« LED パッシングライトは Truck Lite 製品 ? | トップページ | 久しぶりな1日 »

2012年10月 6日 (土)

やはり ・ ・ ・  アメリカ製品だな。。。

 

 

 

前回の記事での、Truck Lite 製品を取り付けました。

 

 

その他として、先日に交換した他のブツの改良をしました。

 

 

内容は大したことはないので、自分の覚書きとしますが、

参考まで。

 

 

 

 

クリアキン製品と言いますか、クリアキンが販売しているブツは、

ハーレー純正製品に比べて、説明書が詳しいこともあり、

 

 

私の場合では、取り付けは、かなり楽で、過去の経験から言いますと

ハーレー純正より取り付け易いと思っています。

 

 

今回のブツはこれですね。

 

しかし、Truck Lite 製品で、クリアキンのブランドではないので、

説明書は同封されていません。

 

Cimg1626

 

 

早速、フォグライトをばらします。

 

Cimg1630


 

やっぱり ・ ・ ・  です。

交換するブツにコネクターが付いていますが、純正にはそのようなコネクターはありません。

 

 

純正のフォグを外すと、残った端子はこれです。

 

Cimg1631
 

 

正式な名前は知りませんが、

ギボシ端子の仲間である平端子ですね。

 

 

良く使われています。

 

 

 

それで、本体側は写真にあるようにメス端子ですので、オス端子が必要です。

 

ストックにあったかな~ ?

 

 

 

 

工具箱を探すと、ありました。

 

Cimg1633


 

やっほ~い~ ♪

 

 

この時の時刻は、AM9時頃でしたので、まだお店が開いていません。

開店時間まで、待つ?  と思いましたが、ストックがあってラッキーでした。

 

 

 

交換するブツのソケットを、ためらいなく切ります。

 

Cimg1634

 

 

 

 

端子を付け替えて、念のためにハンダ付けしておきましょう。

 

Cimg1635
 

 

 

ウルトラからの配線に繋ぎ、テープで絶縁処理をしておきます。

 

Cimg1636

 

 

 

装着後です。

 

20121006_095700

 

 

 

 

この後は、冒頭で述べた、先日交換したブツの改良をします。

 

 

 

このブツはヘッドライトですが、

私は以前から、ヘッドライトは某HIDバルブを使っていました。

 

 

しかし、HIDって、ライトの反射板を曇らせるんですよね~

 

 

HIDバルブからの紫外線の放射が、ヘッドライト反射板に与える影響が大きいと言われているようなので、

私は紫外線の放射が少ないとの謳い文句の、このバルブを使っていました。

 

しかし、結果を見ると

 

20120918_122705

 

 

やはり、赤丸で囲んだ部分が曇っているようです。

 

 

 

 

たまたま、ですが

かなり以前のことになります。

 

 

クリアキンのHIDヘッドライトを購入していましたので、

これを機会に、ヘッドライトも交換しました。

 

 

右側が今まで付けていたHIDです。

国産ですが、故障もなく問題ありませんでした。

 

左側が、今回交換したHIDになります。

 

20120918_105225

 

 

故障もないのに、今回交換したのは、

 

ヘッドライトの反射板が曇ってきたことと、

左側にあるHIDが、以前に購入していたブツで、余っていたからです。

 

 

 

今から、新たに交換するなら、HIDヘッドライトではなくて、LEDヘッドライトになるでしょう。

 

 

それで

先日交換したHIDですが、

 

ウルトラ本体から配線されているH4バルブ用のソケットに差し込むだけの配線で

 

HIDによくある、バッテリー直結からの配線は必要ありません。

 

 

そのため、配線はとても簡単なのですが、

この配線方法が、メチャしょぼい!

 

20120923_100200

 
 

 

こうやって、Low ビーム、High ビーム、アースと3本の線をウルトラ本体から来ているH4バルブ用のソケットに差し込みます。

 

 

 

この接続方法については、こちらをご覧ください。

最後の方に、あります。

 

http://www.youtube.com/watch?v=ojcij-uF5b8

(音が出ます。ご注意ください。)

 

 

 

 

この接続方法だと、やっこカウルを外す時は、それぞれ3本の線を外さないといけません。

 

これは、面倒です。

 

 

それで、しょうがないので

H4バルブ用のオスソケットを別途に購入して、加工しました。

 

 

 

20120923_100650

 

 
元々の配線を切ります。

 

 

そしてH4バルブ、オスソケット用の端子に変更します。

 

20120923_102327

 

 

 

これを、H4バルブ用のオスソケットに差し込みます。

 

20120923_102459

 

 

このオスソケットを
ウルトラ本体から来ているH4バルブ用ソケットと差し込みます。

 

20120923_102841

 

 

 

 

これで、やっこカウルを外す時は、このオス・メスソケットを外すだけで、いいようになりました。

 

 

すべての完成後です。

 

 

 
 

 

点灯すると

 

Cimg1637_2

 

 

交換したHIDヘッドライトより、交換したLEDフォグの方が白く見えますね。

 

 

LEDヘッドライトは、日本ではまだ認定されていない、と聞いていますが、フォグについてはどうなんでしょうね?

 

車検時に交換しなくてはいけないのかな?

 

 

日本の規制緩和は、相変わらず、進展が遅いようです。

 

 

 

それと、

アメリカ製品は、加工なしで取り付けできないのか?

 

本当に面倒です。 

 

 

 

ドイツ製品は、どうなんでしょうかね 。 。 。

 

 

« LED パッシングライトは Truck Lite 製品 ? | トップページ | 久しぶりな1日 »

ハーレー」カテゴリの記事

コメント

>さんごさん

なるほど、現行ではポン付けですか。。
クリアキンは比較的取り付け易いので、重宝するのですが、やはりアメリカ製品だと思ってます。

フォグの車検の件は了解です。
リコールもそのためでしょうから。

純正のLEDヘッドライトは、私の周辺でも付けている方々が増えました。
LEDはノイズは出ないし楽ですよね。

こんちゃー
クリヤキンの肩を持つワケではありませんが・・・w
現行のフォグはソレ無加工で付くはずです。
’10くらいから変わったようです。
私のウルトラは防水カプラのようなタイプでした


車検、フォグ自体はLEDとか関係ないですね。
ちゃんと点くか?なだけのはずです。
逆に点かないとNGって聞きました。
「フォグライトはファッションで付けてるだけで配線してません」でゴリ押す場合は玉抜いてくださいとバイク屋さんに言われましたw

ストロボ化してる場合、ちゃんと常時点灯出来るモードがないとダメですね。
私のはボタンでモード切替出来るし、常時点灯モードがあるので車検通りますが、ストロボのみのヤツはダメなので玉抜いて車検通しました。

HD純正のLEDヘッドライト付けてますけど、むっちゃ明るいですよー

>t_manabe さん

HIDとLEDはどっちかなぁ~
消費電力からいうと、LEDが少ないのですが。。。

私が変更したクリアキンのHIDは、購入したのは2~3年前だったと思いますが、
既にカタログ落ちしています。
これからはLEDライトの時代だと思いますよ。


>しろまるさん

HIDは、4輪で純正製品がやっと全体的に普及してきましたよね。
2輪では、国産の場合、純正でHIDさえ、まだまだの状況です。

もっと2輪の電装品に目を向けてもらいたいものです。

車はHIDをオプションでつけました。

バイクのライトも明るくしたいですね。

HIDとLED、どっちが明るいんでしょう?

車はHIDで満足していますが

バイクの方も明るいライトが欲しくなります・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/55826864

この記事へのトラックバック一覧です: やはり ・ ・ ・  アメリカ製品だな。。。:

« LED パッシングライトは Truck Lite 製品 ? | トップページ | 久しぶりな1日 »