかでショートしています。  (B * * * * は故障を示す自己診断コード)
 





私の場合は、スイッチはショートしていないようです。



Cimg2025









オーディオ関係のスイッチが正常だと

Default の横のボタン 「1」 を押します。

6




ボタン 「1」 を押すと、このような表示となり

Cimg2026






ここで、ボタン「6」を押すと、初期化の画面から抜けることができます。


ボタン「1」を押すと、初期化となります。






初期化した後は、ラジオの音が以前と同じボリュームでも、大きく聞こえるような気がしました。





その後、ラジオを30分程度、AUX 端子に入力した iPod の音楽を50分程度聴きましたが、

突然に音が小さくなったり、音が出なくなったりする現象は、発生しませんでした。






治ったかな ? ? ?





治らなかったら困りますが、


今度、時間があるときに実際に走って、確かめてみましょう。



しかし、、、

良く壊れるオーディオだな 。 。 。

 




 

2013年5月19日 (日)

初めての、お遍路 1




 

2013年5月18日(土)



始めました。


初めての、四国八十八カ所の お遍路です。





以前から、行こうとは思っていましたが、なかなか実行できず

ここまで、引き延ばしていました。





まずは難所ではない場所へ行くので、ウルトラで出動です。




行程は高速を使った、バビュ~ン走りです。





往路は、


Photo




復路は、


Photo_2









では、出発です。



瀬戸大橋を渡ります。



Cimg1996





四国のSAにて。


Cimg2001


Cimg2000




瀬戸内の景色が綺麗です。






この日は、早朝はかなり寒かったものですから、着込んで出掛けました。
午後は、暑くなるのは分かっていましたから、少しだけ防寒ですね。




だけど、段々と暑くなり我慢できなくなって、、、




綿ジャケとインナーダウン、パッチやらを、ここで脱ぎ棄て~~ (笑)



Cimg1998





この日は、天候が良いにも拘わらず、バイクはあまり見掛けませんでした。

こんな天候が良い日に珍しいな ?





四国に渡る前に、岡山近くのPAに入りましたが、入れ違いに数台の荷物を満載したハーレーの方々が出て行きました。

ツーリング集団のバイクを見掛けたのは、そのぐらいでしょうか 。 。 。



このSAでも、バイクは2台かな~


250cc のレプリカモデルの方と、少し言葉を交わして動きます。



その後、1番礼所 霊山寺へ。

Cimg2002





お遍路のことは、良くは知りません。

だけど、私には強い味方があります。


Cimg2021



中に入る前に、作法などを読んで確認しておきます。










淡々と、お参りを進めます。




2番礼所 極楽寺

Cimg2003_3



3番礼所 金泉寺

Cimg2004



4番礼所 大日寺

Cimg2005


境内のカメには、メダカが泳いでいました。

Cimg2006



5番礼所 地蔵寺

Cimg2007



6番礼所 安楽寺

Cimg2008

Cimg2009



7番礼所 十楽寺

Cimg2010

Cimg2011




Cimg2013


Cimg2014





7番目まで廻って、予想以上に時間を費やしました。


さて、帰りましょう。




今回の、おみやです。

Cimg2033



手ぬぐいですね。 ^^


夏には、頭に巻いて汗どめとして、活躍してくれることだろうと、思っています。 (笑)






今回、初めて  お参りに行ってみて分かったことは、


  

境内で販売されている、学業や健康、恋愛など、様々な願いのローソクなどがあることからも想像できましたが、

願掛けされる方々が多いようです。






私の場合は、


ただただ、、、

亡き両親と娘、義父の冥福を祈っただけです。







今回の走行距離は


Cimg2022










ところで、

お遍路用の、スマホ Android用のアプリが便利でした。


Screenshot_20130519182102



お遍路ーるα というアプリですが、

お遍路へ行かれる方々は、活用されては如何でしょう ?




次回の お参り、いつになるのか?

気長にやっていこうと、思っています。

  

  
  

  
  

2013年5月 8日 (水)

いつまで、続けられるのだろう ?

 

  


ゴールデンウイーク(GW)に、いつも行うことがあります。

GWの恒例行事として、ホームパーティーをしています。




お昼頃から始めて、夜まで続きますので

私は9時間程度は、呑み続けています。 ^^




  
当然、次の日は二日酔いですね。 (笑)




いったい、いつから始めたのだろう?








例年、親戚が我が家に集まって、BBQをするのですが、



それぞれの家族の子供達は巣立って行き、帰省するのが難しくなってきています。




今年は、甥の一人が婚約者を東京から初めて連れてくることになり、お披露目を兼ねたホームパーティとなりました。




Cimg19942_2






東京や大阪に住む、それぞれも帰省し、

海外に住む一人の甥を除いて、14名が集まりました。




参加人数が、年々増えてきていますので、


準備が大変ということもあり、今年はBBQをやめて室内にて。






例年のGWのホームパーティでは、食べきれないほどの料理と酒を、それぞれが持ち寄って用意しますが、



メニューとして変わらないものとしては、これがあります。






牛ヒレです。


Cimg19891



Cimg19911_2






合計8枚で、このお値段です。

Cimg19892






毎年のことながら、
  

皆で 、「 すげ~~~~!! 」 って言いながら、感動して頂いています。







もちろん、差し入れです。 (笑)

私には、買えません。 ^^








ロースは



Cimg19921






やはり、すげ~~~  ですね。







宴が終わって、それぞれの生活に戻り、

息子も東京へ戻りましたが、





いつまで、続けられるのだろう ?


  

2013年5月 6日 (月)

佐田岬 3/3

 
 
 
 


しらすパークから、メロディラインに戻ります。




途中で、見たことがある風景を見つけました。



この橋の名前は分かりませんが、

佐田岬に関するWebサイトを見ると、時々あちらこちらに出てくる橋です。




何処にあるのか? って思っていましたが、

こんな所にあったんですね。





Cimg1947






佐田岬は、風力発電が盛んなようです。


あちらこちらで、風車を見かけます。


Cimg1940



大きな風車です。

Cimg1938





ここから、沢山の風車が見えます。

Cimg1939







西へ進むと、三崎港があります。


大分県まで、フェリーが運航されています。


Cimg1950







こちらは、三崎港のすぐ手前にある 「 まりーな亭 」 さん。



昔の「料理の鉄人」に出演していた

和食の鉄人である 道場六三郎さん の料理スタッフだった方がオーナーとか。。。


他の方々のブログで知りました。 ^^

Cimg1978







こちらは、三崎港をほんの少し過ぎた場所にある、
ライダーズインである 「Walk On」 さん。


HPには、ライダーホステル との表記があります。

2階部分には、2段ベッドが見えますね。


1階部分に、バイクやチャリを止めるようです。


Cimg19511






さて、佐田岬灯台の駐車場まで来ました。

ここからは、歩いて灯台まで行きます。


20130427_145654





駐車場から、細い道を歩いて行きます。


Cimg1952





写真では分かりにくいですが、下って行きます。

Cimg1953




どんどん、下って行きます。 

Cimg1954





次は登りです。 (まだ、着かないの ?)

Cimg1956





灯台の手前にある、展望台まで来ました。


Cimg1958





オブジェは、ハートマーク ?

Cimg1959






展望台からは、灯台が見えます。


また下って、登らなくてはいけないようです。 (泣

Cimg1957



途中の怪しいキャンプ場 (笑)

Cimg1969




灯台の下まで、やっと来ました。

Cimg1967


Cimg1966





階段を上って、やっと着きました。

Cimg1961




海の向こうは、九州ですね。

Cimg1963



Cimg1965








往復4km ほど歩き、駐車場まで戻ります。


では、宿へと向かいます。





この宿は、部屋の名前がすべて魚介類の名前が付いています。


20130428_052316





この宿では、通常の料理の他に、残酷焼きなる貝類のBBQがあります。


Cimg1971






アワビが動いています。











さて、翌朝の風景です。

朝焼けが綺麗ですね。 遠くには風力発電の風車が見えます。




漁師さんの朝は早いです。

次々と、お仕事に出掛け始めています。

20130428_053111


20130428_053211








松山まで戻り、市駅前の、でゅえっと さん に到着しました。



ミートスパゲティの大盛りで、有名なお店です。

いつも、行列ができているようですよ。



私は、2回目の来訪となります。


Cimg1985





前回と同じく、大量の麺を炒めています。

Cimg1986




今回は、料理の写真はありません。

前回の訪問の時をご覧ください。 ( こちらから )





満腹になって、

往路とは、違うルートのフェリーで帰宅。

Cimg1988







今まで、岬の灯台は数カ所を訪れていますが、

佐田岬の灯台が、一番歩いたようです。




観光しながら、歩くことで健康にも良い佐田岬の灯台。

あなたも、訪れてみては如何でしょう ?

 

2013年5月 2日 (木)

佐田岬 2/3

 
 
 
 

さて、
 
四国の佐田岬ですが、赤丸で囲んだ場所になります。


今回は、岬の先っぽにある灯台を目指します。

 

Photo

 




まずは、フェリーで四国に上陸しましょう。


 

Cimg1925

 






新しくできた、第2音戸大橋をくぐります。

 

Cimg1928







古い橋と新しい橋
 
 
 
2つのアーチ橋が重なって、この海峡に彩りを添えてくれます。

 

Cimg1929






船内は多くの乗客で賑わっています。
 
 

Cimg1931

 




フェリーで松山へ上陸した後は、



松山 ⇒ 松山道 ⇒ 大洲 ⇒ 八幡浜 ⇒ 佐田岬  と進みます。


Photo
 
 
 
 
 
 
佐田岬の半島部分に入ると、
 
 
道の駅 「きらら館」 があります。
 
 

Cimg1932
 
 
 
 
 
道の駅そのものは、珍しくありませんが
 
 
 
駐車場内にある、このお店は、人気があるようです。
 
 
じゃこ天 と じゃこカツ が美味しいですよ。 

 

Cimg1933

 
 
 
この道の駅のそばには、原子力発電所がありまして

 
道の駅の奥には、原発の資料館があります。
  
  
  

 
資料館は、矢印で示した茶色い建物で、きらら館の3階から連絡通路を通って、行けるようになっています。
  
  

Cimg1984

 
  
  
  
    
原発資料館に置いてあるパンフレットです。
  
 
プルサーマルによる運転をしているようですね。
 
  

Cimg1980

 
  
  
  
  
きらら館の屋上展望台から、伊方原発の一部が見えます。
 
  

Cimg1982

 
  
 
  
   
   
もう少し西へ進むと
 
道の駅 瀬戸町農業公園があります。
  
  
  
  
この道の駅から、東方向の車線に、メロディラインとなる道路部分があります。
 
 
 
 
私の場合は東方面から来ましたので、道の駅を起点として、少しだけ戻るように走ると
 
メロディが聞こえてきます。
  
  
  
  

実際に走って、動画を撮ってみました。
  
  
メロディーが聞こえるでしょう ?
  
  
 

 
  
  
  
  
  
 
  
  
  
この道の駅から、海岸線に向かって降りて行くと、しらすパークがあります。
  
 
  
2階にある 「 しらす食堂 」で、しらすを食します。
  
  
  
  

20130427_123214_2

 
  
  

Cimg1942



  
  
  
  
しらすは、釜揚げが人気のようですが、生のしらすは珍しいので、
  
釜揚げと生の2色丼をチョイス。
  
  
別にしらすのかき揚げを注文しました。
  
  
  
生のしらすは、釜揚げのしらすと比べると、魚自体が大きいです。
  
  

Cimg1944


 
  
  
  
  
  
店内からは、豊後水道が見えます。
 
 
 
豊後水道は、海峡になるのでしょうか 。。。
 
海峡と言っても、実際は太平洋みたいなものでしょうね。
 

 
 
 
 
いつも思うのですが、外洋は水平線が若干曲がっていて、
 
  
地球が丸いことが分かります。
 
 

Cimg1943


 
 
 
  
では、岬の先っぽにある灯台を目指しましょう。

 
つづく ・ ・ ・
  
 
 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »