« 良く分からん・・・その2 (第一歩から) | トップページ | ファンについて(参考情報) »

2009年7月 5日 (日)

良く分からん・・・その3 (スーパーチューナーとファンのインプレ)

本日、私の地方の天気はちょっと不安定な予報ですが、降水確率は低いのでハーレーがらみの実験です。実験は二つありまして、一つはオーディオ関係でもう一つはスーパーチューナーによるMAPの書き換えです。

 

ここではMAPの書き換えについて書いておきます。

 

基本的なことの一部しか変更していませんので、知識がある方はパスして下さい。

 

まずスーパーチューナーをご存じない方々のために、おさらいです。

 

スーパーチューナーにはバイクのハード面のカスタマイズ(エアクリ交換、マフラー交換、ボアアップ等)と車種の違いによりハーレーが推奨するBASICファイルがあります。

 

私の場合、エンジン関係はエアクリとマフラー交換のみですのでハーレーが推奨する20072009のツーリングモデルを対象としたファイル名205TD004が使用するBASICファイルとなります。

 

ところでBASICと聞くとプログラム言語のBASICを思い出します。まだWindowsがないMS-DOSの時代だった昔に、BASICをちょっと勉強して色々遊びましたが懐かしいです。

 

話を戻しますが、このBASICの内容は既に先週に書き換えしていますので、本日はこのBASICMAPをちょっと変更して、トライしてみました。

 

変更した内容は空燃比(以下AFR)とアイドリングです。

 

燃調は初心者ですので、こんなもんからです。

 

AFRは下に示すように変更していません。

 

002afr

 

変更したと言っておきながら変更していないとは変と思うでしょうが、直接AFRを変更していないだけで、間接的に変更しています。

 

左側はBASICファイルのオリジナルで右側が実際にECMに書き込んだ内容です。オリジナルと同じ値です。この件については おととさんが詳しくブログで紹介していますので、省略します。

 

で、閉ループですのでループバイアス電圧のみを変更します。左側がオリジナルで右側が変更した値です。

 

002

 

変更値は全てのセルで80mV増加としました。まず40mVから試してみたかったのですが、多分体感としてはそんなに違いを感じないのでは? と思い80mVとしました。

 

この80mVについては、おととさん とこちらを参考にさせて頂きましたが、ちょっと解せないこともあります

 

ループバイアスは3000回転までしか設定がないですが、空燃比における閉ループ範囲(赤いセルで値が14.6)を見てみると、は3750回転までありますよね。閉ループの範囲とバイアス設定の範囲が一致していません。

 

 

良く分からん・・・

 

 

もう一つの変更はアイドリングですが、これも以下のとおり。左がオリジナルで右が変更後の値です。暖気後の回転数は904です。

 

002_2

 

 

実際に走った後のアイドリング状態です。

 

Photo

 

BASICの1000をちょっと下回っています。このアイドリング回転数ですが、安定していますね。

 

インプレとしては、トクルが増加したように思えます。ただ往路は下道で帰路は高速でしたが、3000回転位でチェンジアップしていきますと、すぐに○○キロになりますのでエンジンを回せないまま実験は終了です。

 

この写真は往路での目的地です。お風呂に入って帰るつもりでしたが、暑いので帰りはどうせ汗だくになると思い急遽中止です。

 

Photo_2

 

今日は何だか走ることが楽しかった一日でした。走行距離:約200キロ

 

 

まとめとして・・

 

1 エンジンをかけると排気音が以前より重低音というか力強い感じに聞こえる。

 

2 停車時の太ももが焼ける熱さが軽減されているように感じる。

 

3 トルクが増加したように感じる。

 

全て感じるですが(笑 、今後色々試してみないと、何とも言い難いです。

追記として、

 

以前ebayでゲットしたファンですが、渋滞に嵌りませんので具体的なインプレができません、別の意味でのインプレを少し。

 

今日、ファンからシート下のACCソケットまでの配線の途中がリアシリンダに当たっていたのを発見しましたので、配線を迂回しようと思いましたが、帰ってから30分~1時間程度経過してもエンジンが熱くて大変でした。

 

タンク下を覗き込み手を隙間に入れようとしましたが、エンジン類にちょっでも触れると火傷しそうで熱くてかないません。

 

そこで本来の目的とは違いますが、停止している状態でファンを回しました。

 

車体左側にあるファンの反対側のエアクリの下からかなり熱風がでます。

 

5分間程度でしょうか・・ ファンを回した後は何とか素手で触れる状態まで冷却されています。

 

本来の目的とはちょっと違うけど、このような使い方もあります。

« 良く分からん・・・その2 (第一歩から) | トップページ | ファンについて(参考情報) »

ハーレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/45541601

この記事へのトラックバック一覧です: 良く分からん・・・その3 (スーパーチューナーとファンのインプレ):

« 良く分からん・・・その2 (第一歩から) | トップページ | ファンについて(参考情報) »