« ebay でお買いもの その4 | トップページ | 良く分からん・・・その2 (第一歩から) »

2009年6月28日 (日)

ストリップ状態からが、何て面倒な・・・



今回は先日お知らせした「ebayでお買いもの その4」で購入したパーツNo29260-08のスクリーミンイーグルのハイフローエアクリーナーを取り付けるお話です。

純正のエアクリーナーを取り外して、エアインテークがストリップ状態から最後にとても面倒なことがありました。



違うストリップなら嫌いとは言いませんが、ここでのお話はエアクリを取り外したストリップ状態からの面倒なお話です。


ご期待に添えなくて申し訳ありません。m(_ _)m




エアクリの交換は既に多くの方々がやっていらっしゃるでしょうから、その方々は多分経験済みのネタですので、ここから先はパスしてください。





本題に戻りますが、



取説を見ると、「タンクを取り外して・・・」 との解せない記述がありました。


そして最後に 「タンクを取り付ける」
 とのことです。

えっ? タンクを取り外すって何で? エアクリを交換するだけでしょう? 



下の写真は、既存のエアクリを取り外してエアインテークがストリップ状態のものです。

同じストリップでも面白くない状況で、あっちのストリップとはえらく違います。


取説には、「既存の金具を撤去して捨てなさい」 との記述があります。



撤去して捨てる金具は写真の真ん中にあるインテークの上にあり、タンクのすぐ下にある前後両シリンダーをつないでいるように見える黒い金具です。

Dvc00022_2



どの金具かわかります? 

金具に矢印を指して分かりやすくしようと試みましたが、PCを新調しましたので新しいソフトの使い方も慣れず、写真に矢印を挿入できません。





ええい!面倒じゃ~ あれやこれやと分らんことばかりじゃないかあぁぁぁぁぁぁ!!!






と、落ち着いたところで、この金具の撤去を試みますが、この金具は、金具の裏側で6角ボルト2本で取り付けられています。


写真では6角ボルトは見えませんよね? 



そうです。

見えない6角ボルトを外すためには、タンクを外せばボルトを外し易いでしょう!」 とのことなのです。


この程度のことでタンクを外すなど面倒でできません。


タンクと黒い金具の上の狭い隙間から6角ボルト用のL字レンチを入れて、ちょっとづつボルトを回し、やっと外せました。


このボルトは、ロックタイトみたいなネジ緩め防止剤が塗布されているようで、結構かたくて、かなり回しづらいです。

ご自分でエアクリを交換された方々、面倒くさかったでしょうね。

お察しします。


また、これからエアクリを交換されようと思っている方々、交換に要する時間は長く取りましょう。


参考まで。



« ebay でお買いもの その4 | トップページ | 良く分からん・・・その2 (第一歩から) »

ハーレー」カテゴリの記事

コメント

おととさん

リンクありがとうございます。
エアクリのバックプレートカバーが硬質プラスチックのようなので,シリンダーから離隔を取りたいのと,ブリーザーチューブがエアクリエレメント内に2本入りますので,ここでも離隔が必要だからでしょうか?

多分。。。

ウルトラとローライダーとの閉ループの範囲については,私も不思議です。
理由を知りたいですね。

どもう。
こちらからもリンクしときました。

ウルトラとローライダ エンジンは同じと思えど
理想空燃比のゾーンとかずいぶん違いますねぇ。
謎だ・・・

ブローバイのとこの「やじろべえ?」も
ダイナにはついて無かったですね。
ポン付けでOKだったわけでw
その「やじろべえ?」って何の役割はたしてるんすかね??

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/45483080

この記事へのトラックバック一覧です: ストリップ状態からが、何て面倒な・・・:

« ebay でお買いもの その4 | トップページ | 良く分からん・・・その2 (第一歩から) »