« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

シートダンパーの小技を真似っこしてみた

 

 

スクーターのシートの下は、物入れになっていて、シートを上げればヘルメットや鞄などが収納できますよね。

 

 

ただ、シートの長さが長い場合は、少し面倒です。

 

 

PCXの場合、ハンドルを真っ直ぐしていないと、シートが倒れてきて
シートの下に頭を入れていようものなら、後頭部にシートの直撃を食らいます。

 

 

 

ハンドルが真っ直ぐだと

 

Cimg1605


 

 

このように、シートは倒れてきませんが、

 

 

 

ハンドルが少し傾いていると、シートがハンドルに当たって

 

Cimg1607

 

 
 

軽く手で押さえていないと、シートが倒れます。

 

 

もう少しハンドルが傾くと

 

Cimg1606
 

 

手で押さえる力が増してきます。

 

 

 

 

何て面倒なんでしょう !

 

 

 

 

普通に乗ろうとしている、心ある方々(?) は、工夫していらっしゃるようですね。 (笑)

 

 

こんなんや

 

P3


 

あんなんや

 

P4


 

 

など、色々あるようです。

 

 

 

 

 

しかし、棒状の油圧ダンパーだと、シート下の空間が狭くなりそうだ~

 

私の場合は、シートが倒れてこなければいいので、簡単なつっかえ棒みたいなブツで、
十分ですが、もっと目立たない方法がないかな ?  って、考えておりました。

 

 

 

 

 

そんな時に、某チャレンジャーな方が試した方法を偶然見つけましたので、

この方法を真似っこしてみました。

 

 

 

 

今回も、

 

 

 

普通にバイクに乗るために、使いやすくする方法です。

 

 

 

 

早速、ブツをお取り寄せです。

 

Cimg1612


 

ブツの反対側です。

 

Cimg1613


 

このブツは、シグナス用のシートのヒンジ部分に仕込む、ヒンジバネです。

 

 

 

台湾製のブツです。

 

 

 

PCXですと、この部分に取り付けします。

 

Cimg1604


 

シートとバイク本体の連結部分ですね。

蝶つがいの部分となります。

 

 

ヒンジバネは、このままでは取り付けできませんから、

加工します。

 

 

まずは、シートとバイク本体をつないでいる、蝶つがいの金具を外します。

 

シートが上がっている状態だと、金具はこうなります。

 

Cimg1614

 

 

 

 

シートが閉まっている状態だと、金具はこうなります。

 

Cimg1615_3


 

 

 

では、この金具の加工から始めます。

 

 

金具をばらして、グラインダーで削ります。

 

Cimg1616

 

Cimg1617_5

 

 
 

 

ヒンジバネも加工します。

 

 

万力で固定して、無理やり曲げます。

 

Cimg1618


 

 

金具とバネは、曲げては取り付けてみて、また曲げたり、削ったりして、部品が合うように加工していきます。

 

 

結局、ヒンジバネはこうなりました。

 

Cimg1619

 

 

 
 

プライヤーで掴んだり、万力で締めたりしましたので、塗装がガリガリに剥げました。

 

 

 

金具やバネを塗装しておきます。

 

Cimg1620
 

 

 

 

 

 

その後
 

金具とバネを組んでみます。

 

Cimg1621

 

 

 

裏から見たところです。

 

Cimg1622

 

 

 

 

 

これを、シートと本体に繋ぎます。

 

 

まずはシートと取り付けます。

 

Cimg1623

 

 

 

 

 

次はバイク本体に取り付けます。

 

Cimg1624

 

 

 

 

 

 

一応、こんなものかと。。。。

 

 

以前は手でシートを上げてましたが、

 

今回の方法で、シートのロックを解除すると、こんな風になりました。

 

 

 

 

 

 

今回の方法は、ダンパーにバネを使っていますから、

 

段々とバネがヘタってきて勢いよく上がらなくなると思います。

 

 

 

 

でも、私の場合は、シートは自動で上がらなくてもかまいません。

 

 

 

シートを上げると、手で押さえなくても下がってこなくしたかっただけです。

 

 

 

 

 

 

ただ、普通に乗りたいだけなのに

 

面倒なことが多いようです。  (笑)

 

 

 

2012年9月24日 (月)

愛媛県道55号






国道は 酷道、  県道は 険道 などと、良く引き合いに出される

四国の山間部の道路ですが、




私も過去、何度かその洗礼を受けています。 (笑)





一番最近のことですと、 あの時 のことでした。


あの時は、勇気ある撤退をして、Uターンしましたが、




あの道の先はどうなっているんだろう ?

気になってしょうがありません。




そう 、 、 、

あの道とは、 愛媛県道55号線 です。




道幅は狭く離合できる場所もほとんどないため、4輪で行くのはまずい。




大型バイクでは、立ちゴケの危険性が  。

ならば、スクーターなら大丈夫だろう ・ ・ ・




ということで、PCXで リベンジに行ってまいりました。





往路と復路の行程です。 

行きも帰りも、同じ道を通ります。

 

Photo





フェリー乗場に到着しました。



Img_20120922_0634051

Cimg1564



乗客は、結構いました。

AM 6:50 発 のフェリーです。






フェリーが来ましたよ。

Cimg1565

Cimg1566

フェリーは良いですよね~

 

 

 

しまなみ海道の、来島海峡大橋の下を通ります。

Cimg1570

Cimg1571

Cimg1572







今治に到着しました。

Cimg1574







一応、ナビをセットして、

GPSレーダー探知機も積んでいきました。

Cimg1575








R379沿いにある、道の駅で一休みです。

 

初秋の気温は、 思ったより低く、とても寒かったです。

Cimg1578

Cimg1576

Cimg1577








そのままR379を南下し、R380を東に進んで、

愛媛県道55号線の北側の端まで走ります。

Cimg1579








この交差点を右折して、県道55号へ入ります。

Cimg1581




この55号線を南下し、以前に引き返した場所まで行きます。










5月当時は、工事中だった場所です。

ガードレールは、新しいものが取り付けられています。



あの時、あのまま進んでいたら ・ ・ ・  

を再現してみましょう。

 

Cimg1583








県道55号でのルートを確認しておきましょう。

Photo_2




スタート地点から、しばらくの間、上っていくと、

分岐の看板がありました。





55号線はまっすぐですが、

右側へ 「 小田深山 」 との表示がありますね。

とてもヤバそうな道です。 (笑)


Cimg1584







続けて、進みます。




問題ない道です。

多分ですが、舗装がきれいなので、

最近道路を直しているように思えます。

Cimg1587

Cimg1588







その後 

峠まで来ました。

Cimg1589







ここからは、下りです。



左側に湧き水の取水場 ? らしきものがありました。

Cimg1590






引き続き、県道を下って行きます。

Cimg1591

Cimg1592

Cimg1593








暫く行くと、突然視界が開けて、55号線沿いに、民家がありました。 

暮らしぶりが気になります。

Cimg1595







55号線上から見える山間部の風景です。



向こうに、数カ所の集落が見えます。

Cimg1594







更に下って行きます。

Cimg1596

Cimg1597

Cimg1598

Cimg1599







さぶいぼ亭 って何だ ?

Cimg1600






愛媛県道55号の終点で、R380との交差点です。

Cimg1601








さて、目的は達成しましたので、そそくさと帰ります。






今治の白龍にて、焼き豚玉子飯を食し

Cimg1602








今治からフェリーで出航し

Img_20120922_143719








岡村港へ到着


Cimg1603

 


今回の走行距離です。

20120923_113445


 

今回、県道55号を走ってみて

結局、あの時に引き返して正解だったと思います。



道路の180度カーブ (Uターンするようなカーブ) の場所に、

土砂が流れ込んでいたりするような所があって、



微妙なアクセルワークが必要な、危ないカーブもありました。




しかし

道路自体の通行は何とかなった と思いますが、




峠を少し下った所で、大型ダンプが土砂を捨てていました。

 

 

今回は、下りのカーブで、

下から上がったきた大型ダンプとぶつかりそうになり、





離合しようにも、

大型ダンプは道幅ギリギリですので、




スクーターじゃなければ離合するのに、

苦労したと思います。




愛媛県道55号線は

やはり 険道 でした。  (笑)







2012年9月21日 (金)

富士リベンジツー その3

 

 

2日目の山中湖を後にして、

 

河口湖へ向かいます。

 

41

Cimg1519

 

 

河口湖に架かる河口湖大橋の近くには

「 北原ミュージアム 」 があります。

 

411

 

 

 

う~ん

友がポーズを取っています。

何してんの ?  (笑)

 

42

 

 

テレビの鑑定番組で見ることのある方のコレクションが展示されています。

 

 

 

これは知りません。 W

 

43

44

 

 

 

この辺りは、懐かしいと言いますか、記憶に残っています。 

 

45

46

 

 

 

酒井和歌子さん? でしたっけ?

お若いですね。

 

47  

 

 

 

 

富士五湖の最後になる、西湖です。 

 

48

 

 

 

西湖の西の外れには

「 西湖野鳥の森公園 」 があります。

 

 

ここに到着すると同時に、

 

またもや、ゲリラ豪雨にやられました。

ずぶ濡れです。 W

 

 

 

この公園では、野鳥が手に乗せた餌を取りに来るそうですよ。

 

 

友らの手にも、来ました。

 

49

50

 

 

私の手にも来ました。

 

51

 

動画を埋め込んでおきます

 

 

 

この公園では

雨宿りで、長居したようです。

 

 

さあ

雨があがったので、清里へ向かいましょう。

 

 

途中、SAでのウルトラは

富士山ナンバーでした。

 

 

富士山ナンバー、欲しい 。 。 。  (笑)

 

511

 

 

宿では、早めの就寝です。

 

 

さて、翌朝の宿の風景です。

 

52

 

 

 

友の友が昨晩から、千葉よりいらっしゃいました。

BMW乗りの方です。

 

53

 

 

 

BMWに跨る友。

 

以外と、似合ってますよ ^^ 

 

54

 

 

 

信州を回る友と別れて、帰宅を急ぎます。

台風が近づいていますからね。

 

 

復路の行程です。

 

Photo_2

 

清里の近くから中央道に入り

 

中央道 ~ 名神 ~ 山陽道  と走って帰ります。

 

 

 

高速に乗る前の山間部の風景です。

 

秋ですよね~

 

55

 

 

中央道の駒ケ岳SAにて

 

56

 

 

山が深い !

 

58

 

 

 

ちなみに、

当初の予定では、帰る途中で木曽の御嶽山を回って帰る予定でしたが

 

台風のおかげで、 無理 ですよね 。 。 。

 

 

 

ここでは、御嶽山へのリベンジを誓いました。 (笑)

 

 

 

レトロなハーレーがいました。

味があるな~

 

57

 

 

 

広島県内に入った頃、

 

暗くなり、、、

豪雨になり、、、

5キロの渋滞になり、、、

 

・ ・ ・ ・ ・

 

やっとのことで、帰宅しました。

 

59

 

 

走行距離は、ご覧のとおりです。

 

 

 

今回の旅は、富士へのリベンジと、木曽の御嶽山 が目的でしたが

 

富士へのリベンジが達成できただけで、良かった と思います。

 

 

 

数回に及ぶゲリラ豪雨と、微々たるアクシデントはあった (笑)  ものの

良い思いでができました。

 

 

 

新たなリベンジとして

木曽の御嶽山、 必ずや訪れたい と思います 。

 

 

2012年9月20日 (木)

富士リベンジツー その2

 

 

2日目の朝を迎えました。

 

2日目の行程は

 

Photo

 

 

スバルラインを通って、富士山五合目まで上がり、忍野八海に寄って

山中湖 ~ 河口湖 ~ 西湖 ~ 清里 へ向かいます。

 

 

 

2日目の朝の

富士山の姿は? と言いますと

 

15

 

 

早朝より、少し雲が増えてきましたが

 

これなら大丈夫そうです。

 

 

 

ところで 

この近辺は、水が清浄なんですね。

宿には、こんなブツがありました。

 

16

 

このブツは、販売されているようです。

 

 

 

友らと合流して、スバルラインを目指します。

 

17

 

18

 

 

スバルラインは、5合目付近では渋滞していたものの

途中は、車の姿はあまりなく、快走でした。

 

 

五合目に着きました。

 

19

 

 

郵便局や乗馬する場所もあります。

 

21

24

 

 

土産物屋さんの間には鳥居があり、その奥には神社があります。

 

22

23

 

 

 

登山客も多いようです。

頂上まで登るのでしょうか?

 

20

 

 

 

そうこうしている間に、ガスってきました。

天候が変わり易いです。

 

25

 

 

 

帰る間際に、モンキー?  ゴリラ? かな?

板橋区から3時間かけて来られたようです。

 

251

 

 

 

下山途中の風景です。

湖が見えますが、本栖湖でしょうか ・ ・ ・

 

26

 

 

 

忍野八海です。

 

水の透明度が高いですよね。

 

27

28

29

30

 

 

 

ここに手を30秒ほど浸けてみました。

手がジンジンと痛くなるほど、水が冷たかったです。

 

31

311

32

 

 

ん?

この手は何だ? (笑)

 

33

34

35

 

 

 

そう言えば、名物の 「 ほうとう 」 を、まだ食していません。

 

 

駐車場のお兄さんに、お店を聞くと

すぐ近くに、テレビで紹介されたお店があるとのこと。

 

 

行ってみると、、、

 

メニューには蕎麦しかありませぬ !

 

36

 

 

しょうがないので、一番のお勧めのブツを注文しました。

 

天祥庵さんの自信作である 「 ぶっかけ 」 の大盛りです。

 

37

 

 

全員が、ぶっかけを注文しましたが

鉄の消化器官を有する友だけが、何故か大盛りではなく普通盛りを注文。

 

 

身体の具合でも悪いのかと心配して聞くと

この後で、どこかで 「 ほうとう 」 を食すつもりで、控えめにしたそうです。 (笑)

 

 

 

場所は変わって

山中湖です。 

 

38

39

40

 

 

さてと、、、

河口湖へ向かいましょう。

 

 

2012年9月19日 (水)

富士リベンジツー その1

 

 

あれは、 

ちょうど1年前のこと。

 

嵐のような天気となる予報ながら、時間が取れないため強行した富士山へのソロツーリングは、

 

新五合目だけは達成したものの、あえなく撃沈でした。

 

 

この季節は天候不順であることが多いため、リベンジは9月下旬を狙っていましたが、

 

友が9月中旬に富士~信州方面をソロツーするとのことでしたので、

 

出発時刻は多少ずれるものの、現地で合流することにして、日程だけを合わせて出発することにしました。

 

 

 

ところが何故か、出発から同行することになり (笑)

 

 

1日目の行程です。

 

Photo

 

 

AM 2:30 に山陽道で合流し、

 

山陽道 ~ 新名神 ~ 伊勢湾岸道路 ~ 新東名 を経て富士へ入ります。

 

 

その最中、AM 4時頃だったでしょうか ・ ・ ・

姫路付近の龍野西SAの手前で、凄まじいゲリラ豪雨に会い

 

1

(友より写真を拝借)

 

 

龍野SAに逃げ込みましたが、1時間程度は豪雨が続いたかな 。 。 。

 

 

その後は順調に進み

 

2

 

3 

 

 

新名神 土山SAにて、一息付きます。

 

 

ここでは、塩麹漬けのキュウリを友に奪われ (笑)

 

5

 

 

奪い返したものの、変わり果てた姿になっていました。 (ーー;)

 

4

 

 

この塩麹漬けは、かなりの浅漬けでしたが、

私は、もう少し漬かってるのがいいな 。 。

 

 

 

出発後は、新東名に入ります。

新しい道路は、やはり綺麗ですね。 ♪

 

6

 

8

 

 

 

浜松SAにて休憩です。

 

9

 

 

中は、とても広いですよ。

Cimg1463

 

 

どれも、美味しそうですね。

 

10_2

 

 

新東名高速 新富士ICで降りて、富士まで、もう一踏ん張り走ります。

 

11

 

 

 

本栖湖に着きました。

 

12

友が

何やら、一人芝居をやっています。(笑)

 

( しかも、右手と右足が前に出てる ・ ・ ・ )

( 普通は、右手なら左足が前に出るんじゃない ? )

 

 

千円札に描かれている富士山は、ここから見える風景によって描かれたそうですが、

富士は裾野だけを見せてくれています。

 

Cimg1475

 

 

他の観光客と、しばし談笑です。

13

 

 

本栖湖を後にして

富士5湖をもう一つ回ります。

 

精進湖です。

 

14

 

 

宿に向かう途中で、またパラパラと雨が降ってきます。

 

でも、こんなものも見れました。

Cimg1481

 

薄っすらと、虹がかかっています。

 

 

明日は、スバルラインと富士五湖の残り 3湖を回りましょう。

 

 

2012年9月13日 (木)

リベンジ 一つ目

リベンジの一つ目


最終の段取りが、整いました。

undefined


今晩、出ます。

途中経過は、サブにて。


http://ameblo.jp/fumi-fumi-don-don/

2012年9月 2日 (日)

準備

 

 

朝晩は涼しくなったものの、まだまだ昼間はかなり暑いですよね。

 

 

 

とは言え、準備をせねば !

 

いやいやながら、作業です。

 

 

 

 

準備と言うのは、ウルトラとPCXについてのメンテです。

 

 

まずは、ウルトラから。

 

エンジンオイルの交換から始めました。

 

 

Cimg1431


 

 

相変わらず、手が入りにくいな。。。

 

Cimg1432

 

 

 
 

 

エンジンオイルは、かなり、汚れています。

 

Cimg1433
 

 

 

ドレンボルトのOリングは、かなり痛んでいますね。

交換です。

 

Cimg14361_4


  

 

エンジンオイルが抜けるまでに、エアフィルターのお掃除もしておきます。

 

Cimg1434


 

Cimg1435

 
 

 

エアインテークには、ダンゴ虫の巣はありませんでした。

良かった~
 

 

 

 

ギアオイルも、新しくしておきます。

 

Cimg1437

 

 

 

 
 

プリイマリーオイルも交換です。

パッセンジャー用のステップを取り外さないと、カバーが外せない。

 

何で、こんなにメンテ方法の効率が悪いんでしょうね?

 

Cimg1439

 

 
 

 

プライマリーオイルのドレンボルトには、鉄粉がかなり付いています。

 

Cimg14401


 

 

 

オイル交換が終わると、タイヤ空気圧のチェックです。

 

 

Cimg1441


 

少し空気圧が低いようですね。

 

 

 

しょうがない!

手動コンプレッサーで空気を入れましょ!

 

Cimg1442
 

 

 

 

 

リアのエアサスの空気圧のチェックもしておきます。

 

Cimg1443_2

 

 

 

10PSIにしておきました。

普通より、少し高めかな?

 

Cimg1444

 

 

かなり長い間、洗車していなかったので、洗車しようと思いましたが

 

暑さのあまり、少しクラクラします。

洗車は、またの機会に。

 

 

Cimg1446_2

 

 

 

 

 

さて、次の準備ですが

 

 

PCXの走行距離が1000キロを超えました。

オイル交換です。

 

 

 

これは、ウルトラのメンテをする前に、ショップに持っていきました。

 

 

何故って?

だって、ワンコインでやってくれるもんですから、自分で交換するより、お安いかも?

 

Cimg1447


 

 

 

準備の一環として、あるブツをゲットしておきました。

 

 

 

スマホのマウントステーです。

金額は忘れましたが、何と、500円程度の低価格です。

 

 

ヒロチー製ですよ。

 

Cimg1451


 

Cimg1450


 


 

PCXに取り付けた様子です。

近所のスーパーでの風景です。

 

Cimg1449

 

 

今日は、スマホを実装してみました。

 

Cimg1448

 

インプレですが

 

安い割にはしっかりとしています。

走行中に、スマホがすっ飛んで行くこともないように、思えます。

 

 

私の場合、通常はPCXにナビは必要ありませんが、これもリベンジのためです。

 

 

 

 

ちなみに

 

 

これは今回の準備とは直接関係ないですが

普通に乗るために必要な工具です。

 

今後に必要となるブツです。 (笑)

 

Cimg1445_2

 

 

 

 

 

さてと、、、、

 

 

 

ウルトラの洗車はできなかったものの、

何とか準備は整いました。

 

 

 

 

 

準備と言いますのは ・ ・ ・ 

 

 

 

リベンジのための準備です。

 

2つのリベンジを考えています。

 

 

 

 

 

その一つは

 

 

Photo

 

 

 

 

もう一つは

 

Photo_2

 

 

 

リベンジの理由ですか?

 

 

これや  あれや  だからです。

 

 

 

 

 

 

一つ目のリベンジは、ウルトラで。

 

 

二つ目のリベンジは、4輪やウルトラではやばいので、PCXで。

(2輪のオフ車を持っていないから~  です。 W )

 

 

 

 

特に、一つ目のリベンジは、再来週には勝負します。

 

 

天気だけが心配だな 。 。 。

 

去年は降水確率が80% だったですからね。 (笑)

 

 

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »