« しまなみ海道を原付で渡ってみた 1/2 | トップページ | まだまだ だな。。 »

2012年1月11日 (水)

しまなみ海道を原付で渡ってみた 2/2

 

前回では、しまなみ海道の5番目の橋である 伯方・大島大橋 まで渡りました。

 

 

今回は前回の続きである6番目の橋、来島海峡 第一・二・三大橋を渡ります。

 

この橋は、3本の橋で構成されており、通行料金も一番高くなっています。

 

 

Cimg0952

Cimg0953

 

 

この橋の途中には、橋の下にある島へエレベーターで降りれるようになっていますが、

時間が押していることもあり、帰りに降りてみることにして、素通りです。

 

 

そんなこんなで、四国に渡りました。

 

 

今治に到着すると既にお昼時でしたので、ハラヘリ友の機嫌が悪くなる前に、昼食に急ぎます。

 

多くの方々が訪れる 「十円寿し」 さんです。

 

 

Cimg0954

 

 

店内の様子は

 

 

Cimg0955  

Cimg0956

 

 

取り敢えずは、名物の十円寿し  と  お吸い物を注文です。

 

 

Cimg0957

 

 

むらさきは、お寿司を付けるのではなくて、刷毛でお寿司に塗るようになっています。

 

 

十円寿しは小さくて可愛らしいのですが、友は一つ一つを食べるのが面倒みたいで

 

 

Cimg09601

 

 

2個をまとめて掴むという荒業をやっています。 (笑)

 

 

少食の私としては、これで十分な量ですが、今治と言えばB級グルメとして有名なブツがありますので、

せっかくなので、もう1件はしごすることになりました。

 

食べれるかな ?

 

 

 

そのブツとは、第6回 B-1グランプリ 5位入賞の焼豚玉子飯です。

 

 

早速ネットで調べて、人気店へと向かいました。

 

 

Cimg0964

 

 

このお店、「白龍」 さんが人気店のようです。

 

 

しかしながら、私は友のように最強の消化器官を有しておらず、

そのため、ご飯の量を減らしてもらうことに ・ ・ ・

 

 

注文したブツです。

 

 

Cimg09621

 

 

左側が友が注文した普通盛りの焼豚玉子飯です。

右側が私が注文した、ご飯の量を減らしたブツです。

 

 

結構なボリュームがありますし、美味しいですね。

他のお客さんも、このブツを食されていた方が多かったようです。

 

ちなみに地元の方々は、このブツのことを 単に 「 玉子飯 」 と言って注文されていました。

 

 

 

友は完食しましたが、

私はご飯の量を減らしてもらったにもかかわらず、

残してしまったヘタレでござりまする。

 

 

Cimg0963

 

 

完食した友は、これからも立派に横に成長していくことでしょう。 (笑)

 

 

 

 

これから原付で来た道を帰ると考えると、多少気が重くなりましたが、急ぎます。

 

 

帰りには、行きで素通りした

しまなみ海道の6番目の来島海峡大橋のエレベーターで、橋の下にある島へ降りてみました。

 

 

1

 

 

馬島という名の島のようですね。

 

エレベーターの中に原付を乗せて、降りていきます。

 

 

Cimg0965

 

 

馬島から見たエレベーターの外観です。

 

 

Cimg0966

   

 

結構な高さがありますよね。

 

 

やっと尾道に戻り、カフェで一服です。

ほっとしましたよ~

 

 

Cimg0968

 

 

その後、帰路に着きましたが、とても寒うござりました。

 

 

到着後のオドメーターは

 

 

Cimg0970

 

 

出発時のオドメーターの写真を撮り忘れましたが、記憶では12715 だったと思いますので、

 

走行距離は

13048 - 12715 = 333 キロ ぐらいになりました。

 

 

最後に

この日の私は

 

 

Stil0001_2

 

 

相変わらず

とても怪しい格好でした とさ (笑)

 

 

« しまなみ海道を原付で渡ってみた 1/2 | トップページ | まだまだ だな。。 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

fumiさんへ

ありがとうございます。 原付の生活をエンジョイします。 まずはfumiさんのH/Pを参考にさせていただいて 3月末から5月連休にかけて 今治での宿泊も視野にいれて 遅ればせながらの「しまなみ海道デビュー」と 「すべての島の走破」を頑張ります。 ではでは

>狼さん さん

道後は良い所ですが、目的は別にあります。
友の情報によるデカ盛りを事前に調査してみたいかな ? と・・ 
私は広島方面ですので、近道も多々ありです。 (笑)

原付の旅を満喫してくださいね。 (^.^)

fumiさん   松山なら道後温泉ですか。 温泉も素敵ですね。  情緒ある温泉では鈍川温泉ってのもありました。 地図で見たのですが例えば松山のビジネスに1泊して 翌日 四国の深い山を面河渓谷あたりまで走り 新緑を満喫し またしまなみを通って帰るというのもいいですね。  ガソリン携行缶を3Lくらい持っていたら安心かな と考えました。 なんだかいまからワクワクします。  

>狼さん さん

往復で300キロですか・・
その距離なら日帰りでも十分可能とは思いますが、泊まりだと別の良さがありますよね。

原付の旅ですが、次回はフェリーを上手く使って、松山まで日帰り往復をたくらんでいます。
走ってばかりより、旅らしくていいかな。。 (笑)

こんにちは 私も125ccのシグナス乗りです。 まだしまなみ海道は行ったことがありませんので 今年こそは 是非行ってみたいと思います。 自宅(岡山市)から今治まで往復するとちょうど300kmちょっとくらいありそうで 宿泊するか日帰りするか悩むところですが結構行けるんですね。参考にさせていただきました。

>ロイさん

私のは100ccなので力不足です。
いつもと違った風景が良かったですよ。
連れは、大魔王ですから (笑)


>オパさん

原付でも何とかなるものですね。
怪しくないですか?
Thanks


>先っちょだけ さん

十円寿しさんの利益は疑問ですね。
老夫婦だけで切り盛りしていますから、いつまで・・ というところでしょうね。
早く体力付けて復帰してくださいね。


>ナオさん

お疲れさまでした。
慣れないカブで疲れたでしょう?
腹8分ということは、大事ですよ (笑)


>ぶしさん

そうでしょう、そうでしょう
腰が痛くなりますよね(笑)
次回は原付で松山を狙っていまする。(笑)


>t_manabe さん

十円寿しは、特別でしょうね。
焼豚玉子飯は美味しかったです。たれが良い味でした。
大魔王は鉄ではなくてダイアモンドの消化器官を有しています。(笑)

こんばんは
じゅ、、、、十円寿司ですか~~?!
私の知ってい限りでは100円寿司しか知りません
いいなぁ~、食べてみたいです。

次の焼豚玉子飯も美味しそう・・・・・・で、ボリュームも!
ひょっとして完食されたのは 鉄の胃○の持ち主さんですか?

失礼しました(#^.^#)

お疲れ様です。

でも、、、よく食べるお方が一人(笑)!

僕が前回スクーターで行って帰ったら、
腰が凄く痛くなりましたよ~!

しまなみ海道をまさかカブで渡れるとは~
いい体験になりました^^
私は210㎞~
しばらくスカwちゃんでラク通勤を楽しもうと思います(笑
ゴーゴージジカブ感謝~
フミフミさんにも感謝~
足治るといいですね。。。

驚きなのは10円寿司、果たして儲けはあるのでしょうか?バイクを積んでエレベーターも面白いですね。昔はきっと渡し舟に乗っけて渡ってたんでしょうね?
今年も楽しいレポ楽しみにしています。私の方はオートバイの方はここ3ヶ月全くご無沙汰でもっぱらクロスバイクで身体作りです。ロードレーサーはちょっと未だ恥ずかしい様な。笑

まずは念願の原付しまなみツー達成、おめでとうございます。

ひえ~
原付で333キロですか~
想像を絶する距離ですな~

スクーターに、その格好は、おかしくないと思いますよ。

お疲れ様でした。

125ccで333 キロとはやるもんですね~w(゚o゚)w
なかなかできない貴重な経験たくさん・・・

しかし、連れの方はよく食べます、、流石です。。(^-^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/53702849

この記事へのトラックバック一覧です: しまなみ海道を原付で渡ってみた 2/2:

« しまなみ海道を原付で渡ってみた 1/2 | トップページ | まだまだ だな。。 »