« 衝動買い | トップページ | 休日なので、ちょっとやってみました・・・ »

2009年2月22日 (日)

ブツ7(雨だし、暇なので・・)

ブツ6でブツに割り込む装置の仕組みをお知らせしましたが、何せ実車に取り付けてみないと、良く分かりません。

この装置は、点滅速度とか点滅→点灯時間は、半固定ボリュームというもので調整します。

これは昔のテレビの音声ボリュームと同じで、つまみを右に回したり左に回したりして音声を大きくしたり小さくしたりしますが、動作原理はまったく同じものです。

ただ半固定ボリュームは通常プラスドライバーを使って右に回したり、左に回したりして抵抗値を変えるもので、昔のテレビのボリュームみたいに手で回すことはできません。

一旦プラスドライバーで回せば、普通勝手に動くものではないですが、ハーレーって異常なほどの振動がありますので、振動で勝手に半固定ボリュームが動かないかと心配です。

またブツ内のストップランプの動作状況は、運転していたら分かりませんので、ある方からの意見を参考にブツ割り込み装置の動作状況をモニターするものを製作しました。

動作状況のモニターは、例えば4輪ならストップランプの玉切れとかのモニター(警告灯)がありますね。

 
ところがブツ装着のツアーパックテールライトには何もないですので、この割り込み装置の動作状況をモニターするものを作ってみました。

 
とは言え、単にLEDを追加するだけのしょ~もない物です。

下の写真はFlux LEDフラットタイプにCRD(定電流ダイオード)と整流用ダイオード、またコンデンサを組み合わせたものと、この回路図です。

1_14

車やバイクはリレー等のコイルを使用していますので、ある時にマイナスからプラスに逆に電気が流れます。(逆起電力)

 
これらが起きると半導体であるLEDは一瞬でお釈迦になるので、対策が必要な訳です。

ところで、写真に写っている左手の親指の爪が伸びていますね・・ 切らなくちゃ。

 

CRDはLEDを点灯させるのに必要な部品で、整流用ダイオードは逆起電力など(多分・・)を防止するもので、コンデンサは瞬間的な過大電流をマイナス側に逃がすものです。

 
コンデンサはたまたま手持ちの物を適当に付けましたが、はたしてこれで良いの?

コンデンサは0.1uFと0.01uFの2種類手持ちがありましたが、ヘッドライト点灯時(ハーレーではIGのON時)で発生するであろうパルス状の過大電流を逃がす目的ですが、どの容量を使用すれば良いのか、分かりません。詳しい方がいらっしゃいましたら、レスお願いします。

 
結局良く分かりませんが、やはり素人ですね。こんなもんです。

この写真はモニターLEDを点灯させて設計電流を測定したものです。

2_11
 

テスターでは23.96mAを示しています。大まかな設計電流は30mAですが、LEDは点灯時間が経過するとLEDが持つ内部抵抗値が変化するとのことですので、だんだん電流値は下がってきています。

作ったものをケースに収めて点灯させた状態です。

3_13
 

ケースは適当なものがなかったので、娘の机の引き出しに長い間放置されていた文房具(多分、棒状の消しゴム? ボールペン?)のキャップを加工しています。

さて、ブツ割り込み装置装着の準備は着々と整いつつありますが、肝心の取り付けが、まだ・・

ツアーパック下側の新品は今月中に納品予定だそうで、アクセントレールの取り付け可否については、来週に東京でHDJ正規販売店のメカニック部門の会議があり、そこで情報交換会があるとかで・・・

もうちょっと、時間がかかりそうです・・・

 

« 衝動買い | トップページ | 休日なので、ちょっとやってみました・・・ »

ハーレー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538863/45377616

この記事へのトラックバック一覧です: ブツ7(雨だし、暇なので・・):

« 衝動買い | トップページ | 休日なので、ちょっとやってみました・・・ »