« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月21日 (火)

ipod 勉強中 その2

突然ですが、息子のお下がりのipodが壊れました。(涙

先日の土曜日、日曜日(4/18、4/19)に、VH友人である、マサさんを訪問するために九州までツーの予定でしたので、結構な距離を走りますから、音楽は必須だべ! ということで、以前の日記で記したように、ipodをウルトラに装着した訳です。

ところが、その数日前からipod がおかしいのです。
イヤホンの片方からしか、音が出ません。

この手のトラブルは、過去何回か経験ありますので、イヤホン側のオスジャックを抜き差し、抜き差し、抜き差し、・・・ (いつまでやるの?) と言うぐらい、抜き差ししました。
グリグリも併用です。

これは接触不良が原因と思い、この抜き差し、グリグリで接触不良が治ることがありますからね。

でも、ダメです。イヤホンジャックを抜く直前や、挿したジャックをある方向に曲げると、イヤホン両方から音が聞こえるポイントがあります。

間違いなく、ジャックの接触不良です。

で、購入店で修理をと思い聞いたところ、ipod は保証対象外ですって!

この購入店は、地元では最大手で5年間保証があるのですが、ipod は保証対象外だそうです。 へぇ~?

しょうがないので、Webサイトのアップルストアーで修理依頼をしました。

本日届きましたが、あれ? 何かおかしい・・・
新品?が届いている?

実はアップルストアでは、修理を申し込む時に、「交換品が何とか・・何とか・・・」 の記述がありました。

そうか、修理が終わるまで代替品を送ってくれるのか・・ 何て親切なんだ!!

この手のオーディオ機器を一時も手放せない人がいますものね。だから、修理の間は不便しないように、仮に代替品を送ってくれるんだとばかり思っていましたが・・

で、修理代金は15,800円との記述があり、あれ? メチャ高いじゃん。ジャック交換だけでこの値段とは殿様商売ですな!!

どこかのDラーみたい。。。

結局、送られてきた品は新品っぽい品です。

同封の書類を見ますと、明らかに「交換品」とあります。

写真は送られてきたipod の裏側。

光輝いていますね。修理品として送ったipod は傷だらけなのに。

1_20

この写真は表側。ビニール状のものが表面に貼られています。

2_18

そして,この写真は同封の書類です。

上から5行目に「ipod の交換品」との記述があります。

3_18

アップルの方針として、修理対象品であると確認したら、修理しないで交換するみたいですね。

これで修理代金が15,800円と高額である理由がわかりました。

2009年4月 4日 (土)

ipod装着 ぐちゃ・・

ipodを勉強中です。

ipodはご存知のとおり、iTunesというソフトで制御しますが、これがまた難しい。

息子は家族用PCとして使っているPCで、借りてきたCDを落としipodと同期していますが、私個人のPCにあるiTunesは、息子が使っているiTunesの音楽をもらっているだけなので、私個人のPCにあるiTunesにお下がりのipodを接続すると、「同期が違う」とかの意味のメッセージが出ます。

つまり、1つのiTunesに1つのipodが接続されることが原則みたいです。一子相伝のようなものですかね?(まるで北斗神拳か・・)

回避方法は色々ありますが、面倒くさいです。(やれやれ・・)

今日は雨ですし、ipodをウルトラで使うための配線作業です。

最終の配線はこうなりました。

1_19
先日お知らせしましたムカデを使用しましたが、大きな問題が発生です。

レーダーとナビをムカデに繋ぐと、レーダーが「お休み」になります。つまり画面が真っ黒になりご臨終状態です。

あれ? 「何かジジジ・・って音がレーダーからするし、ナビの電源を落とすとレーダーが復活するじゃん!」といって状態です。

おかしい ???  思い出しました!!

私の師匠である (勝手に師匠と言いました。) MPさんが 「レーダーのスピーカーのGND(マイナス)は、必ずしもGNDでない! 」との教えです。

私のレーダー探知機は当然スピーカーから音が出ますが、走行中は聞こえませんので、スピーカーから並列に外部に接続用の端子を分岐してあります。(要するに、改造です。)

前回ご紹介した、「ムカデ?」は単純な構造ですべての差込口のGND(アース:マイナス側)は共通となっているようです。

ですから、レーダー探知機のスピーカーから並列に取り出した配線のマイナス側(GND)は、本当のマイナス(バイクのバッテリーのマイナス)ではないということになります。。。 多分。。。

ムカデに単純に繋ぐと、実はマイナスでないものを、マイナスに繋ぐのですから障害が発生します。

ショートしているのと似たような状態かな?

ということで、説明は省略しますが、ちょっと閃いて試したところ、前から使用していたオーディオミキサーを応急的に使うと何とか凌ぐことができました。(大丈夫か?)

この写真は、取り付けたipod用リモコンです。

写真上部のレーダー探知機の下とスピードメーターの上の間についている細長い物です。

2_17

やっつけ仕事ですので簡易防水のフィルムが不細工ですね。
また、やり直ししましょう。

これはロヮフェアリングポケットにipodを収めた写真です。

3_17

始めの図でお分かりのように、このポケットには6本の配線が入っていますので、「ぐちゃぐちゃ」状態です。

お見せできません。

それで、手持ちのスポンジで押し込んで、何とか・・・

このスポンジの上にipodを置き、更にその上に、更にもう1枚スポンジを当てて蓋をします。

う~ん、うまいこと出来ませんね。。。

無線で配線できたらいいな・・・

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »