« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

分解して試してみた 4

ふぇ~い

涼しくはなったものの、直射日光に長く当たると身体が溶けそうです。

 

さて、その1その2その3 まで進んできて、やっと実装です。

少し長くなりますので、興味のある方だけ どうぞ。

 

以前、気になっていたことを修正しましたが、またまた気になっておりました。

このままでも良かったのですが、やっぱり手を加えようかと思い、こうなりました。

きっかけは、走行中の写真でした。

406787329695379334pc1_3 

赤丸で囲んだ、ツアーパックテールライトのサイドの点灯が暗すぎる。

点灯していない状態に近いです。

以前、ツアーパックテールライトをLEDボードタイプに交換したのですが、このLEDボードの構造に原因があります。

その時の記事はこちらから。

 

このLEDボードに使用されているLEDは砲丸タイプですので、LEDの中でも特に光の直進性が強いタイプで、光があまり拡散しません。

ですので、下の写真のように、テールレンズ内部全体にLEDを目一杯並べてテールレンズ内全体を照らすようになっています。

Cimg1169

LEDがイクラのようにツブツブしてます。 W

 

だけどLEDボードの後ろはと言いますと・・

Cimg0114_3

こんな風に4個の小さなチップLEDが後方を照らしているだけです。

この4個のLEDはウインカーを動かした時にはウインカーと連動して明るく点滅するものの、テール点灯時は光量が不足しているようです。

 

実際にテール点灯時に横から見ると、ボードの後ろの空間が黒く見えますね。

Cimg0121_2

 

LEDボードの後ろの空間は、どうしても出来てします空間ですので、どうしようもありません。

そこで、LEDボードの後ろの空間に、作成したブツを入れてやり、ツアーパックテールレンズの横部分を照らしてやることにしました。

この空間は非常に狭くて、この空間に自作の基盤を入れるのは難しいと思いました。

 

しかし、現在は使っていないLEDバルブの短冊なら非常に小さいので、この空間に入るだろうと。。。

それで 分解して試してみた 訳です。

 

その3で完成したブツを、このようにして後ろの空間に入れますが、配線をしないといけません。

Cimg0120

 

このLEDボードはツアーパック純正のプラグに簡単に取付けできるように、15dBayのバルブ用ソケットに配線されているのが、テール、ストップ、アースの3本です。

また、手の小指の部分にもう1本薄ムラサキ色の線が出ていますが、この線はウインカー用の線です。

この配線に作成したブツの配線を割込みさせます。

Cimg0115

 

しかし、考えなければならないことがあります。

 

作成したブツは、その1でご紹介したように 暗く点灯する状態(通常はテールと連動) と 明るく点灯する状態(通常はストップと連動) の2種類の明るさで点灯できるようにしました。

暗く点灯する状態は、通常のようにテールと連動すれば問題ありません。

問題は 明るく点灯する状態の時は、このLEDボードの場合に限ってですが、ストップと連動 と ウインカーと連動 の2種類の動作が選べる ということです。

先程説明したように、LEDボードの後ろにある4個のLEDはウインカーと連動しています。

その4個のLEDと隣接して取り付けることになりますので、ブツが明るく点灯する状態はウインカーと連動したほうが自然です。

ただこのLEDボードのウインカー機能は、光が中央部から左右の両端へ流れるようになっているので、多分ブツの点灯タイミングと合わないと思い・・・

実験です。ブツはウインカーと連動させています。

 

実験の状況は、これ。

(動画を埋め込みしてなくて スンマソン m(__)m  ここのブログサイトって動画埋め込みに制約がイロイロあって・・・・   便利なところへ引っ越そうかな。。。)

 

LEDボードの裏の4個のLEDと作成したブツの点滅間隔が違うでしょう?

実は作成したブツの点滅間隔が、バイクのウインカーの点滅間隔と合っています。

 

何故 4個のLEDとブツの点滅間隔が合わないかと言うと・・・

LEDボードのウインカー機能は、中央部から両端へと光が流れます。

こんな感じに です。

 

本来のウインカーが点滅する開始の時は、中央部が光った時でして、そこから両端まで光が流れる間に1秒程度でしょうか・・ 時間がかかります。

ボードの裏にある4個のLEDは、光が両端部まで到達した時に光りますから、ブツとは点滅する間隔が合いません。

 

実験のように4個のLEDとブツのLEDの点滅間隔が合わないと、チグハグですよね。

 

だから、ウインカーと連動はあきらめました。 ストップと連動にします。

 

配線の割込みを開始です。

男の子です。 ためらいなく、ブチッと切りました。 WW

Cimg0117

 

LEDボードは接着剤で固定していますので、取り外して再度接着剤で取付け直すのは、とても面倒です。

なので、短冊の配線を現場でハンダ付けしました。

 

あとは、ハンダ付け部分を熱収縮チューブで保護しておきます。

Cimg0118

 

ブツを空間に押し込んで取付けします。 ピッタリです。 ^^

Cimg0122

 

レンズを取り付けた状態です。 右側です。

Cimg0127

 

左側です。

Cimg0125

 

後方右斜めから。

Cimg0124 

 

同様の角度で、ブツを装着する前の状態です。

ツアーパックのテールサイド部分が暗いのが、ハッキリと分ります。

Cimg1172_2 

 

自己満足の計画はこれで一応終了です。

 

組み込んだブツにある1本の短冊には、3チップのLEDが3個取り付けられています。

 

ブツ1個について、この短冊が2本ありますからLEDは 3個×2本=6個となり、1個のLEDは3チップ(LED3個分)ですので、3個のLEDが1個のLEDに組み込まれています。

結局、左右片側のブツ1個には、6個のLED×3チップ=18個のLEDがあることになります。

 

使っていないLEDバルブの短冊を再利用することを思い付かなければ、この自己満足計画はなかったでしょう。

何故って、3チップLEDを6個×2個(左右両側分)=12個を、別途購入してまで作る気にはなりませんからね。

  

面倒ですもん  WWWW

 

でわ

2010年9月24日 (金)

分解して試してみた 3 (恵みの雨)

昨日は、朝というか夜中の3時過ぎに緊急の電話があり・・・

それから寝れなかったので、起きました。。。

  

雷がゴロゴロ ゴロゴロ ピカピカ ピカピカ thunder

以前から 雨よ来い! と思っていましたが、雨以外の別の心配もあり・・ 

雷災が怖い と思いつつ・・  案の定 早朝5時過ぎには別の電話があり・・・

  

落ち着いたので例のブツの続きをしました。(かなり眠たいし。。。)

恵みの雨です。 rain   でも、もうちょっとザーザーと降らんかな~(願

Cimg0104

 

では、作業開始です。

まずは、このブツを取り外しますが結構難しい。。。 

だけど3度目なのでコツを掴んでおりまする。 W

Cimg0105

 

現場でアレコレ試しては、ちょっとづつ寸法を把握していきます。

寸法的にギリギリなんですよね。。。

Cimg0111

こんな面倒なことをしなくちゃいけないので、だから自作は大嫌いだ~

 

ここからは細かい作業になりますので、机の上でやります。

カッターであれこれして、プロトタイプはこんな感じに・・

Cimg0112  

ガタガタでんがな。

しょうがないし。。。

 

基盤状態のブツをはめ込みして、最終形ができました。

Cimg0113

やっと実装可能な姿になりました。

 

面倒すぎるやろ~ (叫び)

この辺で勘弁してやりまする。   もう降参だし。。。

2010年9月22日 (水)

分解して試してみた 2

前回の記事で1個だけ作ってみた短冊ですが,もう1個つくりました。

構想は,ちょっとづつ固まってきておりまする。W

Cimg0083

 

これらの短冊は,このままではアレなので,配線材料を取り付けします。

ハンダ付け作業ちゅうでする

Cimg0084

 

できた~ !!!

Cimg0085

 

でもね,このままだと 青海苔がかかっていない焼きそば or  カラメルがかかっていないプリン のようなもので

もう一工夫が必要です。

ここからが本番ですが,上手くいくか 不安が少々あり。。。

2010年9月20日 (月)

島を一周してみた 2

チィ~ス

島巡りを サボってばっかりの fumi でございます。

 

さて、島巡りについて気になっていた場所があり

以前の記事の最後に紹介した島ですね。

今回はチョー×2 ローカルになりますので、興味のある方だけ どうぞ

 

ところで、本題に入る前についでに寄ってみました。

以前より聞き及んでいるラーメン屋さんですが、なかなか機会に恵まれないため、場所の確認だけしておきました。

(まだ 朝の9時だし。。 店は開いてない)

Cimg0087

今回の足は、年季が入った 2ストのグランドアクシス君ですが、これを使ったのには訳があり。。。

 

本題に戻りますが、この交差点を左折すると目的地の島でございます。

Cimg0088

 

交差点を左折すると

Cimg0089

結構な距離がある橋となります。

 

海岸線に沿って一周しますが、島の裏側です。

なぁ~んも なし。  なし過ぎ !

Cimg0090

 

スクーターで来た理由の一つが、下の写真にある道ですね。

事前の情報だと、離合不可の道が結構あるとのことでしたので。。。

Cimg0092

 

もう少しで一周ですが、来た時の橋が見えます。

Cimg0094

 

この島には橋に続く御立派な農免道路があり、山間部を貫いています。

主に特産のみかん畑に通じる道路みたいです。

その道路の景色が良い場所で撮影です。

Cimg0099

 

島については、 以上 !!!!

釣り人以外は、人影なし 

 

気を取り直して・・・

今回の目的は、もう一つありまして・・・

 

かなり以前から気になっていた場所ですが、メイン道路からどうやって行けば良いのか分らなかったのです。

道がかなり細そうでしたしね。

でも、最近になって嫁の友人が、ここで自家製ベーコン etc (イーティーシーじゃないよ~) を買ってきてくれるようになったのですが、メイン道路に車を止めて歩くとのこと。

でもスクーターなら直接行けるだろうと思い・・・

 

到着しました。

ミュラー オオタニ さんです。

Cimg0101

 

お約束(?) のお休みでした。crying

お休みは日曜のはず? 今日は祭日だからだろうか??

でも、燻製の良い香りが漂っていました。 ^^

Cimg0100

ラーメン屋と併せて、また来ましょう!!

でわ

2010年9月18日 (土)

何となく 行ってみた

昨日 ふと思いまして

あそこって 今はどうなっているだろう?

多分 十数年行ったことがない。

近くまでは何度も行っているけど、あそこは何故だか行ってない。

結局、いつでも行けるし・・  今まで何回か行っているし・・  ってことが理由でしょうか

    

それで、何となく 行ってみました。

行く途中での道の駅です。

風車と青空がきれいです。

Cimg0076

 

で、行ってみたところは

Cimg0077

Cimg0078

島根県にある日御碕ですが、こんな感じだったっけ?

記憶と違和感ありでしたが、記憶違いですね。

人間の記憶って、結構いい加減です。 ^^

 

ここまで来たら、帰りのついで でしょう。

お約束とも言える この場所です。

全国の神々が集うと言われる 出雲大社 です。

Cimg0079

Cimg0080

 

相変わらず、しめ縄が極太です。

2枚目の写真の右後ろに見える 工事中のような建物が本殿ですが 屋根の修理だったでしょうか・・

修理現場の見学はできますが、条件があり・・

条件とはこれです。

Cimg0081

拝観可能な服装が明記してあります。

拝観条件に 「怪しいやつ」 とはありませんので、私は大丈夫かな??  WWWW

拝観希望で行く方々は、お気を付けください。

 

しかし午後からは北方面とはいえ、めちゃ暑いでんな~

さて、ツーの締めは

Cimg0082

ソフトです。

これもお約束かも? W

私はアイス系を食べる習慣はなかったのですが、ツー仲間が食べているのを見て、最近は食べることが多くなりました。 (メタボ一直線??? 困ったし・・・) 

ソフトはバニラがハズレが少ないと思います。 

他の味のヤツは水っぽいのが時々がありますが、バニラで水っぽいのはあまりない気がします。

でも、牛乳系が苦手の方はダメでしょうね。。。。

実はね、牛乳系が苦手のツー仲間がいるのですが、このおいしさが分らんとは残念です。

今更無理でしょうが、、、、 美味いんやで~  ○○ブタさん  

 

煙草はおまけ ^^

2010年9月13日 (月)

分解して試してみた

ども

 

前から考えていたことがあり・・

どうしようか??   このままでもいいか?  なんて思ったり。

 

まずは,試してみましょうかね。

 

試してみるのに材料が必要ですが,「ある物を使う主義」の私は,何かないか? と思い出したり,ゴソゴソ探したりしまして・・

見つけました!

以前にウルトラのツアーパックテールライトに使っていたブツです。

テール&ストップランプ用のLEDバルブです。

Cimg1435_2

 

いきなり分解してみました。 W

Cimg1437

このLEDバルブには,短冊(3つの3チップLEDが取り付けられた細長い基盤)が,周囲に5本 並列に並んでいます。

その短冊1本に流れる電流値を測定してみます。

まずテール点灯時には

Cimg1450

1本の短冊に,12.91mA の電流が流れています。

 

ストップ点灯時には

Cimg1451

1本の短冊に,44.92mA の電流が流れています。

次に,短冊を2本取り出してみます。

バルブを固定して・・

Cimg1439

 

取り出した2本の短冊は,こんな感じ。

Cimg1453

 

この取り出した短冊ですが,短冊に取り付けられているLEDの仕様が分かりません。

安全性を考えて,LEDバルブが点灯する時と同様の条件で点灯させるように考えると・・・

 

Led1

上記の回路のようになろうかと思います。

この回路ではテール点灯時には1本の短冊15mAの電流が流れます。

LEDバルブでのテール点灯時には,1本の短冊に流れる電流の測定値は12.91mAでしたので,多分大丈夫です。

また,LEDバルブでのストップ点灯時には,1本の短冊流れる電流の測定値は44.92mAでしたが,この回路では1本の短冊に流れる電流値は,CRDの3本分である45mAが流れることになり,LEDバルブでの1本の短冊に流れる電流とは,ほぼ同じになります。

 

この短冊を2本並列に並べると,このようになります。

Led2

では,この回路に従い実際に部品を組み立ててみます。

材料は短冊と身の回りにあった部品を使います。 

だって,「ある物を使う主義」ですからね。 ^^

一番左が組み立てたブツです。

ブツとタバコとの間にあるものは,もう1個ブツを作るために,ユニバーサル基盤を切り取ったものです。

Cimg0073

 

ブツをテールの状態で点灯させてみました。

Cimg0074

 

同じくストップの状態で点灯させてみました。

Cimg0075

 

一応,1個はできました。

さて,これからどうしようか?

2010年9月 7日 (火)

天草へ (ちょ~横着レポ)

9月4日(土)と5日(日)に天草まで行ってまいりました。

ツーレポとしては仲間達のレポ内容と被るので,簡単にご紹介~

他人のふんどし借用しまくりレポになります。  スンマソン m(_ _)m ヒラアヤマリ~

 

行きの行程は といいますと・・

1

 

仲間の一人が途中でお仕事がありましたので,待ち時間中に しばしまったり・・

クーラーが効いて、安息の時間でした。 ^^

Cimg00151

(ピンクのシャツのオジサンは、知らんオジサンです故 W)

 

で,酷暑の中で渋滞やら何やかんやで・・

高速を降りる寸前は,暑さのせいか 頭がくらくらして 危うく気を失いそう でした。

さて次の日には予定を変更し・・

1_2

 

帰路では通潤橋の放水なるものを見学しました。

こんな感じで・・

Cimg0049

のどか~ですね。

 

放水が始まるまでの待ち時間中には、こんな風景もあり。

Cimg0046_2 

他の内容については 次にご紹介する仲間達のレポをご覧ください。

内容が良く分かります故 WWW

http://ameblo.jp/masa2787/entry-10640880622.html

http://ameblo.jp/bushi-bushi-ikuyo1203/entry-10640893311.html

http://ameblo.jp/xxnao888xx/entry-10641050793.html

http://ameblo.jp/roi0526/entry-10641338421.html

http://ameblo.jp/oparo1200c/entry-10641573906.html

http://ameblo.jp/oparo1200c/entry-10642757560.html (H22.9.8 変更)

でわ

2010年9月 2日 (木)

吸い込まれそう

デジカメがご臨終となりました。

一応、修理に出していますが、今週末のツーに間に合わん。

 

携帯のカメラでもいいのですが、出来上がりの写真と見ると、やはりデジカメとは比較にならないですね。

という訳で、新しいデジカメで夕日を撮ってみました。

吸い込まれそうな夕日です。

Cimg0010_2

写真は素人ですが、カメラの進歩のおかげで簡単に撮りやすくなりましたね。

周囲の状況を判断して、最適な写真を撮りやすくしてくれるようです。

素人にはもってこいです。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »