« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

リベンジ用に届いたブツを使ってみた

 

 

 

前回の駆動系の作業 は、途中で中止しましたが、

 

今日から休暇ですので、リベンジ用に届いたブツ を使って

街乗り用のブツを普通に乗るために、

駆動系を弄ろうと思っていました。

 

 

 

しかし

早朝から仕事の連絡があり、、、、

 

 

 

こりゃ まずい !   ということで、 

バビュ~ン と 御出勤となりました。  (T_T)

 

 

 

昼前には目途が付きましたので、 職場を後にして

 

 

リベンジ開始です。

 

 

ここからは、PCX固有の作業となりますので、

とても つまらない内容です。

 

 

 

この作業内容は、ネットで数多く流れていますが、

それらを見ても、実際に作業する私自身が分からなかった部分を重点に記しておきます。

 

興味のある方だけ どうぞ。

 

 

前回の記事で、クラッチを分解する工具がイマイチだったので

専用の工具を買ってみました。

 

 

リベンジ用に届いたブツは、これ。

 

20121228_220840

 

20121228_2212191_2


 

39mmの、ラチェット用のソケットです。

かなりごついブツですね。

 

 

 

ネットで探ると、良く使われている工具としては、これが多いようです。

 

41y8lsfwqul


 

ただ、この工具だと、ナットを締める時にトルク値が管理できませんので

トルクレンチを持っているなら、ソケットの方が良いと思います。

 

 

 

では、作業は前回の続きからになります。

39mmのソケットを使います。

 

Cimg1786


 

この段階では、ナットは緩めるだけです。

 

決して外しては、なりませぬ !

 

 

 

ここからは、写真をご覧になっても分かりにくいですから

クラッチを含めたドリブン関係の構造を

サービスマニュアルでご覧ください。

 

以下に記しておきまする。

 

 

今回の作業は、

ムーバブルドリブンフェース の交換となります。

 

 

ところで

ムーバブルドリブンフェース って名前が長いな ~  (笑)

通称は、トルクカム って言うみたいですよ。

 

Img003_2
 

 

 

ここからは、上記に記したサービスマニュアルを参照しながら読まないと

多分、、、 分からないと思います。

 

ここからを、ご覧になる方々は、 上記の組み合わせ図をご覧になりながら、

以下を読んでくださいね。

 

 

 

 

では、続きます。

 

 

クラッチ/ドリブンプーリーナットを緩めた後は、

 

ドリブン全体をバイクから外して床に置き

左手と右ひざで押さえて、右手でナットを緩めていきます。

 

専用工具もありますが、この方法で十分だと思いまする。

 

 

ナットが外れたら、ゆっくりと力を抜いていくと

 

ドリブンに仕込まれたバネが

ビョ~ン と伸びてきます。

 

 

ナットが外れた状態です。

 

Cimg1787_2

 

 

バラしていきます。

 

Cimg1788_2

 

 

 

自動遠心クラッチ部分です。

 

Cimg1789

 

 

奥にバネが見えますが、

エンジン回転が上がると、このバネが伸びて、

クラッチが繋がる構造になっています。

 

 

 

 

クラッチのバネとは、別のバネを外して

 

Cimg1790


 

オイルシーラーを外します。

 

Cimg1791

 

 

 

このオイルシーラーは、

どうやって外したらよいか、分かりませんでした。

 

 

結局、オイルシーラーを、手でがっちりと掴んで

 

回しながら引き抜くと、外すことができました。 (多少の力が必要です。)

 

上に引き抜いたので、下側のOリングが、上にずれているのが、分かると思います。

 

Cimg1792

 

 

 

右が取り外した ムーバブルドリブンフェース(トルクカム)で

左側が交換する トルクカムです。

 

Cimg1793


 

左右のブツを比べると

筒に斜めに空いた細長い溝の形が違います。

 

右側の純正は、細長い溝が下に向かって、への字 のように曲がっていますが、
交換するブツは、細長い溝が直線状になっています。

 

国内仕様の純正のトルクカムは、この への字の溝 によって、加速が悪くなっているようです。

 

ちなみに、ホンダが生産しているタイ仕様は、左側の形状みたいです。

 

 

トルクカムに必要なOリングとオイルシールです。

記録として、パーツナンバーを記しておきます。

 

Cimg1796

 


Oリングは、左側が右側より大きくて、トルクカムの下側に付けます。

 

そのまま、ひっくり返して、パーツナンバーを ご覧ください。

 

Cimg1795
 

 

 

トルクカムを交換した後の状態です。

 

細長い溝に付属のグリスを、充填します。

 

Cimg1797_2


 

Cimg1798


 

 

この後は、バラした反対に、部品を組んでいきます。

 

 

ところで、

プーリーを取り付けるナット部分には、エンジンオイルを 塗っておけ! とのこと。

 

Cimg1799


 

ウルトラ用のエンジンオイルを塗っておきました。

 

 

最後に、

駆動系のカバーの外し方と、 ナットのトルク値について

サービスマニュアルを記しておきます。

 

 

 

参考まで。

 

Img001

 

Img002_2


 

 

今日は、早朝からの予定外の仕事となり

かなり参りましたが、

 

街乗り用のブツを普通に乗りたいために、

何とか作業をすることができました。

 

 

見た目は、ほぼノーマルの街乗り用のブツですが、

駆動系を普通にしたことで、

少しは、乗りやすくなるかな ?  ^^

 

 

2012年12月22日 (土)

街乗り用のブツは硬い




 

 

今日から3連休ですね。

 

 

と、言いましても、お仕事の方々もあろうかと思いまする。

 

 

 

頑張ってくださいね。 ^^

 

 

 

 

 

という私は、ここ2週間は、かなりハードでしたので 今日はゆっくりしよう と思いながら

 

 

少しだけ、ブツを弄っておきたいと思い 

街乗り用のブツを、普通に乗るべく、

 

 

少しだけ、作業をしました。

 

 

1


 

このPCXは、良いバイクだと思いますが、何か遅いような ・ ・ ・

 

 

ということで、

気になっていた部分である駆動系を、普通にしてみましょ !

 

 

まずは、カバーを外していきます。

 

 

2

 

 

クランクカバーを外し、ストリップ状態にします。

 

 

ちなみに、

ストリップ ・ ・ ・

 

 

温泉地以外で、まだあるのかな? (笑)

 

 

 

3_3

 

 

このカバーには、3種類の長さのネジが使われています。

元に戻す時は、間違えないようにね。

 

4_2

 

 

 

プーリーから、外します。

 

5
 

 

 

外しました。

 

6

 

 

ウエイトローラー(WR)を交換します。

 

ちなみに、純正のWRは、1個が18グラムですが

迷った末に、15グラムのブツに変更してみます。

7

 

 

WRは、装着する向きがありますので、気を付けて作業しましょう。

色が付いた方が、左向きになります。

 

 

 

 

クラッチの外カバーのナットを緩め、カバーを外します。 

 

 
8

 

 

 

 

クラッチ本体のナットを緩めますが、

 

ここで問題が発生しました。

 

 
9
 

 

 

緩める工具は、手持ちのモーターレンチを使いましたが、

 

ナットをなめて、ナットが緩みません。

 

 

相当、硬いですね。

 

 

 

 

何度やっても、上手くいかないので、

あきらめました。 (笑)

 

 

工具を買うことにして、作業は中止です。 (T_T)

 

今日ほど、インパクトレンチが欲しいと思ったことは、ありませぬ ~~

 

 

 

 

WRを軽くしたインプレですが、

やはり、加速が少し良くなったように思えます。

 

 

 

 

ちなみに

作業中止したブツですが 、、、

 

10

 

 

トルクカムの交換です。

 

PCX では、カスタムの定番として知られているブツですが、

ナットの硬さをなめていました。。。。。

 

 

 

 

さて、作業を中止したので、時間ができたので、

どうしようか ?  と思っていると

 

 

先日、ある方から教えて頂いた情報を思い出して

 

一路、レンタルビデオ屋に ~~

 

 

邦画は、ほとんど見ない私ですが、

今回は、邦画をレンタルしてみました。

 

11
 

 

 

 

KATANA のデザインは、

当時、とても斬新だったことを覚えています。

 

乗ったことはありませんが、

一度は乗ってみたいバイクですね。

 

 

 

続きは

後日ということで 。 。 。

 

 

2012年12月16日 (日)

年末が近づくと、とても面倒だ 。。。

 
   
  
  
  

  
年末が近づいて来ましたが、 如何お過ごしですか?



忘年会やら、何ちゃら総会やら、

今年は早めに年賀状を書いておこう かい  やら、色々と忙しい時期になりました。





今年こそは

年末の面倒なことを、早く片付けようかと思い・・・







まずは、これですね



頑張りました~  ♪



Cimg1764



  
  
  
年賀状ですが、4種類の裏書だけ刷っちゃいました。

これが時間掛かるんですよね。






終わって

ほっと してると、 帰って来た娘からのリクエストです。





携帯にCDの音楽を入れて欲しいとのこと。
 

  

  

  

  
  


きゃりーぱみゅぱみゅ を携帯にインポートします。

  
  

  
  

20121216_180920




  
  




ちなみに、娘が携帯にインポートしたいブツは

と言いますと、、、

  
  
  
  
  
  

20121216_181307

 

  
 

  
きゃりーぱみゅぱみゅ

西野カナ

AKB48

YUI

ももいろクローバー Z






これらの一つだけでも分からないと、

あいつらの会話から取り残されます。 (笑)

  




さてと、、

私の休日は、こうして終わりましたが 、、、  (T_T)
  

  

ちょっとだけ、良いこと ?  が あり。。。



Cimg1765





最近は、原2用のナンバーで、御当地ナンバーが流行りですが、
  
  
私の地元も始めるようで、

  
  

開始記念として、限定で希望ナンバーがゲットできることになりました。

  
  

2輪で希望するナンバーをゲット出来る機会は、めったにありませんので応募すると、、、

 

 

 

 

何故だか、当たっちゃいました。 ♪

 

 

 

 

ただね、、、

 

この御当地ナンバーのデザインは、

銀河鉄道999 の作者の方の監修だそうですが、、、、

 

 

 

 

  
  
イラストで見る限りは、、、

だっさ ~~~~~

  
  

 

 

 

年明けから配布予定ですので、

このナンバーを実際にゲットして

 

実物を見てから、

   
   
 

当選を

辞退するかどうかを決めようと、思っていまする 。 。 。  (笑)

 

 

2012年12月 9日 (日)

街乗り用のブツを明るくしてみた

 
 


  



12月9日は、冬型の天候が強まる との予報でしたが、



岡山の日生にカキオコを食しに行こうかと、予定しておりました。






朝の8時前には完全防備でウルトラで出発したところ、  

友らの地域では、雪が降り出したそうで、、、、





あえなく、中止となり。。。。


引き返したまでは、いいのですが、 この後で何をしようかな ?




以前から気になっていたことですが、

街乗り用のスクーターのヘッドライトが暗い。。。





と 言うことで、 街乗り用のPCX のヘッドライトをHIDに交換しました。







今回は、単なる交換ですが、


2点ほど、気になったことがありましたので、
  

  






覚書きとして記しておきまする。

興味のある方だけどうぞ 。





とても、つまらないですからね。。。 (笑)




  



HIDは、中華製の安物ですので、

ちゃんとバルブソケットに入るのか、多少は心配でした 。




   

  
事前に、HIDバルブのカラ焼きをしておきました。



1_2






HID バルブは35Wのブツですが、

電圧が13.0Vの場合で、




2 









8A程度の消費電流でした。



3








まずは、外装をばらします。



9_5


9_6


9_7




今回は、ヘッドライト用のスイッチを付けます。

ネットで探したブツですが、PCX 専用ということなので、ゲットしてみました。








このブツの謳い文句は、



「PCX専用で、既存のカプラーの間に入れるだけの簡単装着。」

 

「マイナーチェンジ後のモデルにも装着可能」






間違いな謳い文句でした。


ブツの写真です。


9_15








オス・メスのカプラーが付属していますが ・ ・ ・ ・



9Pのカプラーです。


9_14




ところが、

配線図を見ると 、、、、、



9_1




赤丸で囲んだ部分が、ヘッドライト・ポジション・ウインカー用のカプラーとなりますが、


6P と 3P の2個のカプラーでの構成となっています。



   
  
   


実際のカプラーは


9_13



このとおり、 6P と 3P のカプラーです。








私のPCX は、平成24年の5月に  esp エンジンを搭載した新型にマイナーチェンジされたブツですので、


このスイッチに付属しているカプラーは、多分旧型にしか使えません。






ということで、残念ですが、加工が必要となりました。







HID の電源はバッ直ですので、2個のHIDのバッ直電源配線のマイナス側に割り込ませることにしました。



  

まずは役に立たないカプラーは、撤去します。

9_16




  
次に

電源コードからマイナス配線だけを取り出して、ギボシ端子を付けて、

スイッチからの配線を割り込ませます。


9_17







HIDバルブは中華製の安物の割には、きちんと入りました。


9_18







あとは、配線を処理して、



9_19






バラストは、2個分をまとめて、ここに取り付けです。


9_21




スイッチは、ここに。


9_20









さて、


今回のまとめですが、



1 PCX専用(旧型、新型 共用) の謳い文句のスイッチは、新型には付かないこと。


2 PCXの純正ヘッドライトの配線は、マイナス配線に罠があること。








「 1 」 については、それほど問題はありません。




「 2 」 についてですが、


PCX は、アイドリングストップ装置が付いており、アイドリングストップ時には、ヘッドライトが減光するシステムが装備されています。





また、ヘッドライトは IG を ON にしても点灯しません。

エンジンを掛けて、初めて点灯する仕組みになっています。





そのためでしょうか ?  






ヘッドライトスイッチのマイナス配線の 「緑/橙」は、


ポジションやウインカーのマイナス配線とは、別になっています。

(上記の配線図を再度ご覧ください。)





  
 

ヘッドライト用のマイナス配線である 「緑/橙」 配線は、

コンピュータに繋がっていて、単なるマイナス配線ではありません。





ちなみに、

純正のハロゲンランプを外して、「緑/橙」 配線を空いた状態にすると


 

エンジンが掛かった状態で、ヘッドライトスイッチでヘッドライトを消すと

ハイビームのインジケーターが点灯します。




つまり、

「緑/橙」 配線に電流が流れないと、

ハイビームの表示が点灯する ということです。







だけど、エンジンが掛かっていない状態で、IG が ON で点灯しますが、

この場合は、スイッチを切って消灯しても、ハイビームインジケータは点灯しません。





エンジンが掛かった状態で、ロービームにしてて、

もし、ハイビームインジケーターが点灯していたら、


ヘッドライトスイッチがOFFになっていることになります。




ハイビームの誤点灯を防ぐには、、「緑/橙」 配線を、アースしてやれば良いのでは ? と思いますが、



今回は試していません。
      





    
   
 

   
   

何故なら


  

ハイビームインジケータの誤点灯は、 

ヘッドライトの点灯忘れ防止になろうかと思います故。 (笑)





HID の装着後です。


9_22


 

 

これからの季節、

帰りは真っ暗ですので、活躍してくれることでしょう。





ちなみに、

シートも交換してみました。





純正は、 

9_10




交換後は、

9_11


   

   


これで、かなり乗りやすくなりました。



普通に乗れるようになるまでには、もう少し時間が掛かるようです。 。 。 

     

  

  


 
  

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »