« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

再度、交換してみた (気になっていたこと その2) 前フリ編

以前から気になっていたことの2つ目としては・・・

ツアーパックテールライトのLEDバルブのことです。

ツアーパックテールライトはLEDバルブを2回交換していますが、どう言っていいのか・・・

現在使用しているLEDバルブは、明るいのですがテールライト内部で光が拡散できていません。このバルブのLEDは砲弾型を使用していますので、光の直進性が強い仕様なんですよね。

もともとLEDバルブに交換したのは、ブツ割込み装置を作ったからですけど、LEDバルブに交換した理由はですね・・

1 ブツ割込み装置の回路として許容電流が3Aまでであること

2 電球だと光の拡散性は高いものの、反応速度が遅い

ということから低電力のLEDが必要だったのですが、電球をLEDに交換するのに簡単な方法としては、電球をLEDバルブに交換することでした。

割込み装置の取り付けについては、こちらからどうぞ

http://fumi-fumi.air-nifty.com/blog/2009/03/post-6b24.html

 

LEDを敷き詰めたボードを使うことが一番確かな方法であることは既に分っていましたが、この方法を採用するとツアーパックテールライトのレンズを外す必要があります。

ツアーパックテールライトのレンズを外すことが面倒で、何とかレンズを外さないで良い方法はないものか? と時々は考えていました のです。

 

現在のLEDバルブに変更した時の記事はこちら

http://fumi-fumi.air-nifty.com/blog/2009/11/index.html

まあ、ここまで色々ありまして、もともとは某Dラーのお粗末な仕事から出発したのですけど・・・

 

それで、現在のLEDバルブの光を拡散するために色々試したのですが、どうも上手くいきません。

今回は別の方法で試してみました。

これは、あるスクーターのターンシグナルレンズです。これを円形に切り取ります。

Dvc00013

このレンズはヤフオクでゲットしたものですが、料金は300円、送料が500円の計800円でした。

送料の方が高いやないか~

 

写真にあるように、円形に切り取ってやすりをかけてゴシゴシ

それをLEDバルブの先っぽに取り付けました。

Cimg1163

この方法でどれだけ光が拡散するのかを、実験します。

左のテールはそのままのバルブ、右側がスクーターのレンズを切り取ったものを2枚重ねで、取り付けています。

順番に比較していきます。

まずは、IGがOFF状態です。

Cimg1159

 

次に現在のLEDバルブのままで、IGをON

Cimg1160

 

次に、右側だけLEDバルブに切り取った円形レンズ2枚を付けた状態でIGをON

Cimg1161

左側と比較すると、右側のLEDバルブのまあるい輪郭が少しだけぼやけています。

左側のバルブよりは、光が拡散していますが・・・  ほとんど変わらん状態でござりまする。

これを世間では 失敗 というのかな? (ノ_-。)

最後の方法としては、砲弾型LEDの先っぽをカットする方法ですが、多分それほどの効果は望めないかと・・・

・・・・・・・

・・・・・・・

しょ~がないので、重い腰を上げることにしました。

前回の記事で関税や消費税がゼロだったブツのお話です。

次回に続く

2010年6月25日 (金)

このブツには必要がないということで・・

雨だらけです。

よく降りますけど、今日あるブツが届きました。

気になっていたことのために、取り寄せしましたが、何か変というか・・・

関税と消費税がゼロでございます。

パッケージはというと・・

Cimg1155

Cimg1157

こんな感じのパッケージですが、どこにも関税や消費税のタグがありません。

配達の郵便屋さんに 「 税金はおいくらですか? 」 と尋ねたところ、「 必要ありません。 」 との返事があり・・・ 「 ん? 」

海外からの個人輸入にかかる税金は、相変わらず分りません。

まあ、覚えようとしていないだけですけど。W

ただ、送料は$25程度ですが、実際に支払った送料等は$45でしたので、ハンドリングチャージで$20を支払っています。

日本じゃ、考えられないことですね。

自作するのが面倒だったもので、結局これにしましたが、やっぱり自作だったかな・・・

そう言えば、以前に eBay で購入したあるブツは、相手が中古品と明記してくれたおかげで、税金は無料だったことが1回だけありました。

この時です。

あれから、もう1年が経ちました。早いものです。

とにかく税は、このブツには必要がないということで・・・・

まあ、いいや。  取付けしましょ!

2010年6月21日 (月)

洗ってみた (気になっていたこと その1)

重ねて申しますが、、、、、  最近はウルトラ君を弄っていません。

でもね・・ 実は以前より気になっていたことが、いくつかありまして・・・

その一つがエアクリのエレメントの状態です。

長い間、その内部を見ていませんでした。

この時に既存のエアクリをスクリーミンの物に交換して以来です。

あれから約1年ぶりですが、エアクリの内部でカエルが卵でも産んでやしないか心配で・・

中を覗いて見ることにしました。

カバーを開けまする。

Dvc00001

エレメント君です。

 

Dvc00002

携帯で撮った写真ですが、へたくそ~

光の差し込み具合が、とっても素人ですね。

 

エレメントは、かなり汚れておりまする。 んで、エレメントを洗うことに。

エレメントを取り外すと・・・

ストリップ状態です。

Dvc00004

さて、エレメントを取説どおりに洗ってみますが、インテーク内部にダンゴ虫でも入ったら大変ですので、雑巾で一応のカバーをしておきましょう。

Dvc00005

取り外したエレメントです。内部にはブローバイガスによるオイルが溜まっております。

Dvc00007

えらく汚れていますが、ブローバイのオイルがエレメントに染み込んでいます。

取説によると、エレメントのメンテナンス方法として

「 このエレメントは乾式なので、オイルを吹き付けないこと 」 との注意書き 

がありますが、

この状態ならオイルを吹き付けたのと同じやないか~ 

と思うのは私だけでしょうか?

まあ、いいや。  私なりに洗ってみます。

中性洗剤の溶液にヒタヒタと浸して

Dvc00008

う~ん  イマイチでんな~  溶液がちょっと黒ずんだ程度です。

この後で、色々な方法で試してみましたが、汚れはそれほど落ちません。

結局、洗った後はこんな状態です。

Dvc00010

これは、エレメントの交換かな?

皆さんはどうしているのでしょう? 

 

H22.6.22 追記

友人の情報を基にパーツクリーナーで洗ってみました。

こんな感じになりました。

Dvc00011

エレメントに滲みこんでいたオイルがかなり取れました。

2010年6月19日 (土)

フェリーはいいよね~

暑いですね。

今日は梅雨時期の束の間の 晴れ&曇り&どんより で湿気ムンムン状態

家族はそれぞれ出かけて一人状態でしたが、天候がイマイチのようなので出陣をためらっておりました。

しか~し、午後2時頃から何となく晴れ間も見えて大丈夫そう

出かけるべ! でも、もう2時半だし・・・  北方面は途中が混むし・・・ 

結局近場の島巡りです。 島内はあまり混んでないものですから ^^

ルートはこれです。 あまりにもローカルですので分らない方々もいらっしゃるとは思いますが、ごめんなさい。 m(__)m

1

最後はフェリーで戻ります。

上記の地図で十字(+)のマークがある場所が、フェリー航路です。

と言いましても、10分程度の船旅ですけど。W

フェリー乗り場でございます。

Dvc00001_2

このフェリーではバイクは最前列ですね。

何か嬉しいな ^^

Dvc00002_2

結局70キロ程度のショートでしたが、フェリーに乗ると何か気分が良い  fumi  でございまする。

PS

おっと、そういえば最近はウルトラ君を弄っておりません。

実は、あれこれ気になっていることがあるのですが、面倒くさくって・・・

もうちょっとしてから弄りましょうかね。。。。

2010年6月13日 (日)

当りが少ない

ち~す!

最近の休日には、まる一日時間が取れることが少ない fumi でございまする。

それで、昨日も午前中は捕われの身でしたので、午後からお風呂に入りに行ってみました。

ところが私の生息地域を中心として半径100キロ程度のお風呂は、ほとんど行ってしまっているので目ぼしい所がありません。

思い付いたのが、最近リニューアルしたとの噂を聞いておりました某お風呂です。

ここです。

Dvc00001

外見はきれいです。 流石はリニューアルですね。

玄関入り口です。

Dvc00002

入り口の横に何やら銅像(?)が・・  何だ? 誰の像?

ともあれお風呂へ入りましたが、感想は・・・

・・・・

・・・・

ハズレでしょうか。。。  やはり山間部の国民宿舎ですね。

どうも最近は、お風呂に関して当りが少ないです。 _ノフ○ グッタリ

期待しちゃ~いけないのですかね。。 

で、お土産コーナーには、こんなものがあり・・

Dvc00004

これって、私が来た方面のブツです。 何でもあり状態です。W

トドメは、正面玄関を入ると見えるロビーの裏に、どうどうと飾られていたコレっ!

Dvc00005

意味がわからん。 国民宿舎に・・・  もしかしてアート?

参りました。降参ですから・・

どうやら当りが少ないのは、お風呂だけじゃないようです。

2010年6月 6日 (日)

しぃ~~~ん

ども

昨日の土曜日は天候が良いながら、曽祖母の法事で何をすることもなかったのですが、本日の日曜日も天候が良いため、梅雨に入る前に 「どっかへ行かなくちゃ!」と焦った fumi でございまする。

しか~し、午後からは家族のお付き合いをするべく、早朝から出かけて正午前には戻る計画でお出かけしました。

行った先は、ここ と あそこ 。

早朝5:30には出発しましたので、「ここ」へ到着したのは、まだ午前8時にはなっていなかったかな?

で、到着すると しぃ~~~ん  誰もいません。W

Dvc00028

Dvc00024

途中の道にも・・・  ほとんど車はいません。W

ただ、この駐車場に入る前に、イノシシとウリ坊の計3~4匹が目の前を通過しました。(爆

その後歩いて橋へ

Dvc00026

橋まで来ても  しぃ~~~ん  やはり誰もいません。

これはやりたい放題です。 ^^ 

取り敢えず 橋を渡ってみました。

Dvc00027

とても静かです。歩く音が響きます。

この橋は「夢吊橋」と名付けられていますが、何故吊り橋なのか最初は分りませんでした。

どうも、手すりの中にケーブルが通っていて、そのケーブルで橋を吊下げている吊り橋構造になっているようです。

で、次へ向かいます。

次の目的地は、以前は家族で良く利用したバンガローがあります。

この施設は一旦休止したものの、他の経営母体により再開したようです。

到着して駐車場まで入ると、ほとんど人はいません。施設内の案内図などを見ていると、話かけられました。

 

麦わら帽子のおじさん: 「お客さん お一人ですか?」

私: 「ええ、以前は良く来ていたのですが最近は御無沙汰なので どうなっているのかと思いましてね。」

麦わら帽子のおじさん: 「そうですか・・・ で入場料が500円になります」

私: 「えっ ? まだ中に入っていませんよ。」

麦わら帽子のおじさん: 「駐車場に入ると入場料が必要になるのです。」

私: 「・・・・・・・・」

 

しょうがないので入場料を払い、施設内に入ってみました。 久しぶりです。

施設内を歩いてみると  しぃ~~~ん  ほとんど誰もいません。

ここが以前は良く利用したバンガローです。中は6畳程度の畳敷きでテラスが結構な広さがあります。

Dvc00031

誰も泊まっていません。  (-_-;)

バンガローの裏にある第2オートキャンプ場です。

Dvc00030

またしても、 しぃ~~~ん  誰もいません。 (-_-;)

気を取り直して、他を歩いてみます。

風呂、台所付きのケビンです。

Dvc00035

一組だけ、宿泊者がいました。 バンザ~イ  ^^

他はというと、第1オートキャンプ場に一組だけいました。写真センターの右側にテントが見えます。 

再度バンザ~イ  ^^

Dvc00034

ところで、写真の中央左手に三角屋根の建物が見えますが、これが温浴施設です。

私もバンガローを利用した頃は、ここでお風呂に入った後で、晩御飯の準備をしたものです。

この温浴施設は現在は閉鎖されて、再開の見込みはないとのこと。キャンプ場やバンガローを利用しても、お風呂はおろかシャワーも使えないようですね。。。

この施設って、また休止になる? 多分ね・・・

 

暫くはなつかしんでおりましたが、施設内を一回りして退散です。入場料の意味を再考したほうがいいですね。

結局、午前11時には戻りました。

最後に、帰りも山間部は相変わらず しぃ~~~ん でしたが、あるコーナーを曲がると

道路中央に   ・ ・ ・ ・

 

鹿 シカ しか   が いましたとさ。 

鹿さん はこちらを振り向くと脱兎のごとく道路脇の山林へ消えていきました。。。。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »