« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月24日 (水)

EVO やっと・・

 

バイカー達がデートでタンデムで走る時

 

 

彼女がそっと耳元でささやいてくれる ・ ・ ・ 

 

 

そう

 

 

男なら誰でも憧れる、そんなシーンを心に描きつつ ・ ・ ・ 

 

 

Bcom_top_multibg_02
(サインハウスさんのHPからお借りしました W)

 

 

こんなことは、まず有り得ませんが、今年の3月下旬? だったかな?

このブツを買ったものの ・ ・ ・

 

通常使っているヘルメットのシューベルトJ1に取り付けしたものの、夏用に使ってるヘルメットにもEVOを使えるように、夏用のヘルメット内に取り付けるスピーカーを別途注文しました。

 

その時の記事はこちら

 

それから、5カ月が経過しました。

 

 

 

     5か月ですよ、 5カ月 !

 

 

 

やっと、届きました。

 

Cimg0701


 

 

これで、 

 

 

 

   やっと    やっと     やっと       やっと       やっと

 

 

 

 

夏用のヘルメットに EVO を付けることができます !!!

 

 

Cimg0704

 

 

でも ・ ・ ・

夏はもう終わりだよね

 

この夏は、重い、暑い、頭が大きく見える  と3拍子が揃ったシューベルトJ1で過ごしましたとさ (笑)

 

 

PS

そうそう、今更ながらですが

EVOのインプレです。

 

一言で言えば、 良いですね これ!

 

音は謳い文句どおりクリアーです。

電池の持ちにしても、2日間でしたが朝から夕方まで、ずっと送信&受信し続けても、まだまだ余裕でした。

 

私もタンデムしてくれる相手がいるなら、もう一つ買い増しするところです。

誰か タンデムで乗らない? ^^

 

参考まで

 

 

2011年8月20日 (土)

気になっていたので、分解してみた 4

 

ども

 

お盆前から熱が下がらない fumi でござる。

高熱が出て下がった後は、微熱が続いています。

 

ず~と早寝の良い子をしておりましたが、休日は寝てても体調が改善しないことから、少々ヤケになり、ブツの取り付けをしました。 (笑)

 

 

まずは、ツアーパックからラックを外します。

そして、暗い純正のブツを外します。

Cimg0694

 

 

そして、作成したブツをラックに当てがって、確認します。

ラックに当てがっているのが作成したブツで、その下にあるのが今まで取り付けていた純正のブツになります。

Cimg0695
親指が短いって言われそうだ~  

 

このブツは、ラックの中に配線を通す仕様になっていますが、以前に初めて取り付けた時は、なかなか配線が通らず苦労しました。

 

今回は2回目ですから、サクっと成功だよ~ ^^

Cimg0696
指さしは、どこかで見たような ・ ・ ・
 

 

 

では、純正のブツと、今回作成したブツとの比較をしてみます。

 

 

まずは、テール点灯時からです。

上側が純正、下側が今回作成したブツです。

Cimg0692


Cimg0699

 

 

 

次に、ストップ点灯時の状態です。

 

テール点灯時と同様に、上側が純正、下側が今回作成したブツになります。

Cimg0693


Cimg0700

 

 

今回作成したブツは、かなり明るいですね。

 

これで自己満足は終了です。WW

 

 

あ~  ここまでが長かったな~ 

もう、やらない !  (笑)

 

2011年8月13日 (土)

気になっていたので、分解してみた 3

 

さて ・ ・  と

 

前回は加工した基盤を白色に塗装したところまでを、ご紹介しました。

 

次は、部品を基盤に実装します。

実装後の状態は、こんな感じになりました。

 

Cimg05891

 

点灯させてみました

 

Cimg0591

 

テール点灯状態です。

かなり、明るいです。

 

ストップ点灯状態にすると

 

Cimg0592

 

写真ではあまり変わらないように見えますね。。

でも、テール点灯時よりもかなり明るいです。

 

ストップ点灯時の方が、テール点灯時より周囲が暗くなっているでしょう?

カメラが明るさの基準を点灯したLEDの明るさに合わせているため、周囲が暗く写っているようです。

 

 

これで、もういいや!  と思いましたが

何か物足りない ・ ・ ・

 

基盤を良く見ると、無理やりLEDを追加できそうな隙間を見つけました。

 

Cimg05892

 

せっかくですので、LEDを追加しました。

但し、追加したLEDはストップの時のみに点灯させることにしました。

 

LEDを追加後のテール点灯時の様子です。

追加したLEDは点灯していません。

 

Cimg0596

 

ストップ点灯時の様子です。

追加したLEDは点灯しています。

 

Cimg0595

 

これで中身は、ほぼ完成に近づきました。

次に、ツアーパックまでの配線は、純正の基盤に付いていた配線を流用します。

 

男の子ですから、ためらいなく線をプチっと切ります。 ^^

 

Cimg0597

 

切った配線を、作成したブツに繋ぎ変えます。

 

Cimg0635

  

もともとの純正のブツと作成したブツの点灯状況を比較してみます。

 

テール点灯時です。

 

Cimg0632_3

 
 

ストップ点灯時です。

 

Cimg0633_2

 

明るさの違いが良く分かりますよね。 ^^

 

ルンルン気分で、ケースに収める時に

 

 

 

          問題が発生しました !!

 

 

 

ケースのプラスチックレンズ以外のクローム部分は、すべて導通 (電気が通る状態) していて、ショートしやすいのでしょうか ? 

 

ケースに基盤を収める時に、ネジで取り付ける時に

追加したLEDの4個がご臨終となりました。

 

 

 

 

気を取り直して再度、同じことをやり直しました。

 

そう、やり直したのです 。 。 。

 

 

でも、またもや ご臨終されました。 (T_T)

 

 

 

知ってますか?

やり直しの作業って、スゲー時間が掛かるんですよ。。。 (誰も知らないか ・・ 爆)

 

 

 

 

でも、私はチャレンジャーです。

 

 

 

もう一度、 やり直しました。

 

ショート防止のため、今度は基盤の裏側にはゴム系の接着剤を塗りたくり、その上に極薄のゴム板を貼り・・ (写真はないけど~)

 

 

そう、フフフッ ♪

 

 

今度こそは、完璧な状態にして、やり直して ・ ・ ・ 

慎重に作業を進めます。基盤をネジでケースに留める途中で

 

 

また、ご臨終されました~  (T_T)

 

 

 

どうもネジを留める時に、基盤が多少ねじれますので、どこかがショートするようです。

 

 

 

あまりの面倒くささと挫折感で

 

この計画は中止して、作ったブツは捨てました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウソです。 (笑)

 

 

 

その後、ある方法でショートは解決しましたが

心が折れた私は、もうやり直す気力がございません。。。

 

で、追加した4個のLEDは点灯しなくてもいいや !  って、自分の心を納得させながら、そのままケースに収めました。

 

ケースの上部は、ツアーパックのキャリアに隠れ見えませんから、

また、上側になるので防水の目的で、薄くコーキングをしました。

 

本当は黒色のコーキングをしたかったのですが、手持ちのコーキングが白色しかなかったので、まあいいかなって (笑)

 

かなり、テキトーです。

 

でも下部は良く見れば見えますから、そのまま接着剤だけの処理としました。

下側は雨が入ってくることは、ないですからね。

 

上部です。

クロームとスモークレンズの間に、幅の狭い白いコーキングが確認できると思います。

 

Cimg0687

 

下部です。

 

Cimg0688_3

 

 

最終の実験です。

テール点灯とストップ点灯をして、確認します。

 

テール点灯です。

 

Cimg0681

 
  

ストップ点灯です。

追加した4個のLEDは点灯していません。(泣

 

Cimg0685

 
  

ストップ点灯の状態を1時間位は継続して、発熱などの状態を確認します。

これって、結構大事なことですよ。

 

ハンダ付け不良があったり設計ミスがあると、実際に使っているうちに発熱しすぎて燃えちゃうこともありますから 。。。

 

最終として、ストップ点灯の状態を1時間位は継続しても発熱はほとんどなく、大丈夫そうです。

 

参考までに、今回作成したブツの回路図を載せておきます。

 

Photo

 

 

後は、ウルトラへの取り付けを残すのみですが

 

取り敢えずは この辺で 。 。 。

 

 

2011年8月 9日 (火)

あずきでアチチのツー

 

どうも~

最近は面倒くさがりばかりが目立ってる私ですが

先日、あずきに行ってきましたので、ちょっとだけレポを。

 

もちろん、横着レポに決まってます  ^^

 

あずき とは   あずき → 小豆 → 小豆島 で、オリーブで有名ですよね。

 

1日目のルートは

山陽道 小谷SAに集合し、途中で合流して新岡山港へ

Photo

 

フェリーであずきへ渡り

Sinn

 

あずき内をクルクル回って、宿へ

Photo_2

 

2日目は、岡山まで戻り高梁市の某カフェへ

Photo_3

 

某カフェでデザートを食して福山東ICから山陽道へ入り、帰宅となりました。

Photo_4

 

新岡山港へ向かう途中にて

午前中の早い時間なので、比較的涼しいせいでしょうか、まだ皆さん元気です (笑)

Cimg0636

 

途中でガス補給~

まだ余裕ですね

Cimg0638

 

岡山港に到着です

友の一人は、また食べるようで ・ ・ ・

Cimg0642

 

縛られることが、久しぶりな友がいるようです。

縛りが好きなんだろうか ? W

Cimg0645

 

縛られるの、私は初めてだ~ ^^

Cimg0646

 

フェリーはいいよね

Cimg0644

 

広島の友は元気ですが、唐津の友はお疲れです W

Cimg0643

 

あずきに到着です

さあ、行きますか!

Cimg0648

 

まずは寒霞渓を目指します ・ ・ ・  が、途中で寄り道 ~

大観音様が迎えてくれました

Cimg0650

 

某友が写真部長の友を脅して、写真を撮らせています。 ^^;

 

ここは上まで行くと、砂利道ですよ

でも他の友は、砂利道を上がっていきました

 

ここにバイクで来る人は、気を付けてね

 

 

寒霞渓の途中には、野生のお猿さんがいました

石垣の上に見えますか?

Cimg0653

 

友の中にも お猿さんが ・・  いました (笑)

何をしてるのやら、やら ・ ・ ・ 

Cimg0652

 

寒霞渓です

ここでは、手に持っているお皿を投げることができます

Cimg0655

 

皆さん、必死に投げています W

Cimg0657

 

この後は山間部から下界へ降りましょう

ジリジリとメチャ暑いです。

 

ところで

あずきは、佃煮と醤油も特産品となっています

 

つくだに屋2号店にて、佃煮ソフト~

Cimg0659

 

マルキン醤油館は、とても醤油の香りが強いところでした

友の一人は酵母の香りだと言っていました

私個人的には好きな香りです

Cimg0660

 

友が飲んだ醤油サイダー  どんな味だろ?

Cimg0663

 

あずきと言えば、ここも外せません

二十四の瞳映画村の入口には海水魚が飼われていて、餌をあげることができます

Cimg0664

 

古い校舎です

オパさん、邪魔だし~

Cimg0665

 

 

やっと宴会です

昼間は暑くて暑くて、汗を流してやっと落ち着きました

ふぃ~ 。。。

Cimg0666

 

 

既に目が死んでいる友もおり。。 (笑)

Cimg0667

 

この日は、深夜にラーメンが食べたい! なんて のたまう友が続出!

そんなお店は近所には無い! って言っても聞きませぬ

結局は、スゴスゴと帰ってきました とさ! www

 

 

翌朝は、お約束の海峡です。

Cimg0668

 

へ~ ?   ギネスに認定ですか?

Cimg0671

 

ここには、訳の分からない手形もありますが

暑さのあまり、ど~でもいいや !  って感じですね

Cimg0669

 

 

 

では、彼氏・彼女のいない方は必見です

エンジェルロードですね

 

ここで手を繋いだカップルは幸せになれるそうです

彼氏や彼女がいない方々は、是非行ってみてください

 

夏以外にね! 暑すぎるから~  ^^

 

彼氏や彼女がいる方々でもOKですよ

新しい出会いがあなたを待ってるかも。。。 ^^

Cimg0672

 

さあ、帰るべ!

Cimg0677

 

 

本土に渡り、岡山でバケツパフェを食します

すげ~ですよ

Cimg06781

 

ここでは、あずきに参加できなかった別の友らが、重鎮の方々と一緒に来ました。

え~っと、 全部で14台位になったらしいです

 

14台全部の点呼状況です (笑)

Cimg0679

 

今回の旅は、気の合う仲間達との旅で、とても癒されました

 

あずきの旅はこれで終わり~

楽しかったけど、メチャ暑かったし~

 

 

 

あずきは

 

アチチのツーでした  ^^

 

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »