« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月30日 (水)

リコールですね

 

 

 

先日、あるメールが届きました。

 

 

届いた方々も多いと思います。

 

Mail


 

 

 

対象のモデルは 2005 ~ 2011 モデルになるのかな ?

 

 

 

 

で、今日帰ると、某ブツが届いていました。

 

Cimg1193

 

 

あ~  来たか~

 

 

 

内容は

 

 

Cimg1196

 

 

Cimg1197

 

 

要するに、ライトをロービームにしている時は、フォグランプは点灯するけど

 

 

ハイビームにすると自動的にフォグランプが消えてしまう仕様が 

日本の保安基準に引っかかる ということみたいです。

 

 

 

 

確かに、以前から疑問に思っていた この仕組みですが、意図的にそうした仕組みをしていると思っていました。

 

 

普段はあまり不便さは感じなかったので、ハイビームでフォグが点灯しなくても あまり気にしてはいませんでした。



皆さんは、不便さを感じていましたか?

 

 

さて、某Dラーからは、連絡がくるかな?  

 

2012年5月28日 (月)

エボを修理してみた

 

 

 
この数日で一気に暑くなりましたね





ところで

私はバイクに乗っている時に、時々ですが緊急の電話が入ることがあります。






以前は、電話が鳴ってもエンジン音などで着信音は聞こえないため、携帯のバイブで着信に気付くと、バイクを止めてヘルメットを脱いで、、、


ところが、ハーレーの振動のためでしょうか・・


時々、着信に気付かないこともありました。







着信に気付いても、高速道路を走っている時なんかは、道路で停車できませんから、次のPAやSAまで急いで走りますが、


そんなこんなで、   ちょ~ 面倒くさい !!!  て思っていました。






そこでエボを買っちゃったのです。  ( その時のことは、こちらから。)




この B+COM SB213.EVO は
 
電池の持ちが良くて、昨年に富士へ行った時には、3日間は充電しなくても大丈夫でした。

 

 

 

ということで、このエボの評価は人それぞれですが

私は重宝しておりまする。

 

 

そんな中で

私の宣伝が効いた ?  せいでしょうか ・ ・ ・  (笑)

 

 

 

友がエボを購入しました。
 

しかし、突然に音が聞こえなくなったようです。

 


 

 

 

エボ本体とスピーカーを接続している配線を動かすと音が聞こえるようになるとのことです。
 

 

配線がどこかで断線しているな。。。

 


 

 

 

メーカーに修理に出せばいいのでしょうが、

「保証書がない !」 って言うものですから、取り敢えず預かって原因を調べてみることにしました。

 

保証書がない場合は、修理費用が高くなることが予想されますからね。

 

 

 
 
 

まずは、本体の裏蓋を外そうと思いましたが、裏蓋をとめているビスが小さくて、何を使えばビスが回せるのかが、良く見えません。

 

 

 

 

ビスの頭はトルクスのようにも見えますが、六角のようにも見えます。

 

 


 

 

色々な道具を試しているうちに、やっとのことで 1.5ミリの六角レンチでビスが回りました。

 


 

 

 

裏蓋を慎重に外します。 

 

 

 

 

 

Dvc00023

 

 

 

 


本体から出た配線は、ミニUSBのBコネクタが使用されています。


このコネクタはスピーカーと接続したり、充電する時にも使用します。

 


 

 

 

また、本体との接続には、5ピンのソケットが使用されています。

 

 

 

Dvc00024

 

 

 

 

 

この配線をエボ本体から取り外します。

 

 

 

Dvc00025

 

 

 

 

 

 

本体から取り外した配線にスピーカーをつないだりして、断線している場所を探します。

 


 

 

 
Dvc00026



どうやら

本体から取り外した配線の内部で、断線しているようです。





しかし、この配線はしっかりと作られているようですし、内部に5本の配線が組み込まれています。
 

 

なのに、簡単に内部の配線が切れるかな?

何か変ですね。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
ちなみに

この配線の仕様は、こうなっています。




Usb

 

 

 

 

Photo 

 
 
 
3番の白色、4番の黒色、5番の黄色 の3本の線が内部で断線しているようです。

 

 

 

 

 

3番の白色と5番の黄色の配線が、左右スピーカーのプラスで4番の黒色が左右スピーカーの共通のマイナスかと思われます。

 

 

 

 

 

しかし、これらの配線の内部の断線場所を見つけるのは、簡単ではありません。

 

 

 
 
 

 

 
 
ミニUSB Bコネクタのメスに5本の配線が接続してあるブツを買って、5ピンのソケットのメスとハンダ付けしたほうが、簡単です。



しかし、ネットで探してみましたが、4本の配線がしてあるブツしかありません。

 

 

 

 


サインハウスさんが、この部品だけ売ってくれないか?

多分、無理でしょうね。(笑)

 

 

  
  
  
 

 

 
 
 
仕方がないので、この配線の断線場所を探してみることにしました。

 

 

 

やはり外から見る限りでは、5本とも断線しているようには見えません。

 

 

 

外側にビニールの被服部分は繋がっていますので、内部の金属の線だけが切れているようです。

  

 

 

 

 

 

指で細い配線をさわりながら、配線が切れている場所にあたりを付けて ・ ・ ・ ・

 

 

 

ようやく切れている場所を見つけました。

 

 

 

線の被服しているビニールを切り取り、

  
 

Dvc00027

 

 

 

 

 

ハンダ付けして、自己融着テープで絶縁します。


線が細くて、ハンダ付けが大変でした。 (笑)

 

 

 

Cimg1174
  

  
 

 

 

 

切れていた場所をホットボンドで固定して、外周を自己融着テープで巻きます。

 

 

 

 

 

自己融着テープで巻くことによって、防水機能が期待できるからです。

 

 

 

Cimg1175

  
 
Cimg1176
   

  
  

 

 

 

この配線をエボの本体に取り付けて、裏蓋を閉めれば修理完了です。

 

  

 

 
Cimg1177

  
 
Cimg1178
  

 

 

  
 

 

 

 

 

 
上側が私のエボ

下側が修理した友のエボ です。

 

  

 
Cimg1179


 

 

 

      直ったぜぃ~ !

 

 


 

 

 

 

 

ところが ・ ・ ・ ・ ・

 

  


今度は、充電ができなくなりました。 (泣)

 

 

 

 

 

修理した場所を再度バラしましたが、バラすとちゃんと充電できます。

 

 

 

再度、自己融着テープを巻くと、断線していないと思われた、1番の緑色と2番の赤色の配線が導通しません。

  

 

またまた、バラします。

 

 

 

 
 

 

 

 

 

切断されていないと思われた、1番の緑色と2番の赤色の配線は、外からの力が加わらない状態では導通していますが

 

  
 
 

指でつまんで力を加えると導通しなくなります。

 

 

 

 

 

結局、5本の配線全部が断線していたようです。

  

 

 

 

 

 

 

再度ハンダ付けをやり直して、ぐるぐる巻き~

 

Cimg1181

 

 

 

本体に取り付けて、蓋を閉めて完了です。

 

Cimg1182

Cimg1183
 

 

 

私のエボと、またまた比較します。

  
 

Cimg1184
 

 

友のエボの修理した配線部分は、1回目に仕上げた時より、配線が細く仕上がりました。

 

3回目の仕上げですものね、多少は上手になります。 (笑)

 

 
 

 

しかし、どんな使い方したら 5本も線が切れるんだろ ??

  

 

2012年5月26日 (土)

手作りの便り

 



 
 
 
 

ハーレーに乗り初めてから、多くの友ができました。

 

 

 

日頃は接点のない方々とお付き合いさせて頂き、世間が広がりました。







日常生活では、なかなか行くことのできない地域の方々とも、お会いしたりすることがあります。








そんな中で、北陸の友から 手作りの便りが届きました。




Cimg1192





ベルトループです。



梱包が丁寧にされています。





取り出してみると

 

 

Cimg1189



Cimg1190_5


 

 

革も厚いです。



Cimg1191

 

 

 

友は、現在ブルスカで富士に行っていらっしゃるようです。

無事こそ名人 でお帰りくださいね。





心のこもった便りを、ありがとうございました。




手作りの品

大事に使わさせていただきます。
 

 

2012年5月25日 (金)

うひゃうひゃ しながら龍馬を偲んでみた 3/3

 

 

坂本龍馬を偲んだ夜が明けて ・ ・ ・

 

 

宿の前を流れる川の反対側から見た、宿の風景です。

 

Cimg1144

 

 

宿の左側には、蔵のような建物が見えますが、「 坂本龍馬脱藩之日記念館 」 です。

この記念館は、坂本龍馬が自由人として生き始める第一歩を河辺町で踏み出したことを記念して設立されたそうです。

 

 

宿の川を挟んだ反対側の公園には、こんなブツもあります。

 

Src_16397325

 

 

記念館に入ってみると、龍馬が脱藩した時に歩いたとされる道が示されていました。

 

Cimg1143

 

これを見て、また龍馬を偲んでしまいました。。 (笑)

 

  

 

ところで、どうでもいい話ですが、、、

宿の朝食に出てきた生卵の黄身が、箸で掴んでも、黄身が破れません。

 

Cimg11501

 

 

 

 

さて、出発前の風景です。

 

Cimg11481

  

 

おお! まるで 「 龍馬 と お龍 」 ? ? のような、、、、、
 

 

そんなはずもなく 。 。 。 

 

 

 

 

 

 

では、復路の行程です。

 

Photo_3

 

途中で松山に立ち寄り、某ブツを食します。

 

 

しかし、龍馬を偲んだおかげ? かどうか分かりませんが

違うルートを通ってみようか ・ ・ ・  という話になり。。。

 

2_2  

 

 

宿は県道55号線沿いにあるのですが、往路では西側より来ました。

帰りは東側を通ろうかと思いましたが、地図を見る限り、道のクネクネ度が激しそうです。

 

 

そこで、宿のおっちゃんとの会話

 

私:

この県道を東へ向かうとどうなんでしょう?

舗装はしていますか?

 

おっちゃん:

舗装はしていますが、クネクネとしています。

落石がある かも しれません。

 

私:

・ ・ ・ ・ ・ かも ?

道幅はどうです? 離合できますか?

 

おっちゃん:

バイクなら離合は大丈夫です。

何たって、県道ですから !  ハッハッハッハ !

 

 

少し不安はあったものの

おっちゃんの 「何たって、県道ですから !  ハッハッハッハ !」 

の言葉を信じて、行くことになり ・ ・ ・

 

 

当初は道は狭いものの、それ程ではなく、大丈夫そうに思えましたが

 

段々と道路に木屑と言いますか・・・
落ち葉状のブツが増えてきて、道路のわだち部分しか走れなくなりました。

こんな感じですね。 

 

Photo

 

ただ、この部分は、まだましな方です。 

 

 

 

  

そのような状況下で、

 

トドメの一撃はこれ !!! 

 

 

Img_81021

 

 

工事中で、前方の道路には舗装がありましぇ~ん  (T_T)

 

 

いま、いったい何処まで来たんだろう ? ってナビで見ると、まだ峠まで来ていません。

 

考えに考えたあげく、勇気ある撤退をすることになりました。

 

 

Photo_4

 

しかし、Uターンするには、道幅は狭く
道路には,砂や小石や落ち葉だらけで、明らかに立ちゴケを誘ってます。

 

友らは難なくUターンしましたが、私だけは、もう少しで立ちゴケするところでした。

 

支えてくれた友らに感謝し、
四国の酷道をなめてはいけない! と改めて誓ったしだいです。(笑)

  

 

 

 

その後、松山に到着し、某お店に向かう途中でのできごとでした。

「坊ちゃん電車」が くるり と向きを変えていました。

 

Cimg1151

 

Cimg11521

 

Cimg11531

 

 

この電車には乗ったことはありますが

 

 

くるり としたところは 

初めて見たな。。。

 

 

 

さて、  

お店に到着しました。

 

Cimg1155

 

大盛りパスタの聖地 「 でゅえっと 」さんです。

 

 

 

 

流石は有名店ですね。 

 

店内では既に待っているお客さんがいまして、私たちもその列に加わり、料理を作るところを拝見してると

 

Cimg1157

 

大量のパスタを炒めています。

 

 

 

目に見えないほどの速さで麺を捌きます。(笑)

 

Cimg1159

 

 

このお店は、友から教えてもらったのですが、人気メニューはミートソーススパゲティとのことでした。

 

 

確かに、作る料理は全部と言っても過言でないほど、ミートソーススパゲティばかりを作っていて、順番を待ちながら ワクワク です。
 

 

席に着きメニューを見ると

 

 

Cimg1160

 

スパゲティの種類は数種類ありますよね。

でも、他のお客さんと同様にミートソースを注文しました。

 

 

ちなみに、ここでの普通盛りは、他店での大盛りに相当するとのことだそうです。

 

メニューには載っていませんが、裏メニューとして 大盛り があるそうですが、
他店の大盛りを超越した メガ盛り みたいですね。

 

 

 

私 と 鉄の消化器官を有する友 は、普通盛りを注文し、他の2人の友は(小)の小盛りを注文しました。

 

Cimg1161

 

右側の2つが普通盛りで、左側の2つが(小)の小盛りです。

 

 

斜めから見ると、量の違いが分かります。

 

Cimg1162

 

 

 

 

ミートソースの味は事前に聞いていたとおり、甘めです。

 

 

Cimg11641

 

 

Img_57721

 

 

 

食べている途中で、量が多いので普通盛りを注文したことを後悔しましたが、何とか普通盛りを完食いたしました。

 

 

 

鉄の消化器官を有する友は、相変わらず楽勝のようでした。(笑)

 

Cimg1165

 

 

高知の ひばり食堂 でカツ丼を残し、今治の焼き豚玉子飯を残した私ですが、

これで、ヘタレを返上するjことができました。 (笑)

  

  

しかし、このスパゲティは量が多かった~

  

  

 

 

 

 

では
ばびゅ~ん♪ と帰りましょう

 

 

Cimg11691

 

Cimg11701

 

 

 

今回の旅は、ETCのトラブルや酷道で引き返すなど、多少のトラブルはあったものの

 

天気にも恵まれて楽しく過ごすことができました。

 

 

ただ、暫くは うひゃうひゃ の後遺症が残りそうです。 (笑)

 

 

2012年5月23日 (水)

うひゃうひゃ しながら龍馬を偲んでみた 2/3

 
 

宇和島を後にし、山間部にある宿へ向かいます。




四国の山間部の田舎道は、酷道も多いですが空いている道も多く、気持ち良く走れます。

 

 

宿の近くには屋根付きの橋が8カ所あり、訪れてみました。

 

 

橋の案内図です。

 

Cimg11191

 

 

 

1番目 御幸の橋

 

Photo

 

 

2番目 三嶋橋

 

Photo_2

 

 

3番目 豊年橋

 

3

 

 

4番目 帯江橋

 

4

 

 

5番目 龍神橋

行くの、忘れました。。 

 

 

6番目 ふれあい橋

 

6

 

 

おまけ ・ ・ ・

川底にある 某ブツを見て、 うひゃうひゃ ?? 

 

Cimg1137

 

 

7番目 龍王橋

 

7

 

 

8番目 秋滝橋

 

8

 

 

 

その後、宿に到着。

 

宿への門を潜り抜けると

 

Cimg1145

 

 

奥に廃校となった小学校を改装した宿があります。

 

Cimg1149

 

 

しかし、この宿では坂本龍馬を偲ぶには、少し物足りません。

 

 

 

 

我々の宿は

 

すぐ近くにある、古い民家を改装した離れとなります。

 

 

この離れには、「 才谷屋 」 という 坂本龍馬にゆかりのある名が付けられています。

 

Cimg1140

 

Cimg1139

 

 

中に入ってみると

 

Cimg1142

 

Cimg1141

 

とても良い雰囲気の民家です。

 

 

 

 

Cimg1138

 

 

こうして、龍馬を偲びながら夜は更けていくのでした。。

 

続く ・ ・ ・

 

2012年5月21日 (月)

うひゃうひゃ しながら龍馬を偲んでみた 1/3

 

 

 




四国には、そこを訪れると、うひゃうひゃ となる館があります。

  

 

以前、足摺岬へ行った時に、立ち寄る予定でしたが、時間の都合上パスした場所です。

 

 

今回の旅は、リベンジとして うひゃうひゃの館を訪れ、うひゃうひゃ となった後で

坂本龍馬が脱藩した時に歩いた場所を訪れ、龍馬を偲びながら酒を酌み交わす という

 

 

 

 

 

 

 

            情緒あふれんばかりの旅です。

 

 

 

 

 

 

では 

往路の行程です。

 

Photo

 

 

 

 

合流場所にて

 

 

Cimg1099

 

 

友の一人は、既に龍馬を偲んでおりました。(笑)

 

 

 

その後、ばびゅ~ん と走り

 

 

Cimg1101

 

 

 

四国に上陸し

 

Cimg1103

 

 

 

うひゃうひゃの館に到着しました。

 

 

 

Cimg1110

 

 

ここは神社に併設された館で、境内には御神体があり

 

 

大きなものや

 

Cimg11061

 

 

小さなものや

 

Cimg11071

 

 

 

その他としては、こんなものもありました。

 

Cimg1108

 

Cimg1105_2

 

 

さあ、うひゃうひゃの館に入ります

 

Cimg1109

 

 

 

ご想像どおり、内部は 怪しさ満載 のブツで埋め尽くされておりました。(笑)

 

 

うひゃうひゃ の館、興味がある方々はどうぞ

( 多賀神社 http://www.geocities.jp/taga_shrine/

 

 

 

うひゃうひゃ となった後は、以前にも来たことがあるお店で昼食です。

 

Cimg1111

 



ここの鯛めしは、美味しいですよ。

 

Cimg1115

 



友らも、旨そうやな~ といった表情ですね。

 

Cimg11161

 



お店の前に止まっていた原付のナンバー、

変わっていて良いですよね。

 

Cimg1117

 

 

うひゃうひゃ となって、おなかも満たされたので、

マッタリしながら宿に向かいます。

 

 

続く ・・・

 

 

2012年5月 7日 (月)

まんまる

今日帰宅すると






太陽が沈みかけていました




Cimg1094








いつも明るく照らしてくれているのに
 

 

 

 

 

 

 

いつも明るく元気なのに
 

 

 

 

 

 

 








今日は トワイライトの中で、悲しげに見えます











そばに寄ってみると




Cimg1095






まんまる

 
 

 

 

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »