« 天草へ (ちょ~横着レポ) | トップページ | 何となく 行ってみた »

2010年9月13日 (月)

分解して試してみた

ども

 

前から考えていたことがあり・・

どうしようか??   このままでもいいか?  なんて思ったり。

 

まずは,試してみましょうかね。

 

試してみるのに材料が必要ですが,「ある物を使う主義」の私は,何かないか? と思い出したり,ゴソゴソ探したりしまして・・

見つけました!

以前にウルトラのツアーパックテールライトに使っていたブツです。

テール&ストップランプ用のLEDバルブです。

Cimg1435_2

 

いきなり分解してみました。 W

Cimg1437

このLEDバルブには,短冊(3つの3チップLEDが取り付けられた細長い基盤)が,周囲に5本 並列に並んでいます。

その短冊1本に流れる電流値を測定してみます。

まずテール点灯時には

Cimg1450

1本の短冊に,12.91mA の電流が流れています。

 

ストップ点灯時には

Cimg1451

1本の短冊に,44.92mA の電流が流れています。

次に,短冊を2本取り出してみます。

バルブを固定して・・

Cimg1439

 

取り出した2本の短冊は,こんな感じ。

Cimg1453

 

この取り出した短冊ですが,短冊に取り付けられているLEDの仕様が分かりません。

安全性を考えて,LEDバルブが点灯する時と同様の条件で点灯させるように考えると・・・

 

Led1

上記の回路のようになろうかと思います。

この回路ではテール点灯時には1本の短冊15mAの電流が流れます。

LEDバルブでのテール点灯時には,1本の短冊に流れる電流の測定値は12.91mAでしたので,多分大丈夫です。

また,LEDバルブでのストップ点灯時には,1本の短冊流れる電流の測定値は44.92mAでしたが,この回路では1本の短冊に流れる電流値は,CRDの3本分である45mAが流れることになり,LEDバルブでの1本の短冊に流れる電流とは,ほぼ同じになります。

 

この短冊を2本並列に並べると,このようになります。

Led2

では,この回路に従い実際に部品を組み立ててみます。

材料は短冊と身の回りにあった部品を使います。 

だって,「ある物を使う主義」ですからね。 ^^

一番左が組み立てたブツです。

ブツとタバコとの間にあるものは,もう1個ブツを作るために,ユニバーサル基盤を切り取ったものです。

Cimg0073

 

ブツをテールの状態で点灯させてみました。

Cimg0074

 

同じくストップの状態で点灯させてみました。

Cimg0075

 

一応,1個はできました。

さて,これからどうしようか?

« 天草へ (ちょ~横着レポ) | トップページ | 何となく 行ってみた »

ハーレー」カテゴリの記事

コメント

ナオさん

>なんじゃこりゃぁ~

松田優作 ??

単なる短冊だし。。。

ぢゃっ pig

Σ(・ω・ノ)ノ・・・!
なんじゃこりゃぁ~さっすがフミフミさんね!
じゃっbleah

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/49396487

この記事へのトラックバック一覧です: 分解して試してみた:

« 天草へ (ちょ~横着レポ) | トップページ | 何となく 行ってみた »