« 富士リベンジツー その3 | トップページ | シートダンパーの小技を真似っこしてみた »

2012年9月24日 (月)

愛媛県道55号






国道は 酷道、  県道は 険道 などと、良く引き合いに出される

四国の山間部の道路ですが、




私も過去、何度かその洗礼を受けています。 (笑)





一番最近のことですと、 あの時 のことでした。


あの時は、勇気ある撤退をして、Uターンしましたが、




あの道の先はどうなっているんだろう ?

気になってしょうがありません。




そう 、 、 、

あの道とは、 愛媛県道55号線 です。




道幅は狭く離合できる場所もほとんどないため、4輪で行くのはまずい。




大型バイクでは、立ちゴケの危険性が  。

ならば、スクーターなら大丈夫だろう ・ ・ ・




ということで、PCXで リベンジに行ってまいりました。





往路と復路の行程です。 

行きも帰りも、同じ道を通ります。

 

Photo





フェリー乗場に到着しました。



Img_20120922_0634051

Cimg1564



乗客は、結構いました。

AM 6:50 発 のフェリーです。






フェリーが来ましたよ。

Cimg1565

Cimg1566

フェリーは良いですよね~

 

 

 

しまなみ海道の、来島海峡大橋の下を通ります。

Cimg1570

Cimg1571

Cimg1572







今治に到着しました。

Cimg1574







一応、ナビをセットして、

GPSレーダー探知機も積んでいきました。

Cimg1575








R379沿いにある、道の駅で一休みです。

 

初秋の気温は、 思ったより低く、とても寒かったです。

Cimg1578

Cimg1576

Cimg1577








そのままR379を南下し、R380を東に進んで、

愛媛県道55号線の北側の端まで走ります。

Cimg1579








この交差点を右折して、県道55号へ入ります。

Cimg1581




この55号線を南下し、以前に引き返した場所まで行きます。










5月当時は、工事中だった場所です。

ガードレールは、新しいものが取り付けられています。



あの時、あのまま進んでいたら ・ ・ ・  

を再現してみましょう。

 

Cimg1583








県道55号でのルートを確認しておきましょう。

Photo_2




スタート地点から、しばらくの間、上っていくと、

分岐の看板がありました。





55号線はまっすぐですが、

右側へ 「 小田深山 」 との表示がありますね。

とてもヤバそうな道です。 (笑)


Cimg1584







続けて、進みます。




問題ない道です。

多分ですが、舗装がきれいなので、

最近道路を直しているように思えます。

Cimg1587

Cimg1588







その後 

峠まで来ました。

Cimg1589







ここからは、下りです。



左側に湧き水の取水場 ? らしきものがありました。

Cimg1590






引き続き、県道を下って行きます。

Cimg1591

Cimg1592

Cimg1593








暫く行くと、突然視界が開けて、55号線沿いに、民家がありました。 

暮らしぶりが気になります。

Cimg1595







55号線上から見える山間部の風景です。



向こうに、数カ所の集落が見えます。

Cimg1594







更に下って行きます。

Cimg1596

Cimg1597

Cimg1598

Cimg1599







さぶいぼ亭 って何だ ?

Cimg1600






愛媛県道55号の終点で、R380との交差点です。

Cimg1601








さて、目的は達成しましたので、そそくさと帰ります。






今治の白龍にて、焼き豚玉子飯を食し

Cimg1602








今治からフェリーで出航し

Img_20120922_143719








岡村港へ到着


Cimg1603

 


今回の走行距離です。

20120923_113445


 

今回、県道55号を走ってみて

結局、あの時に引き返して正解だったと思います。



道路の180度カーブ (Uターンするようなカーブ) の場所に、

土砂が流れ込んでいたりするような所があって、



微妙なアクセルワークが必要な、危ないカーブもありました。




しかし

道路自体の通行は何とかなった と思いますが、




峠を少し下った所で、大型ダンプが土砂を捨てていました。

 

 

今回は、下りのカーブで、

下から上がったきた大型ダンプとぶつかりそうになり、





離合しようにも、

大型ダンプは道幅ギリギリですので、




スクーターじゃなければ離合するのに、

苦労したと思います。




愛媛県道55号線は

やはり 険道 でした。  (笑)







« 富士リベンジツー その3 | トップページ | シートダンパーの小技を真似っこしてみた »

PCX」カテゴリの記事

ツーリング」カテゴリの記事

酷道・険道」カテゴリの記事

コメント

>オパさん

ヤバイ道は250ccぐらいのバイクがいいかも。
原二では、少々疲れます。 (笑)

すっきりして良かったですね。
私もすっきりしました。 ^^

なるほど!
四国を満喫されたとは、この事だったのですね。

道の先が気になる(笑)
小型バイクのなせる業ですね。
どうにでもなりますもんね。

あ~
ますます、オフ車が欲しくなりました(笑)

道の先が分かって僕もすっきりしました。
お疲れ様でした。

>ナオさん

写真では撮れなかったですが、かなりヤバイ場所がありました。

  >よくぞ行かれました

  ありがとね。


>ぶしさん

ウルトラで一緒に行きましょう! (笑)


お疲れ様です。

今度は、ウルトラで行ってみて下さい(笑)

こうなってましたか~

あの時Uターンした仲間も
これでスッキリだと思います~笑

よくぞ行かれました
さすがです☆

>クラさん

苔です。
ズルっといきます。 (笑)


>t_manabe さん

オフ車がいいですよね。
しかし、このような状況は、そうはありませんよ。


>るなさん

木漏れ日は、罠です。 (笑)
大型バイクですと、明らかに立ちゴケを狙っています。

カブなら、大丈夫だと思いますよ。


>まちゃさん

敢えて行くのが、チャレンジャーです。 (爆

でも、あれだけの距離を走ると、少々腰にきます。

あの道の向こう を確かめるだけのためにわざわざ、って感じがイイです。(^-^)/
それだけ走れるPCX、良いバイクですね。

木漏れ日が気持ち良さそうな感じだけど、
陽が傾いてきたら、ちょっと泣きたくなるかも(・_・。)
できれば、一人の時にはお目にかかりたくない道です…

こんばんは

確かにそうですね、車では無理

しかしツアラーでは立ちごけ心配!

私もそう言う思いをした事が有ります・・・・・


セカンドバイクが欲しい~

道路中央部の緑色は苔ですか?

くわばらくわばら(^^;;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/55734911

この記事へのトラックバック一覧です: 愛媛県道55号:

« 富士リベンジツー その3 | トップページ | シートダンパーの小技を真似っこしてみた »